松井珠理奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつい じゅりな
松井 珠理奈
(20140503) 次の足跡 샤메회 in 오사카 03 (retouched).jpg
次の足跡』劇場盤
発売記念大握手会&写真会にて
(2014年5月3日、インテックス大阪
プロフィール
愛称 じゅりな
生年月日 1997年3月8日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 B型
公称サイズ(2016年[注 1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 78 - 60 - 85 cm
活動
デビュー 2008年10月5日
ジャンル アイドル、女優
所属グループ SKE48
ラブ・クレッシェンド
活動期間 2008年10月5日 -
備考 SKE48 チームS
AKB48 チームK兼任
他の活動 女優
事務所 アービング
主な出演作モウソウ刑事!
マジすか学園2
死幣-DEATH CASH-
豆腐プロレス
主な楽曲大声ダイヤモンド
鈴懸なんちゃら
赤いピンヒールとプロフェッサー
アイドル: テンプレート - カテゴリ

松井 珠理奈(まつい じゅりな、1997年3月8日 - )は、日本アイドル女優であり、女性アイドルグループSKE48チームSのメンバーである。AKB48の元兼任メンバー。愛知県出身。アービング所属[3]

略歴[編集]

2008年[編集]

  • 7月31日、『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2,670名、最終合格者22名)。10月5日、『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演にて選抜メンバー16名の1人として公演デビュー。
  • 10月8日、AKB48の冠番組『AKBINGO!』にAKB48の姉妹グループのメンバーでは初めて出演。番組テロップでは「期待の大型新人」と紹介された。10月22日、レコーディングの時点では公演デビュー前でSKE48の正式メンバーではなかったが、AKB48の10thシングル表題曲「大声ダイヤモンド」に11歳228日で選抜入りし、奥真奈美(元AKB48・チームB)の持つシングル選抜メンバー選出最年少記録(11歳237日)を更新した。AKB48の楽曲で姉妹グループのメンバーが選抜入りしたのは同曲が初めてだった。また、PVで主役級の人物を演じ、音楽番組出演時もセンターポジションについた[注 2]ほか、単独ジャケット写真も飾り、大きな話題になった。

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

  • 2月4日、高校入試に合格したことを発表[6]
  • 3月24日、AKB48および姉妹グループのコンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』で期間限定でAKB48チームKを兼任することが発表された[7]。過去に組閣(新チーム発足)時期の関係で複数公演を掛け持ちしていた例はあるが、グループ内の複数チームに籍を置くことは、同時にAKB48チームBとの兼任が決まったNMB48・渡辺美優紀とともに史上初となる。
  • 4月1日、大阪で開催されたSKE48の握手会を体調不良で欠席した[8]。その後、同月4日に「貧血に起因するめまい、および過労」で数日間入院することを発表[9]。同月6日、総合プロデューサー・秋元康は復帰時期を決めずに休養させることを発表[10]。同月14日、日本ガイシホールで開催されたコンサート『SKE48春コン2012 「SKE専用劇場は秋までにできるのか?」』で14日ぶりに復帰。コンサートの1曲目で松井玲奈のソロ曲「枯葉のステーション」を歌唱[11]
  • 6月1日、AKB48劇場で行われたチームK 6th Stage「RESET」公演に初出演。AKB48チームKとしての活動を本格的に開始[12]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』において、9位で選抜入りを果たした[13]
  • 10月31日に発売のAKB48の28thシングル「UZA」では、大島優子とダブルセンターを務めた[14]

2013年[編集]

2014年[編集]

  • 1月、SKE48とGALAXYによる新ユニットGALAXY of DREAMSが結成され、メンバーに選出された[18]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では4位で、選抜入りを果たした[19]
  • 12月16日、東京ドームシティホールで行われた『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』において、AKB48メンバーから7人が選抜され結成された新ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」への参加が発表された[20]

2015年[編集]

