喜矢武豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜矢武 豊
別名
  • 喜屋武豊
  • キャン豊
生誕 (1985-03-15) 1985年3月15日(37歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
担当楽器 Gita-
活動期間 2004年 -
共同作業者
公式サイト

喜矢武 豊(きゃん ゆたか、1985年3月15日 - )は、日本ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのGita-俳優である。

経歴[編集]

小学生の頃から高校2年生の頃まで野球を続けていた[1]。しかし高校ではレギュラーになれず[2]、中学生、高校生の時に野球選手への夢を断念する[3]。同じ頃に友人の影響でベースの演奏を始め、その後知人にギターを渡されギターに転向し、GLAYL'Arc〜en〜CielX JAPANなどの楽曲を趣味で演奏する[4]。高校3年生の頃、共通の友人を介して鬼龍院と知り合う[注釈 1]。この時鬼龍院が高校の文化祭でDIR EN GREYの楽曲を演奏している映像に衝撃を受け、鬼龍院にバンドを組むことを提案するも断られる[5]。その後大学の経済学部へ進学し、ゴールデンボンバーを鬼龍院と友人の3人で結成する[6]。学生生活では金銭的に余裕がなく、バンド活動も少なかったため、ほとんどの時間を松屋でのアルバイトに費やしていた[7]。大学卒業前には就職活動するも両親の反対を押し切り[8][9]、就職活動を止めてゴールデンボンバーを鬼龍院と共に再結成する[10]。その後しばらくは演奏に徹していたものの[11]、ギターソロではパフォーマンスを披露するようになった。これは鬼龍院によるとVagu*Projectとの邂逅を切っ掛けとしているが[12]、本人は演奏よりパフォーマンスを見せる楽しさを感じるようになったことや[13]、本人の練習不足から来る技術的な問題などを挙げている[14][15]。バンドを始めたころは鬼龍院と共に経済的に厳しい生活を送っていたことを後に語っており、卒業後はマネージャーから30万円を借りて生活費に充てていたことなどを明かしている[16]

担当[編集]

ライブやテレビ出演時には楽曲のギターソロと称して、後述の様々なパフォーマンスを行っている。ギターソロのパフォーマンスのために溶接の免許を取得したり[17]、自らの毛髪に墨汁を付けて書初めの筆に扮したり[17]、ライブ中に焼肉を焼いたり[18]スイカかき氷早食いなどを行ったりする[19][20]。ギターを演奏する際はマルチエフェクターを使用する[21]

バンド内のキャラクターでは、ガチュピン[22]、実輪さんなどを担当している[23]。動画「ガチュピンチャレンジ」シリーズではガチュピンとムックーの吹き替えを一人二役で担当している[24]

ライブ時に使用される段ボール製の小道具大道具は喜矢武の手作りであり[25]、段ボールでサクソフォーンピアノ風のアート制作を行ってライブで披露したこともある[26]。これらの作品は展示会での出展も果たしており、2015年11月5日から2016年1月11日まで東京・ダイバーシティ東京 プラザとのコラボレーションで開催された企画「SHINING STAR ILLUMINATION ゴールデンボンバー with ダイバーシティ東京」や[27]、2016年6月4日から12日まで開催された「アリスと時間のアート展」にて展示された[28]。またマスコットキャラクターの金爆くんは喜矢武によってデザインされた[29]。他にも告知動画などの動画編集を担当している[13]。「バブルはよかった」では新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環でメンバーが集まることができないため、PV作成を鬼龍院に丸投げされ、いらすとやの素材を使って完成させた[30]

人物[編集]

血液型はB型、身長は166センチメートル[31]。東京都板橋区出身[31]。中学、高校の時は野球部に所属する。運動神経が良く、野球が好きで樽美酒研二と野球をすることがある[32]。担当していたポジションは小学校と高校ではセカンド、中学校ではショートだった[33]。一方でギターの演奏に関しては、後にゴールデンボンバーがエアーバンドという様式になる切っ掛けを作った[34]

hideに憧れており[35]X JAPANを大学の卒業論文のテーマにした[36]。バンドの結成当初はB'zのようなバンドがやりたいと思っていたが、それを聞いた鬼龍院に呆れられている[37]

