清水健 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しみず けん
清水 健
プロフィール
愛称 シミケン
出身地 日本の旗大阪府堺市南区 
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-04-19) 1976年4月19日(41歳)
血液型 A型
最終学歴 中央大学文学部社会学科
勤務局 讀賣テレビ放送
部署 アナウンス部
活動期間 2001年 - 2017年
ジャンル 報道情報スポーツ番組
配偶者 独身(2015年に死別)
家族 妻(2015年2月死去)・長男
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
過去 どっちの料理ショー
大阪ほんわかテレビ
あさパラ!
かんさい情報ネットten.』など

清水 健(しみず けん、1976年4月19日 - )は、日本の団体役員演説家で、一般社団法人清水健基金の代表理事。2001年4月1日から2017年1月31日までは、アナウンサーとして読売テレビに勤務していた。

来歴・人物[編集]

大阪府堺市南区の出身で、血液型はA型。堺市立槇塚台小学校堺市立晴美台中学校大阪府立泉陽高等学校中央大学文学部社会学科を卒業。コブクロ黒田俊介とは小・中学校時代の同級生である。

高校時代には、陸上部に所属。100m走で10秒9という公式タイムをもつ。大学時代には、体育会アメリカンフットボール部に所属。身長が161cmと小柄ながら、持ち前の俊足を生かした突破力を武器に、ワイドレシーバー(WR)としてプレーオフで活躍した。

アナウンサーになるために大学を1年留年したが、卒業後の2001年に、アナウンサーとして読売テレビへ入社。入社当初から、全国ネット番組の『どっちの料理ショー』など、主にバラエティ番組へ出演。関西学生アメリカンフットボールなどのスポーツ中継で、実況やリポーターを担当したこともある。

2009年3月30日からは、平日夕方のローカルワイド番組『かんさい情報ネットten!』(『ten.』)を担当。開始当初は情報担当キャスターを担当していたが、2011年9月19日からはニュース担当兼任のメインキャスターに抜擢された。

『ten.』キャスターとしての取材を通じて日本維新の会の関係者と接触していたことから、地元の堺市で2013年9月29日に実施された市長選挙では、同会から2回にわたって出馬要請を受けた。しかし、いずれの要請も固辞している[1]

2013年10月27日には、読売テレビの代表として第3回大阪マラソンに出場。5時間46分08秒で初めてのフルマラソンを完走した[2]。出場に際して、特に親交が深い円広志が清水への応援ソング『走れシミケン』を作詞・作曲・歌唱。同年12月18日CDとして発売されたほか、現在に至るまで、『ten.』のエンディングテーマに使われている。なお、大阪マラソンについては、2014年10月26日の第4回大会にも出場。清水と同級生で現在も親交がある黒田と共にコブクロで活動する小渕健太郎との合同練習で注目され、前回大会のタイムを1時間以上縮める4時間44分26秒で2大会連続の完走を果たした。

以前はコンタクトレンズ眼鏡を着用していた。2010年11月にレーシック手術を受けたことによって、左右とも0.1だった視力は1.5にまで回復している。 豆が苦手。

家族をめぐるエピソード[編集]

スタイリストとして『ten.』に携わっていた女性と、2013年5月19日に結婚。親族だけが列席した住吉大社での挙式、堺市役所への婚姻届提出[3][4]を経て、同年9月8日ビルボードライブ大阪で結婚披露パーティーを開いた。このパーティーには、円広志ハイヒール赤星憲広西田ひかる奥野史子アルケミストなど、清水と関係が深い著名人が多数出席。円とアルケミストによるワンマンライブも催された[4]

第4回大阪マラソンの直前には、第一子(長男)が誕生したことを『ten.』で公表。しかし、乳癌を患った妻の介護を理由に、2015年2月2日から同番組への出演を見合わせた。当時は、読売テレビの上層部や親交があるタレントの一部にしか事情が伝わっていなかったこともあって、表向きには休演の理由を「家族の介護」と表現していた。

妻は、結婚から約1年9ヶ月後の同月11日に、29歳で死去[5][6]。死の直前まで妻を献身的に看護してきた清水は、通夜や告別式で生後三ヶ月(当時)の長男を抱きながら喪主を務め上げた[7]

清水は、妻の死からわずか8日後の2015年2月19日、『ten.』のメインキャスターに復帰。復帰初日のオープニングでは、視聴者に向けて「今日から復帰します。皆様の温かいご理解のもと、妻を見送ることが出来ました。今日からまたニュースと向き合い、しっかりとお伝えします」と挨拶した[8]。翌20日には、自身のtwitter公式アカウントから「皆様のお気持ち、お言葉に、どれほど励まされ、お力をもらったか…心から感謝申し上げます」というツイートを発信[9]。このアカウントには、清水と同様の境遇を経験した人々から、現在も多数のツイートが寄せられている。清水自身も、男手一つで長男を育てながら、メッセージの発信者一人一人に返信。「返信の時間を息子さんのために使って下さい」というメッセージが届けられるほど、twitterやFacebookを通じて、積極的にコミュニケーションを展開している。

