涙そうそう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

涙そうそう」(なだそうそう)は、森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲である。

概要[編集]

森山良子が、ライブで共演したBEGINと意気投合し、沖縄の曲を依頼した。BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞き、森山が若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけた(しかし、別れの歌、卒業ソングとして親しまれている)。1998年に森山良子のアルバム『TIME IS LONELY』に収録された。また後に、2001年12月5日発売のシングル「さとうきび畑」のカップリングとして収録されている。

BEGINのシングル[編集]

涙そうそう
BEGINシングル
収録アルバム BEGIN
B面 かりゆしの夜(2000年盤)
島人ぬ宝(2002年盤)
リリース 2000年3月23日
2002年6月26日(再発)
ジャンル J-POP
時間 19分(2000年盤)
レーベル インペリアル(2000年盤)
テイチク(2002年盤)
作詞・作曲 森山良子BEGIN
チャート最高順位
BEGIN シングル 年表
愛を捨てないで
(1999年)
涙そうそう
(2000年)
空に星があるように
(2000年)
BEGIN 年表
島人ぬ宝
(2002年)
涙そうそう/島人ぬ宝
(2002年)
オジー自慢のオリオンビール (エイサー・バージョン)
(2003年)
テンプレートを表示

BEGIN18枚目のシングルとして2000年3月23日に発売された。2002年6月26日には、『島人ぬ宝』とのカップリングでカセットテープで発売された。

収録曲[編集]

2000年盤[編集]

  1. 涙そうそう
  2. かりゆしの夜
  3. 花(LiveVersion)
  4. 涙そうそう(オリジナル・カラオケ)

2002年盤[編集]

  • A面
    1. 涙そうそう
    2. 涙そうそう(オリジナル・カラオケ)
    3. 涙そうそう(三線バージョン)
    4. 涙そうそう(三線ウチナーグチバージョン)
  • B面
    1. 島人ぬ宝
    2. 島人ぬ宝(オリジナル・カラオケ)

夏川りみのカバー・シングル[編集]

涙そうそう
夏川りみシングル
収録アルバム 南風
てぃだ 〜太陽・風ぬ想い〜
B面 あなたの風
リリース 2001年3月23日
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 森山良子BEGIN
プロデュース 京田誠一
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 2002年度年間87位(オリコン)
  • 2003年度年間21位(オリコン)
  • 2004年度年間58位(オリコン)
  • 2005年度年間175位(オリコン)
  • 登場回数232回(オリコン)
夏川りみ シングル 年表
花になる
(2000年)
涙そうそう
(2001年)
道しるべ
2003年
テンプレートを表示

夏川りみの現在の名義における3枚目のシングルとして2001年3月23日に発売。夏川は、沖縄サミットのテレビ中継でBEGINがこの曲を演奏しているのを見て、カバーしたいと思うようになった[1]。BEGINは夏川の依頼に応えて「あなたの風」を提供するが、夏川はなおも「涙そうそう」にこだわり、最終的にカバーが実現した[1]

沖縄県の大手CDショップ「照屋楽器店」の売上ランキングでは発売1週目にしてB'zの「ultra soul」に次ぐ2位を記録[2]。全国に知られるようになるまでには時間がかかったものの、2002年から3年あまりに渡ってヒットし続けた。累計売上は120万枚突破[3]

収録曲[編集]

  1. 涙そうそう
  2. あなたの風
    • BEGINが作詞・作曲したバラードソング。
  3. 花になる(アコースティック・ヴァージョン)
  4. 涙そうそう(インストゥルメンタル・ヴァージョン)
  5. あなたの風(インストゥルメンタル・ヴァージョン)

その他のカバー[編集]

  • 1998年に森山良子のアルバム『TIME IS LONELY』に収録された。後に、2001年12月5日発売のシングル「さとうきび畑」のカップリング/2曲目に収録された。
  • 2000年3月23日にBEGINがシングル曲としてリリース。7月21日リリースの島唄アルバム『ビギンの島唄 〜オモトタケオ〜』には、三線バージョンと三線ウチナーグチバージョン(訳詞:新城俊昭)が収録された。
  • 2001年の夏川りみによるカバーがヒットして以降は、国内外の多くのアーティストにカバーされている。

