梅田彩佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うめだ あやか
梅田 彩佳
生年月日 (1989-01-03) 1989年1月3日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
身長 151.5 cm[1]
血液型 A型
職業 タレント女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台バラエティ
活動期間 2006年 -
活動内容NMB48 チームBII
(元AKB48チームK→チームBキャプテン)
DiVA(解散)
事務所 TRUSTAR
備考
テンプレートを表示

梅田 彩佳(うめだ あやか、1989年昭和64年〉1月3日 - )は、日本タレント女優である。女性アイドルグループ・AKB48およびNMB48の元メンバーである[2]。AKB48ではチームKとチームBに所属し、チームBではキャプテンを務めた。NMB48ではチームBIIに所属し、副キャプテンを務めた。福岡県北九州市出身[3]office48フレイヴ エンターテインメント→フリーランス→TRUSTAR所属[4]

略歴[編集]

2004年

2006年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では16位で、選抜メンバーに選ばれる[11][12]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演にて、チームBへの異動と同時に、柏木由紀に代わって新チームBのキャプテンに就任することが発表される[13][14]。その後11月1日、新チーム発足が発表される[15]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16で、選抜メンバーに選出[16]
  • 11月1日、チームBに異動。
  • 11月3日、チームBキャプテン、ウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[17]

2013年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では19位で、アンダーガールズに選出された[18]
  • 8月13日、この日行われたチームBウェイティング公演で劇場公演回数500回を達成[19]

2014年

  • 2月24日、「AKB48グループ大組閣祭り」のチーム再編にともない、NMB48 チームBIIへ副キャプテンとして移籍することが発表された[20]
  • 4月4日 - 5月11日、ブロードウェイミュージカル『IN THE HEIGHTS』(イン・ザ・ハイツ)に出演。自身初のミュージカル参加となる[21]
  • 4月5日、さいたまスーパーアリーナで行われた「AKB48グループ春コンinさいたまスーパーアリーナ〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜」NMB48単独コンサートにおいて、NMB48メンバーとして初出演[22]
  • 4月22日、この日初日を迎えたNMB48 チームBII 3rd Stage「逆上がり」公演NMB48劇場に初出演[23]
  • 4月23日、AKB48 チームBウェイティング公演の千秋楽にて梅田を含む移籍メンバーの壮行会が行われる[24]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では35位で、ネクストガールズに選出される[25]
  • 10月21日、宮本亜門演出のミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』のAKB48グループ・メンバーオーディションで、SNH48以外の全グループのメンバーの希望者108人の中から、主人公のドロシー役に田野優花と共に選出された[26]

2015年

2016年

  • 1月23日、TOKYO DOME CITY HALLで開催された『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2016』において、グループからの卒業を発表した[32]
  • 3月31日、ZeppNambaで『NMB48 Live House Tour 2016 FINAL~梅田彩佳卒業記念ライブ~』を開催[33]
  • 4月1日、AKB48劇場で『チームK 2期生10周年記念特別公演』をもって宮澤佐江、小林香菜と共に卒業[34]

2017年

  • 8月2日から7日にかけて博品館劇場で上演された『SEPT Vol.7〜FATALISM〜』にて、グループを卒業後初めて舞台作品の主演を務めた[35]

2018年

2019年

  • 9月4日、プロデュースした"梅酒"の『梅恋』がKURANDから発売[42]

2020年

  • 3月31日、フレイヴエンターテインメントを退所[43][44]
  • 6月1日、新たにTRUSTARに所属[4][45]

2022年

  • 2月14日、2nd写真集『Etude(エチュード)』を発売[46]

人物[編集]

  • 愛称は、うめちゃん[47]
  • 14歳から2年間ダンススクールに通い、その後は独学でダンスを習得[48]
  • 好きな色はピンク[49]
  • 好きなアーティストはMAX[50]三浦大知[51]。また、清水翔太の楽曲も好んで聴いている[52]
  • 宇野実彩子に憧れており、親交がある[53][54]
  • 左利き[55]だが、ボウリングの投球は右である[56]
  • 2009年・2010年度東京タワーイメージガールを務めた[7][57]
  • 7歳下の妹がおり、帰宅時間が一分でも過ぎると心配で携帯にすぐに電話をする、外を歩く時は常に道の内側に入れるなど、シスコンを自称するほど大好きな存在であると語っている[58]
  • 2010年、夜景鑑賞士検定3級に合格[59]
  • 花粉症持ち[60]
  • 出身地である北九州市、および福岡県への地元愛を自身のブログなどでも度々語っており、2011年北九州市長選挙の啓発CM出演時のコメントでもその点に触れている。
  • 好きな食べ物は、肉[61]もつ鍋[62]
  • 子供好きで、結婚願望は強い。36歳くらいで結婚したいと考えている[61]
  • 漫画『17歳』を気に入っており、共感ばかりで当時はかなり助けられたとされる[61]
  • 祖父母に毎日メールを送っている[63]
  • 内村航平と同じ生年月日、北九州市出身という共通点があり、自身のブログでも触れている[64]
  • AKB48グループメンバーで唯一であり、芸能界でも数少ない昭和64年生まれ[注 2][65]

