女々しくて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
女々しくて
ゴールデンボンバーシングル
初出アルバム『ゴールデンベスト〜Pressure〜(#1)』
B面 かっこいいな英語って
君がいない間に
リリース
ジャンル ロック
レーベル Zany Zap
作詞・作曲 鬼龍院翔
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 登場回数84回(オリコン)
  • 2013年間配信シングル1位(レコチョク[1]
  • ゴールデンボンバー シングル 年表
    Blow Wind/タイムマシンが欲しいよ
    (2009年)
    女々しくて
    (2009年)
    もうバンドマンに恋なんてしない
    (2009年)
    テンプレートを表示

    女々しくて」(めめしくて)は、ゴールデンボンバーの7枚目のシングル2009年10月21日スクーデリア・ユークリッド(Zany Zapレーベル)から発売された。

    本稿では2011年8月24日発売された「女々しくて/眠たくて」についても記す。

    概要[編集]

    プロモーションビデオは神奈川県横浜市に立地するバー『Bar StarDust』(右)で撮影された[2]
    • ゴールデンボンバーの代表曲の1つ。数ある楽曲の中で、この曲は完全に踊りのみのパフォーマンスの曲である。今楽曲について、鬼龍院が体験した出来事をそのまま歌詞に書かれている[3]
    • この曲からPVが制作された。ライブ映像を編集したものと、通常のPVの2通りが存在する。今作の初回盤に付属されているDVDに表題曲のPVが収録されている。
    • ブラスアレンジはサザンオールスターズの「匂艶 THE NIGHT CLUB」を参考にしている[4]。PVの撮影場所である神奈川県横浜市横浜の米軍基地近くのバー『Bar StarDust』[2]も、「匂艶」のPVのロケ地として使用された場所である。
    • 2011年3月にハウス食品『メガシャキ』のCMソングに替え歌「眠たくて」が起用され、こちらの楽曲は後述の両A面シングルに収録されている。
    • 中国の盗作問題を受けて』という名目をジョークに、「女人气」という中国語バージョン(ただし中国語のように聞こえるように歌っているのみで訳詞ではない)を自ら製作してニコニコ動画にアップロードしている[5]
    • コナミの音楽ゲーム、jubeat(「copious」以降)、REFLEC BEAT(「limelight」以降、VOLZZA 2稼働途中削除)、Dance Dance Revolution(「X3」以降、A稼働途中削除)、pop'n music(「20 Fantasia」以降)、Dance Evolution ARCADEGuitarFreaksDrumMania(「GITADORA」以降)、及びバンダイナムコゲームス太鼓の達人(一部家庭用およびアーケード新筐体版)、セガmaimai(「GreeN」以降)、タイトーGROOVE COASTER(「EX」以降)にいずれも原曲で収録されている。ミライダガッキ(この機種のみカバーでアーティスト表記無し)。「Dance Evolution」においては振付を行った歌広場淳の動きをモーションキャプチャーした譜面が使用される[6]
    • 2011年8月24日に上記の替え歌『眠たくて』を併せて収録したシングルが再発売された(後述)。
    • カラオケで歌われる曲の上位に名を連ねており、第一興商の2012年年間カラオケリクエストランキングで第3位[7]、JOYSOUNDの年間ランキングでは第2位[8]だった。また、2012年9月から2013年5月まで、JOYSOUNDの月間ランキングでずっと1位をキープしていた[9]。なお、8月13日紅蓮の弓矢のフルサイズ版の配信および同曲のDAMへの配信開始の影響による分散がきっかけで奪首している。ちなみに、DAMの月間ランキング1位は継続している。オリコン週間カラオケランキングでは、2012年8月27日付チャートで初の首位となり、翌週付ではゆず栄光の架橋」に首位を譲ったものの、続く9月10日付チャートから2013年8月26日付チャートまで51週連続の首位を獲得、それまでAKB48ヘビーローテーション」が持っていた同チャートの「連続首位」獲得週数記録48週を塗り替え、歴代1位となる新記録を樹立した[10]
    • 2014年JASRAC賞を受賞した。これは、2013年度における著作権使用料の分配額が国内最多となった事について表彰されたもの[11]
    • フジテレビクイズ30〜団結せよ!〜」では「30人でLet'sダンス!ゴールデンナンバー 〜クイズ!女々しくて〜」の挿入曲として使われている。出演者が窓拭きを行うのが恒例となっている。
    • 「女々しくて」は2014年、女性6人組ボーカルグループLittle Glee Monsterによってカバーされ、同グループのデビューアルバム「Little Glee Monster」に収録されている。
    • 音楽番組のスペシャル放送では数多く披露している。年末の大型音楽番組であるNHK紅白歌合戦では2012年から2015年まで4年連続で歌唱され(連続同一曲出場の最多タイ記録)、ミュージックステーションスーパーライブにおいても2013年から同じく4年連続で歌唱している。

