Dance Evolution

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dance Evolution
Dance Evolution ARCADE
ジャンル 音楽ゲームダンス
(リアルダンスアクション)
対応機種 Xbox 360
アーケード
開発元 コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ
人数 オフラインプレイ 1~2人
Xbox Liveマルチプレイ 2~4人
発売日 日本の旗 2010年11月20日発売
[AC]:2012年3月27日稼働
対象年齢 CERO: B (12歳以上対象)
その他 Kinect専用ゲームソフト。
アーケード版はe-AMUSEMENT対応。
テンプレートを表示

Dance Evolution(ダンスエボリューション) はコナミデジタルエンタテインメントより2010年11月20日に発売されたXbox 360用の音楽ゲームBEMANIシリーズ[1]として、CEROのレーティングにより初めて対象年齢の設定がなされた作品[2]でもある(「B(12歳以上対象)」に区分)。

概要[編集]

Dance Dance Revolutionの開発スタッフを中心に開発された、Kinect専用のダンスアクションゲームである。プロデューサーはかつてDance Dance Revolutionのサウンドプロデューサーを務めたNAOKI。ミュージックディレクターは同社BEMANIシリーズで活躍中のD-Crew
「Dance Evolution」は日本と欧州で展開されるタイトル名であり、北米では「Dance Masters」というタイトルで展開される。
2010年9月19日東京ゲームショウ2010で発表された日本ゲーム大賞2010にて、フューチャー部門を受賞した[3]

また、本作のアーケード版である「Dance Evolution ARCADE」( - アーケード)が、2012年3月27日より稼働している。

基本ルール[編集]

画面中のキャラクターの動きに合わせてダンスを踊る。振り付けの要所要所にマーカー(判定ポイント)があり、判定は「PERFECT!」「GREAT!」「GOOD」「BOO」の4種類。指示通りの動作ができるとスコアが加算され、"ダンスゲージ"が上昇する。逆にBOO判定を出すとダンスゲージが減少し、曲の途中でダンスゲージが0になるとゲームオーバー、曲終了時にダンスゲージが少しでも残っていればステージクリアとなる。1度もBOO判定を出さずにコンボを続けた場合、フルコンボとなる。

なお画面中のキャラの踊りは鏡像になっているのでプレイヤーは振り付けの左右を気にする必要は無い。またマーカーの無い場所ではキャラクターと同じ動きをしなくてもスコアにはほぼ影響しない。

他の音楽ゲーム同様、各曲には複数の難易度が用意されており、振り付けそのものは変わらないが、難易度が上がるにつれてマーカーの数が増加する。ただし難易度STEALTHはマーカーが見えず、振り付けの見本だけでプレイする[4]

主なマーカー(動作)[編集]

  • リップル:輪の位置に手足を重ねる
  • ダンスポーズ:シルエットと同じポーズを決める
  • ストリーム:ライン(動きの軌跡を示す矢印)に合わせて、手足を動かす
  • ボイス&ポーズ:ポーズをとりながら、手拍子や掛け声をかける

なお、メニュー画面の選択から決定、キャンセルまで、全て手を前にかざすことで操作する。

登場キャラクター[編集]

以下のキャラクターはXbox360版及び、Xbox360版からアーケード版へ移植された曲で登場。なお、アーケード版新規収録楽曲では「朧」のみ登場。どちらも外国人である。

デイジー(daisy)
金髪の女性。
デイヴ(Dave)
黒人の男性。

こちらは、アーケード版で新規収録された曲や、版権曲で登場。どれも日本人である。

西園寺 あかり(さいおんじ あかり)
17歳で双子の姉。黒髪。
西園寺 ひかり(さいおんじ ひかり)
17歳で双子の妹。茶髪。
与那嶺 雅人(よなみね まさと)
24歳。銀髪で、帽子を着用している。
小日向 翔(こひなた しょう)
21歳。茶髪で、基本的にパーカーを着用している。

収録曲[編集]

DDRシリーズのコナミオリジナル曲を中心に、パラパラパラダイスで起用されたSUPER EUROBEATの楽曲も収録。

  • A Geisha's Dream
  • Brilliant 2U
  • INTO YOUR HEART
  • L'amour et la liberte
  • La receta
  • NIGHT OF FIRE
  • KIMONO PRINCESS

他、全30曲収録

ダウンロードコンテンツ[編集]

2010年12月22日配信

  • Dance Evolution プレミアムテーマ(240MSP)
  • Dance Evolution アイコンパック(160MSP)
  • マスターレベルパック(無料)
全曲に難易度「MASTER」が追加される

2011年1月18日配信

  • OUTFIT1(無料)
Brilliant 2U, We Can Win the Fight, Crazy Controlの3曲で衣装が変化する
  • OUTFIT2(160MSP)
A Geisha's Dream, KIMONO PRINCESS, SAKURAの3曲で衣装が変化する