個人での活動[編集]

パフォーマンス以外では俳優業をに力を入れている。2012年8月公開の映画『死ガ二人ヲワカツマデ…』の二部構成の一部「色ノナイ青」で俳優デビューを果たし、初主演を務めた[38]。2015年3月に初舞台『ふしぎ遊戯』で主演の鬼宿(たまほめ)を演じ[39]、翌年2月16日から28日、手塚治虫の漫画『ぼくの孫悟空』を原作とした舞台『GOKÛ』で主演の孫悟空を演じた[40]。このことに関して、メンバーからは「バンドに向いていなかった」と度々述べられており[41]、本人も俳優活動に意欲を見せている[42]。その一方で『GOKÛ』でのインタビューではゴールデンボンバーの活動の一環であると述べている[43]。2017年4月6日から15日、高橋留美子の漫画を原作とした舞台『犬夜叉』にて主演の犬夜叉を演じる[44][45]

出演[編集]

映画[編集]

  • 死ガ二人ヲワカツマデ… 第一章「色ノナイ青」(2012年、日活) - 主演・命華 役
    • 死ガ二人ヲワカツマデ… 第二章「南瓜花 -nananka-」(2012年) - 命華 役 ※特別出演

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 日本統一53(2022年) - 三代目侠和会川谷組悠成会若頭 翁長照邦[60]

舞台[編集]

  • ふしぎ遊戯(2015年3月19日 - 29日、品川プリンスホテル クラブeX) - 鬼宿 役[39]
  • GOKÛ(2016年2月16日 - 28日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 孫悟空 役[40][61]
  • 犬夜叉(2017年4月6日 - 15日、東京・天王洲 銀河劇場) - 犬夜叉 役[44]
  • 音楽活劇「SHIRANAMI」(2019年1月11日 - 29日、新国立劇場 中劇場) - 忠信利平 役[62]

その他[編集]

  • マーダーミステリーシアター「演技の代償」Replay(2021年7月18日、生配信) - 劇場管理人 桃谷雄一郎 役[63]
  • アニメ『ヴィジュアルプリズン』(TOKYO MX) - 喜矢武豊(本人役)[64]

SASUKEでの戦歴[編集]

大会別成績
大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第31回大会 41 1st ローリングヒル ハムスターのように耐えようとするも落下[65][66]
第32回大会 41 1st タイファイター 頭からイルカのように落下[66]
第33回大会 34 1st クワッドステップス 開始3秒で落下[67]
第35回大会 31 1st ドラゴングライダー ジャンプが届かず落下(バーに初めて触れた挑戦者である)[67]
第36回大会 66 1st ドラゴングライダー 2本目に飛び移れず落下[68]
第39回大会 78 1st 2連そり立つ壁 時間切れ[69]
通算成績
出場数 2nd進出 3rd進出 FINAL進出 最優秀成績
6回 0回 0回 0回 0回

