狩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狩人(かりゅうど)は日本の歌手グループ。兄・加藤久仁彦(デビュー時を含む一時期、本名の邦彦名義で活動。1956年9月19日 - )と弟・加藤高道1960年1月21日 - )の二人による兄弟デュオ

概要[編集]

名前の由来は、二人の恩師である作曲家都倉俊一から、「いつまでも大ヒットという獲物を狙い続けるハンター(狩人)であれ」といわれて名付けられたもの。なお、グループ名の有力候補として“みつばち君”なるものがあったといわれる。

1977年3月25日発売の『あずさ2号』でデビュー。同曲はいきなり大ヒットを飛ばし、また同年暮れの第19回日本レコード大賞など数々の新人賞を受賞、人気を得る。同曲でサンレモ音楽祭などにも出場。以降も『コスモス街道』『若き旅人』『アメリカ橋』などのヒットで、スター歌手の地位を築いた。年末恒例のNHK紅白歌合戦には1977年・第28回(あずさ2号)、1978年第29回国道ささめ雪)に2年連続で通算2回の出場を果たす。当時の所属事務所の意向もあって、若手の歌手としては珍しく、物静かなトーンで売り出していた。なお同期デビューには、当時「フレッシュ三人娘」と呼ばれた高田みづえ榊原郁恵清水由貴子のほか、清水健太郎太川陽介などがいる。

NHK総合テレビレッツゴーヤングでは、デビュー時の1977年4月~翌1978年3月迄サンデーズの一員として、1978年4月~翌1979年3月迄司会者として、ほぼ毎回出演していた。

以降は大きなヒットには恵まれなかったが、ドラマやCMに楽曲が採用され特に1994年歌謡バラエティー番組THE夜もヒッパレ出演で再ブレイク。翌年、『あずさ2号(ニュー・ヴァージョン)』をリリース。その後二人は歌手以外に自らの才能のテリトリーを広げようという意図から、それぞれ歌手・舞台俳優としてのソロ活動も行うようになる。

煙草のポイ捨て撲滅運動に参加し、キャンペーンソング『どんポイ!(Don't Poi!)をリリースし、ヒットした。また初のレギュラーラジオ番組として『狩人 ときめきの扉』などにも出演。

2006年3月19日には、デビュー30周年コンサートと、プロ野球OBチームマスターズリーグとの野球試合を東京ドームで開催し、主催者側発表で2万人の観客を集めた。岡崎友紀伊藤咲子三善英史らと“青春コンサート”と名打った懐メロコンサートで全国を回る。

しかし2007年4月26日、同年12月31日をもって狩人を解散することを発表。一旦解散の後、兄の久仁彦は(アマチュア)ボクシングとソロ歌手として活動を行い、弟の高道はソロ歌手活動を行っていた。

2010年11月、久仁彦が森田公一の抜けたトップギャランにリードボーカルとして加入し、「加藤久仁彦&トップギャラン」としての活動を開始。同年12月25日には、狩人として愛知県のホテルトヨタキャッスルにて「クリスマスディナーショー」を開催。翌2011年1月、久仁彦が所属事務所「夢グループ」を移籍。同年5月25日には加藤久仁彦&トップギャランがシングル青春紙風船(カップリング曲として『青春時代』を収録)を発売した。

2012年7月18日、5年ぶりに再結成する事を発表[1]。同年8月18日放送のNHK思い出のメロディー」に出演して『あずさ2号』を歌唱し[2]、同年11月6日の「NHK歌謡コンサート」では『コスモス街道』を歌唱。現在兄弟二人は個別の歌手活動をこなしながら、狩人としても並行して再活動中である。

逸話[編集]

デビュー前、久仁彦と高道は同じ音楽学校に通っていたが、その時は二人ともソロ歌手を目指していた。しかし、経済上の事情から継続することが出来なくなり、久仁彦が、「自分は音楽の道を諦めるので、高道をよろしく頼む」と、親しい講師に申し入れたところ、その講師が、「兄弟デュオでやるのならば一人分の授業料で構わない」と慰留させた。これが兄弟デュオ「狩人」の誕生のきっかけになったのである。

一方で兄弟同士の仲は必ずしも円満なものではなく、デビュー時より兄弟の性格や考え方の相違から、かつては本番直前まで喧嘩することもあったという。高道自身が『さんまのからくりテレビ』の企画「からくり 芸能人替え歌王」に出演した際、「あずさ2号」に乗せて兄弟仲の悪さを自虐した替え歌「兄と疎遠」を披露している(「『ザ・ベストテン』で出番が来るまで取っ組み合いの喧嘩をしていた」旨など)。

2011年2月、東京・代官山でリアム・ギャラガーのバンドビーディ・アイのアルバム試聴イベントが行われた際、高道がゲストとして登場し、ノエルとリアムの兄弟不仲に照らしながら自らの経験談を語った。

また吉田豪が2人をインタビューした際、2人まとめてインタビューするつもりが事務所からNGが出て別々にインタビューすることとなる。まず弟から行い、後日に兄にインタビューしたが、弟のインタビュー原稿を見た兄は吉田に抗議したという。

2007年末に一旦解散した狩人だったが、解散前のラスト・シングルとして2006年に発売した「磐越西線」が、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに、地元の福島県では同曲の人気が再燃していた。この事にもどかしさを感じていた兄弟二人は、「被災された福島県の人々をこの曲で勇気付けられるのなら」と考え直し、翌2012年の再結成へとつながった。

シングル[編集]