    収録曲[編集]

    全曲作詞・作曲:鬼龍院翔

    1. 女々しくて
    2. かっこいいな英語って
    3. 君がいない間に
    4. 女々しくて (オリジナル・カラオケ)
    5. かっこいいな英語って (オリジナル・カラオケ)
    6. 君がいない間に (オリジナル・カラオケ)

    女々しくて/眠たくて[編集]

    女々しくて/眠たくて
    ゴールデンボンバーシングル
    初出アルバム『ザ・パスト・マスターズ Vol.1(#2)
    ゴールデン・アルバム(#4)』
    B面 女々しくて -韓国語バージョン-
    今夜も眠れない (病的な意味で)
    リリース
    規格 マキシシングル
    録音 2011年
    日本の旗 日本
    ジャンル ロック
    時間
    レーベル Zany Zap
    作詞・作曲 鬼龍院翔
    チャート最高順位
    • 週間4位オリコン
    • 2011年8月度月間18位(オリコン)
    • 2011年度年間1位(オリコンインディーズチャート)
    • 登場回数21回(オリコン)
    ゴールデンボンバー シングル 年表
    僕クエスト
    (2011年)
    女々しくて/眠たくて
    (2011年)
    酔わせてモヒート
    (2011年)
    テンプレートを表示

    女々しくて/眠たくて」(めめしくて/ねむたくて)は、ゴールデンボンバーの11枚目のシングル。2011年8月24日にスクーデリア・ユークリッド(Zany Zapレーベル)から発売された。

    概要[編集]

    発売から2011年度の12月31日までの期間限定生産。表題曲の1曲である「女々しくて」は、前記にあるように2009年に発表されているが、「初CMタイアップ記念盤」として発売され、楽曲のアレンジに変更はない。

    もう1曲の表題曲「眠たくて」は、「女々しくて」をもとに歌詞替えやラップが追加された楽曲になっており、ボーカルの鬼龍院曰く「30分で作り上げた曲」と語っている。またギターソロはギター担当の喜矢武が実際に演奏している。収録曲「女々しくて -韓国語バージョン-」は、事務所が韓国でもバンドを広めたいという思いから制作され、所属事務所の社員で韓国語を話せる人に仮歌を入れてもらい覚えた曲だったという。また今楽曲のPV内で樽美酒が飲んでいるのはソウルマッコリであり、飲むふりではなく実際に飲んでいる[12]

    今作は初回限定盤A・Bと通常盤の3形態で発売され、初回限定盤はDVDが同梱され、カードジャケットがランダムに封入されている。また通常盤にはCD EXTRAと、収録曲のインストゥルメンタルが収録されている他、ブックレットも付属している。

    このシングルの発売と同日に、コナミのiPadiPhoneiPod touch向けアプリ「jubeat plus」に「女々しくて」、「眠たくて」および「ultra PHANTOM」[13]、「†ザ・V系っぽい曲†」を収録した楽曲集「ゴールデンボンバーパック」が配信された。

    収録曲[編集]

    全曲、作詞・作曲:鬼龍院翔、編曲:鬼龍院翔、tatsuo名義

    1. 女々しくて [4:09]
    2. 眠たくて [3:55]
      ハウス食品「メガシャキ」CMソング
    3. 女々しくて -韓国語バージョン- [4:09]
      翻訳:金珉志
    4. 今夜も眠れない (病的な意味で) [3:38]
      歌詞中に「もってけ!セーラーふく」の歌詞の一部が使われている。
    5. 女々しくて(オリジナルカラオケ)[4:09]
    6. 眠たくて(オリジナルカラオケ)[3:55]
    7. 女々しくて -韓国語POP バージョン-(オリジナルカラオケ)[4:09]
    8. 今夜も眠れない (病的な意味で)(オリジナルカラオケ)[3:38]