以上は、作詞・作曲者によるオリジナルと見なせる演奏。以下は、カバー。

  • 2001年3月23日にBEGINと同郷の夏川りみがシングルカバーし120万枚突破[4]の大ヒット。
  • 2002年台湾黄品源がアルバム『簡單情歌』に台湾語カバー「白鷺鷥」を収録。
    • 2006年12月8日に黄品源は「白鷺鷥」に続き、ベストアルバム『淚光閃閃,源來有你』の中に新曲として今度は北京語で2度目のカバー「淚光閃閃」を収録。
  • 2003年3月12日に「森山良子 with BEGIN・夏川りみ」名義でTBSラジオ「森山良子ハートオブポップス」公開録音(2002年12月5日)バージョンがシングル発売され、ヒットした。
  • 2003年4月7日に五木ひろしがアルバム『五木ひろしカバー&セルフコレクションズ全16曲〜おふくろの子守唄』でカバー。
  • 2004年6月23日に田端義夫がシングル発売(アルバム『島唄2』からのシングルカット)。
  • 2004年にケアリイ・レイシェルがハワイアンにアレンジしたカバー曲「カ・ノホナ・ピリカイ」を発表、ナ・ホク・アワード(2004年)7部門受賞する大ヒットとなった。
    • 2006年、ケアリイの歌がauの携帯電話「W41S」のCMソングに採用され日本でも話題となった。
  • 2004年9月9日にシンガポールの蔡淳佳(英語名:ジョイ・ツァイ)がアルバム『日出』に北京語カバー「陪我看日出 (私と日の出を見に行こう)」を収録。後に2006年11月10日に台湾でリリースされたベストアルバム『淳佳精選17首』にも収録され中華圏全体でヒットする。中華圏での複数のカバーのうち最も有名なカバーとなった。
  • 2005年4月27日にSISTER KAYAがアルバム『たからもの』でカバー。
  • 2005年5月18日に加藤登紀子がアルバム『登紀子情歌~LOVE SONGS~』でカバー。
  • 2005年9月14日に徳永英明がアルバム『VOCALIST』でカバー。
  • 2006年に吹奏楽バージョンとしてニュー・サウンズ・イン・ブラスに登場。演奏は東京佼成ウインドオーケストラ、編曲は山里佐和子。
  • 2007年ヘイリー・ウェステンラがアルバム『Treasure 〜私の宝物』の日本盤で英語バージョンをカバー。
  • 2008年1月15日に砂川恵理歌がコンピレーションアルバム『琉球ラヴァーズロック』でカバー。
  • 2008年2月20日に甲斐よしひろがアルバム『TEN STORIES 2』でカバー。
  • 2008年3月18日に深見東州がアルバム『涙そうそう』でカバー。
  • 2008年6月25日にタンポポ児童合唱団がオムニバスアルバム『こどもと歌いたい!ファミリーヒットソング〜おしえて・花の子ルンルン・世界中の誰よりきっと〜』でカバー。
  • 2008年7月16日に杏里がアルバム『tears of anri 2』でカバー。
  • 2008年7月16日に甲斐裕次郎中村太亮)がTVアニメ「テニスの王子様」のキャラクターとして比嘉中名義のミニアルバム『美ら唄』内でカバー。
  • 2008年8月27日に早川えみがアルバム『Feel the Jazz breeze』で、英語詞及びジャズ風にカバー。
  • 2008年11月5日に中西保志がアルバム『STANDARDS 3』でカバー。
  • 2008年11月7日に韓国のMemory(現メン・ユナ / 메모리)がアルバム『She Dreamed That She Was Flying Like A Bird.』に韓国語カバー「ヌンムリ ナヨ (눈물이 나요)」を収録。
  • 2008年に元アリスタースコット・マーフィーがアルバム『Guilty Pleasures II』でカバー。
  • 2009年森進一がアルバム『Love Music』でカバー。
  • 2009年11月25日にリリースされたalanのアルバム『my life (CD+DVD)』に、初回盤特典映像としてスタジオライブ映像によるカバーが収録された。
  • 2010年大江裕がアルバム『演歌大将 大江裕~日本列島 歌飛脚Ⅰ~』でカバー。
  • 2010年7月7日にalanが、5種類リリースされたシングル『風に向かう花』の一つでカップリング曲として二胡演奏でカバー。
  • 2010年に我那覇響沼倉愛美)が『THE IDOLM@STER2 MASTER ARTIST2 -FIRST SEASON- 02』でカバー。
  • 2011年MONGOL800がアルバム『etc.works 2』でMAJESTICSとカバー。
  • 2013年6月5日にクリス・ハートがアルバム『Heart Song』でカバー。

など。

映像作品[編集]

2006年にはTBSテレビ局の開局50年記念として、この作品をモチーフにした妻夫木聡長澤まさみ主演の映画が2006年秋に公開された。他、これにリンクして視聴者の手記を基にしたドラマを放映している。これまでに「広島 昭和20年8月6日」(松たか子出演)、「涙そうそう この愛に生きて」(黒木瞳出演)が映像化された。

主な記録・賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 日本郵政(JP日本郵便・JP郵便局・JPゆうちょ銀行・JPかんぽ生命)
    グループ各社のCMソングとして民営化PRの段階から使われている。