存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
存在する理由
DOCUMENTARY of AKB48
監督 石原真
製作 吉成夏子、大田圭二、秋元伸介、北川謙二、今井環
ナレーター 石原真
出演者 AKB48
主題歌 AKB48「あの日の自分
撮影 瀬戸俊介
編集 藤原道仁
製作会社 AKS
東宝
秋元康事務所
ノース・リバー
NHKエンタープライズ
配給 東宝映像事業部
公開 2016年7月8日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?
テンプレートを表示

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』(そんざいするりゆう ドキュメンタリー オブ エーケービーフォーティーエイト)は、2016年日本ドキュメンタリー映画2016年7月8日に公開された。

概要[編集]

AKB48ドキュメンタリー映画シリーズの5作目である[1]

2014年12月に開催された『第4回AKB48紅白歌合戦』会場で制作がサプライズ発表され、約1年半を経た2016年5月5日にパシフィコ横浜で開催された43thシングル「君はメロディー」の握手会会場において特報映像[2]が上映され、同年7月8日公開およびNHKの元プロデューサーの石原真が監督であることがサプライズ発表された[1]

2016年6月18日に新潟HARD OFF ECOスタジアム新潟で開催された『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』の開票イベント前のコンサートで映画タイトル発表されるとともに、同日にキービジュアルが解禁され、予告編[3]がYouTubeで公開された[4][5]。公開間際の第8回選抜総選挙の開票イベントでの映像も映画に取り込まれている。

キービジュアルに書かれている、予告編で字幕としてが挿入されているキャッチコピーは、「AKB48は、なぜ10年続いたのか? AKB48は、あと10年続くのか?」。キャッチコピーのとおり、AKB48が誕生から10年という大きな節目を迎えた2015年12月8日に、高橋みなみから横山由依へAKB48グループ総監督の役職がに引き継がれた。前作大島優子の卒業を軸に描かれていたが、本作は高橋みなみが卒業した後、AKB48は今後どう存在していくべきなのかという「AKB48の存在する理由」をテーマとした作品になっている。

渡辺麻友柏木由紀島崎遥香、横山由依らへのインタビュー映像を交えながらも、14期生の岡田奈々小嶋真子西野未姫、15期生の向井地美音大和田南那込山榛香など台頭してきたメンバーも取材対象として多面的に描いている。また、JKT48に移籍した仲川遥香近野莉菜のほか、すでにAKB48を卒業していた光宗薫内田眞由美も取材対象としている。新グループNGT48もキャプテンの北原里英とともに取材対象となっている。

さらにモーニング娘。をプロデュースしてきたつんく♂ももいろクローバーZ川上アキラプロデューサーへのインタビュー、そして週刊文春記者へのインタビューも行われ、その映像が収録されている。

従来のAKB48のドキュメンタリー映画と同様、映画用に「あの日の自分」が書き下ろされ、主題歌として使用されている。

プロモーション[編集]

6月30日にプレミア上映会が、東京・お台場シネマメディアージュで開催され、メンバー12人と監督の石原真が登壇[6]。同作の舞台挨拶が公開初日は都内で、翌日の7月9日には全国7都市で開催され、各地でAKB48グループのメンバーが登壇した[7][8]

スタッフ[編集]

  • 監督:石原真
  • 企画:秋元康
  • 監督補・編集:藤原道仁
  • 製作:吉成夏子、大田圭二(東宝)、秋元伸介(秋元康事務所)、北川謙二(ノース・リバー)、今井環
  • プロデューサー:古澤佳寛、磯野久美子(秋元康事務所)、松村匠AKS)、牧野彰宏(AKS)、佐渡岳利
  • ラインプロデューサー:竹下孝
  • 撮影:瀬戸俊介
  • 録音:河上達也
  • 製作:AKS、東宝、秋元康事務所、ノース・リバー、NHKエンタープライズ
  • 配給:東宝映像事業部

主題歌[編集]

AKB48「あの日の自分」(作詞:秋元康、作曲:カワノミチオ、編曲:野中“まさ”雄一) - 2017年1月25日リリース『サムネイル』に収録[9]

関連商品[編集]

映像作品『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』 (Blu-ray・DVDの2形態で2016年12月14日発売)

  • スペシャル・エディション - 特典として特報や予告編、舞台挨拶の映像集を収録。 EAN 0000100080209, EAN 0000100080216
  • コンプリートBOX - ディレクターズカット版、主題歌「あの日の自分」のMV、チーム8のインタビューなどを収録。 EAN 4988104104328, EAN 4988104104342

脚注[編集]

  1. ^ a b “AKB史上“最も危険な”ドキュメンタリー映画第5弾、7・8公開決定”. ORICON NEWS (ORICON STYLE) (oricon ME). (2016年5月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2071217/full/ 2019年6月27日閲覧。 
  2. ^ 2016.7.8公開 「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題)特報 / AKB48[公式] - YouTube
  3. ^ DOCUMENTARY of AKB48』予告編 / AKB48[公式] 映像 - YouTube
  4. ^ “AKB48ドキュメンタリー第5弾「存在する理由」、つんく♂も登場する予告編”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年6月18日). https://natalie.mu/eiga/news/191397 2019年6月28日閲覧。 
  5. ^ “AKBドキュメント映画第5弾、タイトル決定『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』”. ORICON NEWS (ORICON STYLE) (oricon ME). (2016年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2073611/full/ 2019年6月29日閲覧。 
  6. ^ “渡辺麻友や柏木由紀がAKBドキュメンタリーをアピール、小嶋陽菜はイジられる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年6月30日). https://natalie.mu/eiga/news/192826 2019年6月27日閲覧。 
  7. ^ “AKB48渡辺麻友「感覚が違う」後輩メンバーへの厳しい思いに拍手喝采”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月8日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1596918 2019年6月28日閲覧。 
  8. ^ “AKB48「存在する理由」7都市で舞台挨拶、渡辺麻友「もがいていた頃思い出した」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年7月10日). https://natalie.mu/eiga/news/194035 2019年6月28日閲覧。 
  9. ^ “さしこ×モー娘。に山本彩×稲垣潤一!AKB48新アルバムでまさかのコラボ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月26日). https://natalie.mu/music/news/214656 2019年6月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]