角盈男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角 盈男 (角 三男)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1956-06-26) 1956年6月26日(61歳)
身長
体重
183 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト3位
初出場 1978年4月4日
最終出場 1992年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1995)
  • 読売ジャイアンツ (1997)

角 盈男(すみ みつお、本名:角 三男1956年6月26日 - )は、鳥取県米子市出身の元プロ野球選手・プロ野球指導者、野球解説者タレントパシフィックボイス所属。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム日本担当スカウト。巨人時代の登録名角 三男角 光雄(一時期)。長男は元野球選手の角一晃、次男はプロ野球独立リーグ武蔵ヒートベアーズ角晃多

経歴[編集]

米子市立美保中学校米子工業高校から三菱重工三原に入社。1976年都市対抗野球大会では、広島マツダの補強選手としてチームの準決勝進出に貢献する。翌年の大会でも電電中国に補強され活躍。1976年のドラフト3位で読売ジャイアンツから指名を受け、翌年に入団する。

1年目の1978年に5勝7セーブ新人王を獲得。翌年は制球力の悪さが顕在化し不調に陥ったが、その年のオフにサイドスローに転向して才能が開花した。球速こそ落ちたものの、課題だったコントロールが向上したことから頭角を現す。

制球力に課題があるため完投が期待できず、先発投手としては難があったものの、変則的なフォームでタイミングが取りづらいことや地肩が強く連投が利く特長を生かして、早くから抑えのエースとして活躍、1981年には8勝20セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得して、チームのリーグ優勝にも貢献した。日本ハムファイターズとの日本シリーズでは、第1戦で同点の9回裏にリリーフで登板するも井上弘昭にサヨナラ安打を打たれ、敗戦投手となることもあったが、この年に行われた日米野球第2戦では、メジャーリーガー相手に7連続奪三振を奪う活躍を見せた。

他方、リリーフとしての長きにわたる貢献により、他球団からのマークにあって研究され、またヒジを壊しやや低迷し、自身の制球難からの救援失敗などもあり、1986年はリリーフエースの座を鹿取義隆に譲る。右サイドハンドの鹿取に対し、左サイドハンドの角はセットアッパーやワンポイントリリーフとして重用され、長く巨人のリリーフ陣の核として活躍した。王貞治監督時代の勝利の方程式「角-鹿取-サンチェ」は流行語にもなっている。

巨人時代初期の背番号変遷は目まぐるしく、また珍しいものがある。入団当初は「11」を与えられ、1978年のキャンプ時は同番号で参加していたものの、大洋ホエールズからジョン・シピンが移籍してくるのに伴い、公式戦前に同選手に番号を譲り「45」に変更。翌1979年から2年間は当初の番号と1番違いの「12」を背負った後、シピン退団翌年の1981年に当初の「11」に戻ったもので、元の番号に戻ると共に、ストッパーとしても開眼した。

1989年のシーズン途中に左投手不足に悩む日本ハムファイターズに無償トレードで移籍[1]。移籍後は先発投手を務めたため423試合連続リリーフ登板のNPB記録(当時)が途絶えた。通算では43試合に先発、3完投の成績を残した。1990年6月6日の対近鉄バファローズ戦ではラルフ・ブライアント東京ドームの天井スピーカーを直撃する本塁打(推定飛距離170m)を打たれている。

1992年小川淳司との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍した[2]。年上に八重樫幸雄杉浦亨がいたが投手では最年長だった[3]。再びリリーフとしてチーム14年ぶりのリーグ優勝に貢献。通算99Sで同年引退(当時監督だった野村克也は、同年の活躍から角がまさか引退するとは思っていなかったため「引退するなら通算100Sを取らせてあげればよかった」と後悔していた。本人は通算100SPを上げているので気にはしていなかったという[3])。野村から「(角の巨人時代の先輩)新浦は使えるの?」と聞かれた際「大丈夫だと思います」と答えたら[3]、シーズン途中に金銭トレードで福岡ダイエーホークスから移籍しチームの優勝に貢献したが角同様92年で引退している。引退後はテレビ局の解説が決まっていたがバブル崩壊の影響でなくなり[4]1993年から1994年までニッポン放送解説者サンケイスポーツ野球評論家[4]、それだけでは食っていけないと太田プロダクションに所属しタレントとしても活動バラエティ番組に出演し、俳優としてかりん瀬戸内少年野球団に出演した[4]1995年、野村から投手コーチの要請を受けて1年契約でヤクルトの一軍投手コーチに就任[4]。ニッポン放送の角の解説を聞いて野村が要請したのこと[4]、1年契約の理由は94年オフ若松勉が新監督に就任する予定だったが最終的に野村が1年契約で監督続投した為角も野村同様1年契約になった[4]1996年は再びニッポン放送解説者。巨人一軍投手コーチ(1997年)を務めたほか、巨人退団後も1998年から2004年までニッポン放送の解説者を務めた。上記のとおりかつての登録名は戸籍上の名前である三男であったが、本人いわく「三男(さんなん)だから三男(みつお)とつけられたのが嫌」で、1988年からは「-光雄」、1990年から「-盈男」と度々登録名を変更したという。

現在は評論家活動の傍ら、タレントとしても活動している。またMXスタジアムでも解説者(1998年 - 2011年)を務めた。

2人の息子も野球選手となり、長男の一晃は東海大相模高校の野球部出身で2005年第77回選抜高等学校野球大会に出場。また次男の晃多も東海大相模高校の野球部で内野手として活躍。2008年夏の北神奈川大会決勝まで進んだ。晃多は2008年10月ドラフト会議千葉ロッテマリーンズから育成選手枠3位で指名され、入団した。

