鈴木邦彦 (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 邦彦
生誕 (1938-03-01) 1938年3月1日(84歳)
出身地 日本の旗 日本東京府
学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
ジャンル ポップス歌謡曲ミュージカル
職業 作曲家編曲家ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1960年代 - 現在
公式サイト Bell Music|作曲家鈴木邦彦公式サイト

鈴木 邦彦(すずき くにひこ、1938年3月1日 - )は、東京府出身の作曲家編曲家。妻は元歌手の小野階子(おの しなこ)。

人物[編集]

慶應義塾中等部[1]慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部を卒業[2]。学生時代は慶應義塾大学ライトミュージックソサエティに所属。

母が所有していたピアノを独学で習得し[3]、学生時代からジャズ・ピアニストとして活動を始め、のちに「ザ・ヒットパレード」のバックバンドにも参加。中村八大の影響でプロの作曲・編曲家を目指す[3]

西ドイツドルトムントで開催された1966年世界体操競技選手権に日本代表専属のピアニストとして参加。床運動の規定曲を作曲する。

プロの作曲家としてデビューまもない1968年に『天使の誘惑』が、第10回日本レコード大賞を受賞する。

メーカーから依頼されたことにより、ハンドベルの普及版となるミュージックベルの開発に取り組む[3]。1971年4月、株式会社ベルミュージック並びに日本ミュージックベル協会を設立。

株式会社エンジェルミュージック、株式会社ウエディングベル設立。

作品[編集]

歌謡曲・ポップス[編集]

TV番組テーマ曲[編集]

校歌[編集]

ミュージカル[編集]

その他[編集]

  • 『アタミのスケッチ』 熱海市イメージソング(市制50周年記念事業[4]

出演[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]