ヘビーローテーション (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘビーローテーション
AKB48シングル
初出アルバム『ここにいたこと
B面 涙のシーソーゲーム
野菜シスターズ
ラッキーセブン
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
山崎燿(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
トリプル・プラチナ(CD、日本レコード協会
トリプル・プラチナ着うた 日本レコード協会)
ミリオン着うたフル、日本レコード協会)
ダブル・プラチナ(PC配信 日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年8月度月間1位(オリコン)
  • 2010年度年間2位(オリコン)
  • 2011年度上半期30位(オリコン)
  • 2011年度年間52位(オリコン)
  • 1位CDTV
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
  • 5位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 1位RIAJ有料音楽配信チャート
AKB48 シングル 年表
ポニーテールとシュシュ
(2010年)
ヘビーローテーション
(2010年)
Beginner
(2010年)
ここにいたこと 収録曲
ポニーテールとシュシュ
(14)
ヘビーローテーション
(15)
ここにいたこと
(16)
テンプレートを表示

ヘビーローテーション」(Heavy Rotation)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、山崎燿により作曲されている。2010年8月18日にAKB48のメジャー17作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]

背景とリリース[編集]

「ヘビーローテーション」のMVで着用した衣装

楽曲タイトルの「ヘビーローテーション」とは本来、ラジオなどで頻繁に掛けられる曲のことを意味する言葉だが、この曲の歌詞では自分の恋人を24時間想う気持ちを表す言葉として使われている。キャッチコピーは「好きな人ができると、頭の中は、ずっと、ヘビーローテーション!」。タイトルは「ヘビロテ」と略されることがある。

楽曲のリリースに先駆けて、AKB48(10期研究生は除く)とその姉妹グループであるSKE48の全メンバーのうちから楽曲を歌唱するメンバーをファンが選ぶ投票イベント『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』が行われた。このイベントで上位21位までに入ったメンバーが楽曲の選抜メンバーとして選ばれ、12位までのメンバーが「メディア選抜」としてフロントメンバーとなった。楽曲のセンターポジションは1位にランクインした大島優子が務めた。初選抜は仲川遥香指原莉乃松井玲奈は「涙サプライズ!」以来、佐藤亜美菜は「言い訳Maybe」以来、秋元才加は「RIVER」以来の復帰。小野恵令奈はこのシングルが最後の選抜入り。

MY LITTLE LOVERで現The Birthday藤井謙二が楽曲のギターを弾いている。

楽曲は制作終盤で変更された点が多い。イントロ部分の「one, two, three, four!」という大島の掛け声はデモの段階では存在しなかったが、秋元康が「優子の底抜けに明るいイメージから『1、2、3、4! ジャジャ〜ン』で始まるのがいいなと思った」ため、急遽付け足された。「one, two, three, four!」の掛け声の部分はさまざまなバージョンがある[注 2]。 同じく大島のイメージに合わせてエレキギターが目立つようにアレンジが変更された[1]。歌詞もPVの撮影中に秋元が顔を出した際に三回変更された[1]

楽曲のシングル盤は2種類の通常盤「Type-A」と「Type-B」、および劇場盤の計3種類がリリースされた。劇場盤は販路限定盤でサイト「キャラアニ」を通して発売された。それぞれで収録曲が異なっており、通常盤の2種はDVDが付属している。また、カップリング曲のうち「涙のシーソーゲーム」は『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』で22位から40位にランクインしたメンバーが「アンダーガールズ」として歌唱している[注 3]。特典として、通常盤(初回プレスのみ)は「全国握手会イベント powered by ネ申テレビ」参加券が封入されておりジャケットがスペシャルホロジャケット仕様となっている。劇場盤には劇場盤発売記念大握手会参加券(幕張メッセ)および選抜メンバー・アンダーガールズ生写真1枚が封入されている。