  • 4月8日、参加ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」がアニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」でシングルCDデビュー[21]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では5位で、選抜メンバーに選出される[22][23]
  • 9月9日、初写真集『Jurina』(集英社)を発売[24]
  • 10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、SKE48内のユニット「ラブ・クレッシェンド」のメンバーに選ばれる[25]
  • 10月22日(21日深夜)に放送された『AKB48のオールナイトニッポン』において、AKB48チームKの兼任を解除し、SKE48専任となることを発表[26]。なお、AKB48メンバーとしての最終活動日は12月24日に決定[26]
  • 12月24日、AKBチームKとしての活動を終了(兼任解除)[27]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

人物[編集]

  • 愛称は、じゅりな[41]。「じゅりなん」と呼ばれることもある[42]。11歳でSKE48に1期生として加入したため、自分より後からSKE48に加入した木﨑ゆりあ秦佐和子(現在はSKE卒業)や高柳明音など年長の後輩から「じゅりなさん」と呼ばれることもある。SKE48オフィシャルブログでは自身が書いた記事のタイトルの末尾に、2015年9月までは「☆じゅりたん」、2015年10月以降は「☆じゅりぼう」という呼称を入れている。
  • キャッチフレーズは「1、2、3、4、ご一緒に、6、7、8、9、じゅりな〜!」[2]。兼任先のAKB48チームKでは「体育会系、チームK、唯一のJK、松井珠理奈です!」を新たに使用[43]
  • 好物は、母親の作ったミートソーススパゲッティ[44]。一人っ子[45]
  • 小学校3年生からヒップホップダンスを始めた[46]
  • 好きな言葉は「人と比べるんじゃなくて、自分は自分」[41]。以前は好きな言葉として「年中無休」を挙げていた[47]。座右の銘は「全力投球」[48]。「人生でいちばん頑張ったことは?」という問いに対し「いつもいちばん頑張ってます!今日は昨日より頑張ろう!って思ってやってます。」と答えている[42]
  • など動物の鳴き声をものまねするのが得意で、テレビ番組でも度々披露している[49][50]
  • 非常に礼儀正しく、業界内では定評がある[51][52]。本人は、「親の躾が厳しかったからではないか」と述べている[51]
  • 容姿や物腰の落ち着いた言動のため、年齢を言うと共演者に驚かれることが多い[49]
  • 運動、特に走ることが好きでアイドルでなければ陸上選手になりたかった[42]。小学校時代はドッジボールクラブに所属していた[48]
  • 特技はテーブルクロス引き[41]
  • 趣味は料理、お菓子作り[41]。メンバーやスタッフに手作りのクッキーなどをよく差し入れている[53]
  • ドラマ『豆腐プロレス』に出演したのがきっかけで2017年1月4日にプロレスを観戦し、プロレスが好きになり、よく観戦に行く。ドラマや観戦を通して新日本プロレスの選手との親交も生まれている。第9回選抜総選挙のスピーチでは棚橋弘至の決め台詞「愛してまーす」を引用した。
  • ワールド・アイドル・プロレスリング(WIP)ではハリウッドJURINAのリング名で現在、シングルのベルトを保持しておりファイターになる時には全身、銀色になる。
  • また新日本プロレスの「WRESTLE KINGDOM12in東京ドーム」(2018年1月4日)のスペシャルアンバサダーに就任[54]
  • へそが可愛い」とよく言われる[55]
  • 初恋は、幼稚園生の時。幼稚園の昼寝の時間に、その好きな男子と手をつないで寝ていたことを『週刊プレイボーイ』で母親に暴露されてしまい、ショックを受ける[51]
  • 苦手なものは辛いもの全般、絶叫マシン、お化け屋敷[42]

SKE48[編集]