さらに、『ten.』のメインキャスターへ復帰してからは、自身の発案で「つなぐ」というコーナーを放送。同コーナーで出会った人々に対して、「2015年の第5回大阪マラソンでは、4時間30分以内で完走する」と約束し、実際に、前述した第4回大会での自己ベストタイムより17分2秒も速い4時間25分で、自身3回目のフルマラソン完走を達成。ゴールの直後には、当時1歳の長男を抱き上げながら、「まさか『4時間30分を切れる』とは思ってなかった。この1年つらいことがいっぱいあったけど、(完走したことを)妻も褒めてくれると思う」と目語っていた[10]

癌患者や家族への支援活動[編集]

2016年には、自身初の著書『112日間のママ』を、2月8日小学館から刊行。生前の妻が生後間もない長男を抱いている写真を表紙に用いながら、妻との出会いから乳癌との闘いまでの日々を綴った手記[11]で、発売開始から1ヶ月間で10万部を超える売上を記録した。また、同年3月2日付の『朝日新聞』朝刊2面「ひと」欄には、清水へのインタビュー記事が掲載された[12]。さらに、同書の出版印税を基に、新薬開発や難病対策などに取り組む団体や個人の事業を助成する目的で『一般社団法人清水健基金』を創設。必要な医療サービスを、必要とする人に行き渡らせることによって、心身ともに豊かな生活が実現されることを目指している。このような活動と並行しながら、男手独りで長男を育てていることが高く評価されたため、同年には第10回「ベスト・プラウド・ファーザー賞in関西」の特別部門で表彰を受けた[13]。その一方で、『ten.』を放送しない土・日曜日には、癌患者やその家族へ向けた講演会で毎週のように講師を担当。事実上休みを取れない状況が続いたり、体重が以前より20kgほど減ったりするほど、多忙を極めるようになった[14]

読売テレビからの退社[編集]

清水健基金を通じての活動へ専念する意志や、「子どもとの時間を大切にしたい」という意向が強いことから、2016年の12月上旬に読売テレビへ退職願を提出[14]2016年12月26日には、2017年1月27日(金曜日)で『ten.』を降板することを、同局を通じて正式に発表した[15]。当日の『ten.』エンディングでは、視聴者に向けて「妻の三回忌を前に、ガンの撲滅やガン患者の入院施設を支援する活動に専念させていただくことになりました。『今、私ができることは何なのか』を悩みに悩んで考えた末に、退社の決断に至りました。番組を通して、皆さんにお会いできることが私の大きな力です」と語った[16]。妻の三回忌を直前に控えた2017年1月31日付で、読売テレビを退社[15]

読売テレビ退社後の活動[編集]

読売テレビからの退社に際しては、噂された政界への転身を否定。退社後は、育児と並行しながら、清水健基金を通じての支援・講演活動を続けている[14]。その一方で、活動の一環として、在阪他局が制作する番組へゲストで出演することもある。

2017年2月下旬には、堺市長選挙(同年9月24日投開票)の候補者として、大阪維新の会が清水の公認・擁立を検討していることが一部で報じられた[17]。しかし、維新側はこの報道を完全に否定。清水自身も、維新による堺市長選挙への出馬要請の事実や、無所属などでの出馬の意思がないことを明言していた[18]。一時は清水が大阪維新の会所属議員の説得に応じたことを永藤英機(当時は堺市堺区選出の大阪府議会議員)が公表していた[19]が、6月下旬には同会が清水の擁立を断念[20]。結局、永藤は大阪府議会議員を辞職したうえで、大阪維新の会単独公認候補として堺市長選挙へ出馬するも落選した。

2017年10月11日には、自身2作目の『笑顔のママと僕と息子の973日間』を小学館から刊行。キャスター降板に至った思い、育児についてなど、シングルファーザーとしての悩みや喜び、周りの方々への感謝を綴り『112日間のママ』同様、大きな反響をよんでいる。

清水のFacebookやOfficial Siteによると、講演会の数は2017年だけで150回を超えている。主催関係者によると「これだけ人が集まるのは初めて」との声も多く、どの会場でも満員になり、今でも自治体、看護学校、学校関係、保険会社からなどの講演会依頼が絶えない。その講演会は関西圏だけではなく全国に口コミ的に広がり、2017年10月にはアメリカ・ニューヨークでも初めての海外講演会も実施。その活動を伝える新聞媒体、雑誌媒体などから取材依頼を受けることも増えている。ラジオなどにも積極的に出始め、清水は「時間の許す限り、様々なカタチで伝えていきたい」と発信している。

出演番組[編集]

読売テレビアナウンサー時代の担当番組[編集]

