水谷公生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水谷 公生
別名 水谷 竜緒
水谷 龍緒
水谷 淳
生誕 (1947-06-17) 1947年6月17日(70歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
J-POP
歌謡曲
ロック
職業 ギタリスト
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1960年 -
共同作業者 津田龍一とブルー・エース
(1960年 - 1963年)
アウト・キャスト
(1966年 - 1968年)
アダムス
(1968年)
LOVE LIVE LIFE
(1971年 - 1972年)
ピープル
(1971年)
DIG IT
(1975年 - 1976年)
MA-YA
(2003年)
Fairlife
(2004年 - )

水谷 公生(みずたに きみお、1947年6月17日 - )は、日本の作曲家編曲家ギタリストである。別名:水谷竜緒水谷龍緒。旧芸名:水谷淳

人物・来歴[編集]

デビュー当初は長らく「水谷淳」の芸名で活動していた。インスト・バンド「津田龍一とブルー・エース」を経て、1966年穂口雄右、轟健二(後の松崎澄夫)らと、GSバンド「アウト・キャスト」を結成。1968年に千原秀明(後の武部秀明)らとのバンド「アダムス」などを経て、1971年に唯一のソロアルバム『A PATH THROUGH HAZE』を発表。1960年代後半から1970年代初頭にかけては柳田ヒロらと様々なニュー・ロック系のセッションに参加する。ニュー・ロックを愛好するジュリアン・コープはこの時期の水谷のギターワークを「日本のフランク・ザッパ」とし、最重要ギタリストと目している。

1970年代後半から1980年代にかけては、歌謡曲からロックまで幅広いジャンルで編曲家として活動する。太田裕美を始めとするアイドル歌手、浜田省吾を始めとするロック系のアーティストなど、数え切れないほどの作品に参加している。

2003年に久しぶりに柳田ヒロとのデュオ・ユニット「MA-YA」を結成。新曲として「浮遊」を発表している。また、2004年には長年の盟友である浜田省吾と共に「Fairlife」を結成している。近年は首を痛めてしまった影響でギターを弾くことが困難になっているが、プロツールススティール・ギターによる演奏を続けている。

なお、父は近衛第一師団参謀長を務めた水谷一生陸軍大佐(陸軍士官学校第33期)である。夫人は小説家作詞家として活躍している小川糸

メンバーと担当楽器[編集]

ソロ[編集]

A PATH THROUGH HAZE 1971年[編集]

バンド・グループ[編集]

津田龍一とブルー・エース 1960年〜1963年[編集]

  • 津田龍一:ピアノ(作曲・編曲)(濱JAZZ発祥の地/野毛で活躍中)
  • 田川譲二:ヴォーカル
  • 水谷淳(水谷公生):リズム・ギター
  • 大野良二:ベース

アダムス 1968年[編集]

  • 轟健二:ボーカル
  • 水谷公生:ギター
  • 土谷守:オルガン
  • 千原秀明(後の武部秀明):ベース
  • 川上幸夫:ドラムス

LOVE LIVE LIFE 1971年〜1972年[編集]

1971年(LOVE LIVE LIFE + ONE)

  • 市原宏祐:サックス/フルート/ストリング、ブラス・アレンジ
  • 横田年昭:フルート/サックス
  • 水谷公生:ギター
  • 直居隆雄:ギター
  • 柳田ヒロ:オルガン/ピアノ
  • 寺川正興:ベース
  • チト河内:ドラム
  • 川原直美:パーカッション
  • 布施明:ヴォーカル

1971年

  • 市原宏祐:サックス/フルート/アレンジ
  • 横田年昭:フルート/サックス
  • 水谷公生:ギター
  • 直居隆雄:ギター
  • 柳田ヒロ:オルガン/ピアノ
  • 寺川正興:ベース
  • チト河内:ドラム
  • 神谷重徳:アレンジ

1972年(LOVE LIVE LIFE + ニューハート・ピックアップメンバー)