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 鬼龍院の自著では高校生の頃[1]、ROCK AND READの喜矢武のインタビューでは高校3年生か大学1年生の頃となっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 鬼龍院 2012, p. 62.
  2. ^ 大島 2011 p 187.
  3. ^ a b 大島 2011 p 188.
  4. ^ 大島 2011 pp. 187-188.
  5. ^ 大島 2011 p 189、p 191.
  6. ^ 大島 2011 p 191.
  7. ^ 大島 2011 pp. 192-193.
  8. ^ 金多賀歩美 (2016年4月25日). 祝CDデビュー5周年! 記念作品『ザ・パスト・マスターズ vol.1』をリリースするゴールデンボンバーに迫る!. (インタビュー). Vif. http://vif-music.com/interview/golden-bomber/ 2016年12月18日閲覧。 
  9. ^ 喜矢武豊 (2012年8月31日). (インタビュー). “ゴールデンボンバーの喜矢武豊、二宮和也を勝手にライバル視!母との感涙エピソードも告白”. クランクイン!. https://www.crank-in.net/interview/16711/1 2021年9月12日閲覧。 
  10. ^ 鬼龍院 2012, pp. 142–143.
  11. ^ 鬼龍院 2012, pp. 145、146、148.
  12. ^ 鬼龍院 2012, p. 148.
  13. ^ a b 大島 2011 p 194.
  14. ^ 大島 2011 pp. 110-111.
  15. ^ 市川哲史「ゴールデンボンバー: イロモノ? 一発屋? エアバンド"金爆"とは何者なのか?」『日経エンタテインメント!』、日経BP社、19頁、2013年6月。ASIN B00CDVTIXE 
  16. ^ 真紀和泉「ゴールデンボンバー・鬼龍院と喜矢武の下積み時代「家賃払えず○○万借りた」」『エンタがビタミン』メディアプロダクツジャパン、2015年9月9日。2017年2月1日閲覧。
  17. ^ a b 溶接!書き初め!全裸!? ゴールデンボンバー衝撃の初武道館」『音楽ナタリー』ナターシャ、2012年1月24日。2016年11月27日閲覧。
  18. ^ 『HAKUEI'S ROOM act.1 HAKUEI×喜矢武豊』リイド社、2011年9月26日、22頁。ASIN B005NJD2I0 
  19. ^ スイカ早食いにTバック対決!? グドモ×金爆、相性抜群の爆笑コラボ」『SPICE』イープラス、2016年7月26日。2020年1月5日閲覧。
  20. ^ 喜矢武豊 (2011年1月29日). “ゴルボンニコラジ”. ゴールデンボンバー 喜矢武豊. Ameba. 2016年11月27日閲覧。
  21. ^ 大島 2011 p 193.
  22. ^ ゴールデンボンバー 「チャレンジシリーズ-人間ローションカーリング-」Part2【GOLDEN BOMBER】 - YouTube
  23. ^ 鬼龍院 2012, p. 170.
  24. ^ Yomerumo編集部「金爆のガチュピンチャレンジシリーズって何?」『Yomerumo News』GMO AD MARKETING、2014年3月26日。2016年11月27日閲覧。
  25. ^ 大島 2011 p 115.
  26. ^ ゴールデンボンバーがダイバーシティとのコラボ イルミネーション点灯式に登場!」『WWS channel』WWS、2015年11月5日。2016年12月4日閲覧。
  27. ^ 金爆がお台場イルミネーションとコラボ、ダンボール工作展も開催」『音楽ナタリー』ナターシャ、2015年10月29日。2016年12月3日閲覧。
  28. ^ 「アリスと時間のアート展」日テレで開催、映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の世界を体感」『』Fashion Press。2016年12月3日閲覧。
  29. ^ 喜矢武豊 (2009年10月3日). “あたしと寝ませんか?”. ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ. 2016年12月26日閲覧。
  30. ^ できる男、金爆・喜矢武豊がMV作りで意外な才能発揮!歌広場淳も絶賛『楽器だけできない』」『東京中日スポーツ』中日新聞社、2020年6月17日。2021年12月31日閲覧。
