まとばゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まとばゆう
Matoba Yu 2017-12-17.jpg
まとばゆう(2017年12月)
本名 的場 優(まとば ゆう)
生年月日 (1985-06-18) 1985年6月18日(33歳)
出身地 神奈川県横須賀市
血液型 A型[1]
身長 165cm
言語 日本語
最終学歴 日本大学芸術学部・大学院芸術学研究科
芸風 ピアノ弾き語り歌ネタ、漫談
事務所 太田プロダクション
活動時期 2011年 -
(※芸人としての活動開始年)
他の活動 ピアニスト作曲家
公式サイト 公式プロフィール
ピアノ芸人まとばゆう日記

まとば ゆう1985年6月18日[1] - )は、日本お笑いタレントピアニスト作曲家

本名及び作曲家としての活動名義は的場 優(まとば ゆう)[2]神奈川県横須賀市出身[3]。かつてはアミー・パークに所属していたが、2017年9月からフリー。その後2018年1月1日より、太田プロダクションに所属[4][5]

略歴[編集]

5歳からピアノを始め、音楽の道に入る。7歳から作曲を始め、16歳から音楽大学を目指すために以前からやっていた作曲に合わせて和声の勉強も本格的に始める[6]

神奈川県立横須賀大津高等学校を経て[7]2004年日本大学芸術学部音楽学科入学、作曲コース専攻[6]

2010年日本大学芸術学部大学院修士課程音楽芸術 作曲科卒業。

一般社団法人 日本作曲家協議会会員[8]

2007年、第2回TIAA作曲家コンクールにて『2声ソプラノとピアノのためのハート型の思い出~寺山修司少女詩集より~』で入選[9]

2016年、第20回TIAA作曲家コンクールにて『咲き匂うふで〜フルートのための〜』で審査員賞(一位なし)[10]、『Zimmer〜フルート、クラリネット、チェロのための〜』で入選[10]

2017年、東京ピアノコンクールにて審査員特別賞(アマチュア部門[11][12]。ラヴェル:ソナチネ全楽章)

これまで師事した人物は、ピアノは高橋希代子永戸恭子海老彰子。作曲は大田弥生綿村松輝湯浅譲二[6]

個人事務所『桃木こもも音楽事務所』を設立し、演奏者へ楽曲提供を行う他、映画、舞踊、演劇など音楽を手掛ける他、演奏者の派遣、コンサート企画・プロデュースなどを行っている[1]

音楽に携わる仕事をしたく、多くの大手レコード会社、音楽事務所などへデモテープを送り続けるが、音楽関係からはどこからも反応が無く、今度はジャンルを選ばずオーディション雑誌に載っていた事務所に「あ」から順番にデモテープを送ることにし、その中でアミー・パークの目に留まり、芸人枠として採用されることになる[3][5]2011年、アミー・パークに所属し、お笑い界に進出してピアノ芸人としてデビュー。これと同時に芸名を『まとばゆう』とする[1]

ピアノ演奏曲のレパートリーは1000曲を超える[7]

地元・横須賀出身の芸人たちによる集団『0468スタイル』に参加[3]、0468スタイルとして横須賀で定期的にライブを開催[7]。お笑いライブや定期コンサートの他、ショッパーズプラザ横須賀三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド八景島シーパラダイス横浜ランドマークタワーなどのショッピングモール、新宿伊勢丹会館、インターコンチネンタルホテル横浜、横浜マリンタワー、行楽地、各店店頭、老人ホーム慰問などでも演奏会を開催[10]。芸人としての目標は清水ミチコ[7]

2015年歌ネタ王決定戦で準決勝進出[13]2016年R-1ぐらんぷりで準決勝進出[14]。2016年の歌ネタ王決定戦で初の決勝進出を果たす[15]。2017年R-1ぐらんぷり準決勝進出(2年連続)[16]。歌ネタ王決定戦2017準決勝進出。 2017年女芸人no.1決定戦THE W決勝進出。5位。