    特典DVD[編集]

    初回限定盤A

    1. 「女々しくて -K-POPバージョン-」PV
    2. 「女々しくて -K-POPバージョン-」PV Making映像
    3. 「眠たくて」本人出演CM(出てみた)喜矢武・歌広場バージョン
    4. ライブ映像 LIVE@C.C.Lemon HALL Vol.1

    初回限定盤B

    1. 「女々しくて」The History LIVE PV
    2. 「眠たくて」本人出演CM(出てみた)鬼龍院・樽美酒バージョン
    3. 「眠たくて」本人出演CM Making映像
    4. ライブ映像 LIVE@C.C.Lemon HALL Vol.2

    通常盤(CD EXTRA)

    1. 「眠たくて」本人出演CM(作ってみた)
    2. ライブ映像「女々しくて」 LIVE@C.C.Lemon HALL

    収録作品・カバー[編集]

    発売日 タイトル 規格品番
    2010年01月06日 ベストアルバム『ゴールデンベスト〜Pressure〜』 EAZZ-37br>EAZZ-38
    2010年07月21日 ベスト『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』(女人气 -「女々しくて」広東風バージョン) EAZZ-54
    EAZZ-55
    2010年09月15日 『EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた 9 ここに病院を建てよう』 QWCE-00179
    QWCE-00180
    2012年01月04日 オリジナルアルバム『ゴールデン・アルバム』(女々しくて -K-POPバージョン-) EAZZ-86
    EAZZ-87
    EAZZ-89
    2012年03月07日 『秋葉工房ふぇすたpresents 歌ってみたベストセレクション』(Arranged by 銀サク / のど飴, 湯毛) FLLM-010
    2012年07月11日 『あげmix2~オール・ジャンル・ベスト~』(PARTY☆ROCKERS) FARM-0306
    2012年07月25日 マチゲリータ『I Love Visualizm feat.初音ミク produced by マチゲリータ』(feat.初音ミク鏡音リン鏡音レン巡音ルカGUMI神威がくぽVY2) VICL-63900
    2012年09月05日 『ハイテンションMIX mixed by DJ eLEQUTE』 STRQ-0005
    2012年10月24日 『I LOVE J-POP NONSTOP MIXED BY ITO YAMATO』 OTCD-2929
    2012年11月21日 『ベスト 無敵ガチアゲJ-MIX』 DTJR-12111
    2013年03月20日 『2013 ポップ・ヒット・マーチ ~風が吹いている~』 COCX-37893
    2013年03月27日 96猫『アイリス』 DGSA-10059
    2013年04月10日 『WE LOVE J-POP ~POWER TUNES BEST~ Mixed by DJ HIROKI』 GRVY-031
    2013年05月01日 『もて↑歌MIX mixed by DJ SHINSTAR』 MGT-6
    2013年05月15日 『J-POP BEST GENERATION MIX!2011-2013』 VIGR-0015
    2013年06月12日 『クラブ フレグランス ブリリアントボヤージュ』 XNAR-10034
    2013年08月07日 『J-POP COVER伝説 V Mixed by DJ FUMI★YEAH!』(PARTY☆ROCKERS) FARM-0345
    2013年09月04日 GILLE『I AM GILLE.2』 UPCH-9885
    UPCH-1945
    2013年10月09日 イガグリ千葉『ヤリたくて』(替え歌) EAZZ-0106
    2013年10月30日 『J-POP COVER HITS! -INTERNATIONAL- DJ MIX EDITION』 JPCH-13092
    2014年02月18日 GHOST COMPANY『LOUD EATS J-POP』 R3RCD-117
    2014年02月19日 どついたるねん『ピラミッドをぶっ壊せ!』 MYRD-61
    2014年3月16日 Little Glee MonsterLittle Glee Monster SRCL-9221~9222
    2014年04月23日 『BRASS BEST SELECTION J-POP』 VICP-65214
    2014年04月23日 東京佼成ウインドオーケストラ『ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2014』 TYCN-62002
    2014年05月14日 『WE LOVE J-POP ~INTERNATIONAL TUNES BEST~ mixed by DJ瑞穂』(ENGLISH Ver.) GRVY-052
    2014年06月04日 『アゲうたベスト Mixed by DJ瑞穂』 GRVY-053
    2014年06月18日 大阪桐蔭高校吹奏楽部『ブラバン!甲子園 U-18-WEST』 UICZ-4304
    2014年07月16日 HIBI★Chazz-K『ハッピー・サックス・ヒット・エクスプレス』 PCCR-605
    2014年07月23日 『アイのうた J-POP NON STOP MIX → MIXED BY DJ FUMI★YEAH!』 POCS-1166
    2014年08月06日 『厳選! 超定番スポーツマーチ ヒットソング編』 KICG-3265
    2014年09月03日 『WE LOVE J-POP ~BEST~ Mixed by DJ HIROKI』 GRVY-062
    2014年10月03日 朝倉さや『方言革命』 SLSC-0004
    2015年05月13日 DJ SASA with THE ISLANDERS『金爆人(きんばくんちゅ)』 KICS-3183
    2015年08月19日 あゆ☆『METAMORPHOSE』 FSM-015
    2015年08月26日 シエナ・ウインド・オーケストラ『ブラバン ゴールデンボンバー!』 KICC-1242
    2015年09月09日 『POP POP POP powered by 春香クリスティーン JPCH-15091
    2016年02月24日 ウィンズスコアBFB『BRASS BEST J-POP甲子園2 THE 選抜』 VICP-65373
    2016年03月23日 キング・ウィング・オーケストラ『キング スーパー・マーチ ヒット・パレード2016 ~365日の紙飛行機~』 KICG-482
    その他