AKB48[編集]

  • キャッチフレーズは「福岡県出身、う〜めっ!梅ちゃんこと梅田彩佳です」[66]
  • チームK時代には秋元才加と2人暮らしをしていたことがあり[67]、自身と秋元に加えて、同期で同じ事務所所属の宮澤佐江、増田有華、小林香菜、奥真奈美を合わせた6人については「6つ子」と呼ぶほどの仲[68]。その他、同じ北九州市出身の野中美郷とは、食事に出掛けたり[60]、私服の購入に同伴してもらったりする仲で「無条件にすき」な[61]「家族にしたいメンバー」[62]
  • 仲のよいメンバーは、上記の他に松井咲子佐藤亜美菜大島優子仁藤萌乃松原夏海[69]など[要検証]
  • 加入当初は大島優子と共に旧チームKの中心人物の一人で、ダンスの技術はAKB48の中でも、松原夏海と並びトップクラスとの呼び声も高かった[70]。しかし、本人は、峯岸みなみのダンスの「滑らかさが欲しい」と思っている[62]
  • デビュー当時のチームK時代、厳しかったことから最初のダンスレッスンの記憶はあまり無く、「本当に厳しい時のことは記憶の上で塗り替えられるのかも」と語っている[71]
  • ダンスを得意とする梅田らしく、最初のオフィシャルブログ(前述のoffice48所属メンバー6人共同の「1LDK6人暮らしの秋元才加・梅田彩佳・奥真奈美・小林香菜・増田有華・宮澤佐江ブログ」)の記事のタイトルには、ごくわずかな例外を除き毎回「ダンススタジオ梅田」と付けていた[72]。その後、奥の卒業に伴い、他5名と同時に開設した個人ブログの名前もやはり「Dance Studio UMEDA」で、記事のタイトルは2011年10月6日付の記事[73]までブロク開設当初を除き「レッスン(○○´・ω・`)」(○○は記事タイトルの通し番号)であった。
  • AKB48の曲で最も好きな曲は「夕陽を見ているか?[68]、公演曲では「梅島夏代」(梅田、大島優子、松原夏海、野呂佳代)で歌う「エンドロール」[58]「彼女になれますか?」[48]「オケラ」[68]
  • AKB48のビデオ・オン・デマンドを観るために会員になり、自分の出演した公演などをチェックしていた[74]

NMB48[編集]

  • NMB48に移籍前から、当時チームNに所属していた小谷里歩に似ているとよく言われていた[75]。「姉妹みたいだ」とも言われたことから、小谷には「お姉ちゃん」と呼ばせており[76]、その後はイベントなどで会うたびにツーショット写真を撮影する仲であった[77]
  • NMB48のメンバーにとって梅田はキャリアが長い大先輩であったため、移籍当初は「怖い人が来る」と思われていた。しかし、次第に積極的に話かけてくれるようになり、早くチームに馴染めるように壁を壊してくれた事が本当にありがたかったと卒業時のインタビューで述べている[78]

NMB48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

SKE48名義

  • チキンLINE」に収録
    • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義

アルバムCD選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

その他の参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

AKB48名義

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • スカート、ひらり

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏
    ※疲労骨折のため1か月休演

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」

  • MARIA
    ※足の怪我のため途中降板

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

チームK 5th Stage「逆上がり」

  • エンドロール
  • 愛の色
  • 抱きしめられたら
    佐藤夏希のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」

  • 心の端のソファー
  • 奇跡は間に合わない※
    ※宮澤佐江・野中美郷のユニットアンダー

梅田チームB ウェイティング公演

NMB48名義

チームBII 3rd Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール
  • 愛の色(2nd UNIT)

作品[編集]

参加作品[編集]

発売日 アーティスト名 タイトル 規格 収録曲
2015年12月16日 V.A. #globe20th -SPECIAL COVER BEST- CD Sa Yo Na Ra[31]
2018年6月27日 V.A. TETSUYA KOMURO ARCHIVES "K" CD MY HISTORY[79]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • フェイクラブ(2020年9月25日配信開始 - 、全5話、FOD) - 主演・本人 役[85][注 3]