  31. ^ a b 大島 2011 p 186.
  32. ^ 喜矢武vs樽美酒!秋の浜スタで野球大会」『音楽ナタリー』ナターシャ、2014年9月12日。2016年11月27日閲覧。
  33. ^ 「ゴールデンボンバー レッツゴーKYで開運祈願!? 恵方巻を作ってみよう!」『FOOL'S MATE』、フールズメイト、51頁、2011年3月。ASIN B004J53G5I 
  34. ^ 福岡元啓 (2014年11月21日). “第2回 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)”. MY J:COM. ジュピターテレコム. 2017年1月8日閲覧。
  35. ^ 喜矢武豊 (2016年5月9日). “VAMPS福岡( ´ ▽ ` )ノ”. ゴールデンボンバー 喜矢武豊オフィシャルブログ「Canキャン」Powered by Ameba. 2016年12月3日閲覧。
  36. ^ YOSHIKI ゴールデンボンバーとの対談実現!「学ぶところいっぱいある」”. Dwango.JP News. ドワンゴ (2016年3月1日). 2016年11月27日閲覧。
  37. ^ 金爆・鬼龍院翔が喜矢武豊の「コイツ、ダメだな」と思った瞬間を告白。」『マイナビニュース』マイナビ、2016年4月1日。2016年12月4日閲覧。オリジナルの2016年12月4日時点におけるアーカイブ。
  38. ^ [今週のナタリー]俳優業もこなすエアーバンドマン」『音楽ナタリー』ナターシャ、2013年9月21日。2016年11月27日閲覧。
  39. ^ a b ふしぎ遊戯”. ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー. 2016年12月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  40. ^ a b 佐藤由紀奈 (2016年2月6日). “ゴールデンボンバー喜矢武・エアバンドで培ったライブ力が主演舞台『GOKÛ』で光る”. Social Trend News. 2016年11月29日閲覧。
  41. ^ 田中沙織「金爆・鬼龍院、ギター喜矢武へ改めて「バンド向いてなかったんだな」」『RBB TODAY』イード、2015年3月27日。2016年11月27日閲覧。
  42. ^ 喜矢武豊、ハリウッドからオファー来たら「ゴールデンボンバー去ります」”. マイナビニュース エンタメ. マイナビ (2015年4月9日). 2016年12月3日閲覧。
  43. ^ 黒豆直樹「金爆・喜矢武豊、俳優としての目標は三谷作品、ジブリ声優…そして『スター・ウォーズ 』!?(2/2)」『livedoor NEWS』LINE、2016年2月15日。2016年12月4日閲覧。
  44. ^ a b 「犬夜叉」舞台化!犬夜叉役は金爆の喜矢武豊、かごめ役は乃木坂46若月佑美」『コミックナタリー』ナターシャ、2017年2月6日。2017年2月6日閲覧。
  45. ^ 金爆・喜矢武豊が「犬夜叉」に!「ビジュアルはひとつの水準をクリアできたかな」」『ステージナタリー』ナターシャ、2017年2月6日。2017年2月6日閲覧。
  46. ^ 金爆・喜矢武豊、“月9”でドラマ初出演 本人は「初主演」と勘違い」『ORICON NEWS』オリコン、2013年3月7日。2020年1月5日閲覧。
  47. ^ 金爆、『49』でメンバー総出演! 鬼龍院翔「喜矢武君が馴染めてなくて安心」」『マイナビニュース』マイナビ、2013年11月17日。2016年12月29日閲覧。
  48. ^ 金爆・喜矢武豊、鈴木梨央の父親役に起用 『お兄ちゃん、ガチャ』でキーパーソンに」『ORICON NEWS』oricon ME、2015年3月18日。2017年1月13日閲覧。
  49. ^ 喜矢武豊、「コウノドリ」で川栄李奈演じる愛妻を気遣う心優しき夫に」『音楽ナタリー』ナターシャ、2017年10月20日。2017年10月20日閲覧。
  50. ^ ゴールデンボンバー・喜矢武豊、『オトナ高校』ゲスト出演"出たよ~、歌広さん!"”. オリコン (2017年11月28日). 2017年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  51. ^ 金爆・喜矢武豊、『花のち晴れ』に“チョイ役”で登場」『BARKS』ジャパンミュージックネットワーク、2018年6月9日。2018年7月10日閲覧。
  52. ^ ゴールデンボンバー 喜矢武豊、『ドロ刑』出演 『(中島健人は)すげーイケメンでした!』」『リアルサウンド』blueprint、2018年10月13日。2020年5月10日閲覧。