  • 市原宏祐:サックス/アレンジ
  • 水谷公生:ギター
  • 直居隆雄:ギター
  • 寺川正興:ベース
  • 田畑貞一:ドラム
  • 市川秀男:エレクトリック・ピアノ
  • 山木幸三郎:アレンジ

+

  • 羽鳥幸次:トランペット(ゲスト/「ロック・イン・バカラック」)
  • 村田文治:トランペット(ゲスト/「ロック・イン・バカラック」)
  • 片岡輝彦:トロンボーン(ゲスト/「ロック・イン・バカラック」)
  • 中山進治:サックス(ゲスト/「ロック・イン・バカラック」)
  • 砂原俊三:サックス(ゲスト/「ロック・イン・バカラック」)

ピープル 1971年[編集]

  • 穂口雄右:オルガン/ピアノ
  • 水谷公生:ギター/スライド・ギター/アコースティック・ギター/シタール
  • 武部秀明(元「アダムス」の千原秀明):ベース
  • 田中清司:ドラム/パーカッション
  • ラリー寿永:パーカッション/鐘

+

  • 井上ゴロー:ヴォイス(ゲスト/「ブッダ・ミート・ロック」)
  • 杉原マイヤ:ヴォイス(ゲスト/「ブッダ・ミート・ロック」)
  • 柴田キョウ:ヴォイス(ゲスト/「ブッダ・ミート・ロック」)
  • 戸村アケミ:ヴォイス(ゲスト/「ブッダ・ミート・ロック」)

DIG IT 1975年〜1976年[編集]

単独作品は残さなかったが、南こうせつバックバンドとして作品を残している。

  • 水谷公生:ギター
  • 田中清司:ドラム
  • 武部秀明(元「アダムス」の千原秀明):ベース
  • 渋井博:キーボード

MA-YA 2003年[編集]

  • 水谷公生:ギター/リズム・プログラミング
  • 柳田ヒロ:オルガン/ピアノ/シンセサイザー

+

  • 八尋洋一:ベース(ゲスト/「浮遊」)
  • 木村万作:ドラム(ゲスト/「浮遊」)
  • 長岡敬二郎:パーカッション(ゲスト/「浮遊」)
  • 浜田省吾:ヴォーカル(ゲスト/「浮遊」)
  • XBS:ラップ(ゲスト/「浮遊」)
  • テリー伊藤:ヴォイス(ゲスト/「浮遊」)

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • A PATH THROUGH HAZE (1971年)

バンド・グループ[編集]

津田龍一とブルー・エース
  • スイムで踊ろう (1960年)
  • エレキ・スタンダード (1961年)
アダムス
  • 「旧約聖書 / ギリシアの丘」 (1968年)
  • 「眠れぬ乙女 / 砂のお城」 (1968年)
  • 「地球はせますぎる / にくい時計」 (1969年)
  • 「明日なき世界 / 影」 (1969年)
LOVE LIVE LIFE
  • 「LOVE WILL MAKE A BETTER YOU」(LOVE LIVE LIFE + ONE) (1971年)
  • 「殺人十章」 (1971年)
  • 「ロック・イン・バカラック」(LOVE LIVE LIFE + ニューハート・ピックアップメンバー)(1972年)
ピープル
  • 「ブッダ・ミート・ロック」 (1971年)
水谷公生 & トライブ
  • 『追伸・北航路 ギター・ヒット歌謡ベスト16』(1974年)
MA-YA
  • 『浮遊』 (2003年)

主なセッション参加作品[編集]

その他[編集]

  • アウト・キャスト / コンプリート・君も僕も友達になろう (1998年)

  アルバム+全シングルを収録したCDに未発表曲:“そうだよベビー”を収録している。

主な作曲・編曲楽曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

  • レイジー
    • 感じてナイト」(作曲・編曲)
    • 「DREAMY EXPRESS TRIP」(作曲・※編曲は高崎晃との共同作業)
    • 「TIME GAP」(作曲)
    • 「僕らの国でも」(作曲・編曲)
    • 「ガラスのハート」(作曲・編曲)
    • 「星のハーティー・ロード」(作曲・編曲)
  • 渡辺真知子
    • 「気になるあいつ」(編曲)