  • SKE48に入ろうと思った契機は、AKB48が『紅白歌合戦』に出場して、同時期に小嶋陽菜が出演しているドラマを視聴していたから[51]。当時小学6年生でAKB48が拠点とする東京には行けないと思っていたが、地元にSKE48ができると知りSKE48のオーディションを受けた[42]
  • 同じSKE48・1期生の松井玲奈とともにSKE48のエースとされ、名字が同じ(血縁や姻戚関係はない)ことから2人合わせて「W(ダブル)松井[56]」、「Jurina」「Rena」の頭文字を取って「JR(コンビ)[57]」や「じゅりれな[58]」とも呼ばれている。
  • SKE48の選抜メンバーや所属するチームSでは年少ながら1期生でセンターポジションを任せられ、「自分が引っ張っていく立場なので、気を引き締めて周りにもあまり弱いところを見せないようにしています」[42]。とくに2013年4月の「組閣」と称するチーム再編[注 8]を経た現チームSでは同世代や年下のメンバーが増えたため、年上のメンバーに甘えてはいけないと気を引き締めるとともに、同世代のメンバーも遠慮せずに存在感を出せるチームにしたいと述べている[59]
  • 2012年3月から期間限定でAKB48チームKを兼任することによって「甘えてもいい」という心境になり[60]、先輩の多いAKB48では甘えやすく等身大の自分でいられるとのこと[42]
  • 兼任により、本人いわく「他のメンバーとは違うファン層がつく」。握手会では、同年代や年上の女性に「尊敬してます」と言われることも多い[51]
  • 「AKB48グループのダジャレ王[61]」との異名をとる。指原莉乃からは「頭が良い」との評価を得ている[62]
  • SKE48「二次元同好会」の会員ナンバー7番。ジャンルは『週刊少年ジャンプ』(集英社)系で、具体的には『NARUTO』『BLEACH』『ドラゴンボール』など[63]。現在は井口栞里と共に幽霊部員扱い[64][65]

AKB48[編集]

SKE48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • 強き者よ
  • 青空片想い
  • ごめんね、SUMMER
  • 1!2!3!4! ヨロシク!
    • そばにいさせて
    • コスモスの記憶 - 「白組」名義
    • TWO ROSES - 「キネクト」名義
  • バンザイVenus
    • 卒業式の忘れもの - 「白組」名義
  • パレオはエメラルド
    • 積み木の時間
    • ときめきの足跡 - 「白組」名義
    • 花火は終わらない - 「セレクション8」名義
  • オキドキ
    • 初恋の踏切
    • バズーカ砲発射! - 「白組」名義
    • 歌おうよ、僕たちの校歌 - 「セレクション8」名義
  • 片想いFinally
    • 今日までのこと、これからのこと
    • はにかみロリーポップ - 「白組」名義
    • 寡黙な月 - 「セレクション8」名義
  • アイシテラブル!
  • キスだって左利き
    • 神々の領域
  • チョコの奴隷
    • Darkness - 「セブンダンサーズ」名義
  • 美しい稲妻
    • JYURI-JYURI BABY - 「Team S」名義
  • 賛成カワイイ!
    • 道は なぜ続くのか? - 「愛知トヨタ選抜」名義
    • ずっとずっと先の今日 - 「セレクション18」名義
  • 未来とは?
    • GALAXY of DREAMS - 「GALAXY of DREAMS」名義
    • 猫の尻尾がピンと立ってるように…feat. Bose(スチャダラパー) - 「Team S」名義
  • 不器用太陽
    • 放課後レース - 「Team S」名義
    • 友達のままで - 「セレクション10」名義
  • 12月のカンガルー
    • 消せない炎 - 「Team S」名義
    • I love AICHI - 「愛知トヨタ選抜」名義
  • コケティッシュ渋滞中
    • DIRTY - 「Team S」名義
    • 僕は知っている - 「DOCUMENTARY of SKE48」名義
  • 前のめり
    • 素敵な罪悪感 - 「Team S」名義
  • チキンLINE
    • 彼女がいる - 「Team S」名義
    • 望遠鏡のない天文台 - 「Passion For You 選抜」名義
    • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義
  • 金の愛、銀の愛
    • ハッピーランキング - 「ランクインガールズ2016」名義
    • 今夜はShake it ! - 「ラブ・クレッシェンド」名義
  • 意外にマンゴー
    • パーティーには行きたくない - 「Team S」名義
    • 奇跡の流星群 - 「Passion For You選抜」名義
  • 無意識の色
    • 反射的スルー - 「ラブ・クレッシェンド」名義
    • We're Growing Up - 「愛知トヨタ選抜」名義
    • 夜明けのコヨーテ - 「サガミチェーン選抜」名義
  • いきなりパンチライン
    • Parting shot - 「Team S」名義
    • 花の香りのシンフォニー - 「Passion For You 選抜」名義
  • Stand by you

