今を抱きしめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今を抱きしめて
NOAシングル
初出アルバム『A WHISPER
リリース
規格 8cmCDシングル
録音 One One One Recording
Paramount Scoring Stage M
A&Mスタジオ
ジャンル J-POP
時間
レーベル ファンハウス
作詞・作曲 YOSHIKI
プロデュース YOSHIKI、遠藤環TBS
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1993年度年間122位(オリコン)
  • 1994年度年間35位(オリコン)
仙道敦子 年表
PASSION
1987年
今を抱きしめて
1993年
吉田栄作 年表
BORO BORO
1993年
今を抱きしめて
(1993年)
MAY 〜君に逢うために〜
1994年
テンプレートを表示

今を抱きしめて」(いまをだきしめて)は、仙道敦子吉田栄作によるデュオ「NOA」のシングル第36回日本レコード大賞で優秀賞を受賞している[1]

作曲のYOSHIKIの1993年シングル「Amethyst」と、2005年のアルバム『ETERNAL MELODY II』に、ディック・マークスによるクラシック・アレンジバージョンが収録されている。

jyA-Meが2013年にリリースしたデュエット・ソング限定のカバー・アルバム『With. Me -Duet Cover-』に、吉田栄作とのデュエットが収録されている[2]

制作[編集]

クレジットはされていないが、YOSHIKIは多忙だったため、人に指示するより自分で演奏した方が早いという理由でオーケストラとベースを除き、すべての楽器を演奏した。2011年1月24日と25日に行われたToshI Feat. YOSHIKIのディナー・ショーで、Toshlはこの曲の仮歌を歌ったと語っていた。 TBS系ドラマ『徹底的に愛は…』の主題歌として制作・提供された。ドラマの台本では当初日本でストーリーが始まる設定であったが、日本に帰る時間が取れないYOSHIKIと、ドラマ撮影以外の時間が取れない吉田栄作ら出演者のスケジュールの制約から、YOSHIKIのスタジオがあるロサンゼルスでストーリーが始まる設定に台本が書き換えられた[3]

収録曲[編集]

全作詞: 白鳥瞳[4]、全作曲・編曲: YOSHIKI
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「今を抱きしめて」 白鳥瞳[4] YOSHIKI
2. 「今を抱きしめて (オリジナルカラオケ For men)」 白鳥瞳[4] YOSHIKI
3. 「今を抱きしめて (オリジナルカラオケ For women)」 白鳥瞳[4] YOSHIKI
4. 「今を抱きしめて (オリジナルカラオケ)」 白鳥瞳[4] YOSHIKI

パーソネル[編集]

  • レコーディング&ミキシング・エンジニア:
スティーブ・チャーチヤード
  • アシスタント・エンジニア:
マイク・ストック、タール・ミラー、ポール・ヴェルトハイマー、
マイク・バウムガートナー
  • ストリングス・アレンジ&指揮:
ディック・マークス

収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第36回日本レコード大賞』 Archived 2013年10月19日, at the Wayback Machine.公益社団法人 日本作曲家協会 2012-09-22
  2. ^ 吉田栄作: ヒット曲「今を抱きしめて」が2013年版で復活! 200人集結のライブで初披露 MANTANWEB 2013-07-27
  3. ^ 『音楽と人』(1994年3月号)シンコーミュージック・エンタテイメント
  4. ^ YOSHIKIのペンネーム。