藤あや子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤 あや子
出生名 藤村 真奈美
別名 村勢 真奈美(旧芸名)
小野 彩(ペンネーム)
生誕 1961年5月10日(55歳)
出身地 日本の旗 日本 秋田県仙北郡角館町(現・仙北市
学歴 秋田県立角館南高等学校卒業
ジャンル 演歌
職業 歌手シンガーソングライター
活動期間 1987年昭和62年) -
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
事務所 バーニングプロダクション
公式サイト あや子日記
藤あや子|Sony Music

藤 あや子(ふじ あやこ、1961年5月10日 - )は、日本演歌歌手作曲家バーニングプロダクション所属。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

1961年昭和36年)、秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市)に生まれた。小学4年生の時から民謡を習い、高校卒業後には就職したものの、職を変えながら民謡歌手として地元で活動していた。また、秋田県が主催したミスコンテスト 『ミス花嫁コンテスト』で優勝した[いつ?]

1985年昭和60年)には、テレビ番組 『勝ち抜き歌謡天国』(NHK)に出演して優勝している。

演歌歌手デビュー[編集]

1987年(昭和62年)6月21日CBSソニーから村勢真奈美の芸名で、「ふたり川」(作詞: 石本美由起、作曲:船村徹)でテビューした。

再デビューから人気歌手に[編集]

1989年平成元年)9月21日藤あや子に芸名を変え、「おんな」(作詞: 荒川利夫、作曲: 叶弦大)で再デビュー

1992年(平成4年)、「こころ酒」が大ヒットし、第25回日本有線大賞を受賞。また同年の第43回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。同曲から1994年(平成6年)発売の「女泣川(おなきがわ)」まで3作連続オリコンシングルチャートTOP10入りを記録した(女性演歌歌手として平成初の記録。その後、水森かおりが記録更新)。

1994年(平成6年)、「花のワルツ」で2度目の日本有線大賞を受賞。

2010年(平成22年)5月11日、秋田県から「食彩あきた応援大使」を委嘱された[1]。同年6月から、突発性難聴のため4ヶ月の休養[2]を経て、同年10月5日放送の[3]「NHK歌謡コンサート」で復帰を果たした。

私生活[編集]

20歳であった1981年昭和56年)、2歳年上の男性と結婚し、同年に女児を出産した(その女児は吉本新喜劇の前田まみと高校時代の同級生で今でも親交がある)。 娘は2007年平成19年)1月15日に結婚したが、その際に提出した婚姻届の証人欄には王貞治野田秀樹に署名をもらった。王とは行きつけの寿司店でよく顔を合わせる飲み仲間であり、その縁から証人となったという[4]。長女は翌2008年平成20年)5月、藤にとっては初孫となる女児を出産した。

交友関係では、同じく女性演歌歌手である伍代夏子坂本冬美とは公私共に仲が良い。

山梨県北杜市に自身の趣味である絵画や陶芸を展示する「ギャラリー彩」を運営している(営業時期はゴールデンウィークからクリスマスまで[5])。そこでは自身が製作している料理(コロッケカレーなど)が食べられる[5]

人物[編集]

女性演歌歌手としては珍しく、自ら作詞・作曲も行う。その際は、小野彩(このさい)というペンネームを使っており、自身の作詞・作曲の作品も多い。

かなりのロック好きで、ボン・ジョヴィエアロスミスの日本公演では度々藤あや子の目撃情報が音楽雑誌等に寄せられることもあり、音楽評論家で元BURRN!誌編集長の酒井康との対談で「自分の葬式には是非スティーヴン・タイラーに『アヴェ・マリア』を歌ってほしい!」と発言したこともある。

また意外にも抜けている性格だという。仕事の移動で飛行機に乗った際に着陸した後、ベルトを外した時に誤って私服のズボンのベルトも外し、そのまま歩いて降りようとした事がある。その時に一緒に搭乗していた坂本冬美が慌てて、バッグで隠したというが、本人は全く気づかなかった[6]

着物メーカーのキャラクターをつとめることも多いが、プライベートでは専らジャージ姿で過ごしている事が多く、家用のジャージとお出かけ用のジャージがあるとのこと。

作品[編集]

