さとうきび畑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
さとうきび畑
歌手 ちあきなおみ(*1)
森山良子(*2)
作詞者 寺島尚彦
作曲者 寺島尚彦
編曲者 寺島尚彦
映像制作者 (実写)(*1)
吉良敬三(実写合成)(*2)
初放送月 1975年4月-5月(*1)
1997年8月-9月(*2)
再放送月 1976年6月-7月
1978年6月-7月
1986年8月-9月
1987年8月-9月
1988年8月-9月
1990年6月-7月
1991年6月-7月
1992年6月-7月(ラジオのみ)
1997年2月-3月(ラジオのみ)
1999年6月-7月(ラジオのみ)
2005年8月-9月(ラジオのみ)
2017年9月22日リクエスト[1]
(以上*1)
1998年8月-9月
2000年8月-9月
2002年8月-9月(ラジオのみ)
2006年8月-9月(?枠)
2014年8月16日9月13日リクエスト
(以上*2)
テンプレートを表示
さとうきび畑

さとうきび畑」(さとうきびばたけ)は、作曲家寺島尚彦が自ら作詞も手がけた歌。

作品の概要[編集]

1964年、寺島が、歌手・石井好子の伴奏者として本土復帰前の沖縄を訪問した際、摩文仁の丘を観光して着想した作品。 第二次世界大戦末期の沖縄戦で戦死した人々が眠る、夏のさとうきび畑に流れる風の音が繰り返される。全部で11連からなり、通して歌うと11分近くを要するため、大抵は要所要所カットして歌われる。2001年には後述の森山良子が「特別完全盤」として11連全ての詞を歌ってシングル発売しており、収録時間は10分19秒だと紹介されている。

第二次世界大戦を通して、沖縄の人々は日本で最も激しい地上戦を戦い抜いた。その激戦沖縄戦を通して、日米両国、無数の人々が敵味方殺し合い、そして集団自決した事例もみられる。数え切れないほど多くの戦死者・自決者たちが今なお「さとうきび畑」の下に眠っている。作者の寺島は、1972年に日本に復帰する前の沖縄を訪れて、作品中「66回」繰り返される風の音[2]を考えたという。

歌の主人公はひとりの少女である。少女は沖縄での戦闘で死んだ父親の顔を知らない。やがて大きくなると、ひとりで父親を探しにさとうきび畑に行く。父はなぜ戦い、なぜ殺されたのか、なにを恐れ自決したのか。通り抜ける風の音を聞きながら静かに悲しみを訴える。

作曲者によって、混声合唱、女声合唱にも編曲されており、混声合唱版はCD化されている(『寺島尚彦合唱作品集』フォンテック)。

録音と普及[編集]

1967年(昭和42年)、新居浜市民会館で、田代美代子(石井好子門下の歌手で、既に歌謡曲歌手として成功していた)によってコンサートで初演された。1969年(昭和44年)に森山良子がレコーディングし、アルバム『森山良子カレッジ・フォーク・アルバムNo.2』に収録したのが最初のレコード化であった[3]

1970年前後には、この曲の反戦歌としてのメッセージ性や、1972年沖縄返還への関心の高まりから、うたごえ運動や、歌声喫茶でよく歌われるようになっていた[4]

1975年にはNHKの音楽番組『みんなのうた』でちあきなおみの歌唱で紹介されたが、このときは2、3、11番だけという超ショートバージョンの形で録音・放送されている[5][6]1997年には、森山が『みんなのうた』で、1、2、3、8、11番という、ちあきのバージョンとは異なる形のショートバージョンを「みんなのうたバージョン」として録音し、放送された[7][8]

1995年にロス・ネリモスがCD『ノルウェイの森のシンフォニー~ミュージック・フロム・ジ・アース第2集』に、1、2、3、9、10、11番、かつ3番と9番の間に沖縄民謡『海ぬチンボーラー』を挿入するというバージョンを収録した。

歌手の新垣勉がさとうきび畑をカバー。彼の初CDとなった。

同年12月5日に、森山は、11連全ての詞を歌う録音を「涙そうそう」とのカップリングでシングル発売し、この曲の歌唱で2002年第44回日本レコード大賞では最優秀歌唱賞を受賞した。

2005年第56回NHK紅白歌合戦で、森山は(白組の一員として出場していた息子・森山直太朗とともに)この曲を歌った。

こうした経緯のため、森山はこの曲の代表的な歌手と見なされているが、森山の他にも、クラシック系(岡村喬生[9]新垣勉[10]鮫島有美子[11]錦織健[12]、など)、ポピュラー系(上条恒彦[13]堀江美都子[14]宮沢和史[15]松浦亜弥[16]夏川りみ[17]、など)、民謡系(上間綾乃[18])の多くの歌手に歌い継がれている。