  53. ^ 喜矢武豊、『G線上のあなたと私』で金髪バンドマン役に 「ディスティニーを感じました」」『リアルサウンド』blueprint、2019年10月22日。2019年11月17日閲覧。
  54. ^ 『レンタルなんもしない人』藤井直樹、喜矢武豊、ヒャダインら出演決定 | PlusParavi(プラスパラビ)” (日本語). plus.paravi.jp. 2021年7月29日閲覧。
  55. ^ ゴールデンボンバー喜矢武豊が連ドラで父親役「結婚っていいな~」」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年9月18日。2020年9月18日閲覧。
  56. ^ ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 第15話 | TVO テレビ大阪” (日本語). ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 第15話 | TVO テレビ大阪. 2021年7月29日閲覧。
  57. ^ 中原弘貴、高田里穂、小田井涼平、喜矢武豊がドラマ「ももあん」に出演、楽曲も決定」『』、2021年2月9日。2021年2月11日閲覧。
  58. ^ ドラマ『ハレ婚。』追加キャストに渡辺いっけい、宮地雅子、喜矢武豊、なえなの」『』、2021年12月22日。2021年12月30日閲覧。
  59. ^ 4/22(金)24:12〜24:52 - テレビ東京 ドラマ24「しろめし修行僧」第3話 ※喜矢武豊 出演”. ゴールデンボンバーオフィシャルサイト (2022年4月18日). 2022年4月23日閲覧。
  60. ^ 喜矢武豊 「日本統一」レギュラー出演 本宮泰風「想像以上の活躍」”. スポニチ (2022年7月25日). 2022年7月28日閲覧。
  61. ^ 金爆・喜矢武が悟空役、手塚治虫原作『GOKU』配役&キャラビジュ”. CINRA.NET (2016年1月28日). 2020年9月18日閲覧。
  62. ^ 5人の“猛獣”が共演「SHIRANAMI」幕開け、早乙女太一ら「観に来てねー!」」『ステージナタリー』ナターシャ、2019年1月11日。2019年2月1日閲覧。
  63. ^ エンタステージ:初心者からツウまで!演劇総合情報サイト│エンタステージ” (日本語). enterstage.jp. 2021年7月29日閲覧。
  64. ^ 電撃オンライン「10月アニメ『ヴィジュアルプリズン』に金爆・喜矢武豊と歌広場淳がゲスト出演決定!」『電撃オンライン』、2021年9月15日。2021年12月30日閲覧。オリジナルの2021年12月30日時点におけるアーカイブ。
  65. ^ 注目選手”. TBSテレビ:SASUKE. 2016年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月18日閲覧。
  66. ^ a b 金爆・喜矢武、1年ごしの“ハムスター”卒業で歓喜!ファンからは「おめでとう」「感動した」の声」『』E-TALENTBANK co.、2016年7月4日。2019年1月18日閲覧。
  67. ^ a b 金爆 樽美酒研二&喜矢武豊、A.B.C-Z 塚田僚一、ジャニーズJr. 岩本照『SASUKE』挑戦の結果は?」『リアルサウンド』blueprint、2018年3月27日。2019年1月18日閲覧。
  68. ^ sasuke_tbsのツイート(1079679536906682370)
  69. ^ 樽美酒研二『SASUKE2021』まさかの結果に」『modelpress』、2021年12月28日。2021年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大島暁美「喜矢武豊 ゴールデンボンバー: 金爆踏み台宣言」『Rock&Read』第34巻、シンコーミュージックエンタテイメント、2011年3月7日。ISBN 978-4-401-77104-2 
  • 大島暁美「喜矢武豊 ゴールデンボンバー: 金爆解散宣言!?」『Rock&Read』第38巻、シンコーミュージックエンタテイメント、2011年10月14日。ISBN 978-4-401-77108-0 
  • 鬼龍院翔 『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』(初)ユークリッド・ミュージックエンターテイメント、2012年6月20日。ASIN B007ZTPOT6JAN 4948722444664