梅田彩佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うめだ あやか
梅田 彩佳
生年月日 (1989-01-03) 1989年1月3日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
身長 151.5cm[1]
血液型 A型
職業 タレント女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台バラエティ
活動期間 2006年 -
活動内容NMB48 チームBII
(元AKB48チームK→チームBキャプテン)
DiVA(解散)
事務所 TRUSTAR
備考
テンプレートを表示

梅田 彩佳(うめだ あやか、1989年昭和64年〉1月3日 - )は、日本タレント女優である。女性アイドルグループ・AKB48およびNMB48の元メンバーである[2]。AKB48ではチームKとチームBに所属し、チームBではキャプテンを務めた。NMB48ではチームBIIに所属し、副キャプテンを務めた。

福岡県北九州市出身[3]office48フレイヴ エンターテインメント→フリーランス→TRUSTAR所属[4]

略歴[編集]

2004年

2006年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では16位で、選抜メンバーに選ばれる[11][12]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演にて、チームBへの異動と同時に、柏木由紀に代わって新チームBのキャプテンに就任することが発表される[13][14]。その後11月1日、新チーム発足が発表される[15]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16で、選抜メンバーに選出[16]
  • 11月1日、チームBに異動。
  • 11月3日、チームBキャプテン、ウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[17]

2013年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では19位で、アンダーガールズに選出された[18]
  • 8月13日、この日行われたチームBウェイティング公演で劇場公演回数500回を達成[19]

2014年

  • 2月24日、「AKB48グループ大組閣祭り」のチーム再編にともない、NMB48 チームBIIへ副キャプテンとして移籍することが発表された[20]
  • 4月4日 - 5月11日、ブロードウェイミュージカル『IN THE HEIGHTS』(イン・ザ・ハイツ)に出演。自身初のミュージカル参加となる[21]
  • 4月5日、さいたまスーパーアリーナで行われた「AKB48グループ春コンinさいたまスーパーアリーナ〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜」NMB48単独コンサートにおいて、NMB48メンバーとして初出演[22]
  • 4月22日、この日初日を迎えたNMB48 チームBII 3rd Stage「逆上がり」公演NMB48劇場に初出演[23]
  • 4月23日、AKB48 チームBウェイティング公演の千秋楽にて梅田を含む移籍メンバーの壮行会が行われる[24]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では35位で、ネクストガールズに選出される[25]
  • 10月21日、宮本亜門演出のミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』のAKB48グループ・メンバーオーディションで、SNH48以外の全グループのメンバーの希望者108人の中から、主人公のドロシー役に田野優花と共に選出された[26]

2015年

2016年

  • 1月23日、TOKYO DOME CITY HALLで開催された『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2016』において、グループからの卒業を発表した[32]
  • 3月31日、ZeppNambaで『NMB48 Live House Tour 2016 FINAL~梅田彩佳卒業記念ライブ~』を開催[33]
  • 4月1日、AKB48劇場で『チームK 2期生10周年記念特別公演』をもって宮澤佐江、小林香菜と共に卒業[34]

2018年

2019年

  • 9月4日、プロデュースした"梅酒"の『梅恋』がKURANDから発売[41]

2020年

  • 3月31日、フレイヴエンターテインメントを退所[42][43]
  • 6月1日、新たにTRUSTARに所属[4][44]

2022年

  • 2月14日、2nd写真集『Etude(エチュード)』を発売[45]

人物[編集]

AKB48[編集]

