巨乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

巨乳(きょにゅう)は、外見上巨大な乳房、またはその乳房を有する女性を指す造語である[1]

概要[編集]

乳房がどの程度まで大きく膨らんで(成長して)いれば巨乳と感じるかは、この言葉の使用者の主観に大きく左右される。そのような主観について統計的に調べることは可能である。マイナビウーマンによる調査では、男女ともDカップ以上から巨乳だと思う人が多かった[2]ほか、巨乳だと感じるブラジャーのカップはEカップ以上と答えた人が多かった[3]

日本の下着メーカーの行った調査では、乳房の大きな女性が増えてきているという。例えば、トリンプ・インターナショナル・ジャパンによる調査では、1980年ではAカップが60%ほど、Dカップ以上は4.5%であった。しかし、2004年では30%近くがDカップ以上、2011年では41.5%がDカップ以上(Eカップ以上は約20%)だという。以前は、バストが大きいのは恥ずかしい、隠したいという傾向もあったが、2006年時点では意識が変わり、大きめのカップを選ぶ女性も増えているという[4]

類語として、一般女性と比べ極端に膨らんだ(成長した)バストを爆乳(ばくにゅう)や超乳(ちょうにゅう)や魔乳(まにゅう)などがある。また、形の美しいバストを美乳(びにゅう)、対義語であまり膨らんでいない(あまり成長していない)バストを貧乳(ひんにゅう)や微乳(びにゅう)や無乳(むにゅう、ないちち)と呼ぶ場合がある。極乳という表現もAVなどで使われたが、あまり定着していない。

女性タレントやグラビアアイドルの巨乳を形容するのに、スイカップ古瀬絵理)などといった語が用いられることもある。ちなみに、スイカにあたる英語watermelonは、俗語で爆乳のことである。

日本人の女性の平均カップサイズはトリンプ調査によると以下のように推移している[4]。ただし、カップサイズは不変の客観基準とは言えない部分がある。2000年代頃からのものほど、かつてより大きめに表記されている傾向があったり、同時代で同じカップサイズでもメーカーによってカップ容量が違ったりする場合がある。したがって、たとえば30%という数値が本当に30%なのかという点については、絶対に30%であるとは言えない部分がある。それでも全体の傾向を把握する参考にはなる。海外でもカップサイズの調査が行われているが、日本のDカップと海外のDカップはカップ容量が違う場合が多い。特にイギリスとアメリカのブラジャーサイズについては計算方式も異なっている。イギリスやアメリカのブラジャーのDカップは、日本ではEカップに相当する。

年代別 バストサイズの変化
調査年AカップBカップCカップDカップEカップFカップGカップ
1980年(昭和55年)58.6%25.2%11.7%4.5%---
1990年(平成2年)32.3%30.5%21.4%10.0%5.6%0.2%-
1992年(平成4年)25.9%28.3%24.1%12.8%7.8%1.1%-
1996年(平成8年)23.8%34.2%23.9%11.7%4.4%1.8%0.2%
2004年(平成16年)10.2%27.8%27.8%21.5%10.0%2.1%0.6%
2011年(平成23年)8.0%23.8%26.7%22.0%12.8%4.8%1.9%
2014年(平成26年)5.3%20.5%26.3%24.1%16.2%6.0%1.6%

巨乳の女性では「肩こり」に悩む人も多いと思われがちであるが、一概にバストの大きさと肩こりの因果関係を結び付けられるものではない。バストが原因の肩こりはサイズに関係なくブラジャーのサイズや着用方法(フィット感)が正しくない時に生じるとされる。また、バストの大きな女性の場合、乳房の重さから首や肩の皮膚に負担が掛かるため猫背気味になりがちであり、それが原因で肩周りの筋肉の凝りを覚えることがある。そのため、他の健康上のリスクを抱えることにもなる[5]

