この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

乳房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乳房
Closeup of female breast.jpg
ヒト(女性)の乳房
ラテン語 mamma
英語 Breast
器官 外皮系
動脈 内胸動脈
静脈 内胸静脈
テンプレートを表示

乳房(にゅうぼう、ちぶさ)は、哺乳類メスが持つ外性器の一つ。構造上は外皮と密接な関係があり、女性では乳腺から乳汁分泌哺乳器としての機能を内包する。その形状や大きさには個人差、年齢差、人種差があり、乳腺の分泌期とそうでない時期によっても異なる。女性では10歳前後から発達し始め、成人では前胸壁大胸筋上に半球状(お椀状)に隆起し、底面の直径は平均で10-12㎝ほどである。乳(ちち)あるいはお乳とも言い、俗におっぱいとも呼ばれる[1]

概要

乳房は多くの哺乳類メスに存在する、皮膚の一部がなだらかに隆起しているようにみえる柔らかい器官で、その内部には、乳汁(母乳、乳)を分泌する機能を持つ外分泌腺の乳腺(にゅうせん)が存在する。哺乳類の乳房は胴部の腹面に左右の対をなして発達する。乳房の中央には、乳汁が外部に分泌される開口部を含む乳頭(にゅうとう)が存在する。哺乳類では、産まれてから一定期間の間の乳児は乳汁を主たる栄養源として与えられ、生育する。哺乳類の名前は、ここから来ている。オスの乳房、乳腺はその生産機能と分泌の機能を持たないため通常、痕跡的である。

なお、野生の哺乳類では授乳時に乳頭が露出することによって辛うじて存在が判明する程度の膨らみにしか発達しない種が多い。また、単孔類では乳房や乳首は発達せず、腹面の育児嚢の中のくぼみ状の構造から母乳は分泌される。乳腺は本来は汗腺のようなものから発達したもので、単孔類のそれは原始的状態を保持したものと考えられる[2]

以下、特に断りがない限り、人間の乳房について記述する。

ヒトの乳房

概観

ヒトの乳房の外観

哺乳類であるヒトの乳房の役割は出産後に母乳を分泌し、乳児を育てることであるが、現代においては人工乳も改良が進み、体重・身長などの形態学的な面だけでなく、機能的な面でも母乳栄養児とほぼ同じように成長する。ただし、母乳栄養児にはアレルギーが少ないことなどが知られており、人工乳と母乳を同一視できるわけではない(母乳にはいまだ解明されていない生理機能や成分が存在する)[3]

ヒトの乳房はその大きさや膨らみ方が他のサル類より大きい例が多いこと、また妊娠期間や育児中でなくとも目立つ存在である点で特異である。しかし、なぜそうなったか・どのような過程を経てそうなったかについては議論が多く、一定の結論は出ていない。

乳房の構造

乳房の表面は皮膚で覆われる。ヒトの女性では、通常は胸部の大胸筋の表面の胸筋筋膜上に左右1対が存在し、およその位置は、上下が第3肋間~第7肋間、左右は胸骨と腋窩の間である。乳房は思春期前は性差がなく男児と同じ(乳房のタナー段階I)であるが、思春期の初経を挟む約4年間に乳腺が発達し、脂肪組織が蓄積する。また、妊娠中から出産直後にかけても膨らむ[4]。乳房の脂肪組織の形・大きさは個人差が非常に大きい。20代より乳房の中身が徐々に衰退するため乳房が張りを失い徐々に下垂し始める[5]

乳房の内容は成人型乳房の場合、その体積の9割は脂肪組織で、1割が乳腺である。初潮前後から成人型乳房になるまで(乳房のタナー段階III・IV)は乳房が硬くなる。乳腺は、乳房一つあたり15~25個の塊として存在し、乳頭の周囲に放射状に並ぶ。それぞれの塊を乳腺葉と呼ぶ[6]。それぞれの乳腺葉からは乳管が乳頭まで続き、乳腺より機能し分泌された乳は、乳管、乳頭を通して体外へ出る。乳房組織の脂肪組織は乳の生産には全く関係しない[7]

乳房の成長

女性のタナー段階。思春期前は乳房・陰毛共にI。乳房がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が乳房と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。
急激な成長で妊娠線が現れた乳房