  • キャッチフレーズは「福岡県出身、う〜めっ!梅ちゃんこと梅田彩佳です」[65]
  • チームK時代には秋元才加と2人暮らしをしていたことがあり[66]、自身と秋元に加えて、同期で同じ事務所所属の宮澤佐江、増田有華、小林香菜、奥真奈美を合わせた6人については「6つ子」と呼ぶほどの仲[67]。その他、同じ北九州市出身の野中美郷とは、食事に出掛けたり[59]、私服の購入に同伴してもらったりする仲で「無条件にすき」な[60]「家族にしたいメンバー」[61]
  • 仲のよいメンバーは、上記の他に松井咲子佐藤亜美菜大島優子仁藤萌乃松原夏海[68]など[要検証]
  • 加入当初は大島優子と共に旧チームKの中心人物の一人で、ダンスの技術はAKB48の中でも、松原夏海と並びトップクラスとの呼び声も高かった[69]。しかし、本人は、峯岸みなみのダンスの「滑らかさが欲しい」と思っている[61]
  • デビュー当時のチームK時代、厳しかったことから最初のダンスレッスンの記憶はあまり無く、「本当に厳しい時のことは記憶の上で塗り替えられるのかも」と語っている[70]
  • ダンスを得意とする梅田らしく、最初のオフィシャルブログ(前述のoffice48所属メンバー6人共同の「1LDK6人暮らしの秋元才加・梅田彩佳・奥真奈美・小林香菜・増田有華・宮澤佐江ブログ」)の記事のタイトルには、ごくわずかな例外を除き毎回「ダンススタジオ梅田」と付けていた[71]。その後、奥の卒業に伴い、他5名と同時に開設した個人ブログの名前もやはり「Dance Studio UMEDA」で、記事のタイトルは2011年10月6日付の記事[72]までブロク開設当初を除き「レッスン(○○´・ω・`)」(○○は記事タイトルの通し番号)であった。
  • AKB48の曲で最も好きな曲は『夕陽を見ているか?[67]、公演曲では「梅島夏代」(梅田、大島優子、松原夏海、野呂佳代)で歌う『エンドロール』[57]「彼女になれますか?」[47]「オケラ」[67]
  • AKB48のビデオ・オン・デマンドが観るために会員になり、自分の出演した公演などをチェックしていた[73]

NMB48[編集]

  • NMB48チームNの小谷里歩に似ているとよく言われる[74]。「姉妹みたいだ」とまで言われたことから、小谷に「お姉ちゃん」と呼ばせており[75]、その後はイベントなどで会うたびにツーショット写真を撮影する仲である[76]

NMB48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

SKE48名義

  • チキンLINE」に収録
    • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義

アルバムCD選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

その他の参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

AKB48名義

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • スカート、ひらり

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏
    ※疲労骨折のため1か月休演

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」

  • MARIA
    ※足の怪我のため途中降板

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

チームK 5th Stage「逆上がり」

  • エンドロール
  • 愛の色
  • 抱きしめられたら
    佐藤夏希のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」

  • 心の端のソファー
  • 奇跡は間に合わない※
    ※宮澤佐江・野中美郷のユニットアンダー

梅田チームB ウェイティング公演

NMB48名義

チームBII 3rd Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール
  • 愛の色(2nd UNIT)

作品[編集]

参加作品[編集]

発売日 アーティスト名 タイトル 規格 収録曲
2015年12月16日 V.A. #globe20th -SPECIAL COVER BEST- CD Sa Yo Na Ra[31]
2018年6月27日 V.A. TETSUYA KOMURO ARCHIVES "K" CD MY HISTORY[77]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • フェイクラブ(2020年9月25日配信開始 - 、全5話、FOD) - 主演・本人 役[83][注 3]

映画[編集]

アニメ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

舞台[編集]

ミュージカル[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

広報・キャンペーン[編集]

  • パナソニック 夜景フォト NIGHT COLOR SIGHT 「花火写真コンテスト」キャンペーン(2012年7月13日 - 8月31日) - 審査員[118]
  • aTセンター 「K-FOOD美容研究部」スペシャル動画(2019年6月25日 - )[119]

ネット配信[編集]

  • あやまおうのリニューアルしたよ。[注 8](2015年11月26日 - 、LoGiRL
  • みのもんたのよるバズ!(2016年4月30日 - 2017年3月25日、AbemaTV) - 準レギュラー
  • 梅田彩佳のロケってみよう!(2016年12月18日 - 、テレビ東京 卓球チャンネル)
  • ORICON NEWS presents「うめch」(2017年8月31日 - 、ORICON NEWS)

MV[編集]

コンサート[編集]

イベント[編集]

  • 東京タワー 「ノッポンスクエア」オープニングセレモニー(2009年8月1日、東京タワー) - ゲスト[122]
  • Dance studio UMEDA(2012年5月19日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • 第2回イルミネーション・アワード(2014年10月29日、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)- プレゼンター[123]
  • 北九州ウォールアートコンテスト(2021年3月 - 5月、nBASEMENT) - 選考委員[124]

