日本対がん協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公益財団法人日本対がん協会
団体種類 公益財団法人
設立 1958年8月1日
所在地 東京都中央区銀座7丁目16-12
G-7ビルディング9階
法人番号 3010005015898 ウィキデータを編集
主要人物 垣添忠生(会長)
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 がん患者支援、がん知識の普及・啓発、検診施設の整備、がん調査研究への助成、がん検診の推進ほか
ウェブサイト https://www.jcancer.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本対がん協会(にほんたいがんきょうかい、英語名 " the Japan Cancer Society " ; JCS)は、1958年発足の公益財団法人

沿革[編集]

組織[編集]

[2]
  • 東京を除く46道府県に「日本対がん協会グループ支部」を構成する提携団体[3]を有する。
  • 所在地:東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング9階

事業[編集]

  • がん患者家族支援
  • がん知識の普及・啓発
  • 検診施設の整備
  • 調査研究への助成
  • がん検診の推進
  • 若手がん専門医、マンモグラフィ検診技師、診療放射線技師医師保健師看護師など、専門家の育成研修
  • 「がん征圧月間」「がん征圧全国大会」と「日本対がん協会賞」、その特別賞である「朝日がん大賞」
  • 面接、電話によるがん無料相談[4]
  • ピンクリボンフェスティバル
  • リレー・フォー・ライフ
  • がんサバイバー・クラブ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]