タナー段階によれば、両性において共通するのがI(幼児型)である(思春期前に、一時的に乳房が乳頭期(II)以降の状態に成長し、数ヶ月から3年で幼児型(I)に戻る症状として思春期前乳房隆起がある(殆どが2歳以下で発症)。Iに戻らなかったり、身長増加速度が異常に高かったり、骨年齢が異常に進むなどの場合は思春期早発症の可能性がある[8])。その後、女性は第II・III・IVの3課程(第2・3を前後半に分けると5過程)を経て、Vにおいて女性成人型に変化する。女性の思春期は7歳7ヶ月 - 11歳11ヶ月の間、平均年齢の9.74±1.09歳[9]に乳房の成長開始(乳頭期)から始まり(乳房の発育異常が見られる場合は年齢を含めてこの限りでは無い)、初経の1年以上前はIIで、初経前後でIII、初経の1年後以降でIVとなり、IからVへ変化する期間は途中で初潮を挟む約4年間である[10]。初経は多くの女性で10歳-15歳の間[11]に迎えるので、初経から3年以上経ち成人型乳房になるのは13歳(10歳で初経の時)-18歳(15歳で初経の時)以降となる。男性は女性と異なり思春期初来から成長せず、腋毛の発生時に、乳輪の面積が若干広くなり、乳頭と共に茶色や黒色に変色し、筋肉の発達後に乳房が男性成人型へ発達する[12](ただし、女性化乳房の症状が出ている場合は事情が異なる)。

女性
タナー段階[13]
(ステップ)[14]
細分類[15] 時期[16] 乳首 乳輪 乳首・乳輪の色 乳房の膨らみ その他
I
(ステップ0)
思春期前 小さな乳首のみ突出。乳腺が触れていない。 面積が小さい。 ピンク色。 膨らんでいないため、乳房と胴体の境界が不明瞭。 幼児型。成長前の男性と性差無し。
II
(ステップ1・めばえる)
乳頭期[17] 思春期初来 初経を挟む約4年間 膨らみ始める(以降、乳首の大きさには個人差がある[18])。 面積が拡大し始める。 個人差により薄ピンク色のままの人もいれば、ホルモンバランスの変化や乳首・乳輪に被服などの物が摩擦することなどで乳首・乳輪のメラニン細胞が活性化してメラニンが生成され、黒ずむ人もいる[19] 蕾期[20]乳腺が活動し始める。内部から広がるように膨らんでいくため、乳首・乳輪付近が非常に敏感・繊細で傷付きやすく、ノーブラだと乳首・乳輪付近に被服が接触したり体を揺すったりすると疼痛痒みが生じたり(これが左記の黒ずみの一因になる)、胸付近の布地が薄く胸に密着している被服を1枚のみ着用している時に乳首が目立ちやすくなることで思春期に入り[21]、ノーブラを止めてジュニアブラを着け始める必要がある事に気づきやすい。
初経の1年以上前
乳輪期[17] 膨らみが増す。 面積の拡大が増す。 乳輪付近が硬くなりながら[22]膨らみ始める。
III
(ステップ2・ふくらむ)
乳房第1期 初経前後 膨らみが増す。乳頭径はこれ以降4-9mmに膨らむ。 乳輪付近だけでなく、乳房全体が硬さ[22]を増しながら膨らみ始める。 乳房の内部組織の成長が進み、中にしこりができてくる時期。この頃から運動などで乳揺れが生じ初める。
乳房第2期 膨らみと硬さ[22]が乳房第1期より増し、下輪郭(バージスライン)が現れ始める[23]。円錐形で横から見たときに下輪郭がまっすぐで、乳房の底面は横に長い楕円形になる。下輪郭が丸みを帯び始めると成長期への移行期になる[24]
IV
(ステップ3・まるくなる)
形成期 初経の1年以上後 - 3年後 面積の拡大が増し、乳輪が乳房から隆起する[20] 乳房が硬さ[22]を増しながら立体的に膨らみ、横から見たとき下輪郭が丸くなり、乳房全体に丸みを持ち、乳房の底面が円に近くなり、乳房の位置が女性成人型と異なる[25]だけでほぼ成人型となる。乳房は女性成人型になるまで膨らみ続ける。乳房が柔らかくなり始め、乳房の位置が女性成人型の位置へ変わり始めると、女性成人型への移行期となる。 乳腺の発達が著しい。
V 初経の3年以上後 膨らみが最大になる。 面積が最大となり、乳輪と乳房が同一平面上となる[24] 女性成人型の膨らみとなり、乳房が柔らかく、乳輪と乳房が同一平面上となり、乳房の位置も形成期までの位置から女性成人型の位置に変わる[25] 女性成人型(成長終わり)。
男性
特徴
成長前 幼児型。小さな乳首のみ突出、乳輪も薄ピンク色で面積が小さい。成長前の女性(タナー段階I・ステップ0)と性差無し。
成長後 乳首が少し膨らみ、乳輪が少し拡大し、乳首・乳輪共に黒ずむ。男性成人型となる(成長終わり)。ただし、女性化乳房の症状が出ている場合はこの限りではない。

