堀江しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほりえ しのぶ
堀江 しのぶ
プロフィール
別名義 堀部 しのぶ(本名)
生年月日 1965年8月18日
没年月日 1988年9月13日
没年齢 23歳(数え24)
出身地 日本の旗 日本愛知県西春日井郡西枇杷島町
(現:清須市[1][2]
死没地 名古屋市南区[2]
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 162 cm / 48 kg
BMI 18.3
スリーサイズ 89 - 59 - 90 cm
カップサイズ E
活動
デビュー 1983年
ジャンル タレント女優
モデル内容 水着
モデル: テンプレート - カテゴリ

堀江 しのぶ(ほりえ しのぶ)1965年昭和40年)8月18日 - 1988年昭和63年)9月13日)は、日本女優タレント。本名は堀部 しのぶ(ほりべ しのぶ)。愛知県西春日井郡西枇杷島町(現:清須市)出身[2]血液型A型

来歴・人物[編集]

市邨学園高蔵高等学校(現:名古屋経済大学高蔵高等学校)在学中[2]1983年昭和58年)、クラリオンガールコンテストで平凡パンチ・アイドル賞を受賞、黒澤プロモーション(のちのイエローキャブ)に所属する[1]。翌1984年4月25日には「ビキニ・バケーション/BOY」(キティレコード(現ユニバーサルミュージック)、作詞:売野雅勇、作曲:松田良)で歌手デビュー[1]。同楽曲は第10回日本テレビ音楽祭・新人賞部門にノミネートされている[3]

明るいキャラクターと健康的なプロポーションで人気アイドルとなり、ドラマやバラエティで活躍していた。巨乳ブームの先駆けでもあった[1]

1987年(昭和62年)頃、堀江は自ら「もう少し細くなりたい」とダイエットを試み始めていた。ところが、1988年(昭和63年)の始め頃から腹痛や食欲不振などの体調不良を訴え、同年4月8日東京都内の病院に診察後、翌4月9日緊急入院した(当初の病名は「卵巣のう腫」と発表された)。しかし入院時には、堀江は既にスキルス性胃癌が卵巣にまで転移した末期がんの状況で、さらに6Lもの腹水が溜まって癌性腹膜炎も併発しており、「余命2か月」との診断が下された。その後、一部週刊誌が堀江の重病説を報道していたものの、堀江が所属するイエローキャブの社長・野田義治や家族の意向もあり、堀江本人には本当の病名は最後まで告知されなかった。

堀江の病状は一旦回復し、1988年5月頃に地元の名古屋市南区中京病院へ転院。一時外出の許可が下り、母親と買い物に出るなどしていたが、間もなく容体が悪化。1988年8月18日、堀江は23回目の誕生日を病室で迎えたものの、ベッドからも自力で起き上がれない状態だった。それから26日後の1988年9月13日午前4時28分、スキルス性胃癌のため死去[1]。戒名は「麗光貞忍大姉」[2]。また堀江の生涯最期の言葉は、「私、仕事がしたい…」だったという[2]

エピソード[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

クイズ番組[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

歌番組[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • もっと大胆に、もっとショキングに(1984年、講談社
  • あっ夢感(1986年、ワニブックス
  • 大胆素敵(1986年、リイド社)
  • SO SEXY(1986年、近代映画社
  • 20歳のわたしをあげる(1987年、講談社)
  • しのぶあい(1987年、近代映画社)
  • 穏やかな時(1988年、講談社)
  • AMENITY(1988年、大陸書房)
  • 堀江しのぶ―マドンナメイト写真集(マドンナ社、1986、ISBN 4576861255

演じた女優[編集]

小阪由佳
映画『巨乳をビジネスにした男』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.87.
  2. ^ a b c d e f サンデー毎日 1988年10月2日号 30 - 31頁
  3. ^ 第10回「日本テレビ音楽祭・決定最終ノミネート(新人賞部門) 80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
  4. ^ みうらじゅんの著書『みうじゃん』掲載の対談より。
  5. ^ 『プリンツ21 みうらじゅん ひとり大宴会』プリンツ212000年2月、p.84

外部リンク[編集]