  • あずさ2号/季節が変わる前に(1977.03.25)
  • コスモス街道/秋風にからまわり(1977.08.25)
  • 若き旅人/回想(1977.12.10)
  • 青春物語/卒業メッセージ(1978.03.10)
  • みちのく夏愁/八月のアニバーサル(1978.07.10)
  • 国道ささめ雪/日本海フェリー(1978.10.25)
  • アメリカ橋/ロンググッバイ(1979.02.25)
  • 悲しみクライマックス/別れの前兆(1979.06.25)
  • 女にかえる秋/愛ひとつ道しるべ(1979.08.10) ※ポーラ化粧品'79秋のキャンペーンソング
  • 白馬山麓/春を告げる手紙(1980.01.25)
  • ブラックサンシャイン/君ひとりで旅するならば(1980.04.10)
    君ひとりで旅するならば:※TBS系ドラマ『花かぶら』主題歌
  • クイーンオヴ・シックスティーン/ミッドナイト・ドライバー(1980.08.25)
  • 風が吹けば/君がために(1980.10.25)
  • そして20才/戻らぬ夜(1981.04.25)
  • いつも夕暮れ/まつり挽歌(1981.08.25)
  • 日本海/メローな夜(1983.07.23) ※八代亜紀と競作
  • 南十字星が見える町から/セピア色の風(1983.12.21)
  • カルチェラタンの空/Tokyo Candle Lady(1986.12.01)
  • あずさ2号(ニュー・ヴァージョン)/白馬山麓(ニュー・ヴァージョン)(1995.01.25)
  • 今の君なら誰だって愛したい/愛する悲劇に恋してる(1995.09.25)
  • ミ・アモーレ〔Meu amor é...〕中森明菜のカヴァー、ノエビアCMソング)/戻らぬ夜(ニュー・ヴァージョン)(1996.05.25)
  • どんポイ!(Don't Poi!)(ラジオ日本「狩人 ときめきの扉」主題歌)/ASHTRAY & CIGARETTE(2003.06.25)
  • 夢をのせて/あなたの愛(2004.03.25)
  • ブラボー!ムッシュ・ルモンド(地球讃歌)/情熱(2004.03.25)
  • 霧につつまれた恋/ふりむけば江ノ島(2004.11.25)
  • 磐越西線/夢をのせて(2006.06.07)

アルバム[編集]

 1.コスモス街道
 2.想い出なんかに
 3.別れの場面(シーン)
 4.季節が変わる前に
 5.雨あがりのスケッチ
 6.滑走路
 7.あずさ2号
 8.ルナ
 9.秋風にからまわり
 10.誕生日
 11.卒業写真
 12.引き潮
 1.青春物語
 2.あなたへの愛
 3.積木の部屋
 4.若き獅子たち
 5.縁切寺
 6.池上線
 7.コンドルは飛んで行く
 8.頬にかかる涙
 9.プラウドメアリー
 10.ホテルカリフォルニア
 11.孤独の世界
 12.ケ・サラ
 1.オーバーチュアー〜ハーモニー
 2.ア・ソング・フォー・ユー
 3.太陽は燃えている
 4.ニュー・ミュージック・メドレー
  〜K子の部屋
  〜過ぎ去りし想い出は
  〜なごり雪
  〜20歳のめぐり逢い
  〜吸殻の風景
  〜心の旅
  〜君のひとみは10000ボルト
 5.愛はきらめきの中に
 6.ボクサー
 7.ジェイム
 8.マンマ
 9.ラブ・ストーリー
 10.哀しみのソレアード
 11.オーバーチュアー〜若き旅人
 12.国道ささめ雪
 13.青春物語
 14.やさしい人
 15.みちのく夏愁
 16.引き潮
 17.卒業メッセージ
 18.コスモス街道
 19.あずさ2号
 20.ケ・サラ
 21.さようなら
 1.アメリカ橋
 2.愛の風に吹かれて
 3.ひとときの哀愁
 4.悲しみ・クライマックス
 5.鎌倉ロストラブ
 6.ロング・グッバイ
 7.風車
 8.愛ひとつ道しるべ
 9.傷ついた小鳥
 10.国道ささめ雪
 1.インカ
 2.第3日曜日の旅立ち
 3.君はもうアメリカへ行かないのですか
 4.時の休止符
 5.愛はアンニュイ
 6.グリーンフィールズ
 7.もどり梅雨
 8.マンドリニスト
 9.ゴールデンリング
 10.エピローグ
 1.雨をみたかい
 2.ミッドナイト・ドライバー
 3.君がために
 4.スロー・ダウン
 5.ラブ・イズ・ローリング
 6.クイーン・オブ・シックスティーン
 7.消えたリージェ
 8.君がママになったら
 9.ブラック・サンシャイン
 1.美しい客人(まろうど)
 2.嫁ぐ日
 3.遠雷
 4.そして20才
 5.「センチメンタル」行
 6.宛名のない手紙
 7.雨のララバイ
 8.いつも夕暮れ
 9.最愁線
 10.少女宿
 11.まつり挽歌
 1.南十字星が見える町から
 2.聖橋で
 3.白馬山麓
 4.小春日和
 5.あずさ2号
 6.日本海
 7.みちのく夏愁
 8.岬のホテル
 9.アメリカ橋
 10.コスモス街道
 1.カルチェラタンの空
 2.あずさ2号
 3.アメリカ橋
 4.小春日和
 5.みちのく夏愁
 6.東京キャンドルレディ
 7.コスモス街道
 8.卒業メッセージ
 9.君ひとりで旅するならば
 10.白馬山麓 

 ※ベスト盤がLP、CD含めて10枚近く現在発売されている。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1977年(昭和52年)/第28回 あずさ2号 02/24 ピンク・レディー
1978年(昭和53年)/第29回 2 国道ささめ雪 03/24 石川さゆり
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

主な出演コマーシャル[編集]

脚注・参照[編集]

外部リンク[編集]

加藤久仁彦と加藤高道が、個別に発表した曲はそれぞれの項を参照のこと。