樋口毅宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

樋口 毅宏(ひぐち たけひろ、1971年 - )は、日本の小説家

経歴[編集]

東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ[1]帝京大学文学部卒[2]コアマガジンにて『BUBKA』の編集、白夜書房にて『コリアムービー』『みうらじゅんマガジン』の編集長を務める。取材で出会った白石一文の紹介により[3]2009年『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビュー。2011年、『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補と第2回山田風太郎賞候補になる。2012年、『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補になる。日本文芸家協会会員。

2015年6月15日、弁護士三輪記子[4]と再婚[5]。出会いのきっかけは三輪が樋口の著書『タモリ論』を新幹線で泣きながら一気読みしたエピソードをTwitterに投稿したことからである[6]。同2015年から三輪の在住地である京都に二年半在住し、2017年から夫婦で東京に移る[7]。2022年に第2子にあたる女児が誕生[8]

2016年9月に作家引退を表明。「もう飽きたんだよ。作家なんて男子一生の仕事じゃねえんだよ」とその理由を語るが[9]、それ以降も小説を発表している。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『さらば雑司ヶ谷』(2009年 新潮社 / 2012年 新潮文庫
  • 『日本のセックス』(2010年 双葉社 / 2012年 双葉文庫
  • 『民宿雪国』(2010年 祥伝社 / 2013年 祥伝社文庫)
  • 『雑司ヶ谷R.I.P.』(2011年 新潮社 / 2013年 新潮文庫)
  • 『テロルのすべて』(2011年 徳間書店 / 2014年 徳間文庫)
  • 『二十五の瞳』(2012年 文藝春秋 / 2014年10月文春文庫
  • 『ルック・バック・イン・アンガー』(2012年 祥伝社)のち文庫 
  • タモリ論』(2013年 新潮新書
  • 『甘い復讐』(2014年 角川書店/2016年 角川文庫)
    • 収録作品:甘い復讐 / 永遠とドラゴン / さくらの結婚 / ある芸者の証言 / 十階建てのラブストーリー / 余生
  • 『愛される資格』(2014年 小学館/2017年 小学館文庫)
  • 『ドルフィン・ソングを救え!』(2015年 マガジンハウス/2019年 角川文庫)
  • 『さよなら小沢健二』(2015年 扶桑社)コラム集
  • 『太陽がいっぱい』(2016年 扶桑社)「引退作品」
  • 『おっぱいがほしい!―男の子育て日記―』(2017年 新潮社)
  • 『アクシデント・レポート』(2017年 新潮社)
  • 『東京パパ友ラブストーリー』(2019年 講談社)
  • 大江千里渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた 昭和40年代男子の思い出エッセイ』(2020年、交通新聞社)

雑誌掲載短編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “同級生交歓 雑司谷小学校”. 文藝春秋. (2013年4月3日). http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/584 2014年4月2日閲覧。 
  2. ^ 『週刊新潮』2015年7月9日号「結婚」
  3. ^ “作家の読書道 第114回:樋口毅宏さん”. WEB 本の雑誌. (2011年5月25日). http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi114_higuchi/ 2014年4月2日閲覧。 
  4. ^ “男の育児日記『おっぱいがほしい!』著者・樋口毅宏さんが語る産前産後、家族のリアル【前編】”. ハピママ. (2018年2月5日). http://ure.pia.co.jp/articles/-/160386 2018年2月8日閲覧。 
  5. ^ 週刊新潮』(新潮社)同上
  6. ^ ついにアノ「美人(!?)鬼嫁」登場! 想像を超えた夫婦関係がいま明らかに!! | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト” (日本語). www.leon.jp. 2021年11月15日閲覧。
  7. ^ 『大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた』P.103-108
  8. ^ 三輪記子弁護士が番組内で第2子女児出産を発表「逆子で帝王切開」15年作家の樋口毅宏氏と結婚”. 日刊スポーツ (2022年6月3日). 2022年6月3日閲覧。
  9. ^ “作家・樋口毅宏が引退表明!? 「作家なんて男子一生の仕事じゃない」”. 日刊SPA!. (2016年9月8日). http://nikkan-spa.jp/1194389 2016年9月9日閲覧。 

関連項目[編集]