映画[編集]

アニメ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

舞台[編集]

ミュージカル[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

広報・キャンペーン[編集]

  • パナソニック 夜景フォト NIGHT COLOR SIGHT 「花火写真コンテスト」キャンペーン(2012年7月13日 - 8月31日) - 審査員[141]
  • aTセンター 「K-FOOD美容研究部」スペシャル動画(2019年6月25日 - )[142]

ネット配信[編集]

  • あやまおうのリニューアルしたよ。[注 8](2015年11月26日 - 、LoGiRL
  • みのもんたのよるバズ!(2016年4月30日 - 2017年3月25日、AbemaTV) - 準レギュラー
  • 梅田彩佳のロケってみよう!(2016年12月18日 - 、テレビ東京 卓球チャンネル)
  • ORICON NEWS presents「うめch」(2017年8月31日 - 、ORICON NEWS)

MV[編集]

コンサート[編集]

イベント[編集]

DVD[編集]

  • 読めそうで読めない間違いやすい漢字 第1弾「教養篇」・第2弾「トリビア篇」(2010年10月6日、リバプール) - ナレーション[148]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 梅田彩佳 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 梅田彩佳 カレンダー2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
  • 卓上 梅田彩佳 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 梅田彩佳 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 梅田彩佳 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ CDでリリースされたものに限ると1stシングル「会いたかった」以来約5年ぶり。
  2. ^ 1989年1月8日からは平成元年になるので、1月1日から1月7日までに生まれた者が昭和64年となる。昭和64年生まれの著名人は、江成正元杉ありさ三上枝織大畠美咲辻本賢人亀田大毅などがいる。
  3. ^ 2021年7月7日にフジテレビで第1話を放送。
  4. ^ 2020年3月31日までの上演予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2月27日以降の公演は中止となった。
  5. ^ 公演初日は2022年8月25日だったが体調不良のため26日まで代演を立てていた[130]
  6. ^ 倉持明日香(AKB48)、中村麻里子(AKB48)、梅田の3人が週替わりで担当。最終出演となった9月24日は3人で出演[要出典]
  7. ^ 藤江れいな市川美織、梅田のうち一人が交代で岸野の相方を務める。
  8. ^ 2016年5月19日までの番組名は「あやまおうの新番組はじまったよ」。

出典[編集]

