鬼龍院翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼龍院 翔
きりゅういん しょう
生誕 (1984-06-20) 1984年6月20日(35歳)
出身地 日本の旗 日本東京都浅草
学歴 東京都立向丘高等学校
担当楽器 Vo-karu
活動期間 2004年 -
共同作業者 ゴールデンボンバー
tatsuo
森友嵐士T-BOLAN
公式サイト 「キリショー☆ブログ」

鬼龍院 翔(きりゅういん しょう)は、日本ミュージシャンである。ヴィジュアル系エアーバンドゴールデンボンバーVo-karu[注釈 1]。バンド外でも作曲や楽曲提供を行う。2014年に第56回日本レコード大賞の作曲賞を受賞[2]

活動[編集]

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーにおいて楽曲の作詞作曲編曲を手掛ける[3][注釈 2]。ギター[5]、ベース、ドラム[6]、ピアノやバイオリンなど一通りの楽器は演奏することが出来る[7]。ワンマンライブの演出、演劇の脚本、ステージ構成も手掛けている[8]。作詞はマクドナルドの店内で行っており、無料で提供されているナプキンに書いている[9]

バンド内のキャラクターでは、鉄腕アトヌ[10]、翔也などを担当している[11]

2011年1月5日から2015年6月29日まで『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン』にてラジオのパーソナリティを務め、2014年9月15日には番組をまとめた書籍が刊行された[12]。2012年6月20日には自伝本『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』を発売し[13]、東京NSCへ通っていた過去などを公表した[13]。広報にはブログの他ツイッターを使用していたが、2014年1月16日、ブログ上でツイッターを退会したことと今後はブログに専念することを発表する[14]

ゴールデンボンバー以外でも音楽活動を行っており、2012年には9月2日から放映開始された特撮ドラマ『仮面ライダーウィザード』ではソロ名義で同作主題歌「Life is SHOW TIME」を発売した[15]。また2015年には森友嵐士T-BOLAN)と共にmorioni名義で「サヨナラは歩き出す」をリリースする[16]

経歴[編集]

小学6年生での初恋を切っ掛けに音楽に関心を持ち、アコースティックギターを購入する[17]。幼少期は目立ちたがり屋でお笑いを好んだ[18]。同時期流行したテレビ番組『ボキャブラ天国』による周囲のお笑いブームへの対抗心から、音楽に力を入れるようになり、中学一年生でエレキギターを購入する[18]。中学2年生の頃、非行で塞ぎ込むようになった際に母親からキーボードをクリスマスプレゼントとして渡される[19]。中学二年生の時にテレビ番組で試聴したMALICE MIZERの『月下の夜想曲』を切っ掛けにヴィジュアル系の音楽にのめり込み[20]GACKTDIR EN GREY[21]、クラシック音楽の影響を受ける[22]。また同時期にギターを本格的に演奏するようになる[19]

後にバンド活動ができる高校を探して東京都立向丘高等学校へ進学する[23]。好きな食べ物から「チョコ」とあだ名が付けられていたことを、当時同級生で同じクラスだったこともある歌手の木村カエラに明かされている[24]。軽音楽部にてバンドを組むものの[25]シンセサイザーが2人必要なMALICE MIZERができる状況ではなく、JUDY AND MARYコピーバンドとして活動する[25]。しかしギターは人前で緊張し普段の演奏ができずに挫折、次にやっている人数が少ないためバンドを組みやすいドラム、また他のバンドと異なる編成を目指してサイレントバイオリンを購入、練習するも難易度のため挫折する[23]。加えてバンドメンバーと反りが合わなかったことから、音楽の授業の発表会で教員から教わってMIDIを活用、自身はボーカルとしてMALICE MIZERの楽曲を発表する[26]

高校卒業後は東京NSCに在籍し、ハリセンボンライスと同じ9期生として[27]池田一真(現しずる)と「チョコサラミ」というコンビを組んで活動する[28]。コンビを続ける内に二人の間に溝ができ、池田から言い出された解散を受け入れることとなる[29]。NSC卒業後はお笑いの世界では成功できないと感じ、「やっと笑えたね」でコンビを組んでいた当時の相方へ解散を言い渡し[30][31]、芸人から方向転換してバンドを始める。プロ志向のフリーターとして活動した後に一念発起して同時期に音楽学校に通い[32][33]小川悦司にアレンジの方法などを学ぶ[34]