2014年6月6日に放送されたTBS系『私の何がイケないの?』にて、前立腺がんであることを告白した [5]健康診断を長らく受診していなかったという。2016年1月に神戸、2月に東京で、アステラス製薬主催『がんサポートフォーラム』のパネルディスカッションに夫婦で登壇する[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 巨人 60 6 0 0 0 5 7 7 -- .417 477 112.2 76 6 77 3 6 89 1 0 38 36 2.87 1.36
1979 45 1 0 0 0 2 5 6 -- .286 288 65.1 52 3 39 2 2 61 3 0 39 29 4.02 1.39
1980 56 0 0 0 0 1 5 11 -- .167 315 79.0 48 5 35 3 3 110 0 0 21 20 2.28 1.05
1981 51 0 0 0 0 8 5 20 -- .615 397 104.1 55 9 33 1 2 121 1 0 19 17 1.47 0.84
1982 40 0 0 0 0 2 3 9 -- .400 250 63.0 36 4 24 2 5 71 1 0 14 14 2.00 0.95
1983 37 0 0 0 0 3 5 18 -- .375 252 56.0 53 4 32 4 3 55 1 0 23 21 3.38 1.52
1984 49 0 0 0 0 3 4 14 -- .429 251 58.2 44 7 31 2 4 51 3 1 22 21 3.22 1.28
1985 42 0 0 0 0 1 2 5 -- .333 186 42.1 37 6 24 3 2 40 0 1 22 22 4.68 1.44
1986 54 0 0 0 0 2 3 2 -- .400 233 58.1 40 6 19 6 1 70 1 0 20 18 2.78 1.01
1987 57 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 154 37.2 34 5 8 1 1 37 1 0 16 14 3.35 1.12
1988 25 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 63 13.1 16 1 7 1 0 10 0 0 7 7 4.73 1.73
1989 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 2 0.1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0.00 0.00
日本ハム 15 10 2 0 0 3 4 0 -- .429 293 66.1 63 6 40 2 2 35 0 0 28 25 3.39 1.55
'89計 16 10 2 0 0 3 4 0 -- .429 295 66.2 63 6 40 2 3 35 0 0 28 25 3.38 1.55
1990 23 12 0 0 0 1 4 1 -- .200 348 79.2 69 15 44 2 5 60 3 0 36 32 3.62 1.42
1991 17 14 1 0 0 3 7 0 -- .300 376 85.1 82 6 51 3 4 41 1 0 38 37 3.90 1.56
1992 ヤクルト 46 0 0 0 0 2 4 5 -- .333 171 39.1 29 4 24 7 2 37 3 0 15 14 3.20 1.35
通算:15年 618 43 3 0 0 38 60 99 -- .388 4056 961.2 734 87 488 42 43 888 19 2 358 327 3.06 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 500試合登板:1988年5月11日、対横浜大洋ホエールズ4回戦(横浜スタジアム)、8回裏に3番手で救援登板、1/3回無失点 ※史上60人目
  • 600試合登板:1992年8月5日、対阪神タイガース15回戦(明治神宮野球場)、7回表2死に3番手で救援登板、1/3回無失点 ※史上28人目
その他の記録
  • 連続押し出し四球:3、1979年6月3日、対阪神タイガース戦の8回 ※セ・リーグ記録、同史上初[7]

背番号[編集]

  • 11 (1978年、1981年 - 1989年途中)
  • 45 (1978年、1992年)
  • 12 (1979年 - 1980年)
  • 23 (1989年途中 - 1991年)
  • 76 (1995年)
  • 72 (1997年)

登録名[編集]

  • 角 三男 (すみ みつお、1978年 - 1987年)
  • 角 光雄 (すみ みつお、1988年 - 1989年)
  • 角 盈男 (すみ みつお、1990年 - )

関連情報[編集]

出演[編集]

映画
  • ダイヤモンド(オールインエンタテインメント、2013年8月3日公開)[8]
CM
ラジオ
テレビ

脚注[編集]

  1. ^ このトレードは日本ハム監督の近藤貞雄が巨人監督の藤田元司に駄目元で直接頼み実現した。
    一方、角自身も若手投手の台頭を受けて巨人での登板機会が減っており、藤田にトレードを直訴していたという事情があった。
  2. ^ このとき角は日本ハムからの戦力外が確定していたが「あと一人左(投手)が欲しい」と考えていたヤクルト監督の野村克也が目を付け、現役時代の同僚でもあった日本ハム球団常務(当時)の大沢啓二に直接申し入れて実現した。
  3. ^ a b c スポーツニッポン我が道、2016年3月25日』
  4. ^ a b c d e f スポーツニッポン我が道、2016年3月26日』
  5. ^ 角盈男氏、前立腺がん告白も克服誓う 完治の確率「80%以上」”. ORICON STYLE (2014年6月16日). 2016年1月13日閲覧。
  6. ^ 【東京開催】がんサポートフォーラム あなたらしく今を生きる 前立腺がんとの向き合い方”. 2016年1月13日閲覧。
  7. ^ 週刊ベースボール2014年9月8日号119ページ
  8. ^ “劇場公開作品|オールイン エンタテインメント”. オールイン エンタテインメント. http://all-in-ent.com/theater/ 2017年5月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]