  1. ^ 梅田 彩佳”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ 【動画】梅田彩佳『RE;START』メッセージ”. 週プレNEWS (2020年10月13日). 2020年11月25日閲覧。
  3. ^ AKB48・梅田彩佳が地元福岡・北九州市長選挙のPRキャラクターに抜擢 - オリコン(2011年1月21日)
    夜景大好き梅田彩佳、門司港「ほっとする」 - 日刊スポーツ(2014年10月29日)
  4. ^ a b “元AKB梅田彩佳が新事務所所属を報告「31歳、新人!頑張ります」”. 東スポーツ. (2020年4月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/193677 2020年6月1日閲覧。 
  5. ^ 梅田彩佳『RE;START』 - グラビア”. 週プレNEWS (2020年10月11日). 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ 梅田彩佳がDー1グランプリイメージガールに決定!! AKB48オフィシャルブログ 2009年2月15日付記事
  7. ^ a b 梅田彩佳が東京タワーイメージガールに決定! AKB48オフィシャルブログ 2009年4月2日付記事
  8. ^ AKB秋元、涙の完走でキャプテン復帰 - デイリースポーツオンライン 2011年2月27日閲覧
  9. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果 - AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOME までの軌跡〜 2011年6月10日
  10. ^ AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表! - AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOMEまでの軌跡〜(2011年9月20日)
  11. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  12. ^ AKB48第4回総選挙、トップ16メンバーのコメント全紹介”. ナタリー (2012年6月7日). 2012年8月3日閲覧。
  13. ^ 「組閣後新体制」 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  14. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ! AKB、新チーム体制発表 スポーツニッポン 2012年8月24日閲覧
  15. ^ 「新チーム体制発足」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年10月7日)
  16. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - オリコン(2012年9月18日)
  17. ^ 小嶋陽菜、親知らずでツインテール封印-AKB48・新チームBウェイティング公演 - マイナビニュース(2012年11月4日)
  18. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  19. ^ 「500。656」”. 梅田彩佳 オフィシャルブログ 「Dance Studio UMEDA」 (2013年8月13日). 2022年6月1日閲覧。
  20. ^ AKB48グループ大組閣祭りで大幅シャッフル! 完全移籍に号泣するメンバーも! - GirlsNews(2014年2月26日)
  21. ^ AKBの梅田彩佳がヒロイン…「イン・ザ・ハイツ」 - YOMIURI ONLINE(2014年4月4日)
  22. ^ 柏木由紀「オバちゃんて呼ばないで」 NMB48として初ステージ - オリコン(2014年4月5日)同日閲覧
  23. ^ 梅田彩佳らNMB初公演 組閣後新体制“初陣” - オリコン(2014年4月23日)
  24. ^ 「ステージ立ち続けたい」AKB48梅田彩佳、笑顔で決意表明 - ナタリー(2014年4月24日)
  25. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  26. ^ 【動画】宮本亜門『ウィズ』再演にNMB梅田彩佳&AKB田野優花が抜てき - オリコン(2014年10月21日)
  27. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  28. ^ 【第7回AKB総選挙】49位〜64位「フューチャーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧”. オリコン (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  29. ^ “NMB梅田彩佳、ぜん息で休養”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月26日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/26/0008513277.shtml 2015年10月31日閲覧。 
  30. ^ “NMB梅田彩佳が仕事復帰”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月31日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/31/0008527984.shtml 2015年10月31日閲覧。 
  31. ^ a b globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  32. ^ “NMB48梅田彩佳が卒業発表「10年間キラキラさせてくれた」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2065791/full/ 2016年1月23日閲覧。 
  33. ^ 『NMB48 Live House Tour 2016』3月31日・夜Zepp Nambaライブレポート”. リアルライブ. 株式会社アンカード (2016年4月1日). 2022年7月29日閲覧。
  34. ^ “宮澤佐江、AKB後輩に愛のゲキ「完全に色を変えるべき」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年4月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2069549/full/ 2016年4月2日閲覧。 
  35. ^ a b “梅田彩佳が巫女役の「SEPT」杉浦太陽、PrizmaX・清水大樹、後藤健流らゲスト出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年6月28日). https://natalie.mu/stage/news/238535 2021年9月30日閲覧。 