女性の乳房の衰退

上記で成長した乳房は20代からステップ1となり衰退し始める。衰退が早い人は20代でステップ2に達する人がいる。順序は以下の通りである[26]

  • ステップ0 乳房の成長の第5段階、丸い形で垂れていない。
  • ステップ1 上胸のボリュームが落ちる(脇側がそげる)
  • ステップ2 乳房下部がたわみ、乳頭が下向きになる。
  • ステップ3 乳房が外に流れる、乳房自体が下がる。

乳房の形状

乳房の形状は個人差、人種差、年齢差が大きいことは前述したが、乳房の軸と底面直径の関連により分類される。ドイツの人類学者R. Martinは以下の4つに分類した[27]

  • (1)皿状乳房 - 乳房の高さが低く、基底が大きい。
  • (2)半球状乳房 - 高さが基底の半径に近い形状。ヨーロッパ人に多い。
  • (3)円錐状乳房 - 高さが基底の半径よりも大きい。
  • (4)山羊乳状乳房 - 乳頭が著しく下方に向いている特徴を持つ。

性的アピールとしての役割

少なくとも現在の西欧や日本に関して言えば、女性の乳房の存在はすぐれて性的であり、肉体の性的魅力の大きな要素をなしている。思春期の女性は乳房が思春期開始と共に発達し始めるのに対し、尻の発達し始めるのは乳房全体が膨らみ始める初経の1年前後[28]と、乳房よりも後になる。また、性行為においては、乳房への愛撫は大きな位置を占める(ヒトの乳房、特に神経終末が集中している乳首は刺激を受けると性的興奮を得やすい)。

哺乳類であれば「乳腺」は持っている。しかし、妊娠や授乳をしなくとも常に膨らんでいる「乳房」を持つのはヒトだけである[29]チャールズ・ダーウィンは、メスだけに乳房が発達するのは、オスに対する性的信号を発信するためであろうと指摘した[30]デズモンド・モリスは述べる。多くのサル類では発情期に雌の尻が色づき、これを雄に示す行動が知られてる。ヒトの祖先が二足歩行をする様になると、尻での性的アピールは目立たなくなる。そこで胸部を大きくするという繁殖戦略を採用した、と。ヒトの乳房の丸い形状は後ろから見た臀部を真似て進化した。赤い唇は赤い陰唇の代替物である[31]

乳房はオスに対してどのような信号を放っているのか。諸説あるが、メスが若くて年頃であることを乳房の形から読み取っている可能性がある。年を取ったメスは乳房も下垂する。このような個体はもうそんなに子供を産めないであろうから交尾のお相手としては価値が低い[32]

ラトガーズ大学の人類学者フランシス・マシア=リーズは反論する。大きく引き締まった乳房が交尾の準備ができたこと・たくさん子供を産めることのアピールであるなら、 なぜ妊娠中や授乳中の乳房が最も大きくて引き締まっているのか。マシア=リーズによると、ヒトの乳房が大きくなったのは自然選択の結果である。脂肪の蓄えがあれば食糧供給が不安定な初期人類にとって生存に有利に働いた、とする[30]

乳汁の分泌とその調節

授乳の様子

血液を原料に乳を作る。乳房組織の脂肪は乳の生産自体には関係がないため、その大きさと母乳の量・質には因果関係はない[7]。乳(ちち)は、乳汁(にゅうじゅう)ともいい、ヒトや動物のうち哺乳類が幼児に栄養を与えて育てるために母体が作りだす分泌液で、乳房組織で作られ乳首から体外に出てくる。乳房組織は血液の赤みをフィルターして乳にする。出産直後に母体から出る乳は初乳と呼ばれ、幼児の免疫上重要な核酸などの成分が含まれている。

どんな哺乳類も本来子供を出産した後、数ヵ月から数年の哺乳期間だけ母体は乳を作り出す。脂肪組織に蓄えられたダイオキシンなどの極めて毒性の高い物質が母乳に溶け込んで排出される量は、年齢の高い女性ほど多くなりやすい[33]