DVD[編集]

  • 読めそうで読めない間違いやすい漢字 第1弾「教養篇」・第2弾「トリビア篇」(2010年10月6日、リバプール) - ナレーション[125]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 梅田彩佳 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 梅田彩佳 カレンダー2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
  • 卓上 梅田彩佳 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 梅田彩佳 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 梅田彩佳 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ CDでリリースされたものに限ると1stシングル「会いたかった」以来約5年ぶり。
  2. ^ 1989年1月8日からは平成元年になるので、1月1日から1月7日までに生まれた者が昭和64年となる。昭和64年生まれの著名人は、江成正元杉ありさ三上枝織大畠美咲辻本賢人亀田大毅などがいる。
  3. ^ 2021年7月7日にフジテレビで第1話を放送。
  4. ^ 2020年3月31日までの上演予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2月27日以降の公演は中止となった。
  5. ^ 公演初日は2022年8月25日だったが体調不良のため26日まで代演を立てていた[111]
  6. ^ 倉持明日香(AKB48)、中村麻里子(AKB48)、梅田の3人が週替わりで担当。最終出演となった9月24日は3人で出演[要出典]
  7. ^ 藤江れいな市川美織、梅田のうち一人が交代で岸野の相方を務める。
  8. ^ 2016年5月19日までの番組名は「あやまおうの新番組はじまったよ」

出典[編集]