  36. ^ “元NMB48梅田彩佳、高校講師に就任”. モデルプレス. (2018年5月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1765292 2018年5月9日閲覧。 
  37. ^ TETSUYA KOMURO ARCHIVES”. エイベックス. 2018年6月27日閲覧。
  38. ^ マーク・パンサー繋ぐglobeへの思い”. Real Sound. 2018年8月22日閲覧。
  39. ^ a b 臓器売買漫画『ギフト±』アニメ化 元AKB48の梅田彩佳が主演で声優初挑戦”. ORICON NEWS. 2018年9月18日閲覧。
  40. ^ a b 元AKB48・梅田彩佳、30歳目前に初写真集 “梅ちゃん”が成長した大人のカラダ披露”. eltha. oricon ME (2018年10月19日). 2018年10月20日閲覧。
  41. ^ a b 竹内みちまろ (2018年12月16日). “梅田彩佳「お尻をいっぱい見せようと思った」、1st写真集でオトナSEXYな熟成ボディを大胆露出”. RBB TODAY. 株式会社イード. 2022年1月8日閲覧。
  42. ^ 梅恋UMEKOI”. KURAND. 2019年8月26日閲覧。
  43. ^ “梅田彩佳、事務所退社を発表 仕事は継続「決まり次第、またお伝えします」”. ORICON NEWS. (2020年4月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2158881/full/ 2020年6月1日閲覧。 
  44. ^ 2020年4月1日のツイート2020年4月1日閲覧。
  45. ^ 2020年6月1日のツイート2020年6月1日閲覧。
  46. ^ a b 梅田彩佳、過去最大露出の2nd写真集「絶対見て!」 手作りランジェリーも”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2021年12月24日). 2022年1月8日閲覧。
  47. ^ 梅田 彩佳|メンバー”. NMB48公式サイト. KYORAKU吉本.ホールディングス. 2014年4月22日閲覧。
  48. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2011年2月17日
  49. ^ いつのまにか(241´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年6月3日). 2013年8月31日閲覧。
  50. ^ AKB梅田彩佳 ひとりMAX公開し、NANA公認「素敵!」”. アメーバニュース (2013年8月6日). 2015年3月16日閲覧。
  51. ^ 儚いほど美しい(223´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ (2012年5月4日). 2015年3月16日閲覧。など
  52. ^ 2013年9月8日twitter
  53. ^ レッスン(31´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2011年7月19日). 2013年8月31日閲覧。
  54. ^ ありがとう(222´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年5月1日). 2013年8月31日閲覧。
  55. ^ 京セラ。651”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2013年8月8日). 2013年8月31日閲覧。
  56. ^ DVD『AKB48 ネ申テレビ スペシャル (~チーム対抗!春のボウリング大会~)』(TFC
  57. ^ 東京タワーイメージガール・梅田彩佳の彦星候補“ノッポン”がまさかのスカイツリー移籍発言 オリコンスタイル 2010年6月4日
  58. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2010年12月9日
  59. ^ TOKYO HEAD LINE web (vol.489)
  60. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2011年2月19日
  61. ^ a b c d ダンススタジオ梅田 - 2011年2月25日
  62. ^ a b c ダンススタジオ梅田 - 2011年4月15日
  63. ^ ダンススタジオ梅田 - 2011年4月3日
  64. ^ ごーごーごーやーーー(^O^)282”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年8月2日). 2013年8月31日閲覧。
  65. ^ AKB梅田彩佳、亀田大毅、内村航平。3人の共通することといえば?”. スーモジャーナル (2013年1月8日). 2014年2月1日閲覧。
  66. ^ 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)59頁
  67. ^ AKB48秋元才加、謝罪全文「チームKキャプテンを辞任させていただきます」”. JCASTニュース (2010年10月16日). 2015年3月16日閲覧。
  68. ^ a b c ダンススタジオ梅田 - 2011年2月18日
  69. ^ 大島優子 (2012年1月10日). “うーめっ”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  70. ^ AKB総選挙選抜入り梅田彩佳 魅力はダンスと諦めない力”. NEWSポストセブン (2012年6月9日). 2015年3月16日閲覧。
  71. ^ (AKB的人生論)梅田彩佳 だれかが見てくれているよ”. 朝日新聞 (2013年7月19日). 2015年3月16日閲覧。
  72. ^ ダンススタジオ梅田”. 1LDK6人暮らしブログ (2010年10月2日). 2015年3月16日閲覧。など
  73. ^ レッスン(100´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2011年10月6日). 2013年8月31日閲覧。
  74. ^ ダンススタジオ梅田 - 2011年4月5日
  75. ^ 「え?梅田さん???りぽぽ」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年7月12日)
  76. ^ 「梅田お姉ちゃん。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ(2011年12月31日)
  77. ^ 戸賀崎智信 - Google+(2012年2月6日)
  78. ^ “NMB48梅田彩佳が語る「卒業の理由」「大阪での2年間」”. ドワンゴジェイピーnews (DWANGO). (2016年4月5日). https://web.archive.org/web/20210126012942/https://news.dwango.jp/idol/15391-1604 2023年3月8日閲覧。 