平時は母乳は決して出ないが、妊娠・分娩後には脳下垂体から泌乳刺激ホルモン(プロラクチン)、オキシトシンが分泌され、このときだけは母乳が生産されるようになる。まれにホルモン異常などの疾患により、妊娠しなくとも母乳が出る場合がある[34]。稀に、男性から出ることもある[35]

乳房の保護

思春期・成年女性の乳房は、胸から前に大きく突き出してやや垂れる柔らかい器官である。体が大きく動いた場合には、それとややずれた運動をする。そのため、乳房が大きい女性はそのままでは走った場合などに乳房が弾んで動くことで疼痛を感じる。これを抑えるため、乳房を覆って体に引きつけるための装置が考案されている。いわゆるブラジャーはこの例である。

他の哺乳類の乳房

仔豚に母乳を与える豚

哺乳類の乳腺の発達する部位は、左右対称に前足の腋の下から後ろ足の間、恥骨に続く乳腺堤と呼ばれる弓状の線上にある。この上の発達部位の中で、それぞれ哺乳類のによって、特定のいくつかが発達する[要出典]。前の方が発達する場合、子供は前足の腋の下にを突っ込むことになるし、後ろが発達すれば、腹部下面や鼠径部に乳房が並ぶことになる。

一般的に多産の動物ほど乳房の数は多く、は4個(2対)、は6個(3対)、は8個(4対)、は10個(5対)、は14個(7対)存在する。ただし、個体差が大きく必ずしも個数や位置は一定ではない。どの仔がどの乳房を吸うか、生後すぐに決定される場合もある(乳付き順位)[36]

なお、ヒトにおいても極く稀に本来の発達部位以外の場所に乳頭(多くの場合1対。9対発生した例あり)が発生することがある。「副乳」と称される。稀に膨らむ場合もあるが、ほとんどの場合が発達せずホクロのように見える。副乳は必ず乳腺堤(腋窩から外陰部にかけて)に発生する[37]。人類は進化の過程で乳房の数を2個に減らしたが、昔の名残が表に出てしまったものと考えられる[38]

