半保護されたページ

雛形あきこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひながた あきこ
雛形 あきこ
本名 雛形 明子
生年月日 (1978-01-27) 1978年1月27日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 164 cm
血液型 A型
職業 女優歌手タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1992年 -
配偶者 山本一磨(1998年 - 2003年
天野浩成2013年 - )
事務所 サンズエンタテインメント
公式サイト 雛形あきこ|サンズエンタテインメント
テンプレートを表示

雛形 あきこ(ひながた あきこ、1978年1月27日 - )は、日本女優[1]タレント、元グラビアアイドル。所属事務所サンズエンタテインメント

略歴

東京都江戸川区生まれで、両親と弟の4人家族[2]。小学4年生の頃に、父親の出奔に伴い東京都足立区西新井へ転居し、それ以降母子家庭として育つ。足立区立興本小学校卒[3]、足立区立扇中学校卒[4][5]東京都立江北高等学校(定時制)中退。

1992年、中学2年の時にドラマ『おべんきょう』(TBS) で女優デビュー[6]。当時は本名の「明子」名義であり、劇団東俳に所属。劇団時代にイエローキャブ(当時)社長の野田義治に見出され、自宅でスカウトされる。雛形という苗字がめずらしかったので野田は電話帳で自宅を調べて、押しかける形となった。本人曰く「人さらいが来たと思った」。

15歳からグラビア活動を開始し、それ以降数多くのグラビア誌で表紙を飾る[2]。1994年、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれる。同年、第10回日本メガネベストドレッサー賞・特別賞を受賞。1996年、第33回ゴールデン・アロー賞グラフ賞受賞[注 1]。1997年、スクーバダイビング関連会社のイメージキャラクターとして、プロモデルダイバーを務める。また1996年と1997年の11月に、テレビ朝日『27時間チャレンジテレビ』のニュースチャレンジステーションのキャスターにも挑戦した。

1995年より『めちゃ²モテたいッ!』にレギュラー出演し、後継番組である『めちゃ²イケてるッ!』も併せて22年間レギュラー出演した。1998年に20歳で最初の結婚をしたのを機にグラビアを卒業し[2]、その後は女優業へシフトするようになりイエローキャブから有限会社サンズへ移籍。

2004年、イエローキャブ・サンズ分裂時のお家騒動では野田義治について行き、株式会社化されたサンズエンタテインメントに引き続き所属。

2008年、東京都交通局日暮里・舎人ライナーの開業へ向け、「地元出身応援団」の1人に選ばれる。

人物

身長164cm。血液型はA型。愛称は「ヒナ」など。

家庭を大事にし、どんなに忙しくても食事の支度をしているという。

好きな食べ物はざくろ唐揚げ。また甘いものやお菓子が好きであり、大量にお菓子を買い込んだり、3食お菓子やデザートだけで過ごす日もあるという[7]。また、好きな和菓子を物色しに自家用車を飛ばしてわざわざ神奈川県鎌倉まで行く事もある。反対に嫌いな食べ物は白いご飯豆腐で、本人は「(味のない食べ物の存在する)意味がわからない」としている。

ダウンタウンDX』の"芸能人目撃情報"のコーナーで、視聴者から「雛形さんが渋谷のカフェで消しゴムを噛んでいた」という投稿があった。これに対し本人は、「MONOが一番美味しいんです。歯に食い込む感じがたまらなく好き」という発言で共演者を驚かせた。放送後のブログでは、日頃噛んでいるというMONOの消しゴムが写真付でアップされた。

大竹まことのラジオ(下記)に生出演した際、「不幸な匂いのする女」と大竹が自己のイメージを繰り返し述べたことに対し、アシスタントの光浦が、「手作りパンの教室に通っていますよね。すべての教室の中で、手作りパンこそが最高の幸せの象徴」と私生活を明かし、雛形本人も「うちでパンが焼けたらいいな、と思いまして」と語りその事実を認めた。一方、飽き性であり新世紀エヴァンゲリオンにはまったり、畑にはまったりといろいろやっているがすぐに投げ出してしまう。パン教室にも同じめちゃイケメンバーの大久保を誘ったはいいものの、すぐ辞めてしまった。

子供の頃は母に勧められて習い始めた日本舞踊が好きだったため、師範になって日舞の教室を開くことが将来の夢だった[2]

私生活

1998年5月、CMディレクター山本一磨と結婚。2000年5月11日に長女を出産すると、ママ友仲間に助けてもらいながら仕事と子育てを両立した(ちなみにママ友仲間とは、現在(2021年11月)もとても仲良くしているという)[2]。2003年11月28日に離婚。

2010年、『水戸黄門』レギュラー出演。同年7月2日発売の週刊誌「フライデー」にて、俳優の天野浩成との熱愛が報じられ、自身のブログでは「報道の通り、仲良くさせていただいています」とコメント。2013年3月25日、天野と結婚。この天野との結婚に際しては天野側が雛形姓に改姓したことが2018年になってから明らかにされた[8]