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • この日のチャイムを忘れない』に収録
    • フラフープでGO!GO!GO! - 「チームS」名義
    • Beginner - 「チームS」名義
    • 拗ねながら、雨… - 「セレクション8」名義
  • 革命の丘』に収録
    • 夏よ、急げ!
    • ライフルガール - 「ラブ・クレッシェンド」名義
    • ゼロベース
    • ホライズン - 「愛知トヨタ選抜」名義
    • 花占い - ソロ楽曲。作詞を担当[32]

AKB48名義

その他の参加楽曲[編集]

  • シングル「チューしようぜ!」(「AKBアイドリング!!!」名義)
    • チューしようぜ!
    • モテ期のうた - 「AKB48」名義
  • サウンドトラック『Wreck-It Ralph』
  • サウンドトラック『「舞妓はレディ」ミュージカル・ソングス&サウンドトラック・コレクション』
    • きついっしょ[71] - 「小春(上白石萌音)/松井珠理奈/武藤十夢」名義
  • シングル「アイドルはウーニャニャの件」(「ニャーKB with ツチノコパンダ」名義)
    • アイドルはウーニャニャの件(アニメ「妖怪ウォッチ」エンディング・テーマ)
    • 不幸中の幸い少女
  • シングル「コップの中の木漏れ日」(「ラブ・クレッシェンド」名義)
    • コップの中の木漏れ日
    • お楽しみは明日から - 「愛知トヨタ選抜」名義
  • 配信シングル「NEKKOYA (PICK ME)」(「PRODUCE 48」名義)
    • NEKKOYA (PICK ME)

未音源化曲[編集]

AKB48名義

ぱちスロAKB48 勝利の女神

  • あなたの代わりはいない
  • 君のニュース
  • ヘビーローテーション
  • AKBフェスティバル

劇場公演ユニット曲[編集]

SKE48名義

チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • スカート、ひらり(1st UNIT)
  • 星の温度(1st UNIT)
  • クラスメイト(2nd UNIT)

チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」

  • Glory days(1st UNIT)
  • ウィンブルドンへ連れて行って(2nd UNIT)

チームS 3rd Stage「制服の芽」

  • 思い出以上(1st UNIT)
  • 狼とプライド(2nd UNIT)

チームS 4th Stage「RESET」

  • 奇跡は間に合わない

チームS 5th Stage「制服の芽」

  • 女の子の第六感

チームS 6th Stage「重ねた足跡」

AKB48名義

チームK 6th Stage「RESET」

  • 奇跡は間に合わない(元・米沢瑠美ポジション)

大島チームKウェイティング公演

大島チームK「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ

横山チームK「RESET」公演

  • 逆転王子様

峯岸チームK「最終ベルが鳴る」公演

  • ごめんね ジュエル

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 元禄なう〜尾張藩士8882日のツイート〜(2016年11月3日、NHK総合[85]

バラエティ[編集]

ネット配信[編集]

  • 学校の怪談(2012年7月 - 9月、BeeTV) - ストーリーテラー
  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu[注 9] - センター 役[76]
  • CROW'S BLOOD(2016年7月23日 - 8月27日、Hulu) - 松村しのぶ 役[86]
  • AKBラブナイト 恋工場 第39話「恋愛禁止」ディレクターズカット版(2016年8月18日、ビデオパス・テレ朝動画) - 主演・岡部舞子 役[79]
  • 松井珠理奈が観戦して痺れた、新日本プロレス my BEST(2017年10月11日、AbemaTV格闘技)[87]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM・キャンペーン[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 松井珠理奈 2012年カレンダー(2011年11月23日、ハゴロモ)
  • 卓上 松井珠理奈 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 松井珠理奈 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 松井珠理奈 2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 身長は2016年時点だが[1]、スリーサイズは時点不明[2]
  2. ^ 恋するフォーチュンクッキー」でHKT48指原莉乃がセンターに就くまで、AKB48のシングル表題曲で姉妹グループのメンバーがセンターポジションになった例だった。
  3. ^ 「言い訳Maybe」、「RIVER」は表題曲のみ参加。
  4. ^ SKE48では、このシングルから選抜のシステムを採用した。
  5. ^ 「Beginner」は表題曲のみ参加。
  6. ^ 「桜の木になろう」は表題曲のみ参加。
  7. ^ 舞台となった名古屋では10月22日先行公開。
  8. ^ SKE48の正規メンバーはS、K2、Eの各チームに所属しているが、そのメンバーを入れ替えること。AKB48では過去2回、SKE48では初めて行われた。
  9. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[75]