ジャケット写真のプロデュースと楽曲のミュージック・ビデオの監督は蜷川実花が担当している。蜷川はAKB48がメジャーデビューする前の2006年夏からAKB48劇場に頻繁に通う古くからのファンで、かねてより関連作品を手掛けたいという気持ちが「猛烈に」あったため、本作で長年の思いが叶った[2]。その後も、メンバーの雑誌の表紙撮影などを手がけている。ビデオはシングル表題曲のものとしては「ロマンス、イラネ」以来の屋外ロケなしでスタジオのみの撮影となっている。ビデオやジャケット写真でメンバーが着用しているのは、水着ではなくランジェリーである。これは蜷川が女子高の出身で、男性がいないときの更衣室ではしゃいだ時のことを思い出してこの格好にしたという[3]。ビデオは歌唱シーン以外はセクシーなランジェリー姿での撮影だったが、大島によると「蜷川ワールドに引きこまれ」、撮影指示も「好きに遊んでていいよ」という程度だったため、普段水着姿の撮影すら恥ずかしがるメンバーも打ち解け、全く恥ずかしがらずに撮影に臨んだという。そのため、蜷川曰く、参加したメンバー全員が「3秒目を離しただけで爆睡し」「口は開くわ、半目だわ」状態になり、挙句に蜷川が「『あの股はヤバい!』っつって(隠すために)クッション置きに行った」ほどの寝相になる者もいたため、前田敦子に対しては「寝てもいいけどカワイく寝て!」と指示を出した。衣装は選抜全員が映るダンスシーンにナポレオンジャケットにカラフルなスカートのスタイルのほか、10位までのメンバーのみがベッドルームでのランジェリー姿、テーブルを囲んでのネコミミのスタイリングと3パターンある。スタイリング、衣装デザインは里山拓斗が担当。

日本音楽著作権協会 (JASRAC) によるJASRAC賞金賞を2012年(2011年度)・2013年(2012年度)と2年連続で受賞した[4][5][6][7]

「AKB48リクエストアワーセットリストベスト100」では、2011年・2012年と1位に選ばれ、史上初の2連覇となった[8]

2014年2月23日には、YouTubeのAKB48公式チャンネルに登録されているミュージック・ビデオの再生回数が1億回を超えた[9]

大島のAKB48卒業に際し、センターの後継として向井地美音が指名され[8]、同曲を披露する場合は、実際に向井地がセンターを務めることが多い[10][11]

AKB48のメンバーである岩佐美咲によりカバーされている。このカバー曲はオリジナルの楽曲を演歌風にアレンジした[注 4]「演歌バージョン」となっており、岩佐のソロデビューシングル「無人駅」(初回限定盤)のカップリング曲として収録されている[12]

『ミュージックステーション』では2010年8月20日、同年12月24日の『ミュージックステーションスーパーライブ2010』、2011年4月1日、2014年3月21日、2015年1月16日[注 5]の5回披露されている。2013年7月1日に放送された『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』スペシャルに限り、いす取りゲームで優勝した山本彩NMB48)のセンターバージョンが披露された。2015年11月19日に放送された『ベストヒット歌謡祭』にて、高橋みなみがセンターのスペシャルバージョンが披露された。これは高橋自身がセンターで歌いたい曲として、この曲とフライングゲットを選び、番組内での視聴者によるリアルタイム投票を行った結果、この曲に決定した。同年12月16日に放送された『2015 FNS歌謡祭 THE LIVE』でも高橋のセンターバージョンが披露された。

チャート成績[編集]

集計初日の2010年8月17日付オリコンデイリーチャートで推定売上枚数約34万枚を記録。集計2日目の8月18日付で推定売上枚数の合計が40万枚を突破。週間売上では約52万7000枚を記録し、前作「ポニーテールとシュシュ」の初動売上を超えた他、初動売上のみでオリコン年間チャート暫定4位にランクインした。

オリコン週間チャートでは4作目の初登場1位。女性グループによる2作連続での初動売上50万枚超えは史上初。ソロを含めた女性アーティストでは2000年の宇多田ヒカル、2001年の浜崎あゆみ以来、3組目の記録となった。以降ロングセラーとなり連続103週、通算では123週チャートインし、累計売上は88万枚を突破した。