2012年8月に上咽頭炎を患ったことで歌い方に癖がついてしまい、完治した後も元のように歌えなくなる[35][36]。同年11月21日、発声時頸部ジストニアのため予定していたソロ公演の延期を発表する[37]。その折にサザンオールスターズの「C調言葉に御用心」を聞き、歌い方のヒントを得たと述べている[38]。1年後に無事振替公演を成功させている[39]2016年5月11日、声帯にできたポリープの除去手術を受ける[40]

人物[編集]

血液型はB型[41]、身長は164cm[42]浅草出身[43]。愛称はキリショー、キリちゃんなどが挙げられる[44]。芸名の翔は本名から来ている[45]

ビジュアル系の中でもGACKTに対しては、著名になってからも尊敬の意を示している[46]クラシックも嗜み、中でもヨハン・ゼバスティアン・バッハの影響があったことを語っている[47]

タミヤのTシャツを長年愛用しており、彼の愛用によりタミヤのTシャツの売り上げが伸びたとして、タミヤ本社からお礼とともに彼が希望した『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の限定ミニ四駆がプレゼントされるというやり取りがあった[48]。タミヤやプラモデル、ミニ四駆などにはそれほど興味はなく、あくまでデザインに惚れてTシャツを愛用したと語っている。2013年にはオリコンのTシャツが似合うアーティストランキングで9位にランクインしている[49]

年末年始(2013年以降は元日)は、日雇いのアルバイトをすることが恒例となっている。2011年末(クリスマス)はコンサートスタッフ、2013年はローソンの店員、2014年はフジテレビ系のお笑い番組観覧[50]、2015年は秋葉原の女装カフェ店員[51]、2016年はデザート工場でアルバイトをしている[52]。この理由について鬼龍院自身が現実的な生活感を忘れないためと述べている[53]。なお、2017年はどこのバイトも不採用となったため行っていない[54]

音楽宗教論という考えについて度々考えを述べており、2011年のインタビューではライブ演奏などでの楽器の生演奏にこだわる必要はないものとして[55]、固定観念を破壊した先に音楽の発展が存在する可能性に触れ[56]、生演奏に固辞する人々に対してその固定観念を破壊するということを目標として挙げている[57]。2018年のインタビューでは個々の好む音楽の脅威となる存在を消滅させようとする動きが宗教的な盲信のような形で存在する中で[58]、その個々の持つ音楽観を問い直すというものだった事を述べている[59]。しかしジストニアに罹患したことを契機に鬼龍院の中で活動の継続そのものの優先順位が上がり[59][60]、それまで抱えていたメンバーや事務所への過度の期待をやめるなど[61]、課題に向き合う機会を得たことを述べている[62]

出演[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ソロライブ[編集]

タイトル 月日 - 会場 出典 備考
2011年 ひとりよがり [63]
2012年 ひとりよがり2 [64]
2013年 ひとりよがり3 [65] 前述の通り、発声障害のため1年公演を延期。
2014年 ひとりよがり4 [66]
2015年 ひとりよがり5 -ひとり武道館- [67]
2016年 太った太ったと言われるので会員制ジムに行こうとしたら入会金が高かったのでそんならチケット代安めでライブやって見たい人だけ見に来て歌って暴れて痩せたら僕もお客さんもウィンウィンフィットネスライブ [68][69]
2017年 太った太ったとファンに言われたからダイエットして成功したけど徐々に体重が戻りつつあるからライブやって良い歌歌って汗かいてもう一回痩せたら僕もお客さんもウィンウィンライブ! ~チケットキャンプで転売禁止の巻~ [70]
2018年 ひとりよがり6 [71]

作品[編集]