衣服の選択にも困る場合がある。バストサイズに合わせると洋服のサイズ(号数)が大きくなるばかりで、ブカブカのことがあり、ボディラインを美しく見せるシルエットに特化したデザインは少ない。そうした声を受け、近年になってバストラインを魅力的に見せながら体型もすっきりと見せるデザインを施したブランドも徐々に増えつつある。

一方で、大きなバストを敢えてコンパクトに整えて、サイズダウンしたように見せるブラジャーの需要も増えており、主要下着メーカーからリリースされている。

来歴[編集]

前史[編集]

世界各地の先史時代の地母神と推定される像には、豊穣と多産の象徴として乳房を大きく誇張して制作されたものがある。オーストリアの後期旧石器時代の石像[6]ヴィレンドルフのヴィーナスもその一例である [7]。 フランス・ドルドーニュ県で発見されたローセルのヴィーナスも豊穣の象徴とみなされることがあるが[8]、その解釈には諸説ある[9]

1世紀から2世紀に制作されたインドのヤクシニーの像にも、豊満な姿で表現されたものがある[10]

神統記』116-122行に「胸ひろきガイア」という記述がある[11]が、ガイアも地母神だった可能性がある[12]。古代ギリシア人は乳房よりも臀部を重視し、巨乳は必ずしも評価されなかった[13]

その後、中世ヨーロッパでは裸体はキリスト教の「罪」と結びつけられ、美術品でも乳房を直接表現することは少なくなった。ルネサンス以降は露出した乳房も再び描かれるようになる[14]

日本語の古い文献で巨乳に言及したものとして『万葉集』がある。巻第九(1738)「上総の末の珠名娘子を詠む一首」に次のような記述がある[15]

しなが鳥(とり) 安房(あは)に 継(つ)ぎたる 梓弓(あづさゆみ) 末(すゑ)の珠名(たまな)は 胸別(むなわけ)の 広(ゆたけ)き我妹(わぎも) 腰細(こしぼそ)の すがる娘子(をとめ)の その姿(かほ)の きらきらしきに 花(はな)のごと(以下略)

(口語訳)安房の地続きの末(という地名)の珠名(という女性)は胸が豊満でジガバチの様にウエストがくびれた娘で、容姿は端正で花のように微笑んで立っていると(以下略)

ボインの時代[編集]

「巨乳」という言葉が登場するまでは、大きな乳房を示す言葉として「ボイン」、「デカパイ[16]という言葉が使われていた。

ボインという言葉は1960年代初頭より成人向け雑誌に散見されていたが、一般に広く知られるようになったのは、1967年大橋巨泉がテレビ番組『11PM』において朝丘雪路の乳房をボインと表現し、転じて朝丘をボインちゃんというあだ名で呼び始めたのがきっかけである[17]。朝丘は『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』に出演した際、「配送業者に拇印(ぼいん)を求められて、ボインを伝票に押し付ける」というコントを演じたこともある。巨乳タレントの元祖と評する者もいる[18]

「ボイン」は「ヒッピー」などと共にその年の流行語となった。また、1969年月亭可朝が『嘆きのボイン』を発表し80万枚を売り上げるヒット[19]となったこともあり、ボインという呼称が定着した。ボインは、1970年代には永井豪キューティーハニーの歌詞にも使用され、小島功の『ヒゲとボイン』のように漫画のタイトルにもなり、1980年代に入っても人気アニメ『まいっちんぐマチコ先生』で「ボインタッチ」の語が使われた。

1977年、ハウス食品工業(現・ハウス食品)の「ハウス プリンミクス」のCMが放送される(子供たちが「デカプリン」と叫ぶと、大場久美子が恥ずかしそうに胸を押さえる)。この影響もあってか、ボインという単語は徐々にデカパイに置き換わっていく[20]

2010年以降になると、造語である「巨乳」という語への置き換えが進み、2015年になると、俗語としての「ボイン」は事実上の死語となった。

アイドル界においては長らく清廉性が求められ、大きなバストはタブー視されていたが、1970年代後期に榊原郁恵が「健康的なお色気」という形でアイドル性との両立を果たし、その後のいわゆる巨乳アイドルの先駆けとなった[18]