2010年度のオリコン年間シングルチャートでは自身の「Beginner」に次ぐ2位にランクインした。翌2011年度の同チャートでは52位にランクインし、2年連続で100位以内に入った。

2010年8月25日発表のレコチョク週間ランキングで、着うた(R)・着うたフル(R)・ビデオクリップ・着信ムービー・着信メロディの各ウィークリーランキングで5冠を獲得した。

2010年11月1日付けから2011年8月22日付までのオリコン週間カラオケチャートで表題曲「ヘビーローテーション」が43週連続1位を記録し、約6年ぶりに記録を更新した[注 6][13]。その後も、記録の更新を続け、同年10月3日付のランキングで同じくAKB48の「フライングゲット」によって記録は48週で途絶えた。連続記録についてはその後、2012年9月10日付2013年8月12日付まで49週連続連続(通算50週)で首位を獲得したゴールデンボンバー女々しくて」に塗り替えられることとなった[14]が、通算90週での1位は2013年8月現在も歴代最高記録である。

2011年度、2012年度のオリコン年間カラオケチャートで表題曲「ヘビーローテーション」は2年連続1位を獲得した。

メディアでの使用[編集]

楽曲は以下のメディアで使用された。他にもバラエティ番組などでAKB48が紹介される際には、「会いたかった」と並んでこの曲が使用されることが多い。

また、2017年には乃木坂46が歌唱する「ヘビーローテーション」がはるやま商事のCMに使用された[15]

シングル収録トラック[編集]

通常盤Type-A[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ヘビーローテーション」秋元康山崎燿田中ユウスケ
2.「涙のシーソーゲーム」(アンダーガールズ)秋元康松本俊明中西亮輔
3.「野菜シスターズ」秋元康吉野貴雄武藤星児
4.「ヘビーローテーション (off vocal ver.)」    
5.「涙のシーソーゲーム (off vocal ver.)」    
6.「野菜シスターズ (off vocal ver.)」    
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「ヘビーローテーション」  蜷川実花
2.「涙のシーソーゲーム」  丸山健志
3.「野菜シスターズ」  大熊一弘
4.「第2回AKB48総選挙 ドキュメント映像(前編)」   
5.「AKB48ちょの裏PVっちょ「ヘビーローテーション」」   
6.「いっしょにこれイチ!映像(Type-A ver.)」   

通常盤Type-B[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ヘビーローテーション」秋元康山崎燿田中ユウスケ 
2.「涙のシーソーゲーム」(アンダーガールズ)秋元康松本俊明中西亮輔 
3.「ラッキーセブン」秋元康田辺恵二野中“まさ”雄一
4.「ヘビーローテーション (off vocal ver.)」    
5.「涙のシーソーゲーム (off vocal ver.)」    
6.「ラッキーセブン (off vocal ver.)」    
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「ヘビーローテーション」  蜷川実花
2.「涙のシーソーゲーム」  丸山健志
3.「ラッキーセブン」  志賀匠
4.「第2回AKB48総選挙 ドキュメント映像(後編)」   
5.「AKB48ちょのショートコンちょ7連発!」   
6.「いっしょにこれイチ!映像(Type-B ver.)」   

劇場盤[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲
1.「ヘビーローテーション」秋元康山崎燿田中ユウスケ
2.「涙のシーソーゲーム」(アンダーガールズ)秋元康松本俊明中西亮輔
3.「野菜シスターズ」秋元康吉野貴雄武藤星児
4.「ラッキーセブン」秋元康田辺恵二野中“まさ”雄一

選抜メンバー[編集]

括弧内は「AKB48 17thシングル 選抜総選挙」における順位。

SNH48によるカバー[編集]

無尽旋転
SNH48EP
リリース
録音 2013年
中華人民共和国の旗 中国
レーベル 久尚音楽[注 8]
プロデュース 秋元康
SNH48 年表
-無尽旋転
(2013年)
飛翔入手
(2013年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであったSNH48は、本楽曲を「無尽旋転」のタイトルでカバーし、グループのデビューEPとしてリリースした。