2017年8月いっぱいで、6年間所属していたアミー・パーク所属を離れ、フリーとなる。芸人活動は続行[17]。フリーの間、相談に乗ったり支えてもらったのは同じ事務所の先輩だったじゅんいちダビッドソンだった[5]。2018年1月1日より太田プロダクションに所属[4][5]

芸風[編集]

  • クラシックの名曲に合わせて、自虐的なことや世間への皮肉を交えながら心の叫びを替え歌にして歌う[3]ティアラを頭に着けて出演することも多い。
  • 替え歌ネタでは他に、澤穂希の格好と物真似で『さとうきび畑』のメロディを弾きながら、有名女子アスリートに毒付くというネタを披露している[18]。2016年のR-1ぐらんぷりではこのネタを披露した[19]
  • この他には以下のようなネタがある。
    • 「色々なトルコ行進曲[18]
    • 「手短かにまとめたい」[18]
    • 寺島しのぶの歌」
    • 「絶対鈍感女」
    • 「曲当たり」
    • 「学校では教えてくれないクラシック講座」
    • 「背泳ぎピアノ」
    • 「イントロソング」

賞レースでの戦績[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 森田一義アワー 笑っていいとも!フジテレビ
    2012年11月12日「ウルトラソウル選手権」コーナー出演。B'zの「ultra soul」に合わせ、右手でキーボードを弾きながら左手で黒ひげ危機一発を飛ばすという芸を披露[20]
  • 明日決定! 歌ネタの星(MBSテレビ)- 2015年9月9日
  • もうすぐR-1ぐらんぷり2016決勝 R-1製作所 ~オモシロひとり芸ロケットを打ち上げろ!~(関西テレビ・フジテレビ)- 2016年2月22日(KTV)、2016年3月6日(CX)
  • R-1ぐらんぷり 決勝戦(関西テレビ・フジテレビ系)
    • 2016年3月6日、復活ステージ出場者として出演。
    • 2017年2月28日、復活ステージ出場者として出演。
    • 2018年3月6日、復活ステージ出場者として出演。
  • いよいよ歌ネタ王決定戦2016~準決勝の激闘すべて見せますSP~(毎日放送)2016年8月31日
  • 三戸なつめのSONG STREET★ 歌ネタ王決定戦直前SP(毎日放送)2016年9月1日
  • ○○7~斎藤工が選ぶ7組の芸人(毎日放送)2016年9月3日
  • 歌ネタ王決定戦2016 決勝戦(毎日放送)2016年9月7日
  • トレンディエンジェルのお笑いトレンディ夜会(BS朝日)2016年9月27日
  • U字工事のふれあいマーケット3(とちぎテレビ、群馬テレビ、テレビ神奈川tvk、千葉テレビ、テレビ埼玉)2016年12月1日、5日、6日、8日、12日、13日
  • R-1ぐらんぷり2017放送決定! それまでに見とかなアカン!! ひとり芸あるある(関西テレビ) - 2016年12月19日
  • お願い!マンピンコン (Abema TV)- 2017年1月24日(24:50~)
  • 女芸人No.1決定戦 THE W(日本テレビ)
  • 月いちLIVE配信日テレアナウンサーの番組「アナBAR(バー)」 - 2017年12月8日
  • PON!(日本テレビ) - 2017年12月11日(THE W 事前インタビュー)
  • はやりば中京テレビ、2018年1月5日)
  • グッドスピードテレビ愛知、2018年1月19日、2019年1月25日)
  • 恋するクラシックBS日テレ、2018年4月2日 - 毎週月曜21:00-22:00)レギュラー出演
  • シューイチ(日本テレビ、2018年4月15日7) - 「ブレークちょい前芸人」企画出演
  • スッキリ(日本テレビ、2018年7月23日) - 「クイズッス」コーナー、女芸人No.1決定戦 THE W記者会見
  • ZIP!(日本テレビ)、「ワラガチャ」コーナー、2018年8/23.10/5出演
  • 嵐にしやがれ(日テレ、2018年9月15日) - 「第1回大林素子イチオシ芸人大会」出演
  • お試しポシュレちゃん(BS日テレ、2018年)
  • 取扱注意人物 スターの種か?デンジャーか?(テレビ朝日、2018年10月17日26:54-27:24)
  • 東京オーディション(仮)(東京MX、2018年10月8日、12月17日、2019年2月18日月曜26:40-27:10)
  • おじさん爆弾(CSテレ朝チャンネル2018年10月24日23:00-25:00)
  • スマートフォンデュ「2019年の主役は俺たちだ! ネクストブレイク芸人 超ショートネタ祭り」(テレビ朝日、2018年10月25日24:55)
  • クロ女子白書(テレビ福岡、東京MX2、fulu、2018年11月21、28日、12月26日、2019年1月2日。)
  • 芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2019 冬の陣 ピアノ部門3位(フジテレビ、2019年1月11日19:00-21:55)
  • そろそろにちようチャップリン歌謡祭(テレビ東京、2019年1月12.19日23:55-0:20)
  • 有吉ベース 女芸人バレンタインチョコレート大作戦の回(FOD、#82 2019年2月4日配信開始)
  • ぶるぺん(GYAO、2019年3月12日20:00-21:30)
  • ヤバイかスゴイかカミヒトエ!(テレビ朝日、2019年4月10日25:59-26:29、Ameba TVで見逃し配信#2に出演)

