浪花恋しぐれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浪花恋しぐれ
都はるみ岡千秋シングル
B面 恋のさだめ川
リリース
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 たかたかし岡千秋
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1983年度年間18位(オリコン)
  • 1984年度年間39位(オリコン)
都はるみ岡千秋 シングル 年表
裏町ごころ
(1983年)
浪花恋しぐれ
(1983年)
札幌ふたりづれ
(1983年)
テンプレートを表示

浪花恋しぐれ』(なにわこいしぐれ)は、1983年5月にリリースされた歌手都はるみシングルである。本曲の作曲家岡千秋とのデュエットソングである。

概要[編集]

この曲は、戦前の上方落語界のスーパースター初代・桂春団治の破天荒な生き様とそれを陰で支えた妻・お浜との夫婦愛をモチーフにした曲である。

オリコンチャートでは、発売翌月の6月にはTOP20に登場し8月にはTOP10入りを果たす。以後は翌年2月まで20位以内をキープするロングセラーとなり、賞レースなどでテレビによる歌唱が頻発する12月に入り最高順位3位を記録する。

この曲は、第25回日本レコード大賞特別金賞・第15回日本歌謡大賞大賞などを受賞した。

都と岡は、この曲で1983年の第34回NHK紅白歌合戦に出場した。

B面は、『恋のさだめ川』。作曲した徳久広司とのデュエットソングである。

収録曲[編集]

  1. 浪花恋しぐれ
    作詞:たかたかし、作曲:岡千秋、編曲:斎藤恒夫、歌:都はるみ・岡千秋 
  2. 恋のさだめ川
    作詞:たかたかし、作曲:徳久広司、編曲:斎藤恒夫、歌:都はるみ・徳久広司

関連項目[編集]