おっぱい星人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おっぱい星人(おっぱいせいじん)とは、女性乳房(おっぱい)に対する興味、関心が一般の人より高い人を指す俗語である。

本記事ではおもに語としての「おっぱい星人」について記述する。嗜好・関心そのものについては胸フェティシズムを参照。

概要[編集]

女性のおっぱいに性的に強く惹かれる男性のこと。英語ではtitsmanやboobmanという。巨乳フェチ作家の鏡裕之は、オッパイ星人オッパイ好きを次のように定義する:ポルノ作品に対して揉むや吸うなどの巨乳フェチプレイよりも挿入描写を求める男性を「オッパイ好き」、挿入描写よりも巨乳フェチプレイの描写を多く求める男性は「オッパイ星人」である[1]

来歴[編集]

その発祥は定かではないが、1990年代に入り、タモリヒロミが『ボキャブラ天国』等のテレビ番組で自分たちの嗜好を表現する用語として使い始めた。

現代用語の基礎知識』1996年版では「巨乳の人」の意とされていたものが、同1997年版では「巨乳好きの人」と意味が変化している[2]

1997年出版の『若者ことば辞典』では「○○星人で、○○が大好きな人を表す」と、一般化した形で述べている[3]

2001年、読売テレビアナウンサーの野村明大は、香取慎吾が使いはじめてからよく使われるようになったとの説を唱えている[4]

2002年出版の『なにわOL処世道』(そのだちえ著、講談社文庫)でも「大きいバストが好きな男性」とする。

2003年出版の『日本俗語大辞典』に見出し語として採録されており、「胸の大きな女性。また、そのような女性が好きな男性。後者の意味が一般的」と説明している[2]

なお、とんねるずの生でダラダラいかせて!!木梨憲武が、かとうれいこを「おっぱい星人」と呼んだことがある(現代用語の基礎知識1996年版の用法)が、定着しなかった。

映画作品[編集]

オッパイ星人』は、2005年4月30日公開の日本の映画作品[5]

遙か宇宙の彼方のオッパイ星の王女ニップル(森下)は、3人の勇者(遠藤、緋田、井口)と共に、地球の島国・日本にやってくる。オッパイを欲望の対象や商売道具にする下等な民の星を侵略するのだ……という設定だが、実際はCGに役者の顔をはめ込んだ四畳半の部屋の映像でグダグダ話をしているだけのショート・コメディ映像作品。

出典[編集]

  1. ^ 鏡裕之. “鏡裕之『成年コミックの評価について』”. BUSTYCOMIC. 2019年9月25日閲覧。
  2. ^ a b 『日本俗語大辞典』米川明彦、東京堂出版、2003年11月10日、124頁。ISBN 4-490-10638-6
  3. ^ 米川明彦『若者ことば辞典』東京堂出版、1997年、118頁。
  4. ^ 道浦俊彦 (2001年7月26日). “ことばの話388「オッパイ星人」”. 道浦俊彦/とっておきの話. 讀賣テレビ放送株式会社. 2019年9月25日閲覧。
  5. ^ オッパイ星人”. KINENOTE. 株式会社キネマ旬報社. 2019年9月25日閲覧。

関連項目[編集]