ラジオ[編集]

DVD[編集]

  • じゅんいちダビッドソンののびしろの向こう側 特典映像『じゅんいちダビッドソンのイタリア紀行クイズ』にU字工事と共にゲスト出演 (2017年3月22日発売)

新聞・雑誌[編集]

作曲作品[編集]

※編成が書いていないものは、ピアノ独奏曲。

  • ピエロ チェロとピアノの為に(2004年)
  • 落下星 フルートとチェロとヴィブラホンの為に (2005年)
  • Zimmer フルートとクラリネットとチェロの為に(2005年)
  • 水妖記 弦楽四重奏(2006年)
  • ハート型の思い出 二声ソプラノとピアノの為に(2006年)
  • 飛び込む男 三人の打楽器奏者の為に(2007年)
  • RIBBON クラリネットとギターとカホンの為に(2007年)
  • NAOMI 弦楽四重奏(2007年)
  • First movement(2008年)
  • 乱・蘭・卵(2008年)
  • ピンクガールズ オーケストラの為に(2008年)
  • 熱狂と歓喜の日々 歌モノ(2008年)
  • 2009年『メガネのあなた』歌モノ(2009年)
  • Yokosuka Heart 歌モノ(2009年)
  • 神戸デザートアイランドの唄 歌モノ(2009年)
  • Navy Burgers Song 歌モノ(2009年)
  • ガラスのポーチ 歌モノ(2009年)
  • Second movement(2009年)
  • 蘭~ぽっかりと浮かんだ~(2009年)
  • D.D.~dummy dreams~オーケストラの為に(2010年)
  • 蝶 二台ピアノの為に(2010年)
  • 私の夢は叶うんです!! マリンバとピアノの為に(2010年)
  • ほんとだよ (2010年)
  • 私が広末涼子ちゃんだったら マリンバとピアノの為に(2010年)
  • Third movement(2011年)
  • Fouth movement(2011年)
  • 終わっちゃった人生(2014年)
  • 夢・メロディ・祭(2015年)
  • 手短にまとめたい 歌ネタ(2016年)
  • 箱の中のワルツ (2016年)
  • 恋人 for clarinet and bass clarinet(2017年2月23日 日本の作曲家2017ニューカマーズで初演)
[10] より。)

映画音楽[編集]

ライブ・コンサート[編集]

[10] より。)