  79. ^ 「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」に安室奈美恵、ayu、梅田彩佳ら楽曲収録”. 音楽ナタリー (2018年5月25日). 2018年5月28日閲覧。
  80. ^ “AKB48梅田彩佳、黒ボンデージにムチで初の悪役!「気持ちいい!」”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2010年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/77645/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  81. ^ “AKB48の秋元才加と梅田彩佳が対決!? 梅田のお気に入りはマントとムチ!!”. WEBザテレビジョン. (2010年10月13日). https://thetv.jp/news/detail/17652/ 2022年10月26日閲覧。 
  82. ^ “ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』にリアリティー番組のツワモノ勢ぞろい”. ORICON NEWS. (2018年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2120122/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw_pic 2018年9月22日閲覧。 
  83. ^ NHK福岡ドラマ「福岡美人がゆく!」”. NHK. 2018年12月7日閲覧。
  84. ^ 白石隼也、ドラマで女装に初挑戦「逃げちゃいけないと思った」”. ORICON NEWS. 2018年12月28日閲覧。
  85. ^ 【フジテレビ】元AKB48・梅田彩佳が恋に落ちる!?恋愛フェイクドキュメンタリー『フェイクラブ』この恋はニセモノか、それともホンモノか・・・』(プレスリリース)株式会社フジテレビジョン、2021年9月25日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001014.000000084.html2021年7月26日閲覧 
  86. ^ “劇場版ウルトラマン最新作にAKB48秋元、宮澤ら7名出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年11月22日). https://natalie.mu/music/news/60035 2021年2月1日閲覧。 
  87. ^ “「ジャニーさんみたい!」堂本光一が稽古であの台詞”. 日刊スポーツ.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年2月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102010000405.html 2021年2月1日閲覧。 
  88. ^ “juJoe・平井拓郎の小説を映画化 バンドマンのほろ苦い青春「さよなら、バンドアパート」今夏公開”. 映画.com. (2022年1月14日). https://eiga.com/news/20220114/4/ 2022年1月14日閲覧。 
  89. ^ 梅田彩佳 BSフジ番組出演決定”. AKB48 Official Blog. CyberAgent (2009年3月16日). 2023年5月5日閲覧。
  90. ^ 梅田彩佳のTV出演情報 12ページ目”. ORICON NEWS. oricon ME. 2023年8月11日閲覧。
  91. ^ 卓球ジャパン!”. WEBザテレビジョン. 2023年8月11日閲覧。
  92. ^ 梅田彩佳がダンスバトルのゲスト審査員として初出演!「一緒に踊り出したくなるくらい楽しかったー!!」『DANCE BATTLE TV PROUD シーズン3』”. FINEPLAY. ZETA (2019年3月1日). 2023年5月5日閲覧。
  93. ^ スペース・ウォーズ!!!!!★増田有華 2010年7月23日、1LDK6人暮らし
  94. ^ STAGE - HISTORY 公演履歴”. 30-DELUX 公式サイト. 30-DELUX. 2023年4月9日閲覧。
  95. ^ “キンコン西野脚本舞台「ピラミッドだぁ!」ナイスなやつら班とダイノジ班で上演”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年6月17日). https://natalie.mu/owarai/news/191232 2023年4月9日閲覧。 
  96. ^ “【エンタがビタミン♪】梅田彩佳、森新吾による舞台『ダンスカンタービレ』に出演決定「新しい自分に会えそう」”. Techinsight. (2017年3月4日). https://japan.techinsight.jp/2017/03/maki03041606.html 2023年4月9日閲覧。 
  97. ^ “森新吾&女性キャスト8名が織りなすパフォーマンス「ダンスカンタービレ」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年3月6日). https://natalie.mu/stage/news/223513 2023年4月9日閲覧。 
  98. ^ “受験者VS面接官、劇団方南ぐみ「THE 面接」に猪野広樹ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年3月1日). https://natalie.mu/stage/news/271688 2021年9月30日閲覧。 
  99. ^ “「ぼく明日」朗読劇化、鈴木拡樹、梶裕貴、戸松遥、福原遥ら14名が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月18日). https://natalie.mu/eiga/news/282700 2021年9月30日閲覧。 
  100. ^ シアターテイメント編集部 (2018年6月15日). “「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」ついにキービジュアル解禁!公式サイトもリニューアル!!”. シアターテイメントNEWS. https://theatertainment.jp/japanese-play/7321/ 2023年2月21日閲覧。 
  101. ^ “梅田彩佳、内木志、鈴木杏奈らが『若草物語』を朗読 Girls Reading童話シリーズの第4弾上演”. SPICE (イープラス). (2022年2月16日). https://spice.eplus.jp/articles/299056 2023年1月12日閲覧。 
  102. ^ Girls Reading Theater 「若草物語」|特設サイト”. 楽天チケット. 2022年3月21日閲覧。
  103. ^ “舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語 皆本麻帆、梅田彩佳ら追加キャスト&キャラクタービジュアル発表”. SPICE (イープラス). (2022年10月25日). https://spice.eplus.jp/articles/309896 2023年1月12日閲覧。 