出典[編集]

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』127頁。
  2. ^ a b 松井珠理奈 AKB48名鑑 スポーツニッポン 2016年5月15日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ a b “松井珠理奈が事務所移籍、橋本マナミらのアービング”. 日刊スポーツ. (2016年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1718535.html 2016年10月2日閲覧。 
  4. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果 AKB48オフィシャルブログ 2011年6月10日
  5. ^ WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦 映画.com
  6. ^ 「ご報告☆じゅりたん」 SKE48オフィシャルブログ 2012年2月4日
  7. ^ ご報告 AKB48オフィシャルブログ 2012年3月24日
  8. ^ SKE48松井珠理奈、体調不良は深刻…「大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」”. シネマトゥデイ (2012年4月2日). 2016年8月9日閲覧。
  9. ^ SKE松井珠理奈が“過労”で入院 数ヶ月前から体調不良続く”. オリコン (2012年4月4日). 2016年8月9日閲覧。
  10. ^ “入院・松井珠の病状、秋元氏が改めて説明”. デイリースポーツ. (2012年4月7日). オリジナル2012年4月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120409022208/http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/04/06/0004949982.shtml 2016年8月9日閲覧。 
  11. ^ “松井珠理奈14日ぶり復帰、ダジャレも”. (2012年4月14日). オリジナル2012年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120414212220/http://daily.co.jp/newsflash/2012/04/14/0004973344.shtml 2016年8月9日閲覧。 
  12. ^ SKE“兼任”珠理奈、ついにAKB公演デビュー”. オリコン (2012年6月1日). 2012年6月2日閲覧。
  13. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  14. ^ AKB48、28thシングルセンター決定 モデルプレス 2012年9月18日
  15. ^ 「初日☆じゅりたん」 SKE48オフィシャルブログ 2012年2月15日
  16. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 AKB48オフィシャルブログ 2013年6月8日
  17. ^ AKB48『第4回"じゃんけん女王"珠理奈、初センター獲得も「悔しい気持ち」あった!?』”. オリコン (2013年12月11日). 2016年8月9日閲覧。
  18. ^ GALAXY of DREAMS結成のお知らせ SKE48オフィシャルサイト 2014年1月24日
  19. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 AKB48オフィシャルブログ 2014年6月7日
  20. ^ ぱるるら7人で「ニャーKB」結成 『妖怪ウォッチ』ED曲デビュー オリコン 2014年12月17日
  21. ^ ニャーKB親子でハマって「妖怪ウォッチ」コラボ 日刊スポーツ 2015年4月4日
  22. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  23. ^ 【第7回AKB総選挙】SKE松井珠理奈が5位 悔し泣きから笑顔で来年1位宣言”. オリコン (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  24. ^ “松井珠理奈が脱いだ!初写真集で“手ブラ”セクシーショット”. SANSPO. (2015年8月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150810/akb15081005030001-n1.html 2015年8月10日閲覧。 
  25. ^ SKE48、7周年で初のユニットデビュー 来年には2ndアルバムも”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  26. ^ a b SKE48松井珠理奈が重大発表「1つ決心しました」 モデルプレス 2015年10月22日配信 2015年10月22日閲覧
  27. ^ 松井珠理奈 涙の"AKB48ラストステージ" Walkerplus 2015年12月24日
  28. ^ SKE48松井珠理奈、自己最高順位に笑顔「あと5年は卒業しません!」<第8回AKB48選抜総選挙>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2016年6月18日). 2016年6月29日閲覧。
  29. ^ a b SKE松井珠理奈、連ドラ初主演! 前田敦子の枠引き継ぎ「嬉しい半面プレッシャー」”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  30. ^ アービング (2016年10月1日). “アービング ツイート”. Twitter. 2016年10月2日閲覧。
