吉岡治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉岡 治
出生名 吉岡 治(同じ)
別名 吉岡 オサム(旧筆名
生誕 1934年2月19日
出身地 日本の旗 日本 山口県
死没 2010年5月17日(満76歳没)
学歴 文化学院卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家
活動期間 1956年 - 2010年

吉岡 治(よしおか おさむ、1934年2月19日 - 2010年5月17日)は、日本作詞家放送作家である。日本作詩家協会副会長。旧筆名は「吉岡オサム」。

人物[編集]

1934年2月19日山口県出身。東京都で育った。文化学院卒業。

1953年詩人サトウハチローの門を叩き、弟子となる。作詞家としてのデビューは『鳩笛ならそか』(1956年)。

1965年松竹映画『悦楽』(大島渚監督)の主題歌『悦楽のブルース』(歌唱:島和彦)の作詞を手掛けて以降、本格的に作詞家として活動し歌謡曲童謡アニメソングなど幅広いジャンルの作品を世に送り出した。

放送作家としても活動し、1968年から1971年にかけて東京放送にて放送されていたラジオ番組『夜のバラード』の番組構成と詩を担当していた[1]

2009年Sportivaの6月号でインタビューに答え、長らくファンの間で謎であったキャプテン翼のオープニング曲「燃えてヒーロー」内の「チャンバ」の意味が明かされた。

2010年5月17日、入院先の東京都内の病院で急性心筋梗塞のため逝去[2][3]。76歳没。法名は「釋治尊(しゃくじそん)」。

作詞した主な楽曲[編集]

歌謡曲[編集]

アニメ・特撮テーマ曲[編集]

童謡[編集]

賞詞[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『詩集 夜のバラード』(サンリオ山梨シルクセンター出版部刊、1970年)あとがき〈詩〉のすすめ参照
  2. ^ 「天城越え」の作詞家、吉岡治さん急逝 スポーツニッポン 2010年5月18日閲覧
  3. ^ 作詞家吉岡治さん急性心筋梗塞だった 日刊スポーツ 2010年10月31日閲覧

外部リンク[編集]