この再婚では結婚式はしなかったが、お互いの親族を伴ってハワイに行った。この時義母からサプライズプレゼントとしてウエディング写真の撮影をしてもらい、後年本人は「ものすごく嬉しかった」と感想を述べている[2]

エピソード

子供時代

元々明るい性格だったが、先述の通り小学校4年生の頃に家庭の事情で引っ越したことや、転校による環境の変化にすぐに馴染めず引っ込み思案な性格になった。そんな中唯一の救いだったのが同じマンションに住む女の子の存在で、当時彼女が劇団東俳に所属していたことからその後雛形も所属することとなった。「この子とできるだけ一緒にいたい」との思いから劇団に所属したため、それまではテレビを見ても芸能界に憧れたことも特定のタレントや歌手に憧れたことも一切なかったという[2]

中学2年生の頃に出演したドラマ『おべんきょう』は、劇団東俳に所属してすぐの頃に受けたオーディションに合格したため、芝居の勉強をほとんどしないままの出演となった。しかし本人は「初めての撮影現場は周囲の大人たちに優しく色々と教えられたおかげで演技に気負うことなく楽しく撮影に臨むことができた。今にして思えば本格的な芝居の勉強をしていなかったのが、私にとっては良かったのかなと思います」と回想している[2]

グラドル時代

15歳のある日「グラビアの撮影をやってみませんか?」と声をかけてきたのが、当時のイエローキャブの社長・野田義治だった。野田から「まずはグラビアで名前を世に出して、その後例えば芝居がやりたいなら、女優になるところまで持っていくから」と説得されて同事務所への所属を決めた[注釈 1][2]

グラビア活動を始めると、『週刊ヤングマガジン』や『週刊少年サンデー』など様々な雑誌や媒体で撮影をした。本人によると撮影現場はいつも和気あいあいとしていて、カメラマンやヘアメイクさんたちスタッフとの信頼関係がバッチリで、セクシーなポーズも自分なりに楽しみながら臨めたという。当時はグラビア撮影のため数え切れないくらい海外(主に温かい地域にある島)に行っており、一番多かったのはサイパンとのこと[注釈 2][2]

グラドル時代にマンションで初めて一人暮らしをしたが、当時は撮影で忙しかったため、帰宅後はほぼ寝るだけの部屋だったとのこと。17歳で歌手デビューするまではイベントなどでファンに会う機会がなかった。このため本人は、「当時は自分が世間でどのくらい認知されているのか分からなかった」としている[2]

雛ポーズ、女豹のポーズ

雛ポーズ

グラビアでしていた“雛ポーズ”は、当時のグラビアポーズの代名詞となった。このポーズの誕生のきっかけは、新人だった頃水着でのポーズの仕方が分からず困っていると、カメラマンから「じゃあ、カメラを見ながら立ったり座ったりを繰り返して」と言われた。意味が分からないまま指示通りに撮影に臨み、後日雑誌に載ったその写真を見ると“座っている所から立ち上がろうとして膝に手をついている途中経過の姿勢”が多かった[9]

ほどなくして野田社長が、このポーズを「胸と顔が印象的に見えるポーズ」として気に入り、雛ポーズと呼ばれるようになった。ただし雛形自身はグラビア活動を初めて1年くらい経った頃に、後輩グラドルから「私にも雛形さんがしている“雛ポーズ”をしてほしいってリクエストがすごいんです」と言われるまで、周りから雛ポーズと呼ばれていることは知らなかったという[注釈 3]

女豹のポーズ

“女豹のポーズ”は、雛ポーズと同じくらい有名で、雛形が広めたとされる。ただし本人は、「あのポーズは女豹ではなくネコをイメージしたポーズ」としている。当時主演したドラマ『闇のパープル・アイ』で豹に変身する内容だからなのか、後日グラビア撮影時に「豹っぽいポーズをお願いします」と言われた。 しかし豹をじっくり見たことがないためスタッフに「豹ってどんなポーズをするんですか?」と聞いた。彼から「豹はネコ科だからネコでいいんじゃないですか?」と言われたため、“ネコが伸びをしているイメージ”でポーズし撮影した。その後このポーズは、女豹のポーズとしてファンなどの好評を得て、他のグラドルにも広まった[注釈 4]。本人は後年、「グラビア活動は私の原点ですし、どちらのポーズも“雛形あきこ”を世間に認知してもらえた、とても大切なポーズです」と語っている[9]

『めちゃイケ』

『めちゃイケ』で共演したメンバーは、歳を重ねるにつれ仕事でもプライベートでも立場がどんどん変わるのに、この番組の収録の時だけは“番組開始当初の関係に自然と戻る”という不思議な空間だったという[2]