    脚注[編集]

    1. ^ http://recochoku.jp/special/1561/
    2. ^ a b 鬼龍院翔オフィシャルブログ「翔さんのスットコフォッコイ!」より(2012年12月29日閲覧)。その隣接するバー『POLE STAR』は『ウルトラマンガイア』第25話でチンピラ達が集うバーとして登場している。
    3. ^ “特集:アーティストインタビュー[ゴールデンボンバー]”. JOYSOUND.com. (2011年9月3日). オリジナル2011年9月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110912161121/http://joysound.com/ex/st/special/artist/201109/03.htm#inter 2011年11月6日閲覧。 
    4. ^ 2013年11月2日のツイート
    5. ^ 鬼龍院翔オフィシャルブログ「パクリとは何だ!?」より(2013年3月18日閲覧)
    6. ^ なお、曲の長さに合わせて振り付けが若干アレンジされている。
    7. ^ 2012年 年間カラオケリクエストランキング楽曲ランキングはAKB48が2連覇、アーティストランキングではEXILEが1位奪還!
    8. ^ JOYSOUND 2012年 年間カラオケランキング発表!
    9. ^ 「進撃の巨人」が金爆食い!カラオケランキング初登場奪首
    10. ^ “【オリコン】金爆「女々しくて」カラオケ新記録の49週連続1位”. ORICON STYLE. (2013年8月9日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2027419/full/ 2013年8月9日閲覧。 
    11. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000312-oric-ent
    12. ^ “ゴールデンボンバー インタビュー”. music UP's. http://www.music-ups.jp/interview/84/10.php 2011年10月23日閲覧。 
    13. ^ 2009年1月1日に発売されたアルバム『イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜』、また2010年1月6日に発売されたベストアルバム『ゴールデンベスト〜Pressure〜』収録曲。
    14. ^ http://natalie.mu/music/news/59542
    15. ^ http://natalie.mu/music/news/69767
    16. ^ http://natalie.mu/music/news/77881
    17. ^ http://natalie.mu/music/news/78941
    18. ^ http://natalie.mu/music/news/81667
    19. ^ http://natalie.mu/music/news/86182
    20. ^ http://natalie.mu/music/news/88641
    21. ^ http://natalie.mu/music/news/89221
    22. ^ http://natalie.mu/music/news/91732
    23. ^ http://natalie.mu/music/news/119531
    24. ^ http://natalie.mu/music/news/138218
    25. ^ http://natalie.mu/music/news/148175

    外部リンク[編集]