  31. ^ AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位〜48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2016年12月31日). 2018年3月28日閲覧。
  32. ^ a b “珠理奈、作詞に初挑戦 秋元氏へのライバル心は?SKE4年半ぶりアルバム”. デイリースポーツ. (2017年2月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/12/0009908910.shtml 2017年2月12日閲覧。 
  33. ^ “【第9回AKB総選挙】SKE松井珠理奈、3位で悲願の女王に届かず「正直、悔しい!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2092625/full/ 2018年6月18日閲覧。 
  34. ^ “松井珠理奈にプロレス大賞特別賞!「プロレスは人生の中で大事なもの」”. 東京スポーツ (東京スポーツ出版社). (2017年12月14日). https://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/858118/ 2018年7月8日閲覧。 
  35. ^ 東京スポーツ・プロレス大賞2010~
  36. ^ “松井珠理奈が優勝 プレッシャー跳ね返し”. デイリースポーツ. (2018年6月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/16/0011360415.shtml 2018年6月16日閲覧。 
  37. ^ “松井珠理奈さんが活動休止 AKB総選挙で1位”. デイリースポーツ. (2018年7月7日). https://www.daily.co.jp/society/culture/2018/07/07/0011424677.shtml 2018年7月7日閲覧。 
  38. ^ “AKB48新曲 総選挙1位の松井珠理奈不参加で発売へ「苦渋の決断」”. ORICON NEWS. (2018年8月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2116910/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  39. ^ “松井珠理奈 劇場公演に登場!82日ぶりにファンの前に姿 メンバーも「お帰り」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年9月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/06/kiji/20180906s00041000252000c.html 2018年9月6日閲覧。 
  40. ^ “松井珠理奈復帰でAKB総選挙曲が2ヶ月越し完成”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2122153/full/ 2018年12月12日閲覧。 
  41. ^ a b c d SKE48 OFFICIAL WEB SITE 本人プロフィールより 2013年8月11日閲覧
  42. ^ a b c d e f g 『オリ★スタ』(オリコン・エンタテインメント)2013年7月19日発売号
  43. ^ 珠理奈AKB電撃デビュー 涙のK公演 日刊スポーツ 2012年6月1日
  44. ^ 松井珠理奈 Google+ 2012/02/14
  45. ^ 「そーいえば☆」 SKE48オフィシャルブログ 2010年7月23日
  46. ^ UP to boy』Vol.188、ワニブックス、2008年10月。
  47. ^ SKE48 OFFICIAL WEB SITE 本人プロフィールより 2011年4月22日閲覧
  48. ^ a b 『週刊AKB Vol.6』(2010年5月21日発売)特典
  49. ^ a b 2012年9月25日放送 ライオンのごきげんよう”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2012年9月25日). 2018年8月20日閲覧。
  50. ^ 2013年6月4日放送 ライオンのごきげんよう”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2013年6月4日). 2018年8月20日閲覧。2014年6月5日放送 ライオンのごきげんよう”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2013年6月4日). 2018年8月20日閲覧。
  51. ^ a b c d e 『週刊プレイボーイ』(集英社)2011年6月6日発売号
  52. ^ Google+ Kyoko Nishiyama 2012年7月3日18時13分投稿記事、『日刊スポーツ首都圏版』2013年4月27日付コラム
  53. ^ 大島優子 (2009年10月31日). “いただき!”. アメーバブログ. 2012年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    パーフェクトクッキー♪(゜ー゜夏) 向田茉夏オフィシャルブログ 2012年5月13日
    『So long!』特典ディスク(DVD/Blu-ray)2013年6月28日発売
    ♪cookie 阿比留李帆公式ブログ 2013年7月24日他
  54. ^ 「松井珠理奈 新日アンバサダー就任でプロレス愛熱弁」」 東スポWeb 2017年10月13日
  55. ^ 「解禁!!☆じゅりたん」 SKE48オフィシャルブログ 2011年5月27日
  56. ^ W松井が語るSKE愛 「AKBの松井玲奈」はショックです - スポーツニッポン(2011年11月8日)
    W松井が神7崩した/AKB総選挙 - 日刊スポーツ(2013年6月9日)
  57. ^ ジャケは松井JR!SKE48、3rdシングルはメンバー全員参加 - 音楽ナタリー(2010年6月16日)
