南圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなみ けいすけ
南 圭介
南 圭介
生年月日 (1985-07-03) 1985年7月3日(34歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1]
身長 183 cm[2]
血液型 B型[2]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 2004年[3] -
事務所 サンズエンタテインメント
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
美しい隣人
アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜
宇宙戦隊キュウレンジャー
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
備考
PureBoysリーダー
テンプレートを表示

南 圭介(みなみ けいすけ[2]1985年7月3日[2][4] - )は、日本俳優タレント東京都出身[2][4]サンズエンタテインメント所属。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

略歴[編集]

幼少期にパキスタンで育ち、小学3年生から6年生までの間はシンガポールで過ごした[1][5]。高校3年時の夏休みに渋谷でスカウトされ芸能事務所に入った[6][7]。当時の事務所はトレンド。

2004年に映画『少年と星と自転車』でデビュー[3][4]。2006年から舞台『ミュージカル テニスの王子様』に出演[4]

2007年6月、若手俳優ユニットPureBOYSのメンバーとなる。ユニットのリーダーとなり、八神蓮とともに2012年10月の解散時まで在籍した。

2008年3月に早稲田大学を卒業[8]

2015年3月、ルビーパレードへ移籍。

2017年7月、『宇宙戦隊キュウレンジャー』にて鳳ツルギ / ホウオウソルジャー役で出演[4]。2008年にゲスト出演した『炎神戦隊ゴーオンジャー』以来、約10年ぶりの特撮出演について「やっと願いが叶った」と語っている[9]。過去には『轟轟戦隊ボウケンジャー』や『烈車戦隊トッキュウジャー』のオーディションも受けていた[4]

2018年11月、サンズエンタテインメントへ移籍。

人物[編集]

趣味はスポーツ、ドライブ[2]。特技はバスケットボールダンクシュート[2]UNISON SQUARE GARDENのボーカル・斎藤宏介はシンガポール滞在時および大学の同級生である[10]

宇宙戦隊キュウレンジャー』で南が演じた鳳ツルギについて、メインライターを務めた毛利亘宏は南に決まってから固まった部分が大きいと述べており、東映プロデューサーの望月卓も南ありきのキャラであったと評している[11]。同作品で共演した岐洲匠は、南の人物像を「すべてを受け入れる人」と述べている[12]。漢字検定準1級、ウイスキー検定2級、世界遺産検定2級を獲得している。[13]

作品[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

その他テレビ番組[編集]

インターネット[編集]

  • 南圭介・渡辺大輔馬場良馬 トリプル・ゾーン(2011年11月 - 、ニコニコ生放送
  • ヤガミナミ☆のBAR(2014年1月 - 2015年12月、DMMライブトーク→ニコニコ生放送)
  • 芸能マル秘チャンネル 月 - 金レギュラー出演 メインパーソナリティー(2016年4月11日 - 2018年3月、AbemaTV

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ドラマCD[編集]

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2018年
1月28日 宇宙戦隊キュウレンジャー オールスター全曲集 ホウオウソルジャー / 鳳ツルギ(南圭介 「I'M LEGEND」 テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』関連曲

書籍[編集]

写真集[編集]

その他[編集]

  • 南圭介ファースト・トレーディングカード(2009年7月11日、J-MEN'Sトレカシリーズ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式ブログ
  2. ^ a b c d e f g 公式プロフィール
  3. ^ a b INTERVIEW282 南圭介&八神蓮. テレビドガッチ.[リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f キュウレンジャー公式完全読本 2018, pp. 24-27, 「KYURANGER MAIN CAST INTERVIEW 07 南圭介」
  5. ^ “☆アスコーとハシビロコー”. 南圭介オフィシャルブログ. (2011年5月1日). http://ameblo.jp/minami-keisuke/entry-10878325078.html 
  6. ^ “注目の若手俳優 南圭介インタビュー”. リアルライブ. (2011年1月28日). http://npn.co.jp/article/detail/30410638/ 
  7. ^ “南圭介の「チャレンジャーのことば」”. リクルート 受験サプリ. (2012年4月4日). http://jyukensapuri.jp/interview/002/ 
  8. ^ “☆卒業式”. 南圭介オフィシャルブログ. (2008年3月25日). http://ameblo.jp/minami-keisuke/entry-10082867773.html 
  9. ^ 南圭介、10年越しの願いかなう 12人目のキュウレンジャーとして7・9初登場 オリコン 2017年6月30日、2018年2月16日閲覧。
  10. ^ “☆再開!”. 南圭介オフィシャルブログ. (2009年7月29日). http://ameblo.jp/minami-keisuke/entry-10309658267.html 
  11. ^ キュウレンジャー公式完全読本 2018, pp. 44-47, 「KYURANGER PRODUCER×MAIN WRITER CROSS TALK 望月卓×毛利亘宏
  12. ^ 「SPECIAL INTERVIEW VOL.17 岐洲匠」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.17 宇宙戦隊キュウレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年2月23日、22-23頁。ISBN 978-4-06-509617-8
  13. ^ 「[https://thetv.jp/news/detail/187656/p4/ 『傷だらけのイケメン達』インタビュー]」
  14. ^ [1]
  15. ^ 映画「第九条」出演者”. 映画「第九条」オフィシャルサイト. 2016年4月25日閲覧。
  16. ^ 映画「第九条」予告編 出演”. クラスター クラスター. 2016年4月25日閲覧。
  17. ^ “「キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」誕生、ギャバン&シャイダーが登場”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/268053 2018年2月4日閲覧。 
  18. ^ 舞台「神様はじめました」瑞希役の樋口裕太など新キャスト発表”. コミックナタリー (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]