  1. ふたり川(1987年6月21日 作詞:石本美由起 作曲:船村徹 編曲:丸山雅仁)
  2. おんな(1989年9月21日 作詞:荒川利夫 作曲:叶弦大 編曲:竹村次郎)
  3. 雨夜酒(1991年3月21日 作詞:荒川利夫 作曲:叶弦大 編曲:前田俊明)
  4. こころ酒(1992年9月1日 作詞: 三浦康照 作曲:山口ひろし 編曲:前田俊明) - オリコン6位
  5. むらさき雨情(1993年4月1日 作詞:三浦康照 作曲:山口ひろし 編曲:前田俊明) - オリコン8位
  6. 女泣川(おなきがわ)(1994年4月1日 作詞:坂口照幸 作曲:徳久広司 編曲:前田俊明) - オリコン10位
  7. 花のワルツ(1994年7月21日 作詞: たかたかし 作曲:徳久広司 編曲:南郷達也)
  8. み・れ・ん(1995年5月21日 作詞: 吉田旺 作曲:山口ひろし 編曲:前田俊明)
  9. おばこ巡礼歌(1996年5月22日 作詞・作曲:吉幾三 編曲:南郷達也)
  10. 紅(1996年8月21日 作詞:坂口照幸 作曲:水森英夫 編曲:前田俊明)
  11. うたかたの恋(1997年3月31日 作詞:三浦康照 作曲:水森英夫 編曲:前田俊明)
  12. 雪 深深(1998年2月25日 作詞:石本美由起 作曲:桧原さとし 編曲:桜庭伸幸)
  13. 薄幸花(1998年7月15日 作詞:石本美由起 作曲:浜圭介 編曲:南郷達也)
  14. 女のまごころ(1999年2月17日 作詞:三浦康照 作曲:水森英夫編曲:前田俊明)
  15. くちづけ(2000年2月23日 作詞: 松井由利夫 作曲:弦哲也 編曲:前田俊明)
  16. ふたり花(2000年8月30日 作詞:三浦康照 作曲:水森英夫 編曲:前田俊明)
  17. かげろう(2001年3月14日 作詞:下地亜記子 作曲:円広志 編曲:桜庭伸幸)
  18. ふたりの絆(2001年8月29日 作詞・作曲:小野彩 編曲:伊戸のりお)
  19. 恋酔酒(2002年5月22日 作詞・作曲:小野彩 編曲:前田俊明)
  20. 流氷恋唄(2002年8月28日 作詞・作曲:小野彩 編曲:桜庭伸幸)
  21. 寄りそい橋(2003年3月26日 作詞・作曲:小野 彩 編曲:宮崎慎二)
  22. 曼珠沙華(2003年9月18日 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童 編曲:深澤順) - 山口百恵のカバー
  23. 花びら慕情(2004年2月18日 作詞:三浦康照 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお)
  24. 雪荒野(2004年9月29日 作詞:下地亜記子 作曲:浜圭介 編曲:桜庭伸幸)
  25. 港子守歌(2005年5月18日 作詞:下地亜記子 作曲:小野彩 編曲:桜庭伸幸)
  26. 宵待草(2006年3月1日 作詞・作曲:小野彩 編曲:南郷達也)
  27. 無情の酒(2007年3月21日 作詞:三浦康照 作曲:水森英夫 編曲:前田俊明)
  28. 紅い糸(2007年9月19日 作詞・作曲:小野彩 編曲:宮崎慎二)
  29. 夾竹桃(2008年5月21日 作詞:小野彩 作曲:伊藤雪彦 編曲:伊戸のりお)
  30. 心の襞(2009年1月28日 作詞・作曲:小椋佳 編曲:宮崎慎二)
  31. 忘却の雨(2009年9月2日 作詞:小野彩 作曲:五木ひろし 編曲:南郷達也)
  32. まごころの花(2010年5月12日 作詞:三浦康照 作曲:小野彩 編曲:伊戸のりお)
  33. 泣き鏡(2011年2月16日 作詞:松本一起 作曲:久地万里子 編曲:十川ともじ)
  34. 北へ・・・ひとり旅(2011年9月28日 作詞:三浦康照 作曲:小野彩 編曲:伊戸のりお)
  35. あや子のお国自慢だよ〜がんばろな東北!!〜 (2012年2月8日 作詞:小野彩 作曲:伊藤雪彦 編曲:伊戸のりお)
  36. わすれない(2012年5月23日 作詞:藤あや子 作曲・編曲:内池秀和)
  37. 浮雲ふたつ(2013年1月23日 作詞・作曲:美樹克彦 編曲:宮崎慎二)
  38. 海峽しぐれ(2014年1月8日 作詞・作曲:原譲二 編曲:南郷達也)
  39. 笑う月(2015年3月4日 作詞:村山由佳 作曲:美樹克彦 編曲:宮崎慎二)
  40. 麗人草(2015年8月26日 作詞:三浦康照 作曲:小野彩 編曲:若草恵)
  41. 夕霧岬(2016年1月6日 作詞・作曲:原譲二 編曲:南郷達也)