  1. ^ 梅田 彩佳”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ 【動画】梅田彩佳『RE;START』メッセージ”. 週プレNEWS (2020年10月13日). 2020年11月25日閲覧。
  3. ^ AKB48・梅田彩佳が地元福岡・北九州市長選挙のPRキャラクターに抜擢 - オリコン(2011年1月21日)
    夜景大好き梅田彩佳、門司港「ほっとする」 - 日刊スポーツ(2014年10月29日)
  4. ^ a b “元AKB梅田彩佳が新事務所所属を報告「31歳、新人!頑張ります」”. 東スポーツ. (2020年4月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/193677 2020年6月1日閲覧。 
  5. ^ 梅田彩佳『RE;START』 - グラビア”. 週プレNEWS (2020年10月11日). 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ 梅田彩佳がDー1グランプリイメージガールに決定!! AKB48オフィシャルブログ 2009年2月15日付記事
  7. ^ a b 梅田彩佳が東京タワーイメージガールに決定! AKB48オフィシャルブログ 2009年4月2日付記事
  8. ^ AKB秋元、涙の完走でキャプテン復帰 - デイリースポーツオンライン 2011年2月27日閲覧
  9. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果 - AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOME までの軌跡〜 2011年6月10日
  10. ^ AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表! - AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOMEまでの軌跡〜(2011年9月20日)
  11. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  12. ^ AKB48第4回総選挙、トップ16メンバーのコメント全紹介”. ナタリー (2012年6月7日). 2012年8月3日閲覧。
  13. ^ 「組閣後新体制」 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  14. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ! AKB、新チーム体制発表 スポーツニッポン 2012年8月24日閲覧
  15. ^ 「新チーム体制発足」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年10月7日)
  16. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - オリコン(2012年9月18日)
  17. ^ 小嶋陽菜、親知らずでツインテール封印-AKB48・新チームBウェイティング公演 - マイナビニュース(2012年11月4日)
  18. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  19. ^ 「500。656」”. 梅田彩佳 オフィシャルブログ 「Dance Studio UMEDA」 (2013年8月13日). 2022年6月1日閲覧。
  20. ^ AKB48グループ大組閣祭りで大幅シャッフル! 完全移籍に号泣するメンバーも! - GirlsNews(2014年2月26日)
  21. ^ AKBの梅田彩佳がヒロイン…「イン・ザ・ハイツ」 - YOMIURI ONLINE(2014年4月4日)
  22. ^ 柏木由紀「オバちゃんて呼ばないで」 NMB48として初ステージ - オリコン(2014年4月5日)同日閲覧
  23. ^ 梅田彩佳らNMB初公演 組閣後新体制“初陣” - オリコン(2014年4月23日)
  24. ^ 「ステージ立ち続けたい」AKB48梅田彩佳、笑顔で決意表明 - ナタリー(2014年4月24日)
  25. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  26. ^ 【動画】宮本亜門『ウィズ』再演にNMB梅田彩佳&AKB田野優花が抜てき - オリコン(2014年10月21日)
  27. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  28. ^ 【第7回AKB総選挙】49位〜64位「フューチャーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧”. オリコン (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  29. ^ “NMB梅田彩佳、ぜん息で休養”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/26/0008513277.shtml 2015年10月31日閲覧。 
  30. ^ “NMB梅田彩佳が仕事復帰”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/31/0008527984.shtml 2015年10月31日閲覧。 
  31. ^ a b globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  32. ^ “NMB48梅田彩佳が卒業発表「10年間キラキラさせてくれた」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2065791/full/ 2016年1月23日閲覧。 
  33. ^ 『NMB48 Live House Tour 2016』3月31日・夜Zepp Nambaライブレポート”. リアルライブ. 株式会社アンカード (2016年4月1日). 2022年7月29日閲覧。
  34. ^ “宮澤佐江、AKB後輩に愛のゲキ「完全に色を変えるべき」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年4月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2069549/full/ 2016年4月2日閲覧。 
  35. ^ “元NMB48梅田彩佳、高校講師に就任”. モデルプレス. (2018年5月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1765292 2018年5月9日閲覧。 
  36. ^ TETSUYA KOMURO ARCHIVES”. エイベックス. 2018年6月27日閲覧。