『めちゃイケ』の放送期間中にフジテレビの本社が新宿河田町からお台場に引っ越した。完成直前の巨大な球体[注釈 5]にメンバー皆で入って大暴れしてしまい、後で怒られて出禁になったとのこと。他にも『めちゃイケ』ではメンバーと共に、番組の外部の人たちから色々と叱られたそうだが、本人は「今となっては何もかもが懐かしい。あれが私の青春時代だった気がします」と回想している[2]

作品

事務所側は小室哲哉プロデュースのデビューを望んでいたが、当時すでにアイドルとして一定の評価を受けていた雛形を小室ファミリーという別物のトレンドに乗せてしまうことを小室サイドが憂慮し、小室哲哉の弟子の浅倉大介プロデュースで歌手デビューしたというエピソードがある[要出典]

シングル

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位 備考
1st 1995年8月2日 笑顔の予感 作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
28位
2nd 1995年11月1日 Wonder Girl 作詞:麻倉真琴
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
54位
3rd 1996年2月2日 揺れる恋 乙女色 作詞:麻倉真琴
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
42位 カップリングには「Kitty Day~仔猫になった日~」が収録される
4th 1996年4月24日 SIX COLORS BOY 作詞:麻倉真琴
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
48位 アニメ映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』主題歌
雛形自身も声優に初挑戦
5th 1996年6月5日 Dream-self 作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
60位 アサヒ飲料『さわやかぶどう』CMソング
6th 1996年10月23日 DESTINATION 作詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介
61位

アルバム

発売日 タイトル 収録曲 最高位
1st 1996年3月3日 ヒナ・コレ Hina Collection
  1. 笑顔の予感 ("Deep"Dream mix.)
  2. Wonder Girl ("Deep"Club mix.)
  3. 揺れる恋 乙女心
  4. Ocean View~海に降る雨~
  5. 笑顔の予感
  6. Wonder Girl
  7. Kitty Day~仔猫になった日~
  8. 揺れる恋 乙女心 ("Deep"Night mix.)
  9. HINA BEATS COLLECTION By D.A.~Non-Stop Dance Style~
    (笑顔の予感~揺れる恋 乙女色~Wonder Girl)
  10. Kitty Day~hinaがクレイジーキャッツになった日~
42位
2nd 1996年11月21日 ヒナ・コレ2 Hina Collection 2
  1. DESTINATION
  2. FUNKY GAME
  3. Dream-self
  4. INVISIBLE…
  5. SIX COLORS BOY
  6. REMAKE IT!
  7. REMAKE IT! (NEW/matt-edition/jp.)
  8. SIX COLORS BOY (N.O.D.A.Hong Kong mix/“HINA”H.K.RIMIXES)
  9. Dream-self (remix for TARA-chan/“HINA”H.K.RIMIXES)
  10. DESTINATION (C.Y.Dream mix/“HINA”H.K.RIMIXES)
73位
Best 2010年8月18日 GOLDEN☆BEST
  1. 笑顔の予感
  2. Wonder Girl
  3. 揺れる恋 乙女色
  4. SIX COLORS BOY
  5. Dream-self (original mix)
  6. DESTINATION
  7. Kitty Day~仔猫になった日~
  8. Ocean View~海に降る雨~
  9. FUNKY GAME
  10. INVISIBLE…
  11. REMAKE IT!
  12. 笑顔の予感 (Cute Mute Mix)
  13. Wonder Girl (Cute Mute Mix)
  14. 揺れる恋 乙女色 (“Deep” Night Mix.)
  15. SIX COLORS BOY (Cute Matt Mix)
  16. Dream-self (summer scramble mix)
  17. HINA BEATS COLLECTION by D.A.

映像作品

  • Sixteen Candles 雛形あきこ(1994年7月21日、ポニーキャニオン) - PCVC-10306
  • V-hina Super Video Tracks(1996年、ビクターエンタテインメント) - VHS VIVL-173。
  • V-hina Super Video Tracks(1996年、ビクターエンタテインメント) - VCD。
  • V-hina Super Video Tracks(1996年、ビクターエンタテインメント) - LD。
  • 「ROOM」(1997年、DREAM SQUARE) - FD版。

出演

テレビドラマ

ラジオ番組

  • 雛形あきこのハッピー・メリーゴーラウンド(bayfm
  • 雛形あきこ 今夜もヒナ用心(文化放送
  • 雛形あきこ LOVEマジック(文化放送)
  • 雛形あきこのにゃお(TBSラジオ
  • 清水圭のえぇんちゃうの!?(1995年 TBSラジオ)
  • 大竹まこと ゴールデンラジオ(2009年8月20日、文化放送)