    SKE“JR”の「DESIRE-情熱-」熱唱でライブハウスが震撼! - webザテレビジョン(2013年3月27日)
  58. ^ 真紀和泉 (2013年7月26日). “【エンタがビタミン♪】SKE48松井珠理奈が突然泣き出す。涙のわけに松井玲奈は感激「やっぱり妹みたい」。”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2013/07/matuijulina-namida-rena2013072.html 2013年7月26日閲覧。 
  59. ^ 『Gザテレビジョン』2013年8月号
  60. ^ Google+ Kyoko Nishiyama 2012年7月3日 1時47分投稿記事
  61. ^ “SKE48松井珠理奈、後輩からの宣戦布告にコメント”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年1月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1322481 2014年2月13日閲覧。 
  62. ^ “HKT森保まどか 松井珠理奈に挑戦状”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2014年1月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/26/0006664005.shtml 2014年2月1日閲覧。 
  63. ^ 「少女☆」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年3月9日)
  64. ^ 『月刊ENTAME』2013年9月号
  65. ^ 『アニメージュ』2013年9月号
  66. ^ 「たんとう☆じゅりたん」 - SKE48オフィシャルブログ(2011年7月29日)
  67. ^ 「☆じゅりたん」 - SKE48オフィシャルブログ(2011年5月5日)
  68. ^ 「ゆったん☆じゅりたん」 - SKE48オフィシャルブログ(2011年8月4日)
  69. ^ “SKE48松井珠理奈、後輩からの宣戦布告にコメント”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年1月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1322481 2014年2月13日閲覧。 
  70. ^ “HKT森保まどか 松井珠理奈に挑戦状”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2014年1月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/26/0006664005.shtml 2014年2月1日閲覧。 
  71. ^ “上白石萌音、松井珠理奈&武藤十夢との方言ラップ「きついっしょ」がサントラに収録”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2014年8月18日). http://eiga.com/news/20140818/3/ 2016年9月14日閲覧。 
  72. ^ “CMソングは秋元康氏書き下ろしの新曲「恋のバイトル」ディップ「バイトル」新CM「恋のバイトル」篇 2015年9月1日(火)から全国で放映開始” (プレスリリース), PR TIMES, (2015年8月29日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000002302.html 2017年3月16日閲覧。 
  73. ^ “SKE珠理奈、21歳の秘書役「言葉が難しくて緊張しました」”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2013年11月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131119/akb13111905030000-n2.html 2017年4月22日閲覧。 
  74. ^ “「マジすか学園4」に松井珠理奈と渡辺麻友が参戦。全面戦争のキーパーソンに!?”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2015年3月12日). http://www.tvguide.or.jp/news/20150312/03.html 2017年4月22日閲覧。 
  75. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2016年12月26日閲覧。 
  76. ^ a b キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2016年12月15日閲覧。
  77. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第33話”. テレビ朝日. 2016年2月4日閲覧。
  78. ^ “珠理奈、セーラー服で中谷美紀の高校時代役挑戦「運良く髪形は、すごく似ている」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年3月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160302-OHT1T50187.html 2016年3月3日閲覧。 
  79. ^ a b “松井珠理奈が禁断の恋!?理想のタイプは「優しく子供扱いしてくれる人」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年8月9日). http://natalie.mu/eiga/news/197518 2016年8月19日閲覧。 