  37. ^ マーク・パンサー繋ぐglobeへの思い”. Real Sound. 2018年8月22日閲覧。
  38. ^ 臓器売買漫画『ギフト±』アニメ化 元AKB48の梅田彩佳が主演で声優初挑戦”. ORICON NEWS. 2018年9月18日閲覧。
  39. ^ a b 元AKB48・梅田彩佳、30歳目前に初写真集 “梅ちゃん”が成長した大人のカラダ披露”. eltha. oricon ME (2018年10月19日). 2018年10月20日閲覧。
  40. ^ a b 竹内みちまろ (2018年12月16日). “梅田彩佳「お尻をいっぱい見せようと思った」、1st写真集でオトナSEXYな熟成ボディを大胆露出”. RBB TODAY. 株式会社イード. 2022年1月8日閲覧。
  41. ^ 梅恋UMEKOI”. KURAND. 2019年8月26日閲覧。
  42. ^ “梅田彩佳、事務所退社を発表 仕事は継続「決まり次第、またお伝えします」”. ORICON NEWS. (2020年4月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2158881/full/ 2020年6月1日閲覧。 
  43. ^ 2020年4月1日のツイート2020年4月1日閲覧。
  44. ^ 2020年6月1日のツイート2020年6月1日閲覧。
  45. ^ a b 梅田彩佳、過去最大露出の2nd写真集「絶対見て!」 手作りランジェリーも”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2021年12月24日). 2022年1月8日閲覧。
  46. ^ 梅田 彩佳|メンバー”. NMB48公式サイト. KYORAKU吉本.ホールディングス. 2014年4月22日閲覧。
  47. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2011年2月17日
  48. ^ いつのまにか(241´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年6月3日). 2013年8月31日閲覧。
  49. ^ AKB梅田彩佳 ひとりMAX公開し、NANA公認「素敵!」”. アメーバニュース (2013年8月6日). 2015年3月16日閲覧。
  50. ^ 2013年9月8日twitter
  51. ^ 儚いほど美しい(223´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ (2012年5月4日). 2015年3月16日閲覧。など
  52. ^ レッスン(31´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2011年7月19日). 2013年8月31日閲覧。
  53. ^ ありがとう(222´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年5月1日). 2013年8月31日閲覧。
  54. ^ 京セラ。651”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2013年8月8日). 2013年8月31日閲覧。
  55. ^ DVD『AKB48 ネ申テレビ スペシャル (~チーム対抗!春のボウリング大会~)』(TFC
  56. ^ 東京タワーイメージガール・梅田彩佳の彦星候補“ノッポン”がまさかのスカイツリー移籍発言 オリコンスタイル 2010年6月4日
  57. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2010年12月9日
  58. ^ TOKYO HEAD LINE web (vol.489)
  59. ^ a b ダンススタジオ梅田 - 2011年2月19日
  60. ^ a b c d ダンススタジオ梅田 - 2011年2月25日
  61. ^ a b c ダンススタジオ梅田 - 2011年4月15日
  62. ^ ダンススタジオ梅田 - 2011年4月3日
  63. ^ ごーごーごーやーーー(^O^)282”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2012年8月2日). 2013年8月31日閲覧。
  64. ^ AKB梅田彩佳、亀田大毅、内村航平。3人の共通することといえば?”. スーモジャーナル (2013年1月8日). 2014年2月1日閲覧。
  65. ^ 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)59頁
  66. ^ AKB48秋元才加、謝罪全文「チームKキャプテンを辞任させていただきます」”. JCASTニュース (2010年10月16日). 2015年3月16日閲覧。
  67. ^ a b c ダンススタジオ梅田 - 2011年2月18日
  68. ^ 大島優子 (2012年1月10日). “うーめっ”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  69. ^ AKB総選挙選抜入り梅田彩佳 魅力はダンスと諦めない力”. NEWSポストセブン (2012年6月9日). 2015年3月16日閲覧。
  70. ^ (AKB的人生論)梅田彩佳 だれかが見てくれているよ”. 朝日新聞 (2013年7月19日). 2015年3月16日閲覧。
  71. ^ ダンススタジオ梅田”. 1LDK6人暮らしブログ (2010年10月2日). 2015年3月16日閲覧。など
  72. ^ レッスン(100´・ω・`)”. 梅田彩佳オフィシャルブログ「Dance Studio UMEDA」 (2011年10月6日). 2013年8月31日閲覧。
  73. ^ ダンススタジオ梅田 - 2011年4月5日
  74. ^ 「え?梅田さん???りぽぽ」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年7月12日)
  75. ^ 「梅田お姉ちゃん。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ(2011年12月31日)
  76. ^ 戸賀崎智信 - Google+(2012年2月6日)
  77. ^ 「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」に安室奈美恵、ayu、梅田彩佳ら楽曲収録”. 音楽ナタリー (2018年5月25日). 2018年5月28日閲覧。
  78. ^ “AKB48梅田彩佳、黒ボンデージにムチで初の悪役!「気持ちいい!」”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2010年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/77645/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  79. ^ “AKB48の秋元才加と梅田彩佳が対決!? 梅田のお気に入りはマントとムチ!!”. WEBザテレビジョン. (2010年10月13日). https://thetv.jp/news/detail/17652/ 2022年10月26日閲覧。 