※2012年4月19日放送の復活特番『帰ってきたどっちの料理ショー 腹ペコ復活祭』でも取材VTRのみ出演しているが、これは今回の特番で三宅厨房のキッチンリポーターを務める上重聡(日本テレビアナウンサー)の代役(他の番組収録などスケジュールの都合のよるもの)としての出演だった。
  • あさパラ!(情報コーナー)
  • かんさい情報ネットten.(2009年3月30日 - 2017年1月27日、情報担当キャスター → メインキャスター)
    • 前述の休演期間中には、コンビを組んでいた後輩アナウンサーの中谷しのぶが、単独でメインキャスターを担当。清水降板後の2017年1月30日放送分以降も、単独でメインキャスターを務めている。
  • 情報ライブ ミヤネ屋(木曜日「別人マダム」&「アニマルニュース」リポーター)
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(関西ローカルパート)
    • 2015年・2016年には、当時『ten.』で共演していた中谷とのコンビで司会を務めた。
  • FACE MAKER 第11話(2010年12月16日、アナウンサー役)
  • スポーツ中継(プロ野球、関西学生アメリカンフットボール、ドラマチックボクシング)・競艇中継
『かんさい情報ネットten!』のニュース担当兼メインキャスターへ起用されたことを機に、スポーツ中継の担当から外れた。

読売テレビ退社後の出演番組[編集]

退社後、ゲストとして出演した番組を中心に記載。

書籍[編集]

  • 112日間のママ(小学館、2016年2月8日)[11]
  • 笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館、2017年10月11日)

脚注[編集]

  1. ^ “維新失態 読売TVアナに2度フラれた”. 日刊スポーツ. (2013年8月6日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20130806-1168889.html 2013年8月6日閲覧。 
  2. ^ かんさい情報ネットten!の番組概要ページ - goo TVトピック検索
  3. ^ 報知新聞2013年5月18日
  4. ^ a b 【ご報告】 読売テレビ ytvアナウンサーズ 公式ブログ2013年8月6日閲覧
  5. ^ 読売・シミケン「ten」休養は夫人の看護だった…無念、乳がんで死去 産経デジタル 2015年2月12日(2015年2月12日閲覧)
  6. ^ 読売テレビ・清水アナの夫人が乳がんで死去、復帰時期は未定 スポーツ報知 2015年2月12日(2015年2月12日閲覧)
  7. ^ 清水アナ 夫人の告別式で涙…長男が「初めて寝返り。見せてやりたかった」スポーツニッポン 2015年2月15日(2015年2月15日閲覧)
  8. ^ 清水健アナが番組復帰「皆さまのご理解で、妻見送ることできた」 スポニチ 2015年2月19日(2015年2月19日閲覧)
  9. ^ 清水健アナ 悲しみ乗り越え決意「ニュースと真正面から向き合う」 スポーツニッポン 2015年2月20日(2015年2月20日閲覧)
  10. ^ 清水健アナ 亡き妻にささぐ涙の大阪マラソン完走スポーツニッポン 2015年10月26日(2016年3月24日閲覧)
  11. ^ a b 清水健アナ、手記を出版 29歳乳がんで亡くなった妻へ思いつづった ”. スポーツ報知 (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  12. ^ 発売1か月で10万部突破!!清水健著『112日間のママ』(2/8刊)が、3/2付朝日新聞「ひと」欄でインタビューとともに紹介されました。小学館S-PRESS 2016年3月10日(2016年3月24日閲覧)
  13. ^ “中川家「ベストファーザー賞」受賞し「家族のために一生懸命漫才をやってます」”. スポーツ報知. (2016年6月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160613-OHT1T50146.html 2016年6月14日閲覧。 
  14. ^ a b c “清水健アナ、読売テレビ退社へ 妻が早世「子供との時間大切に」”. スポーツニッポン. (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161225s00041000297000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  15. ^ a b “清水健アナ「ten.」降板と1月末の退社発表 妻の3回忌を前に「本人の強い意志で」”. スポーツニッポン. (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161226s00041000149000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  16. ^ “清水健アナ 番組で退社への思い説明「悩みに悩み考え決断」”. スポーツニッポン. (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161226s00041000202000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  17. ^ “堺市長選に清水健・元アナウンサー 維新が擁立方針”. 朝日新聞デジタル. (2017年2月23日). http://www.asahi.com/articles/ASK2Q6FCYK2QPTIL020.html 2017年2月23日閲覧。 
  18. ^ “清水健元アナ出馬「全くない」 堺市長選維新の要請も否定”. デイリースポーツ. (2017年2月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/26/0009948544.shtml 2017年2月26日閲覧。 
  19. ^ 2017年4月23日に、永藤が主催したタウンミーティングの中でその旨を公表していた。
  20. ^ “堺市長選で清水元アナ擁立断念 維新、人選難航”. 産経WEST. (2017年6月21日). http://www.sankei.com/west/news/170621/wst1706210096-n1.html 2017年6月22日閲覧。 
  21. ^ ゲストは清水健さん - ドキハキ日記
  22. ^ 3月15日(水) - よ〜いドン!

外部リンク[編集]