  • おもしろコンサート (ピアノ演奏、紙芝居、トークからなるコンサート)
  • まとばゆうのゆうゆうマンボ! (東京・下北沢 エッグカートン)
  • YU LOVES XX コンサート (門仲天井ホール → 2013年から両国天井ホール)
    • YU LOVES MOZART!! (2008年11月30日)
    • YU LOVES LISZT!! (2009年11月23日)
    • YU LOVES CHOPIN!! (2010年11月3日)
    • YU LOVES BACH!! (2011年11月3日)
    • YU LOVES BEETHOVEN!! (2012年9月23日)
    • YU LOVES DEBUSSY!! (2013年12月29日)
    • YU LOVES RAVEL!! (2014年7月19日)
    • YU LOVES SHUMANN!! (2015年7月18日)
    • YU LOVES RACHMANINOFF‼︎(2016年7月16日)
    • YU LOVES Rameau、Couperin、Ravel!!(2017年7月15日)
    • YU LOVES BEETHOVEN2!!(2018年7月14日)
  • 的場優ピアノコンサート (横須賀中央・地球堂3階メルシーボーク 毎月最終日曜日。丸8年開催し、2018年2月25日96回で終了。)
  • まとばゆうの売れるためにやるライブ (2017年4月28日 新宿バティオス)
  • かぎしっぽとまとばゆうのミュージカルネタライブ(第1回は2017年11月2日、新宿バッシュにて)
  • タイタンシネマライブ(2018年2月9日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 芸人名鑑「まとばゆう」(2016年3月29日閲覧)
  2. ^ 新サークル「懐メロソング倶楽部」”. NPO法人 さくらの会. 2016年3月29日閲覧。
  3. ^ a b c d 音楽と漫談が融合したピアノ芸でお笑い芸人として活躍する まとば ゆうさん”. タウンニュース横須賀版 (2013年9月13日). 2016年3月29日閲覧。
  4. ^ a b 【ご報告】”. まとばゆうオフィシャルブログ (2018年1月1日). 2018年1月2日閲覧。
  5. ^ a b c d ピアノ芸人まとばゆう、音楽の仕事こだわりお笑いへ”. 日刊スポーツ (2018年1月20日). 2018年1月21日閲覧。
  6. ^ a b c 若手演奏家紹介”. 秋山音楽事務所. 2016年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d 横須賀の芸人集団「0468スタイル」、初笑いライブ-ピアノ漫談「まとば」さん初登場”. 横須賀経済新聞 (2012年1月18日). 2016年3月29日閲覧。
  8. ^ 一般社団法人日本作曲家協議会 名簿 2016(平成28)年7月6日現在(PDF)”. 一般社団法人日本作曲家協議会 (2016年7月6日). 2016年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月31日閲覧。
  9. ^ TIAA全日本作曲家コンクール ~入賞者一覧~”. 東京国際芸術協会. 2016年3月29日閲覧。
  10. ^ a b c d e まとばゆうプロフィール”. まとばゆうのHP. 2016年3月29日閲覧。
  11. ^ 第8回 東京ピアノコンクール入賞者”. 東京ピアノコンクール. 2017年3月29日閲覧。
  12. ^ まとばゆうtwitter 2017年1月21日(2017年3月29日閲覧)
  13. ^ 準決勝進出者決定!(歌ネタ王決定戦2015)”. 毎日放送. 2016年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月29日閲覧。
  14. ^ 2/25(木) ラフォーレミュージアム六本木”. R-1グランプリ(2016)オフィシャルサイト (2016年2月25日). 2016年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月29日閲覧。
  15. ^ かまいたち、チョコプラ、ラニーノーズら9組「歌ネタ王」決勝進出”. お笑いナタリー (2016年8月4日). 2016年9月8日閲覧。
  16. ^ 【結果速報】準決勝進出者”. R-1グランプリ(2017)オフィシャルサイト (2017年2月9日). 2017年3月29日閲覧。
  17. ^ ご報告”. まとばゆうHP ブログ (2017年8月30日). 2017年9月10日閲覧。
  18. ^ a b c 吉田照美 飛べ!サルバドール 第780回 3月28日”. 文化放送吉田照美 飛べ!サルバドール』 (2016年3月28日). 2016年3月29日閲覧。
  19. ^ 『R-1ぐらんぷり2016』42人の芸人たちが準決勝で激突”. テレビドガッチ (2016年2月28日). 2016年3月29日閲覧。
  20. ^ 「笑っていいとも!」2012年11月9日(金)放送内容”. カカクコム (2012年11月9日). 2016年3月29日閲覧。
  21. ^ 2018年2月2日の放送”. TBSラジオ Laughter Night. 2018年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]