  80. ^ “ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』にリアリティー番組のツワモノ勢ぞろい”. ORICON NEWS. (2018年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2120122/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw_pic 2018年9月22日閲覧。 
  81. ^ NHK福岡ドラマ「福岡美人がゆく!」”. NHK. 2018年12月7日閲覧。
  82. ^ 白石隼也、ドラマで女装に初挑戦「逃げちゃいけないと思った」”. ORICON NEWS. 2018年12月28日閲覧。
  83. ^ “【フジテレビ】元AKB48・梅田彩佳が恋に落ちる!?恋愛フェイクドキュメンタリー『フェイクラブ』この恋はニセモノか、それともホンモノか・・・” (プレスリリース), 株式会社フジテレビジョン, (2021年9月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001014.000000084.html 2021年7月26日閲覧。 
  84. ^ “劇場版ウルトラマン最新作にAKB48秋元、宮澤ら7名出演”. 音楽ナタリー. (2011年11月22日). http://natalie.mu/music/news/60035 2021年2月1日閲覧。 
  85. ^ “「ジャニーさんみたい!」堂本光一が稽古であの台詞”. 日刊スポーツ. (2021年2月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102010000405.html 2021年2月1日閲覧。 
  86. ^ “juJoe・平井拓郎の小説を映画化 バンドマンのほろ苦い青春「さよなら、バンドアパート」今夏公開”. 映画.com. (2022年1月14日). https://eiga.com/news/20220114/4/ 2022年1月14日閲覧。 
  87. ^ 臓器売買漫画『ギフト±』アニメ化 元AKB48の梅田彩佳が主演で声優初挑戦”. オリコンミュージックストア (2018年9月18日). 2018年9月18日閲覧。
  88. ^ スペース・ウォーズ!!!!!★増田有華 2010年7月23日、1LDK6人暮らし
  89. ^ “梅田彩佳が巫女役の「SEPT」杉浦太陽、PrizmaX・清水大樹、後藤健流らゲスト出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年6月28日). https://natalie.mu/stage/news/238535 2021年9月30日閲覧。 
  90. ^ “受験者VS面接官、劇団方南ぐみ「THE 面接」に猪野広樹ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年3月1日). https://natalie.mu/stage/news/271688 2021年9月30日閲覧。 
  91. ^ “「ぼく明日」朗読劇化、鈴木拡樹、梶裕貴、戸松遥、福原遥ら14名が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月18日). https://natalie.mu/eiga/news/282700 2021年9月30日閲覧。 
  92. ^ Girls Reading Theater 「若草物語」|特設サイト”. 楽天チケット. 2022年3月21日閲覧。
  93. ^ 公演日程・チケット情報
    出演キャスト - ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」公式ホームページ 2014年11月25日閲覧。
  94. ^ ドロシー役は梅田彩佳&田野優花のWキャストに 宮本亜門演出ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』主役オーディション - シアターガイド(2014年10月22日)
  95. ^ “「マッスルミュージカル」梅田彩佳は歌とダンス、中村誠治郎は殺陣で筋肉に対抗”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年1月26日). https://natalie.mu/stage/news/266871 2021年9月30日閲覧。 
  96. ^ “ミュージカル「DAY ZERO」ふぉ~ゆ~福田が主演、演出に吉原光夫”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年1月23日). https://natalie.mu/stage/news/266272 2021年9月30日閲覧。 
  97. ^ Endless SHOCK制作発表会見(詳報)”. 読売新聞. 2018年11月22日閲覧。
  98. ^ Endless SHOCK”. 東宝. 2019年11月21日閲覧。
  99. ^ “堂本光一主演「Endless SHOCK -Eternal-」大阪で上演、ライブ配信も”. ステージナタリー. (2020年7月28日). https://natalie.mu/stage/news/389453 2020年7月28日閲覧。 
  100. ^ “梅田彩佳、3年連続『SHOCK』シリーズ出演に歓喜 “リカ役”最年長で「年齢を感じさせないように…」”. ORICON NEWS. (2020年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2178155/full/ 2020年12月2日閲覧。 
  101. ^ ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』”. CAT PRODUCE. 2019年7月26日閲覧。
  102. ^ “西川大貴が今の日本をファンタジーとリアルで描く『(愛おしき)ボクの時代』1stプレビュー公演観劇レポート”. SPICE (イープラス). (2019年11月26日). https://spice.eplus.jp/articles/261410 2022年5月22日閲覧。 
  103. ^ 関西新作ファミリー ミュージカル「絵のない絵本」”. 絵のない絵本プロジェクト. 2019年8月19日閲覧。
  104. ^ “林翔太、太田基裕らミュージカル『EDGES -エッジズ-』日本初演が決定 2チームの連続上演”. スパイス. (2020年10月23日). https://spice.eplus.jp/articles/277596 2020年11月3日閲覧。 