シングル
発売日 タイトル 名義
2012年10月24日 Life is SHOW TIME 鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー
2015年2月18日 サヨナラは歩き出す morioni(森友嵐士とのユニット)
アルバム
発売日 タイトル 備考
2017年5月24日 オニカバー90's 90年代J-POPをカバーしたソロアルバム[72]
2018年12月5日 個人資産 他アーティストに提供した楽曲をセルフカバーしたアルバム。
DVD
発売日 タイトル
2016年3月30日 鬼龍院翔 単独公演「ひとりよがり5 "ひとり武道館" at 日本武道館」[73]
楽曲提供
書籍
  • 『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』ユークリッドエージェンシー、2012年6月20日。
  • 『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン まとめ本』扶桑社、2014年9月21日。
参加作品
発売日 収録先 収録曲 出典
2014年9月10日 livetune addingアルバム「と」 10. 大好きなヒトだカラ [81]
2014年12月24日 大竹しのぶ「歌心 恋心」 5. 男と女のお話 [82]
2015年12月23日 スピッツトリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」 4. ルナルナ [83]
2017年10月18日 BREAKERZ 10周年スペシャルアルバム「X」 4. ゴールデンナイト〜黄金色に抱きしめて〜 [84]
2017年11月22日 MUCC 20周年記念トリビュートアルバム「TRIBUTE OF MUCC -縁 [en]-」 DISC-2 / 11. ブリリアント ワールド [85]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本来の綴りはVocalだが、本項ではバンドの記載に合わせた記述とする[1]
  2. ^ その分ギャラの配分については、著作権印税は全て鬼龍院の取り分となっており、他の利益は四等分となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ 「ゴールデンボンバーが年末にニューアルバム『もう紅白に出してくれない』」、『音楽ナタリー』 (ナターシャ)、2019年11月14日。 オリジナルの2019年11月14日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20191114110550/https://natalie.mu/music/news/355427 
  2. ^ 【レコ大】作曲賞・金爆のステージに新垣氏登場 ギターのエア演奏を披露”. ORICON. 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ ゴールデンボンバー 『僕クエスト』インタビュー”. Billboard. p. 1. 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  4. ^ AOL News Staff (2016年4月9日). “ゴールデンボンバーに視聴者から直球すぎる質問が続々 「ギャラの配分」「楽器の練習をしていないのなら普段何してますか?」”. AOL News. AOL Online Japan, Ltd.. 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧。
  5. ^ 鬼龍院 2012, p. 46.
  6. ^ 鬼龍院 2012, p. 57.
  7. ^ 鬼龍院 2012, pp. 48-50.
  8. ^ 鬼龍院 2012, p. 178.
  9. ^ 福岡元啓 (2014年11月21日). “第2回 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)”. MY J:COM. Jupiter Telecommunications. p. 3. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  10. ^ 杉岡祐樹. “ゴールデンボンバー 『僕クエスト』インタビュー”. Billboard. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  11. ^ 鬼龍院翔 (2012年10月14日). “翔さん、バブルは何度でも蘇るのよ”. キリショー☆ブログ. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  12. ^ キリショー「ANN」まとめ本にグラビアも”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2014年7月29日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  13. ^ a b 藤谷千明 (2012年6月19日). “【V系】金爆ボーカル・鬼龍院翔の自伝がヤバイ!”. ウレぴあ総研. PIA Corporation. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  14. ^ 金爆・鬼龍院翔がツイッター退会 今後はブログに専念”. ORICON STYLE. オリコン (2014年1月16日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  15. ^ “金爆・鬼龍院翔がソロデビュー! 『仮面ライダーウィザード』主題歌に起用”. ORICON STYLE. (2012年6月). オリジナルの2016年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161210004520/http://www.oricon.co.jp/news/2013544/full/ 2016年6月閲覧。 
  16. ^ 謎の新人ユニットmorioni、正体は森友嵐士と鬼龍院翔だった”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2015年2月17日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  17. ^ 鬼龍院 2012, p. 19.
  18. ^ a b 大島 2010, p 183.
  19. ^ a b 金爆・鬼龍院翔 補導からの更生に”母がくれたキーボード””. 女性自身. 光文社 (2013年3月28日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  20. ^ 大島 2010, p 186.
  21. ^ 市川哲史 (2016年7月18日). “鬼龍院翔が語る、V系への目覚め「中2の頃に“音楽性の高さ”でハマった」”. Real Sound. p. 1. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  22. ^ 大島 2010, p 189.
  23. ^ a b 大島 2010, p 190.
  24. ^ 木村カエラ、金爆・鬼龍院翔と同級生だった アダ名は「チョコ」と暴露”. ORICON STYLE (2014年7月2日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  25. ^ a b 市川哲史 (2016年7月18日). “鬼龍院翔が語る、V系への目覚め「中2の頃に“音楽性の高さ”でハマった」”. Real Sound. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  26. ^ 大島 2010, pp. 190-191.
