Automatic/time will tell

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Automatic/time will tell
宇多田ヒカルシングル
初出アルバム『First Love
A面 Automatic
time will tell
B面 time will tell -DUB MIX-(12cm盤、12インチ盤のみ)
リリース
規格 8cmCDシングル
12cmCDシングル
12インチ・シングル
音楽配信
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 宇多田ヒカル
プロデュース 三宅彰, 宇多田 Skingg 照實
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(8cm盤・オリコン
  • 週間2位(12cm盤・オリコン)
  • 週間1位(合算・オリコン)
  • 1999年度年間5位(12cm盤・オリコン)
  • 1999年度年間22位(8cm盤・オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング19位
  • 1位(CDTV
  • 宇多田ヒカル シングル 年表
    Automatic/time will tell
    1998年
    Movin' on without you
    1999年
    ミュージックビデオ
    宇多田ヒカル - Automatic - YouTube
    テンプレートを表示

    Automatic/time will tell」(オートマチック/タイム・ウィル・テル)は、1998年平成10年)12月9日に発売された宇多田ヒカルのデビューシングルである。

    解説[編集]

    • 台湾盤8cmシングルは、日本盤ジャケットとは違う。
    • 12cmシングルには初回仕様が存在し、メタリックな紙質のジャケットとなっている。
    • 累計出荷枚数は255万枚[1]
    • 「Automatic」「time will tell」ともにPVが制作されている。これはどちらをデビュー曲にしてプッシュするか迷ったからであると後に明かしている。
    • また「Automatic」のPVは2パターン存在する。ビデオ、DVDに収録されている通常のヴァージョンと、一時期間CS放送などの有料チャンネルで放映されていたヴァージョンである。内容の大きな違いは、前者にはあった中腰姿勢で歌うシーンが無くなっていたり、「time will tell」のPVの映像が流用されたりする点である。後者にはソフト化されていないが、音楽番組で「Automatic」を紹介する際に、後者のPVを流すことが稀にある。
    • オリコンでは2001年5月以降、シングルの8cm盤と12cm盤を合算して集計するようになったが、本作は8cm盤と12cm盤の売上を合算して考えると、1998年12月21日付のオリコンシングルチャートで山崎まさよしの「僕はここにいる」を上回り初登場4位を記録することになる。同様に、1999年2月8日付のオリコンシングルチャートでthe brilliant greenの「そのスピードで」を上回り(1週だけではあるが)1位を記録することになる。
    • オリコンの公式記録では1位未獲得曲で(上記の合算1位という参考記録はあるものの)歴代1位の売上となっている。
    • 「Automatic」はオリコンカラオケチャートで13週連続1位を記録した。
    • COUNT DOWN TVの1999年年間TOP100では、オリコン年間1位の「だんご3兄弟」を上回り、1位となっている。
    • 1999年度のJASRAC賞では「Automatic」が金賞、「time will tell」が銀賞を受賞している。
    • 2006年、宇多田がフジテレビ系音楽番組「HEY!HEY!HEY!」に出演した際、ゆかりゲストとして登場した歌手のさだまさしが当時この曲を収録した1stアルバム『First Love』を自分の足で買いにいったというエピソードとともに、初めてAutomaticを聞いたときの感想を、『サビの「It's Automatic」が「いつお泊まり?」に聴こえ、「なんて生意気な15歳だ、親の顔が見てみたい」と思ったら、聞けば藤圭子の娘じゃないかと驚いた』と冗談まじりに話した。
    • 2007年12月7日から12月10日までの4日間、デビュー10周年で「Automatic」の着うた無料ダウンロードを実施、約50万件のダウンロード数を記録した。
    • 「time will tell」は幼少時に通ったN.Yの質屋の名前。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲: 宇多田ヒカル

    8cmシングル[編集]

    1. Automatic (5:14)
      編曲:西平彰、Rhythm track Arrangement:Taka & Speedy、Additional Arrangement:河野圭
      フジテレビ系『笑う犬の生活-YARANEVA!!-』・『笑う犬2008秋』エンディングテーマ
      FM802スペースシャワーTV: 1998年12月の邦楽(J-POPヘヴィー・ローテーション
    2. time will tell (5:29)
      編曲:森俊之、磯村淳
      フジテレビ系『ごきげんよう』エンディングテーマ
    3. Automatic (Original Karaoke) (5:12)

    12cmマキシシングル[編集]

    1. Automatic (5:15)
    2. time will tell (5:30)
    3. time will tell -DUB MIX- (5:36)
      remixed by GOH HOTODA

    12インチアナログ盤[編集]

    SIDE A
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「Automatic」  
    SIDE B
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「time will tell」  
    2.「time will tell -DUB MIX-」  

    ※8cmシングルと12cmシングル(アナログ盤は12cm盤と同じ)とでは収録曲が若干異なる。


    脚注[編集]

    1. ^ 女王復活!宇多田ヒカル新記録達成、デイリースポーツ、2007年4月19日。
    正規販売された宇多田ヒカルのアナログ盤
    前作:
    -
    Automatic/time will tell 次作:
    First Love