巨乳の誕生[編集]

安田理央は、1983年頃から『BACHELOR』誌で「巨乳」という表現が使われたことが、この言葉が世に広がる発端となったのは間違いないとしている[21]。この言葉自体は、『平凡パンチ』1967年8月28日号において、ジェーン・マンスフィールドの胸を表現する際に使われている[20]

1985年6月に日本で劇場公開されたアメリカの成人映画『Raw Talent』(1984年製作、監督:ラリー・レヴィーン)の邦題『マシュマロ・ウェーブ/巨乳』に使われたのが、一般に向けての最初の使用例であるという説がある[19]。1985年12月には、ラス・メイヤー監督作『Beneath The Valley of The Ultra-Vixens』(1979年製作)が『ウルトラ・ビクセン/大巨乳たち』の邦題で公開された(後に『ウルトラ・ヴィクセン』に改題)。

日本製作の映像作品のタイトルにおける初期の使用例としては、1986年4月に発売されたアダルトビデオ『SM巨乳奴隷』(STUDIO 418、主演:吉沢まどか)や、1986年8月に成人映画・アダルトビデオとして同時公開された『巨乳』(新東宝映画、監督:細山智明、主演:菊池えり)などがある。

「巨乳」という言葉がより一般レベルで定着したのは、AV女優界では松坂季実子1989年2月デビュー)の登場によるところが大きい[20]。一般の芸能界では1990年代初頭にかとうれいこ細川ふみえらが人気を博し、AVから縁遠い少年や女性の間にも「巨乳」という言葉が浸透した。かとうや細川らの登場以前は、巨乳という言葉は既にあったものの、AV専用に近かった[22]

言葉としての巨乳[編集]

1993年には「爆乳」という言葉が派生、さらに1990年代後半、杉作J太郎が「貧乳」と言う言葉を用いだした[16]。「貧乳」という用語自体は1989年に連載が始まった安永航一郎のコミック「巨乳ハンター」で巨乳の対義語として多用されているなど、1980年代に使用例がある。同作では「盆地胸」など定着しなかった用語を含め、胸に関する多彩な表現が試みられている。スラングとしては「ホルスタイン」などがある。