哺乳類の乳房の所在箇所

  • バスト
  • 胸~腹~腿のつけね
  • 胸及び腹~腿のつけね
  • 腿のつけね

疾患

  • 妊娠に関連するもの

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本大百科全書 18』小学館、1987年11月1日、114頁。
  2. ^ Olav T. Oftedal (2002). “The mammary gland and its origin during synapsid evolution”. Journal of Mammary Gland Biology and Neoplasia 7 (3): 225–252. doi:10.1023/A:1022896515287. 
  3. ^ 『からだの百科事典』酒井建郎, 五十嵐隆, 丸井英二、朝倉書店、2004年10月30日、492-493頁。ISBN 4-254-30078-6
  4. ^ からだの変化とマタニティーインナー選び”. WACOAL MATERNITY. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  5. ^ 下着ではじめるからだのエイジングケア”. ワコール人間科学研究所. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  6. ^ 乳がんの基礎知識”. 公益財団法人日本対がん協会 (2019年2月5日). 2019年10月4日閲覧。
  7. ^ a b 母乳の量と乳房の大小にはまったく関係ないと“おっぱい先生””. NEWSポストセブン. 株式会社小学館 (2011年2月11日). 2019年10月4日閲覧。
  8. ^ 早発乳房”. せのお小児科. 2019年10月6日閲覧。
  9. ^ 思春期と乳房”. 三宅婦人科内科医院. 2015年11月23日閲覧。
  10. ^ 恋をするとバストが大きくなるって、本当?”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ (2013年6月25日). 2013年7月2日閲覧。
  11. ^ 大山建司「思春期の発現」『山梨大学看護学会誌』第3巻第1号、山梨大学看護学会、2004年、 3-8頁。
  12. ^ 保健福祉局保健医療部健康増進課母子保健グループ (2011年1月19日). “お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)”. pref.kanagawa.jp. 神奈川県. 2013年1月5日閲覧。
  13. ^ 思春期”. たなか成長クリニック. 2012年7月15日閲覧。
  14. ^ 株式会社ワコール広報室 (2005年8月5日). “『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について”. cocoros. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  15. ^ バストの発育、形態とブラジャーの関係”. Wacoal Sight. 株式会社ワコール. 2013年2月14日閲覧。
  16. ^ 10歳。娘と「胸」について話し始めるタイミング”. 日経DUAL. 株式会社日経BP (2015年2月19日). 2019年10月6日閲覧。
  17. ^ a b バストの先が痛がゆい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  18. ^ 乳首が大きい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  19. ^ 乳首の色が友だちより黒い”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  20. ^ a b 鈴木光明(編著)『産婦人科診療指針』中外医学社、2008年6月10日、588頁。ISBN 978-4-498-06033-3
  21. ^ 思春期早発症とは”. 武田薬品工業株式会社. 2019年3月30日閲覧。
  22. ^ a b c d おっぱいがこりこりとかたい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  23. ^ オトナの胸ってどんな胸?”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月4日閲覧。
  24. ^ a b W. A. Marshall; J. M. Tanner (1969). “Variations in pattern of pubertal changes in girls”. Arch. Dis. Child. 44 (235): 291-303. doi:10.1136/adc.44.235.291. 
  25. ^ a b ジュニアとおとなのバスト ブラの違いも分かっちゃう!”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  26. ^ 『乳房の科学―女性のからだとこころの問題に向きあう―』乳房文化研究会、朝倉書店、2017年、18-19頁。ISBN 978-4-254-10279-6
  27. ^ 『人間工学ハンドブック』人間工学ハンドブック編集委員会、金原出版、1966年、273頁。
  28. ^ パンツサイズ(ショーツサイズ)のはかり方”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月4日閲覧。
  29. ^ C. R. Austin; R. V. Short (1982). Reproduction in Mammals and Human Sexuality, 2nd ed.. Cambridge: Cambridge University Press. p. 1-33. 
  30. ^ a b フローレンス・ウィリアムズ『おっぱいの科学』梶山あゆみ訳、東洋書林、2013年、21, 34-35。
  31. ^ Desmond Morris (1967). The Naked Ape: A Zoologist's Study of the Human Animal. New York: Mc-Graw Hill. p. 67. 
  32. ^ Frank Marlowe (1998). “The Nubility Hypothesis”. Human Nature 9 (3): 263-271. 
  33. ^ 和泉美枝、我部山キヨ子「研究活動報告―5― 母乳中のダイオキシンに関する文献レビュー」『健康科学:京都大学医学部保健学科紀要』第4号、2008年3月31日、 85-90頁。
  34. ^ 青井梨花 (2017年12月25日). “妊娠も出産もしていないのに母乳が… どうして?”. exciteニュース. エキサイト株式会社. 2019年10月6日閲覧。
  35. ^ 男性でも母乳が出るってホント?”. exciteニュース. エキサイト株式会社 (2015年1月9日). 2019年10月6日閲覧。
  36. ^ 畜産技術協会メールマガジン NO.8”. jlta.lin.gr.jp. 公益社団法人畜産技術協会 (2006年6月9日). 2019年10月2日閲覧。
  37. ^ 『医科学大事典 36』講談社、1983年4月10日、89-92頁。ISBN 4-06-147836-2
  38. ^ 杉浦聡一郎 (2018年4月12日). “おっぱいの話をします”. 医療法人社団杉浦クリニック. 2019年10月2日閲覧。

参考文献

  • 乳房文化研究会 編 『乳房の文化論』(淡交社、2014年12月5日。ISBN 978-4-473-03980-4
  • 乳房文化研究会 『乳房の科学―女性のからだとこころの問題に向きあう―』(朝倉書店、2017年6月20日。ISBN 978-4-254-10279-6
  • 山崎明子, 黒田加奈子, 池川玲子, 新保淳乃, 千葉慶 『ひとはなぜ乳房を求めるのか 危機の時代のジェンダー表象』(青弓社、2011年8月20日。ISBN 978-4-7872-3328-8
  • 浦島匡, 並木美砂子, 福田健二 『生物ミステリー おっぱいの進化史』(技術評論社、2017年2月25日。ISBN 978-4-7741-8679-5
  • 武田雅哉 編 『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』(岩波書店、2018年5月24日。ISBN 978-4-00-025428-1
  • フローレンス・ウィリアムズ, 梶山あゆみ 訳『おっぱいの科学』(東洋書林、2013年8月31日。ISBN 978-4-88721-814-7
  • デズモンド・モリス, 日高敏隆 訳 『裸のサル―動物学的人間像』(角川書店、1999年。ISBN 978-4-04-325901-4
  • デズモンド・モリス, 常盤新平 訳 『ウーマンウォッチング THE NAKED WOMAN』(小学館、2007年3月7日。ISBN 978-4-09-693016-8

関連項目