  105. ^ “板垣恭一×桑原まこの新作ミュージカル「GREY」、出演に矢田悠祐・高橋由美子ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年8月20日). https://natalie.mu/stage/news/441596 2021年9月30日閲覧。 
  106. ^ オリジナルミュージカル 『GREY』高橋由美子・梅田彩佳 インタビュー”. 演劇キック. えんぶ (2021年12月7日). 2022年5月19日閲覧。
  107. ^ “「銀河鉄道999 THE MUSICAL」メーテル役は花總まり”. ステージナタリー. (2022年2月7日). https://natalie.mu/stage/news/464713 2022年2月13日閲覧。 
  108. ^ ““命の光”輝かせる、中川晃教・花總まりらの「銀河鉄道999 THE MUSICAL」発進”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月26日). https://natalie.mu/stage/news/467311 2022年5月8日閲覧。 
  109. ^ A.B.C-Z橋本良亮、ミュージカルで若さと美貌の“狂王”に「気合を入れて挑みたい」”. ORICON NEWS. 2021年12月8日閲覧。
  110. ^ A.B.C-Z橋本良亮がミュージカル初主演「スワンキング」関西ジャニーズJr.今江大地も出演” (日本語). TV LIFE web. 2021年12月8日閲覧。
  111. ^ @AyakaUmeda (2022年8月16日). "今回体調不良で、ファミリア!を25.26日お休みさせて頂く事になりました。キャストスタッフ、そしてファンの皆様にご心配をお掛けしてすいません。27日から復帰できるように体調の回復に努めます。よろしくお願いします。" (ツイート). Twitterより2022年8月28日閲覧
  112. ^ ファミリア!(2022)”. ミュージカル座. 2022年8月28日閲覧。
  113. ^ “屋良朝幸主演、オリジナルミュージカル『りんご』の全出演者が発表 梅田彩佳、Micro、細貝圭ら共演”. SPICE (イープラス). (2022年8月29日). https://spice.eplus.jp/articles/307405 2022年10月15日閲覧。 
  114. ^ “東京タワーの新イメージガールに「AKB48」の梅田彩佳が就任!”. Walker plus (KADOKAWA). https://www.walkerplus.com/article/4556/ 2022年5月27日閲覧。 
  115. ^ “AKB48:「夏になると胸騒ぎ」浴衣姿で七夕気分 東京タワー「天の川イルミネーション」点灯式”. MANTAN WEB (MANTAN). (2010年6月1日). https://mantan-web.jp/article/20100601dog00m200037000c.html 2022年5月27日閲覧。 
  116. ^ “コブクロ新曲がAKB48梅田出演東京タワーCMを彩る”. 音楽ナタリー. (2010年11月23日). https://natalie.mu/music/news/40997/ 2022年9月22日閲覧。 
  117. ^ “AKB48・梅田彩佳が地元福岡・北九州市長選挙のPRキャラクターに抜擢”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2011年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/84106/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  118. ^ “パナソニック「NIGHT COLORシリーズ」のカメラアプリ「夜景フォト」に、「花火モード」新搭載!AKB48の梅田彩佳さんを審査員に迎え、「花火写真コンテスト」を開催中。” (プレスリリース), パナソニックグループ, (2012年7月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000295.000003442.html 2022年5月18日閲覧。 
  119. ^ “梅田彩佳さん×人気インスタグラマー『K-FOOD美容研究部』結成!”. 産経Biz (産経デジタル). (2019年6月26日). https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/190626/prl1906261232086-s1.htm 2022年5月19日閲覧。 
  120. ^ “元AKB梅田彩佳、卒業後初仕事でキスシーン MV初主演”. ORICON STYLE. (2016年4月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2069841/full/ 2016年4月8日閲覧。 
  121. ^ コンサート「I Love Musical」に梅田彩佳、美弥るりか、二宮愛、水夏希ら”. ステージナタリー. 2019年7月18日閲覧。
  122. ^ “AKB48梅田彩佳、「プラス思考で」“彩の呪い”笑い飛ばす”. ORICON NEWS. (2009年8月1日). https://www.oricon.co.jp/news/68105/full/ 2021年11月30日閲覧。 
  123. ^ 夜景観光コンベンション・ビューロー:『第二回 イルミネーションアワード』主催事業”. 2022年5月19日閲覧。
  124. ^ “賞金200万円!「北九州ウォールアートコンテスト」に、 新たな審査委員として北九州出身の梅田彩佳さんが就任決定!~約100m2の巨大壁面がキャンバス~” (プレスリリース), 株式会社なかやしき, (2021年2月2日), https://www.atpress.ne.jp/news/245517 2022年5月19日閲覧。 
  125. ^ “AKB48がナレーションに初挑戦!「何回もかんじゃいました(笑)」”. WEBザテレビジョン. (2010年10月8日). https://thetv.jp/news/detail/17639/ 2021年12月15日閲覧。 
  126. ^ 梅田彩佳、8年ぶりグラビアで大人の色気を解禁 デジタル写真集もリリース”. ORICON NEWS. ORICON ME (2020年10月12日). 2021年11月30日閲覧。
  127. ^ “梅田彩佳が色と艶を増した姿を披露し、ベッドシーンでは“挑戦”も 制作段階から参加した2nd写真集『Etude』電子版がリリース”. SPICE (イープラス). (2022年8月21日). https://spice.eplus.jp/articles/307001 2022年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]