風俗史研究者である井上章一は、従来は「-乳」と言えば牛乳、母乳など液体の乳状のものを差していたところ、「-乳」と言った語によって乳房の形状、状態を表す熟語となったことは、日本人にとっての言語感覚の転機となったとも言い得る、としている[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 小松奎文(編著) 『いろの辞典』文芸社、2000年7月3日、229頁。ISBN 4-8355-0045-8 
  2. ^ “男女で認識に差はあるのか!? 巨乳は何カップからだと思う?「男女共1位 Dカップ」”. マイナビウーマン (マイナビ). (2013年12月29日). オリジナルの2016年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161101214030/https://woman.mynavi.jp/article/131229-18/ 2022年6月22日閲覧。 
  3. ^ “巨乳だと感じるブラジャーのカップ「Eカップ 34.1%」”. マイナビウーマン (マイナビ). (2014年1月26日). オリジナルの2016年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161123181149/http://woman.mynavi.jp/article/140126-17/ 2022年6月22日閲覧。 
  4. ^ a b “日本女性のブラジャーの平均サイズは?”. エキサイトニュース (エキサイト). (2006年2月8日). オリジナルの2006年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060215085911/http://www.excite.co.jp/News/bit/00091139306492.html 2022年6月22日閲覧。 
  5. ^ 大きいほどヤバイ?巨乳の人が抱える健康上のリスク6個”. マイナビウーマン. 2013年9月7日閲覧。
  6. ^ 小野昭「オーストリア・ヴィレンドルフII遺跡の磨製石器」『日本考古学』第2巻第2号、日本考古学協会、1995年、 201-206頁、 doi:10.11215/nihonkokogaku1994.2.201ISSN 1340-8488
  7. ^ Christopher L.C.E. Witcombe(著者) (英語). Venus of Willendorf (電子書籍). Apple Books 
  8. ^ 陳岡めぐみ「ボルドー展―美と陶酔の都―」『国立西洋美術館報』第50号、2017年、 30-31頁。
  9. ^ 春成秀爾「旧石器時代の女性像と線刻棒」『国立歴史民俗博物館研究報告』第172号、2012年、 71-72頁。
  10. ^ 乳房文化研究会(編) 『乳房の文化論』淡交社、2014年、131-134頁。 
  11. ^ 中村善也、中務哲郎 『ギリシア神話』岩波書店〈岩波ジュニア新書40〉、24-26頁。ISBN 4-00-500040-1 
  12. ^ 松村一男 『もう一度学びたいギリシア神話』西東社、2007年10月20日、33頁。ISBN 978-4-7916-1448-6 
  13. ^ 『世界大百科事典』 18巻、平凡社、2007年、97頁。 
  14. ^ 武田雅哉(編) 『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』岩波書店、2018年、32, 165-167頁。 
  15. ^ 小島憲之, 木下正俊, 東野治之(校注・訳) 『萬葉集②』小学館〈新編日本古典文学全集7〉、1995年4月10日、413-414頁。ISBN 4-09-658007-4 
  16. ^ a b c 井上章一、関西性欲研究会 『性の用語集』講談社〈講談社現代新書〉、2004年12月18日、126-129頁。ISBN 978-4-06-149762-7 
  17. ^ 米川明彦(編) 『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版、2006年、583頁。 
  18. ^ a b 実話ファンが選ぶ史上最高「おっぱい美女」総選挙50人!(3)”. WEEKLY JITSUWA NEWS. 株式会社日本ジャーナル出版 (2018年1月15日). 2019年9月22日閲覧。
  19. ^ a b 日本中の男どもを興奮させた「美乳の歴史」を教えよう【写真集編】”. SmartFLASH. 株式会社光文社 (2016年8月12日). 2019年9月22日閲覧。
  20. ^ a b c 岡野誠 (2018年1月17日). “『巨乳の誕生』著者 「ボイン」から始まる大きな胸の歴史”. NEWSポストセブン. 株式会社小学館. 2019年9月22日閲覧。
  21. ^ 安田理央 (著者) (2017年) (日本語). 巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか (電子書籍). 太田出版. ISBN 978-4778316051 
  22. ^ 実話ファンが選ぶ史上最高「おっぱい美女」総選挙50人!(2)”. WEEKLY JITSUWA NEWS. 株式会社日本ジャーナル出版 (2018年1月14日). 2019年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 織田祐二『グラビアアイドル「幻想」論』(双葉社、2011)
  • 井上章一&関西性欲研究会 『性の用語集』 (講談社、2004。ISBN 978-4-06-149762-7)
  • 乳房文化研究会 編 『乳房の文化論』(淡交社、2014年12月5日。ISBN 978-4-473-03980-4
  • 山崎明子, 黒田加奈子, 池川玲子, 新保淳乃, 千葉慶 『ひとはなぜ乳房を求めるのか 危機の時代のジェンダー表象』(青弓社、2011年8月20日。ISBN 978-4-7872-3328-8
  • デズモンド・モリス, 常盤新平 訳 『ウーマンウォッチング THE NAKED WOMAN』(小学館、2007年3月7日。ISBN 978-4-09-693016-8
  • 乳房文化研究会 『乳房の科学―女性のからだとこころの問題に向きあう―』(朝倉書店、2017年6月20日。ISBN 978-4-254-10279-6
  • 武田雅哉 編 『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』(岩波書店、2018年5月24日。ISBN 978-4-00-025428-1

関連項目[編集]