映画

劇場版アニメ

吹き替え

ウェブドラマ

  • 日本をゆっくり走ってみたよ ~あの娘のために日本一周~(2017年 - 2018年、Amazonプライム・ビデオ) - 美幸 役

テレビゲーム

バラエティ番組

舞台

  • ドリス&オレガ「エデンの南」(2002年10月30日 - 11月24日)
  • 劇団ノーティーボーイズ「畳屋バラッド」(2003年6月25日 - 29日)
  • ドリス&オレガ「大騒動の小さな家」(2004年12月18日 - 2005年2月2日)
  • ツキコの月、そしてタンゴ(2006年)
  • K.ファウスト(2012年)
  • 令嬢と召使(2016年)[13]
  • ハウ・トゥー・サクシード(2020年9月4日 - 20日 / 10月3日 - 9日)
    • ハウ・トゥー・サクシード(2021年11月20日 - 12月7日 / 12月14日 - 16日)[14]

CM

受賞歴

1997年

書籍

写真集

  • four Colors(1993年)
  • AKIKO(1994年)
  • 雛形あきこグラフィティー1994-1996(1996年9月 スコラISBN 978-4796295253
  • ヤングサンデー特別編集SaRuパラ 雛形あきこPART1(1997年)
  • ヤングサンデー特別編集SaRuパラ 雛形あきこPART2(1997年)
  • AKIKO HINAGATA 1992-2002(2002年)ISBN 978-4860460532
  • Springtime 雛形あきこ(2018年5月16日 双葉社ISBN 978-4575313581

エッセイ

  • 永久不変(1999年)
  • 雛形あきこのダンドリまにゅある〜家事力をスマートに磨く〜(2001年)

関連作品

  • 漫画「ヒナに胸キュン! イエローキャブ物語」(1996年、橋口隆志作画)

脚注

注釈

  1. ^ No.1グラビアアイドルの勲章ともいえる賞。イエローキャブ所属タレントとして受賞したのは(2007年時点で)雛形のみ。

出典

  1. ^ 25年ぶりに雛形あきこを取材、落ち着いた奥様ぶりに時間の流れ感じた”. 日刊スポーツ (2021年4月17日). 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 週刊現代11月13・20日号「私の地図」第501回・雛形あきこp78-80
  3. ^ 「金曜プレステージ・さんま&くりぃむの第4回芸能界秘個人情報グランプリ」(フジテレビ・2009年10月23日放映)にて公開。
  4. ^ めちゃ²イケてるッ!」の抜き打ちテスト(フジテレビ・2011年10月8日放映)にて公開。
  5. ^ 雛形あきこ 「わが街 わが友 扇❺ 扇子持参の扇中学」 『東京新聞』 、28頁、2010年10月13日。 
  6. ^ “テリー伊藤 対談 雛形あきこ(1) 撮影が過酷でやせました…”. アサ芸プラス. (2012年1月4日). https://www.asagei.com/excerpt/3082 2020年2月14日閲覧。 
  7. ^ (『フジ銀行 芸能人のサイフの中身秘(秘)徹底チェック!』より)
  8. ^ “雛形あきこ、夫の天野浩成は「実は婿養子」とテレビ初告白 ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年4月10日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180410-OHT1T50144.html 2017年4月10日閲覧。 
  9. ^ a b c 伝説の“雛ポーズ”誕生秘話を雛形あきこ自身が告白「現役時代、一度もやってと言われたことはなかった」”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!- (2014年9月14日). 2021年11月12日閲覧。
  10. ^ 菊川怜、5度目の松本清張ドラマは「非常に難しい」石田ひかりと初共演”. マイナビニュース (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  11. ^ キャスト”. 映画「ミスムーンライト」公式ホームページ. 2017年3月31日閲覧。
  12. ^ 神の発明。悪魔の発明。 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年7月25日閲覧。
  13. ^ ストリンドベリ原作「令嬢と召使」を雛形あきこと渡部豪太が2人芝居で”. ステージナタリー (2016年2月4日). 2016年2月4日閲覧。
  14. ^ 増田貴久主演のコメディミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』 唯月ふうか、松下優也ら共演で再演が決定” (日本語). gooニュース. 2021年9月16日閲覧。

注釈

  1. ^ 後年「野田さんのあの日の約束は嘘ではなかったですね。野田さんとの素晴らしい出会いに感謝しています」と述べている。
  2. ^ 他にもグアム、ハワイ、バリ島、パラオなどに何度も訪れたという。
  3. ^ グラドル時代にカメラマンから「雛ポーズをお願いします」と言われたことは一度もなく、本人も雛ポーズと認識しないままやっていたとのこと[9]
  4. ^ ただし、本人は「私のイメージとしては“ネコのポーズ”で撮影していたし、雛ポーズと同じく私から『女豹のポーズです』と言ったことはないんです」としている
  5. ^ 通称「はちたま」と呼ばれる球体展望室のこと。詳しくはFCGビルを参照

外部リンク