  80. ^ “松井珠理奈"禁断の恋"、加藤玲奈"シリアス展開"…放送後にAKB演技投票開始”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年9月14日). http://news.mynavi.jp/news/2016/09/14/158/ 2016年9月14日閲覧。 
  81. ^ “宮脇咲良、松井珠理奈らが“キャバ嬢”に 新ドラマ「キャバすか学園」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1622523 2016年11月13日閲覧。 
  82. ^ 相関図”. キャバすか学園公式サイト. 日本テレビ放送網. 2016年11月13日閲覧。
  83. ^ “AKB48、SEXY衣装でプロレス挑戦?宮脇咲良・松井珠理奈らプロ弟子入り<メンバーコメント到着>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1646383 2016年12月26日閲覧。 
    キャスト”. 豆腐プロレス. テレビ朝日 (2017年). 2017年1月22日閲覧。
  84. ^ “松井珠理奈:“初染め”金髪姿でプロレス生観戦 宮脇咲良は初体験に涙”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年1月6日). http://mantan-web.jp/2017/01/06/20170106dog00m200038000c.html 2017年1月22日閲覧。 
  85. ^ 元禄なう〜尾張藩士8882日のツイート〜”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年6月6日閲覧。
  86. ^ “【Hulu】秋元康×ハリウッド日米共同製作ドラマ 柏木、珠理奈らも出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2073433/full/ 2016年6月15日閲覧。 
  87. ^ 松井珠理奈が観戦して痺れた、新日本プロレス my BEST”. AbemaTV (2017年10月11日). 2017年10月29日閲覧。
  88. ^ “SKE48松井&矢神、名古屋ご当地映画「WAYA!」で映画初出演”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2011年7月26日). http://eiga.com/news/20110726/2/ 2016年8月19日閲覧。 
  89. ^ “周防正行監督の新作『舞妓はレディ』の追加キャスト判明、妻夫木聡、松井珠理奈ら”. CINRA.NET (CINRA). (2014年6月11日). http://www.cinra.net/news/20140611-maikohalady 2016年8月19日閲覧。 
  90. ^ “松井珠理奈、ウエディングドレスや喪服姿…中学生から20代までを熱演!『振り子』”. シネマカフェ (イード). (2015年2月20日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/02/20/29525.html 2016年8月19日閲覧。 
  91. ^ 大島優子が突然男性に告白!渡辺麻友、松井珠理奈も「AKB1/153 恋愛総選挙」新CMで - 芸能ニュースラウンジ 2012年8月18日
  92. ^ AKB、今度はFacebookでファン投票 - ORICON STYLE 2012年9月22日
  93. ^ Galaxy S6 edge ムービー スマートフォン Galaxy
  94. ^ 松井珠理奈、母親とCM初共演で感激「夢以上のことがかなった」 - オリコンスタイル 2015年5月8日(2016年7月25日確認)
  95. ^ SKE48松井珠理奈、「バイトル」CMで母親と共演 - ナタリー 2015年5月8日(2016年7月25日確認)
  96. ^ トピックス|スター・ウォーズ展” (2016年12月19日). 2017年2月16日閲覧。
  97. ^ “松井珠理奈さん、レイア姫風衣装でPR SW展”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年2月15日). http://www.asahi.com/articles/ASK2H5CM8K2HOQIP002.html 2017年2月16日閲覧。 
  98. ^ “松井珠理奈、目標は指原莉乃「そういう大きな存在になりたい」…新日1・4東京Dアンバサダー就任”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年10月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171013-OHT1T50145.html 2017年10月13日閲覧。 
  99. ^ “橋本マナミ、天使の姿で松井珠理奈にあごクイ「色気のある天使」「本物の天使が舞い降りた」”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2018年2月1日). https://abematimes.com/posts/3636144 2018年3月1日閲覧。 
  100. ^ “【豆腐プロレス】アジャ・コングのお株を奪う一斗缶攻撃も!AKBプロレスは今回も大波乱で幕=全試合掲載”. 1UP情報局 (ヨシクラデザイン). (2018年2月24日). http://kk1up.jp/archives/20180223_akb48.html 2018年2月24日閲覧。 
  101. ^ KKベストセラーズオンライン”. street Jack 2012年8月号. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月9日閲覧。
  102. ^ duet最新号目次”. ホーム社. 2012年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]