たかたかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

たか たかし(たか たかし、1934年10月27日 - )は、新潟県新発田市出身の作詞家。本名は高橋広雄。

人物・来歴[編集]

新潟県立新発田高等学校卒業。立教大学文学部中退後、北海道に渡る。業界新聞記者、セールスマン興信所調査員、ルポライターなどを経験。青島幸男と知り合ったことが契機となり、以後放送作家として各種音楽番組を手がけながら、1967年から作詞活動も行い、 西城秀樹情熱の嵐」、松崎しげる愛のメモリー」等、ヒット曲を世に送り出し現在に至る。 また彼の作品の一部には冬木たかし名義となっているものも存在する。

代表曲[編集]

  • 細川たかし
    • 『佐渡の恋唄』(作曲:弦哲也
    • 『恋の酒』(作曲:弦哲也)
    • 『北斗の星』(作曲:弦哲也)
    • 『ふたり道』(作曲:弦哲也)
    • 『女のしぐれ』(作曲:弦哲也)
    • 『冬の宿』(作曲:弦哲也)
    • 『雪港』(作曲:弦哲也)
    • 『夫婦ごころ』(作曲:弦哲也)
  • 山本譲二
    • 『放浪~さすらい~』(作曲:弦哲也
    • 『都会の子守歌』(作曲:弦哲也)
    • 『しあわせの青い鳥』(作曲:弦哲也)
    • 『おまえにありがとう』(作曲:弦哲也)
    • 『花も嵐も』(作曲:弦哲也)
    • 『島風』(作曲:弦哲也)
    • 『風帰行』(作曲:弦哲也)
    • 『酒がたり』(作曲:弦哲也)
  • 坂本冬美
    • あばれ太鼓』(作曲:猪俣公章
    • 祝い酒』(作曲:猪俣公章)
    • 『火の国の女』(作曲:猪俣公章)
    • 『大志』(作曲:市川昭介
    • 『凛として』(作曲:徳久広司)
    • 『風に立つ』(作曲:弦哲也)
    • 『男の火祭り』(作曲:杉本眞人)
  • 藤あや子
    • 『花のワルツ』(作曲:徳久広司)
  • 永井みゆき
    • 『港でひとり』(作曲:弦哲也)
    • 『女の時計』(作曲:弦哲也)
    • 『大阪慕情』(作曲:弦哲也)
    • 『雨おんな』(作曲:伊藤雪彦
    • 『お別れ終列車』(作曲:伊藤雪彦)
    • 『夢ごよみ』(作曲:岡千秋)
    • 『愛がこわいの』(作曲:桧原さとし
    • 『応援歌でヨイショ』(作曲:岡千秋)
    • 『十九の港』(作曲:弦哲也)
    • 大阪すずめ』(作曲:弦哲也)
  • 小沢亜貴子
    • 『帰ってきてよ』(作曲:弦哲也
    • 『冬の夜汽車』(作曲:弦哲也)
    • 『爪木崎ひとり』(作曲:弦哲也)
    • 『酒と女と猫』(作曲:弦哲也)
  • たかだみゆき
    • 『雨に咲く花』(作曲:市川昭介)
    • 『あなたが港町』(作曲:岡千秋)
  • 北原由紀
    • 『女のまごころ』(作曲:伊藤雪彦)
  • 小林幸子
  • 『越後絶唱』(作曲:遠藤実
  • 中村美律子
    • 『壺坂情話後絶唱』(作曲:富田梓仁)
    • 『港のおんな』(作曲:富田梓仁)
    • 『瀬戸の港』(作曲:岡千秋)

関連項目[編集]