  27. ^ 鬼龍院 2012, p. 82.
  28. ^ 鬼龍院翔が芸人時代の相方を徹底拒否「関わりたくない」”. Livedoor News. ライブドア (2016年11月25日). 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  29. ^ 鬼龍院 2012, p. 89、84.
  30. ^ 真紀和泉 (2012年10月25日). “【エンタがビタミン♪】「江頭のマネして骨折」「白塗りで牛丼屋に」。ゴールデンボンバーの徹底ぶりに芸人も驚き。”. Techinsight. 株式会社メディアプロダクツジャパン. 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  31. ^ 鬼龍院 2012, p. 97.
  32. ^ 鬼龍院 2012, p. 144.
  33. ^ 大島 2010, p 192。
  34. ^ 鬼龍院翔. 情熱大陸×鬼龍院翔 (dvd). TBSテレビ 2014年 該当時間: 15:02
  35. ^ 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント”. デイリースポーツ. p. 2 (2013年8月1日). 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  36. ^ 鬼龍院翔 (2012年11月22日). “歌について”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  37. ^ 鬼龍院翔 (2012年11月21日). “ひとりよがり3延期のお知らせ”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  38. ^ 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント”. 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント. p. 3 (2013年8月1日). 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  39. ^ 鬼龍院翔 (2013年12月26日). “翔さん、ひとりは楽しい?”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  40. ^ “金爆・鬼龍院翔、ポリープ除去手術が無事終了したことを報告”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年5月11日). オリジナルの2016年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161127004151/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160511-OHT1T50111.html 2016年5月23日閲覧。 
  41. ^ キリショー☆ブログ”. Ameba. 2016年12月4日閲覧。
  42. ^ 鬼龍院翔 身長と体重公開「ビジュアル系とは言えないな…」”. Ameba News. Ameba (2016年4月28日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  43. ^ 大島 2010, p 182.
  44. ^ “「JAPAN JAM BEACH」グドモ×キリショーほか新セッション発表”. 音楽ナタリー. (2016年4月21日). オリジナルの2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227063712/http://natalie.mu/music/news/184511 2016年12月26日閲覧。 
  45. ^ ニッポン放送、扶桑社 2014、p 134.
  46. ^ ゴールデンボンバーをGACKTが一蹴「スーパーゆとり世代」”. モデルプレス (2013年4月27日). 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  47. ^ 鬼龍院 2012, p. 22.
  48. ^ 鬼龍院翔 (2010年8月24日). “翔さん、タミヤTシャツが似合ってるわよ”. キリショー☆ブログ. 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  49. ^ 「Tシャツが似合うアーティストランキング」の1位は、男性が相葉雅紀(嵐)、女性はaiko! - ウェイバックマシン(2013年9月15日アーカイブ分)
  50. ^ “金爆・鬼龍院翔、元日の番組観覧バイトで気づかれず「知名度はまだまだ」”. マイナビニュース. (2014年1月1日). オリジナルの2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003844/http://news.mynavi.jp/news/2014/01/01/093/ 2016年1月2日閲覧。 
  51. ^ “金爆・鬼龍院 今年も元日バイト!秋葉原の女装カフェで接客”. スポーツニッポン. (2015年1月2日). オリジナルの2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003435/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/02/kiji/K20150102009560710.html 2016年1月2日閲覧。 
  52. ^ “金爆・鬼龍院、今年も元日バイト 「めちゃ疲れた」引退?宣言も”. スポーツニッポン. (2016年2月2日). オリジナルの2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/02/kiji/K20160102011792760.html 2016年1月2日閲覧。 
  53. ^ ゴールデンボンバーの鬼龍院翔 正月にバイトする理由を明かす”. スポニチアネックス. スポニチ (2016年1月3日). 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  54. ^ MusicVoice編集部 (2017年1月3日). “金爆・鬼龍院翔、紅白に続いてバイトも落選「今年は諦めました」”. MusicVoice. 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  55. ^ 吉田 2011, pp. 22-23.
  56. ^ 吉田 2011, p. 26.
  57. ^ 吉田 2011, p. 31.
  58. ^ 吉田 2018, pp. 24-25.
  59. ^ a b 吉田 2018, p. 25.
  60. ^ 吉田 2018, p. 27.
  61. ^ 吉田 2018, pp. 26-27.
  62. ^ 吉田 2018, p. 29.
  63. ^ 倉内夏海 「金爆 ざっくり年表」、『クイック・ジャパン』 (太田出版) 第105巻31頁、2012年12月11日。ISBN 978-4778313555 
  64. ^ イベントカレンダー”. 東京国際フォーラム. 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  65. ^ “金爆鬼龍院翔ソロ公演「ひとりよがり3」5都市で開催”. 音楽ナタリー. (2012年10月23日). オリジナルの2016年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161218094216/http://natalie.mu/music/news/78677 2012年10月23日閲覧。 