  104. ^ “今年6月、手塚治虫の名作『ジャングル大帝』がリーディング音楽劇として上演!ふぉ~ゆ~、太田基裕、梅田彩佳ほか豪華出演者・制作陣が集結!”. ローチケ演劇宣言! (ローソン エンタテインメント). (2023年4月22日). https://engekisengen.com/genre/play/55237/ 2023年6月11日閲覧。 
  105. ^ “スタイリッシュジャングルへカモン!リーディング音楽劇「ジャングル大帝」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年6月5日). https://natalie.mu/stage/news/527333 2023年6月11日閲覧。 
  106. ^ “明日海りお&梅田彩佳Wキャストで『精霊の守り人』初の舞台化 共演に今井翼、山崎樹範ら”. クランクイン! (ブロードメディア). (2023年3月4日). https://m.crank-in.net/news/123763/1 2023年4月9日閲覧。 
  107. ^ キャスト・スタッフ”. 音楽劇『精霊の守り人』特設ページ. 日生劇場. 2023年7月12日閲覧。
  108. ^ 作家4人×YOASOBIの朗読劇「はじめての」後編に津田健次郎・浪川大輔・崎山つばさら”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年10月20日). 2023年10月20日閲覧。
  109. ^ unratoで松田正隆「月の岬」を上演、陳内将「丁寧で繊細な表現を日々追求しようと思います」”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年10月19日). 2023年10月19日閲覧。
  110. ^ “AKB48梅田、初ミュージカルはブロードウェイ名作!「すてきな景色見せたい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年11月14日). https://news.mynavi.jp/article/20131114-a372/ 2023年5月5日閲覧。 
  111. ^ “松下優也、梅田彩佳、マイクロ(Def Tech)出演のミュージカル「イン・ザ・ハイツ」本日公開”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年4月4日). http://www.intheheights.jp/cast.html 2023年5月5日閲覧。 
  112. ^ ドロシー役は梅田彩佳&田野優花のWキャストに 宮本亜門演出ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』主役オーディション - シアターガイド(2014年10月22日)
  113. ^ “「マッスルミュージカル」梅田彩佳は歌とダンス、中村誠治郎は殺陣で筋肉に対抗”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年1月26日). https://natalie.mu/stage/news/266871 2021年9月30日閲覧。 
  114. ^ “ミュージカル「DAY ZERO」ふぉ~ゆ~福田が主演、演出に吉原光夫”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年1月23日). https://natalie.mu/stage/news/266272 2021年9月30日閲覧。 
  115. ^ Endless SHOCK制作発表会見(詳報)”. 読売新聞. 2018年11月22日閲覧。
  116. ^ Endless SHOCK”. 東宝. 2019年11月21日閲覧。
  117. ^ “堂本光一主演「Endless SHOCK -Eternal-」大阪で上演、ライブ配信も”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年7月28日). https://natalie.mu/stage/news/389453 2020年7月28日閲覧。 
  118. ^ “梅田彩佳、3年連続『SHOCK』シリーズ出演に歓喜 “リカ役”最年長で「年齢を感じさせないように…」”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2020年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2178155/full/ 2020年12月2日閲覧。 
  119. ^ ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』”. CAT PRODUCE. 2019年7月26日閲覧。
  120. ^ “西川大貴が今の日本をファンタジーとリアルで描く『(愛おしき)ボクの時代』1stプレビュー公演観劇レポート”. SPICE (イープラス). (2019年11月26日). https://spice.eplus.jp/articles/261410 2022年5月22日閲覧。 
  121. ^ 関西新作ファミリー ミュージカル「絵のない絵本」”. 絵のない絵本プロジェクト. 2019年8月19日閲覧。
  122. ^ “林翔太、太田基裕らミュージカル『EDGES -エッジズ-』日本初演が決定 2チームの連続上演”. スパイス. (2020年10月23日). https://spice.eplus.jp/articles/277596 2020年11月3日閲覧。 
  123. ^ “板垣恭一×桑原まこの新作ミュージカル「GREY」、出演に矢田悠祐・高橋由美子ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年8月20日). https://natalie.mu/stage/news/441596 2021年9月30日閲覧。 
  124. ^ オリジナルミュージカル 『GREY』高橋由美子・梅田彩佳 インタビュー”. 演劇キック. えんぶ (2021年12月7日). 2022年5月19日閲覧。
  125. ^ “「銀河鉄道999 THE MUSICAL」メーテル役は花總まり”. ステージナタリー. (2022年2月7日). https://natalie.mu/stage/news/464713 2022年2月13日閲覧。 
  126. ^ ““命の光”輝かせる、中川晃教・花總まりらの「銀河鉄道999 THE MUSICAL」発進”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月26日). https://natalie.mu/stage/news/467311 2022年5月8日閲覧。 
  127. ^ “「お前の命の真実を掴め」~『銀河鉄道999 THE MUSICAL』ゲネプロレポート”. SPICE (イープラス). (2022年4月9日). https://spice.eplus.jp/articles/301352 2023年1月12日閲覧。 