2011年2月1日配信

  • ハワイアン(160MSP)
AFRONOVA PRIMEVAL, BURNIN' THE FLOOR, La recetaの3曲で衣装が変化する

ダンスに不可能はない!!-KING OF POPへの道-[編集]

プロデューサーのNAOKIKONAMI eYe'sメンバーである大竹真由をメインパーソナリティに据えたDance Evolution公式プロモーション番組。

KONAMI573chにて放送。2011年1月5日以降、毎週水曜日にUstreamで配信していた。1月5日、12日は企画の説明、準備回として第0回前半、第0回後半として放送され、19日を第1回としてスタートした。Ustreamでの生放送の他、Ustreamのアーカイブ、YouTubeへのアップロードも行われていた。

知人を6人辿れば世界中の誰とでも繋がることが出来るという「六次の隔たり」に基づいた企画で、ゴールとしてAKB48が設定されたが、東日本大震災の影響により途中で打ち切られた。

ゲスト[編集]

  • 2011年1月19日(第1回前半):すき家たん
  • 2011年2月2日(第2回前半):吉田健徒
  • 2011年2月16日(第3回前半):KANAE
  • 2011年3月9日(第4回前半):梅田悠(当時SDN48

Dance Evolution ARCADE[編集]

Dance Evolution Arcade

本作のアーケード版。専用の大型筐体を使用する。日本では2012年3月27日より稼働しており、2013年には台湾香港マレーシアでも稼働開始した。また韓国でもロケテストが実施されたが、正式稼働はしていない。

制作スタッフは家庭用とは異なり、プロデューサーは大田良彦(おおたP)[5]、サブプロデューサー(ディレクター)はナカムラマサル[6]、サウンドディレクターはTAG[7]である。

Xbox 360版との違い[編集]

  • 内部ハードウェアがPCベース(OSはWindows Embbeded Standard 7)になり、Kinect for Windowsが使用されている。
  • e-AMUSEMENTに対応しており、データの保存はe-AMUSEMENT PASS(ICカード)を使用して行う。なおe-AMUSEMENT Participation(レベニューシェア方式)採用。
  • ユーザーインターフェースが白を基調としたデザインに一新され、操作方法も若干異なる。
  • 隠し譜面(難易度MASTERとSTEALTH)は「GOLD」というゲーム内ポイントを貯める事で1曲ずつ解禁していく。
  • 収録曲が異なっており、邦楽ライセンス曲や新たなコナミオリジナル曲が追加されている。
  • 2人プレイ時に限り、ボーナス要素である「パラレルユニバース」の発動条件が緩和される。
  • 「ボイス&ポーズ」のマーカーが廃止され、全て「ダンスポーズ」に置き換えられている。
  • 新キャラクターが追加されている。主に本作からの追加楽曲にて登場。
  • 「ヘビーローテーション」「irony」「恋愛レボリューション21」のLIGHT難易度が、初心者用に通常の振り付けよりも簡略化された「かんたん振り付け」として分離されている。
  • 1P側と2P側で部分的に振り付けが違う曲存在する。

主な収録曲[編集]

取消線表記は削除された曲。

ダンサーが西園寺あかり・ひかりの楽曲[編集]

ダンサーが与那嶺雅人・小日向翔の楽曲[編集]

ダンサーがデイジー・デイヴの楽曲[編集]

新規収録楽曲のみ掲載。

  • 朧(振付:Dai.)

他、全50曲以上収録。なお、楽曲は不定期に追加配信されている。

出典[編集]

  1. ^ 正確にはXbox 360版発表当時はBEMANIシリーズでは無く、作中にもBEMANIシリーズのロゴも表記されていなかったが、webサイトであるBEMANIポータル上ではカテゴリーとして取り扱われていた。BEMANIシリーズとして正式に組み込まれたのはDance Evolution ARCADEからである。
  2. ^ 本作の発売以前にCEROの審査を受けたタイトルは、全て「A」(全年齢対象)に区分されるよう製作されていた。
  3. ^ 『日本ゲーム大賞 2010』 フューチャー部門” (2010年9月19日). 2010年9月19日閲覧。
  4. ^ ただし、マーカーの配置そのものはEXTREME(家庭用からの移植曲)かMASTER(アーケードでの新規収録曲)と同じである。
  5. ^ 筐体に表示されているクレジット表記より
  6. ^ 【AOU2012】UPD情報や「KAC 2012」開催も明らかに…『BEMANI』プレゼン” (2012年2月17日). 2012年5月24日閲覧。
  7. ^ 月刊アルカディア 2012年5月号(No.144) 52ページより
  8. ^ 収録にあたって、前半の振付が追加されている。後半の振付はムービーそのまま。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]