  66. ^ 鬼龍院翔 (2014年9月5日). “よがよが”. キリショー☆ブログ. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  67. ^ “ゴールデンボンバー鬼龍院翔、1人よがりまくった満員「ひとり武道館」”. 音楽ナタリー. (2015年12月). オリジナルの2016年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161218094438/http://natalie.mu/music/news/170045 2015年12月閲覧。 
  68. ^ 鬼龍院翔 (2016年4月15日). “4/26チケットについて”. キリショー☆ブログ. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  69. ^ 鬼龍院翔 (2016年4月26日). “セトリ”. キリショー☆ブログ. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月26日閲覧。
  70. ^ 鬼龍院翔 (2017年2月6日). “ソロライブ詳細、それと今夜はトークイベント”. キリショー☆ブログ. 2017年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月9日閲覧。
  71. ^ 鬼龍院翔 『誕生日イベントでした』、2018年6月20日。 オリジナルの2018年10月10日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20181009152508/https://ameblo.jp/kiryu-in/entry-12385190130.html 
  72. ^ 鬼龍院翔が90年代J-POPカバー集で「渋谷で5時」をベッド・インと”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月23日閲覧。
  73. ^ “ゴールデンボンバー鬼龍院翔「ひとり武道館」がMC入りで映像化”. 音楽ナタリー. (2016年3月29日). オリジナルの2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227064229/http://natalie.mu/music/news/181582 2016年3月29日閲覧。 
  74. ^ ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、大国男児のニュー・シングルに楽曲提供”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2011年11月10日). 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月3日閲覧。
  75. ^ ゴールデンボンバー鬼龍院翔、Dancing DollsJKパワーにメロメロバッキュン”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK,INC. (2012年9月11日). 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月3日閲覧。
  76. ^ ノースリーブス「キリギリス人」特集”. 音楽ナタリー. Natasha. 2017年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  77. ^ a b Dollふ【鬼恥ずい&バッドエンディング&知らない漁村&神のまにまに】2016/5/23「ReNY SUPER LIVE2016」@新宿ReNY” (2016年5月25日). 2019年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月17日閲覧。
  78. ^ HAKUEI「ハムレット」【OFFICIAL MUSIC VIDEO [Short ver. 】]”. Youtube. TAMULALABEL (2016年7月5日). 2017年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月2日閲覧。
  79. ^ 氣志團20周年の新作にTAKURO、鬼龍院翔、BUCK-TICKら豪華ゲストが楽曲提供”. 音楽ナタリー (2017年4月26日). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月2日閲覧。
  80. ^ 大竹しのぶ アルバム「ち・ち・ち」全曲トレーラー” (2017年11月10日). 2019年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月1日閲覧。
  81. ^ livetune×鬼龍院 翔、コラボ曲「大好きなヒトだカラ」MVを特設サイトで公開”. MUSICman-net. F.B.Communications (2014年9月9日). 2017年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月11日閲覧。
  82. ^ 大竹しのぶコラボ盤に鬼龍院翔ら参加、曲目も”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2014年10月23日). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧。
  83. ^ スピッツ「ハチミツ」トリビュート、参加アーティストの演奏曲発表”. 音楽ナタリー (2015年12月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  84. ^ 鬼龍院翔が歌唱参加! BREAKERZさんの10周年記念アルバム『X』(クロス)の予約を開始いたします。”. スクーデリア・ユークリッド (2017年9月8日). 2017年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月11日閲覧。
  85. ^ “MUCCトリビュートアルバム全アーティスト&演奏曲発表”. 音楽ナタリー. (2017年10月2日). オリジナルの2018年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180203105133/https://natalie.mu/music/news/251059 2017年12月11日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 大島暁美 「鬼龍院翔 ゴールデンボンバー: 憎しみのエネルギー」、『Rock&Read』 (シンコーミュージックエンタテイメント) 第33巻、2010年12月。ISBN 978-4401771035 
  • 鬼龍院翔 『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』 (初版) ユークリッド・ミュージックエンターテイメント、2012年6月20日。ASIN B007ZTPOT6JAN 4948722444664 
  • 『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポンまとめ本』 (初版) ニッポン放送、扶桑社、2014年9月21日。ISBN 978-4-594-07100-4 
  • 吉田幸司 「鬼龍院翔 ゴールデンボンバー: これは音楽宗教戦争だ!」、『Rock&Read』 (シンコーミュージックエンタテイメント) 第37巻、2011年9月。ISBN 978-4401771073 
  • 吉田幸司 「鬼龍院翔 ゴールデンボンバー: 「音楽宗教戦争」終結?」、『Rock&Read』 (シンコーミュージックエンタテイメント) 第77巻、2018年5月15日。ISBN 978-4401771653 

外部リンク[編集]