  128. ^ A.B.C-Z橋本良亮、ミュージカルで若さと美貌の“狂王”に「気合を入れて挑みたい」”. ORICON NEWS. 2021年12月8日閲覧。
  129. ^ A.B.C-Z橋本良亮がミュージカル初主演「スワンキング」関西ジャニーズJr.今江大地も出演”. TV LIFE web. 2021年12月8日閲覧。
  130. ^ @AyakaUmeda (2022年8月16日). "今回体調不良で、ファミリア!を25.26日お休みさせて頂く事になりました。キャストスタッフ、そしてファンの皆様にご心配をお掛けしてすいません。27日から復帰できるように体調の回復に努めます。よろしくお願いします。". X(旧Twitter)より2022年8月28日閲覧
  131. ^ ファミリア!(2022)”. ミュージカル座. 2022年8月28日閲覧。
  132. ^ “屋良朝幸主演、オリジナルミュージカル『りんご』の全出演者が発表 梅田彩佳、Micro、細貝圭ら共演”. SPICE (イープラス). (2022年8月29日). https://spice.eplus.jp/articles/307405 2022年10月15日閲覧。 
  133. ^ “屋良朝幸「こんな幅広い音楽のジャンルを使うミュージカルは見たことない」~オリジナルミュージカル 『りんご』オンライン公開稽古レポート”. SPICE (イープラス). (2022年11月11日). https://spice.eplus.jp/articles/310698 2022年12月24日閲覧。 
  134. ^ “梅田彩佳、高泉淳子が描く母娘の愛憎物語 ミュージカル『ピエタ』上演決定【コメントあり】”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/314977 2023年2月21日閲覧。 
  135. ^ “梅田彩佳、高泉淳子出演 ミュージカル『ピエタ』開幕 「一瞬たりとも見逃さないで欲しい」キャストコメント到着”. SPICE (イープラス). (2023年5月19日). https://spice.eplus.jp/articles/318406 2023年6月11日閲覧。 
  136. ^ “森公美子&朝夏まなと「天使にラブ・ソングを」上演決定!廣瀬友祐・梅田彩佳も登場”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年5月1日). https://natalie.mu/stage/news/523041 2023年5月5日閲覧。 
  137. ^ “東京タワーの新イメージガールに「AKB48」の梅田彩佳が就任!”. Walker plus (KADOKAWA). https://www.walkerplus.com/article/4556/ 2022年5月27日閲覧。 
  138. ^ “AKB48:「夏になると胸騒ぎ」浴衣姿で七夕気分 東京タワー「天の川イルミネーション」点灯式”. MANTAN WEB (MANTAN). (2010年6月1日). https://mantan-web.jp/article/20100601dog00m200037000c.html 2022年5月27日閲覧。 
  139. ^ “コブクロ新曲がAKB48梅田出演東京タワーCMを彩る”. 音楽ナタリー. (2010年11月23日). https://natalie.mu/music/news/40997/ 2022年9月22日閲覧。 
  140. ^ “AKB48・梅田彩佳が地元福岡・北九州市長選挙のPRキャラクターに抜擢”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2011年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/84106/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  141. ^ パナソニック「NIGHT COLORシリーズ」のカメラアプリ「夜景フォト」に、「花火モード」新搭載!AKB48の梅田彩佳さんを審査員に迎え、「花火写真コンテスト」を開催中。』(プレスリリース)パナソニックグループ、2012年7月19日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000295.000003442.html2022年5月18日閲覧 
  142. ^ “梅田彩佳さん×人気インスタグラマー『K-FOOD美容研究部』結成!”. 産経Biz (産経デジタル). (2019年6月26日). https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/190626/prl1906261232086-s1.htm 2022年5月19日閲覧。 
  143. ^ “元AKB梅田彩佳、卒業後初仕事でキスシーン MV初主演”. ORICON STYLE. (2016年4月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2069841/full/ 2016年4月8日閲覧。 
  144. ^ コンサート「I Love Musical」に梅田彩佳、美弥るりか、二宮愛、水夏希ら”. ナターシャ. 2019年7月18日閲覧。
  145. ^ “AKB48梅田彩佳、「プラス思考で」“彩の呪い”笑い飛ばす”. ORICON NEWS. (2009年8月1日). https://www.oricon.co.jp/news/68105/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  146. ^ 夜景観光コンベンション・ビューロー:『第二回 イルミネーションアワード』主催事業”. 2022年5月19日閲覧。
  147. ^ 賞金200万円!「北九州ウォールアートコンテスト」に、新たな審査委員として北九州出身の梅田彩佳さんが就任決定!~約100m2の巨大壁面がキャンバス~』(プレスリリース)株式会社なかやしき、2021年2月2日https://www.atpress.ne.jp/news/2455172022年5月19日閲覧 
  148. ^ “AKB48がナレーションに初挑戦!「何回もかんじゃいました(笑)」”. WEBザテレビジョン. (2010年10月8日). https://thetv.jp/news/detail/17639/ 2021年12月15日閲覧。 
  149. ^ 梅田彩佳、8年ぶりグラビアで大人の色気を解禁 デジタル写真集もリリース”. ORICON NEWS. ORICON ME (2020年10月12日). 2021年11月30日閲覧。
  150. ^ “梅田彩佳が色と艶を増した姿を披露し、ベッドシーンでは“挑戦”も 制作段階から参加した2nd写真集『Etude』電子版がリリース”. SPICE (イープラス). (2022年8月21日). https://spice.eplus.jp/articles/307001 2022年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]