太田プロエンタテイメント学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田プロエンタテイメント学院(おおたプロエンタテイメントがくいん)は、太田プロダクションが創業したお笑い芸人の養成所。2009年開設。

概説[編集]

1990年代にお笑い芸人の養成を目的として事業化された「太田プロセミナー」を改組・発展させ2009年にスタートした。前身の太田プロセミナー出身者には360°モンキーズ(2期生)、インスタントジョンソン(3期生)、きくりん(10期生)、少林寺健康クラブサワー沢口Yes-man(14期生)がいる。2012年名古屋で開校したほか、2015年には福岡2016年には札幌で事業を開始することになった。2019年より「太田プロエンターテインメントカレッジ」に改称。略称はOEC

各校とも「太田プロセミナー」の流れを汲んで、お笑い芸人の養成コースがメインとなっているが、名古屋以外ではそれぞれの地域の事情に応じた特色あるコースが設けられていて、東京では改組に際し放送作家を養成するコースが開設された。また福岡ではタレントを目指す女性のための限定コースが新たに設けられた。2015年の10月から東京校が年2期制になり、女性総合バラエティコースが新設される。

授業は週1日2時間程度と他の養成所に比べて少なく、授業料は年間34万円。また各校まで通えない遠方在住者のためには通信講座が用意されている。

出身者[編集]

[1]

東京校[編集]

出身者
1 2009.4 おかもとまりぐりんぴーすポメラン、蓮見こてつ(元ギャルズ)、ねろめ、小嶋宏太郎、青木悠真、オフ
2 2010.4 バネッサ、植田しんご、磯野大輔(FREE MONKEY)、滝多津子
3 2011.4 ナポ、坪下健也、ヴァン、下村尚輝、宮下卓馬(遊撃マリー)、シーガー東
4 2012.4 千葉康介、ロックス、齋藤宏和(エールタワー)、マジメニマフィン、モコちゃん、もんぶらん、ガチャ山口、ガッチキール、せっちぃ(元ワンピストンズ
5 2013.4 宮下草薙、鬼サンダー、グリーンバンバン、辻昭太
6 2014.4 青色1号ジョウダンアオナナテンパイ、松原ゆい(ロングアイランド)、テンチュー、ジーニョハヤシ、センチメンタル、エイリアン、初代ウメちゃん、シェイク・ヒロシ
7 2015.4 はっしーはっぴー(コンピューター宇宙)、こうちゃんねる、各駅マッシュ、マウスピース、大鶴肥満(ママタルト
8 2015.10 ストレッチーズさすらいラビーしらすのこうげき!、小山建
9 2016.4 うっちゃり、コルテックス、ライオンロック、ガレット、ムカイワンダーランド、ガルボ、ペニーレイン、ルックロック、しょんたむ、絶対すのはら、よしのひろき
10 2016.10 ノブナガ、ことぶきぼーいず
11 2017.4 まりんか、センチネル、アフタヌーン、山本マリア、大野木ひろし、カーボーイジュニア、ちぇけら小林、インフィニティ、天狗花火
12 2017.10 小山建
13 2018.4 シイナ、周遊、ピープルズ

名古屋校[編集]

出身者
1 2012.4 なかよしこよし、バルバロイ、カリブリボン、大西健介
2 2013.4 カイジルポテト、スカベンジャー、わさび、チェンジアップ
3 2014.4 スペードの3、黄昏魔人、NO NAME
4 2015.4 ファンタジーモーニング、小川のブンちゃん、タケルコトー
5 2016.4 アホロートル、甲斐貴統

福岡校[編集]

出身者
1 2015.4 壇世理奈、パピプリオ、クウィーんず。、ひかえめトランス、キャラメルポップコーン
2 2016.4 Aトラックス
3 2017.4 マインスマイル、ジングルジャム、てつやくらいむ、川坊主、堀田章市、中野皓一朗、白石侃

札幌校[編集]

出身者
1 2016.6 36号線、ちゃぼ、まごのて、イルカキング
2 2018.4 椿坂康之助(TwoT)、ベンジャミンヤス、櫻田ゆうと
2020.4 武田圭介(TwoT)、汗ながしカットマン、ちだ(海鮮プリンセス)
4 2021.4 トロフィーマングー、蛹田融、川満姫野(海鮮プリンセス)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 公式ホームページによるOEC各校 出身芸人も参照。

外部リンク[編集]