坪田まり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

坪田 まり子(つぼた まりこ、1960年11月20日 - )は、日本キャリアカウンセラー、元歌手、元女優。本名は坪田 真理子(読みは同じ)。歌手・女優時代の芸名は倉田 まり子(くらた まりこ)。

来歴・人物[編集]

長崎県諫早市出身。1974年TBSの番組『家族そろって歌合戦』が長崎県島原市で収録された際、それに出場したことをスカウトマンに見初められて高校1年のとき上京[1]NHKの人気歌番組レッツゴーヤング』のサンデーズの一員として1978年4月からレギュラー出演(~1981年3月)した。芸名の「倉田」は、師匠で作曲家の当時レッツゴーヤングの司会を務めていた都倉俊一から一字もらった[1]1979年1月にキングレコードから「グラジュエイション」でデビュー。1979年8月に発表されたシングル3曲目「HOW! ワンダフル」のヒットにより人気を確立、第10回日本歌謡大賞放送音楽新人賞・第8回FNS歌謡祭最優秀新人賞・第21回日本レコード大賞新人賞などを受賞。また、石川ひとみに顔が似ているとも話題になった。所属事務所はニューバンブー。抜群のプロポーション、脚線美の持ち主だった[1]

歌手活動の他は、あだち充原作漫画『ナイン』の声優、またテレビドラマ出演(『気になる天使たち』、『ちょっといい姉妹』等)などで活躍していた。しかし1985年に「投資ジャーナル事件」に巻き込まれた[2]ことがきっかけで、本人は関係を全面否定するも芸能活動から引退する事態に追い込まれた。

芸能界から引退後は、国際法律事務所の秘書、資格試験予備校LECの執行役員・講師を経て2003年に独立起業。坪田まり子の名でキャリア・カウンセラーとして、大学生への就職指導、企業・自治体向けのプレゼンテーション能力向上や営業力強化等の研修ビジネスを手がけ、各地での講演活動を行っている。2010年現在は東京学芸大学の特任准教授(キャリア支援担当准教授)を務める。かつてのアイドルから実業家への転身として、まれにマスコミで記事になることもある。[要出典]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. グラジュエイション(1979年1月21日)作詞:山上路夫、作曲: 都倉俊一、編曲:川口真
    (c/w) 気にしない
  2. いつかあなたの歌が(1979年5月5日)作詞:山上路夫、作曲:都倉俊一、編曲:川口真
    (c/w) 懐かしきボーイフレンド
  3. HOW! ワンダフル(1979年8月21日)作詞:山上路夫、作曲・編曲:都倉俊一
    江崎グリコ「ポッキー」CMソング
    (c/w) 翼のない鳥
  4. イヴニング・スキャンダル(1980年1月21日)作詞:亜蘭知子、作曲・編曲:都倉俊一、編曲:大村雅朗
    (c/w) ミスティ
  5. June浪漫(1980年4月21日)作詞:亜蘭知子、作曲・編曲:都倉俊一
    (c/w) Last Teenage Summer
  6. DAY BY DAY(1980年7月21日)作詞:亜蘭知子、作曲:都倉俊一、編曲:清水信之
    (c/w) 罪 to me
  7. さよならレイニー・ステーション(1980年9月21日)作詞:門谷憲二、作曲:上田知華、編曲:大谷和夫
    (c/w) スウィート・リリー
  8. 恋はライ・ライ・ライ(1981年2月5日)作詞:亜蘭知子、作曲・編曲:長戸大幸
    (c/w) あなたへ Hurry Up
  9. 恋はAmi Ami(1981年5月5日)作詞:Hagen Dierks/訳詞:康珍化、作曲:Jay Alanski、編曲:石田勝範
    ベルギーのポップアイドル歌手リオ(Lio)の曲 原題:Amicalement Votre のカバー。
    (c/w) ふたりの水平線
  10. 哀しみのポエジー(1981年7月21日)作詞:康珍化、作曲:武谷光、編曲:松井忠重
    (c/w) ファンキー・ドールはファニー・ボーイ
  11. カナリヤ(1982年3月)作詞・作曲:松宮恭子、編曲:高田弘
    (c/w) 不思議な春
  12. 冷たい雨(1982年6月)作詞・作曲:荒井由実、編曲:大谷和夫
    バンバン「いちご白書をもう一度」のB面、後にハイ・ファイ・セットが歌い大ヒットした曲(作者のユーミン自身もセルフカバーしている)のカバー。
    (c/w) 哀しみの中で
  13. 春の嵐(1983年3月)作詞:門谷憲二、作曲:松宮恭子、編曲:鷺巣詩郎
    (c/w) 春咲く乙女たち
  14. 真夏のランナー(1983年5月5日)作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明
    あだち充原作のTVアニメナインのエンディングテーマ曲
    (c/w) LOVE・イノセント
  15. 避暑地の出来事(1983年7月)作詞:秋元康、作曲:松尾一彦、編曲:白井良明
    (c/w) ENCORE(アンコール)
  16. 青いフォトグラフ(1983年9月)作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明
    ナイン劇場版の主題歌
    (c/w) 愛を翼にして
  17. 恋人宣言(1984年2月5日)作詞:竜真知子、作曲・編曲:芹澤廣明
    ナイン2・恋人宣言の主題歌
    (c/w) 青空気分

アルバム[編集]

  1. あなたにめぐり逢えて・・・・(1979年11月21日)
  2. ストーミー・ウェザー(1980年6月21日)
  3. ダイアリー(1980年12月5日)
  4. グッド・プロポーション(1981年7月21日)
  5. 愛の蜃気楼(1982年6月21日)

ライブ[編集]

  1. Twenty Girl コンサート'81・ライヴ(1981年8月17日 日本青年館で収録)

その他、ベストアルバムLP、カセット数点。CDとしては、1stアルバムの「あなたにめぐり逢えて・・・・」(品切れ中)および「アーティストコレクションシリーズ 倉田まり子」(最後の「恋人宣言」を除くシングル盤A面の16曲を収めたベスト盤)が発売された。「超空想ベースボール」(オムニバス)では「真夏のランナー」を収録。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊朝日、1979年1月26日号40頁。
  2. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編

外部リンク[編集]