EP盤は2013年6月13日に久尚音楽から発売された。特典として選抜メンバー生写真1枚(16名の中からランダムで1枚)が封入されている。楽曲の歌詞サビの決め台詞以外は中国語に翻訳(直訳と言っても差し支えないほど元の歌詞に忠実)されている。

楽曲のセンターポジションは湯敏が務めている。

EP収録トラック[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲
1.「無尽旋転」秋元康山崎燿田中ユウスケ
2.激流之戦秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
3.化作桜花樹秋元康橫健介野中“まさ”雄一
4.「無尽旋転(伴奏)」   
5.「激流之戦(伴奏)」   
6.「化作桜花樹(伴奏)」   
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「無尽旋転」  
2.「激流之戦」  
3.「化作桜花樹」  
4.「3月31日一期生成員握手会 花絮」  

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算19作目。
  2. ^ 一例として、『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2012』では「アニマルパーティー!」、『1番ソングSHOW』2013年11月6日分では「女々しくて〜!」など。
  3. ^ ただし、40位に入った研究生の石黒貴己がCD作成前にAKB48を卒業することになったため、楽曲は石黒を除く18名で構成されている。
  4. ^ 歌詞以外は全く異なるアレンジの楽曲である。
  5. ^ この時の放送回では、渡辺麻友がセンターポジションを担当した。
  6. ^ それまでの歴代1位は「」(ORANGE RANGE)の42週連続。
  7. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  8. ^ 実際のレーベルは天津北洋音像

出典[編集]

  1. ^ a b 『AKB48 総選挙公式ガイドブック2011』
  2. ^ 「各ジャンルのクリエイターが語る秋元康 蜷川実花」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』角川マーケティング、2011年、58-59頁。ISBN 978-4048954204
  3. ^ 別冊カドカワ総力特集秋元康』および2011年10月19日放送分『スタジオパークからこんにちは』内での発言より。
  4. ^ 2012年JASRAC賞 「ヘビーローテーション」が金賞を受賞”. 日本音楽著作権協会 (2012年). 2018年7月20日閲覧。
  5. ^ 2013年JASRAC賞 「ヘビーローテーション」が2年連続金賞を受賞”. 日本音楽著作権協会 (2013年). 2018年7月20日閲覧。
  6. ^ “JASRAC賞、AKB48の楽曲が上位4作品を独占 - 1位は「ヘビーローテーション」”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年5月23日). https://news.mynavi.jp/article/20120523-a125/ 2018年7月20日閲覧。 
  7. ^ “【JASRAC賞】秋元康氏、史上初の2年連続分配額TOP3独占”. ORICON NEWS (ORYCON STYLE) (oricon ME). (2013年5月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2024814/full/ 2018年7月20日閲覧。 
  8. ^ a b “大島優子、「ヘビロテ」後継者指名 15期生・向井地美音”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2036086/full/ 2018年6月10日閲覧。 
  9. ^ AKB「ヘビロテ」MV YouTube異例の1億再生達成 大島感激「なんということでしょう」 - オリコンスタイル(2014年2月23日)
  10. ^ “第7回AKB48紅白対抗歌合戦、勝敗決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月10日). https://mdpr.jp/music/detail/1733487 2018年6月10日閲覧。 
  11. ^ “AKBの紅白曲投票に「忖度」が影響? 推しメンの意向と「中間結果」の関係”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2017年12月12日). https://www.j-cast.com/2017/12/12316396.html?p=all 2018年6月10日閲覧。 
  12. ^ 岩佐美咲デビューシングル タイトル決定! - AKB48オフィシャルブログ(2011年12月22日)
  13. ^ 【オリコン】AKB48、カラオケでも新記録樹立 「ヘビロテ」が43週連続1位(2011年8月26日付け)
  14. ^ “【オリコン】金爆「女々しくて」カラオケ新記録の49週連続1位”. ORICON STYLE. (2013年8月9日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2027419/full/ 2013年8月9日閲覧。 
  15. ^ “乃木坂46、話題の「ヘビロテ」カバーを語る 「エロかわいいではなく爽やかな感じ」”. エンタメOVO (共同通信社). (2017年2月8日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1091386 2018年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]