楽曲提供[編集]

作曲[編集]

冠二郎
祭小春

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

1992年に「こころ酒」で初出場以来、2006年まで15年連続15回出場。2007年に落選したが、2008年に返り咲きを果たした。その後2009年2010年は再度落選していたが、2011年には再び返り咲きで再出場が決定した。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1992年(平成4年)/第43回 こころ酒 11/28 嘉門達夫
1993年(平成5年)/第44回 2 むらさき雨情 22/26 さだまさし
1994年(平成6年)/第45回 3 花のワルツ 17/25 沢田研二
1995年(平成7年)/第46回 4 み・れ・ん 13/25 谷村新司
1996年(平成8年)/第47回 5 22/25 谷村新司(2)
1997年(平成9年)/第48回 6 うたかたの恋 19/25 吉幾三
1998年(平成10年)/第49回 7 雪 深深 22/25 森進一
1999年(平成11年)/第50回 8 女のまごころ 13/27 前川清 前半トリ
2000年(平成12年)/第51回 9 ふたり花 08/28 山本譲二
2001年(平成13年)/第52回 10 ふたりの絆 05/27 山本譲二(2)
2002年(平成14年)/第53回 11 流氷恋唄 05/27 堀内孝雄
2003年(平成15年)/第54回 12 曼珠沙華 22/30 平井堅
2004年(平成16年)/第55回 13 雪荒野 19/28 (対戦相手なし)
2005年(平成17年)/第56回 14 むらさき雨情(2回目) 08/29 森山直太朗
2006年(平成18年)/第57回 15 雪 深深(2回目) 06/27 細川たかし
2008年(平成20年)/第59回 16 紅い糸 09/26 WaT
2011年(平成23年)/第62回 17 あや子のお国自慢だよ 〜がんばろな東北!!紅白スペシャル〜 06/25 細川たかし(2)
2012年(平成24年)/第63回 18 わすれない 05/25 FUNKY MONKEY BABYS
2013年(平成25年)/第64回 19 紅い糸(2回目) 07/26 サカナクション
2014年(平成26年)/第65回 20 あや子のお国自慢だよ 〜がんばろな東北!!(2回目) 05/23 ポルノグラフィティ
2015年(平成27年)/第66回 21 曼珠沙華(2回目) 09/26 ゆず
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数を表す。
    • 前半トリとは1990年以降の紅白において、前半戦(ニュース中断まで)で両軍の締めくくりを務めたことを指す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

2004年はコーナーの形を取り藤、長山洋子鳥羽一郎細川たかしの順で歌唱したため、対戦相手がいない。

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 歌謡&スポーツ(1995年4月 - 1996年3月、文化放送) - 週替わりパーソナリティ
  • 艶歌繚乱歌くらべ(1996年4月 - 9月、文化放送)
  • 藤あや子 うたかたの恋語り(1997年 - 1998年、文化放送)
  • 藤あや子 でも…今も好き(1998年 - 2002年、文化放送)

CM[編集]

  • 資生堂シャンプー tiara(ティアラ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]