野田義治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のだ よしはる
野田 義治
生誕 (1946-03-28) 1946年3月28日(71歳)
日本の旗 日本富山県富山市
職業 芸能プロモーター

野田 義治(のだ よしはる、1946年3月28日 - )は、日本の芸能プロモーターで、芸能事務所サンズエンタテインメントの会長。トラフィックジャパンの代表取締役社長を兼任する。元イエローキャブ代表取締役社長。元渡辺プロダクション社員。

経歴[編集]

生い立ちと初期[編集]

1946年、富山県富山市に生まれる[1]。幼少の頃は海上自衛官である父の仕事の都合で京都府舞鶴市などに住み、11歳からは広島県呉市で育った[1]広島県立呉工業高等学校卒業[1]。学生時代は主にスポーツと喧嘩に明け暮れる日々を送り、広島市内まで仲間と喧嘩に繰り出したという。

高橋英樹に憧れて俳優を志望し、広島から上京して俳優座の研究生となる。東京新宿区下落合の劇団の稽古場に通いながら、埼玉県鋳物工場、新聞の配送、ジャズ喫茶、ゴーゴークラブ支配人などをする。この店でグループ・サウンズブッキングマネジメントをやり始めたのが芸能界と関わるきっかけ[2]。なお、俳優の道を断念したのは、劇団サイドから声が篭(こも)るとの批判があったからだという。

1965年ダイワ企画入社。渡辺プロ時代にいしだあゆみのマネージャーを務めた。いしだは、芸能界では付き人泣かせの芸能人として有名であった。野田自身もなんども辞めようと思ったが、「この世界の礼儀、気配りから態度まで、それこそ1から10までを教わった」と言い、今ではいしだを心から尊敬している[3]

実業家として[編集]

1980年頃、黒澤プロモーション入社。遊び仲間3人で個人事務所イエローキャブを設立。1988年、有限会社イエローキャブに法人化し、代表取締役に就任。1993年、有限会社サンズを設立し、代表取締役に就任。1996年、有限会社イエローキャブを株式会社に改組。2002年6月、トラフィックジャパンを設立し代表取締役に就任。

2004年1月、株式会社イエローキャブの株式3分の2を保有する株式会社スタッフ東京東洋コンツェルングループ)の出席なしに、株式会社イエローキャブの臨時株主総会を開き、野田本人や所属タレントの雛形あきこ山田まりやなどに計400株の新株の発行を決定。しかし、スタッフ東京側は、新株発行は無効であるとして東京地方裁判所に新株発行無効確認訴訟を提訴。同年10月4日、発行した株式に対して「手続きに重大な欠陥がある株主総会は無効」として発行を認めない判決が下された。このため、同年12月に、株式会社イエローキャブの代表取締役社長を辞任し、有限会社サンズでマネジメント事業を行うようになる。これに伴い、一部の所属タレントが有限会社サンズに移籍した。

人物[編集]

空手バカ一代』をもじり、巨乳バカ一代を自称する。古くは堀江しのぶに始まり、かとうれいこ山田まりや細川ふみえ雛形あきこ小池栄子佐藤江梨子MEGUMIらといった数々の人気巨乳タレントグラビアアイドル)を売り出し、1990年前後から起きた「巨乳ブーム」のきっかけを作った[4]

「巨乳路線」は、1980年代後半に起きた出版業界の男性誌や情報誌の創刊ラッシュのとき、「少年マガジン」の編集者とたまたま意気投合して、堀江しのぶのグラビアを数10ページ組ませてもらい、これが評判を呼んだことがはじまりだという。当時はまだ、マンガ雑誌の表紙に水着姿の女の子を使うという発想はない時代であった[4]

QuickJapan』のVol.68グラビアアイドル特集の対談記事では、「今は何が受けるかわからない。世の中が難しい時代になってきて、特にグラビアは、うちの瀬戸早妃以降は俺はもうわからない。だから無難なところをやってる」と語り、瀬戸や小林恵美小島くるみ等スリムで美形なタレントを売り出している。また、関西を中心に活動していたニューハーフタレントのはるな愛を、本格的に芸能界に送り込んだ。

毎日新人の面接をこなし、売り出すタレントは全て自らの面接で合格した者のみ、自身の直感だけで決めると言う。新人タレントの胸を張りや形を確かめるため、水着や服の上から胸を触る、としている[5]

野田が理想とするグラビアアイドルの体型はB90W60H90で、曰く「マリリン・モンローの様な体型」である[6]。また、グラビアアイドルの条件として、「いかにヌカせるか、いかに勃たせるか」「土手の良さ」を挙げている。人気が出たら「服を着せてゆく」という手法を構築したが、他の事務所の慣習と異なり、「グラビアアイドル卒業宣言」は行わないというのが独自の方針である[5]

所属タレントの礼儀や規律などに関しては大変厳しい。また、世間的に無名なタレントなどがスキャンダルを利用して自身の知名度を意図的に上げようとする行為(売名行為)に関しては、否定的な考えを持っている。歯列の矯正以外の整形手術などは所属タレントに許さないばかりか、写真集やグラビアでは画像処理ソフトでの写真修正を認めていない。その一方で、「巨乳でブスの方が良い」「男を勃たせてナンボ」などの持論も展開している。後にスフィアリーグへと発展する芸能人女子フットサルには、Carezzaを率いて創成期から参加。芸能界で欠かせない礼儀や規律を養わせる一環として、所属タレントを参加させている。

短気であり、仕事に関しては妥協を一切許さないとされ、所属タレントの瀬戸早妃が西川貴教と交際していたことを知ったときには、瀬戸を一喝し、西川との交際を断固反対した。一方で、ドラゴンアッシュ降谷建志MEGUMIとの交際に関しては、認める姿勢をとっている。後に「仕事がある程度上手くいっていれば良い」と弁明しており、瀬戸に一喝したのは瀬戸が「まだまだのタレントだから」と主張している。小池栄子豊胸手術疑惑が噴出した際には、自らワイドショーに出演し疑惑を否定した。

三度のよりもタバコが大好きである。一方、アルコールは一切嗜まず、酒席では牛乳を注文する。

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 週刊野田義治(JFN系列)

ネット[編集]

マルチメディアプロジェクト、Theatter[7] 第2弾 「野田義治の巨乳道」 (ustream、2010年9月3日- )

書籍[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第78回 株式会社サンズエンタテインメント 野田義治 2The Greatest Person`s Vibration!! 連載第二十回 野田義治(サンズ社長)ドカント6 一点突破SpeakOut
  2. ^ 【連載】好きが高じてわらしべ社長 Vol.8 グラビアアイドルの“チチ親”野田社長の巨乳ビジネス一代記 (1/3)”. 月刊チャージャー. 2012年1月24日閲覧。
  3. ^ 【連載】好きが高じてわらしべ社長 Vol.8 グラビアアイドルの“チチ親”野田社長の巨乳ビジネス一代記 (2/3)”. 月刊チャージャー. 2013年12月6日閲覧。
  4. ^ a b 【連載】好きが高じてわらしべ社長 Vol.8 グラビアアイドルの“チチ親”野田社長の巨乳ビジネス一代記 (3/3)”. 月刊チャージャー. 2013年12月6日閲覧。
  5. ^ a b 『巨乳をビジネスにした男 野田義治の流儀』(大下英治・著 講談社 2008年4月刊)より。
  6. ^ マリリン・モンロー生誕80周年によせて”. 野田義治社長の巨乳ビジネス概論 (2006年4月22日). 2013年12月5日閲覧。
  7. ^ Theatter

関連項目[編集]

外部リンク[編集]