また、この曲は、学校音楽教育の教材としても、様々な形で取り上げられている。

2003年9月28日にはこの曲をモチーフとしたスペシャルドラマ『さとうきび畑の唄』(TBS)が放映された。

歌碑[編集]

さとうきび畑の歌碑

2012年、「さとうきび畑」の歌碑が読谷村高志保のさとうきび畑の一角に建立され、4月1日に除幕式が行なわれた[19][20]。歌碑のある一帯は、1945年4月1日に米軍が沖縄本島への最初の上陸作戦を行なった地域である[21]

脚注[編集]

  1. ^ 同年8月11日も放送の予定であったが、「3月のライオン」のため休止。
  2. ^ 各連には「ざわわ ざわわ ざわわ」という行が2行あり、11連で「ざわわ」が66回繰り返されることになる。
  3. ^ 森山は本来は(当初は)カレッジフォークを持ち歌としていたため、「さとうきび畑」のような反戦の歌を持ち歌とすることに当初抵抗感があったという。また、2009年3月23日放送の『おもいッきりイイ!!テレビ』の「きょうは何の日」コーナー等によると「自分のような幸せでぽわんとした少女時代を送った自分に歌う資格があるのだろうか」と思ったとのこと。
  4. ^ うたごえ運動歌声喫茶文化の衰退後、回顧的に作成される曲集などには、この曲が採録されていることが多い。
  5. ^ 当時みんなのうたは5分で2曲を放送していたため、1曲あたりの時間は2分20秒弱に制限されていた。この音源は、ちあきの芸能活動休止後に出された、2000年の6枚組CD-BOX『ちあきなおみ・これくしょん ねえあんた』に収録されている。コロムビアによるディスコグラフィ
  6. ^ NHK みんなのうた - さとうきび畑(1975年版) - ちあきなおみ
  7. ^ NHK みんなのうた - さとうきび畑(1997年版) - 森山良子
  8. ^ その後、NHKが公式に承認してCD化、DVD化された『みんなのうた』のソフトでは、この森山の「みんなのうたバージョン」の音源・映像が用いられるか、堀江美都子の録音などが用いられている。
  9. ^ 岡村(バス)は、1999年のアルバム『昭和を歌う〜洒落男/さとうきび畑』でこの曲を取り上げている。
  10. ^ 沖縄出身の新垣(テノール)は、2001年にこの曲をフィーチャーしたアルバム『さとうきび畑』でデビュー、翌年この曲をアルバムからシングルカットしたものが初シングルであり、その後も重要なレパートリーとしている。
  11. ^ 鮫島(ソプラノ)は、2002年のアルバム『さとうきび畑』などでこの曲を取り上げている。コロムビアによるディスコグラフィ
  12. ^ 錦織(テノール)は、2004年のアルバム『秋の月』に、この曲の11連バージョンを収録しており、その後のベストアルバムにもこの録音が収録されている。
  13. ^ 上条は1971年に、レコード・デビュー後2枚目のシングルとしてこの曲を出し、同年の『上条恒彦ファースト・アルバム』にもこれを収録した。この曲は、上条の代表曲のひとつとして後年のコンピレーションCDにも収録されている。
  14. ^ 1976年7月25日、コロムビアからLP『NHKみんなのうた ゴールデン・ヒット・アルバム』(CW-7074)の収録曲として発売。堀江は声優ないしアニメソング歌手としての活動が目立つが、コロムビアで『みんなのうた』で取り上げられた曲のコンピレーションが作成され、この曲が収録される場合は、いずれも堀江の歌唱が用いられている。
  15. ^ THE BOOMのリーダである宮沢は、自身のソロ・ツアーで取り上げていたこの曲を、2002年にTHE BOOM名義のシングル「この街のどこかに」の2曲目に収めている。
  16. ^ ハロー!プロジェクトによるフォーク系楽曲のカバー・アルバム・シリーズのひとつ2002年の『FOLK SONGS 2』の最後には、松浦をメインに、石井リカがサポートする形で、この曲が収められている。
  17. ^ 沖縄出身の夏川は、2003年のアルバム『空の風景』でこの曲を取り上げている。
  18. ^ 戦後70年目の節目となる2015年、この曲の歌詞が沖縄語に翻訳されて沖縄出身の上間が歌唱を担当することとなり、沖縄での組織的戦闘が終結した日とされる6月23日に、上間のメジャーデビュー後2枚目のシングル『さとうきび畑 ~ウチナーグチ~』として発表された。
  19. ^ 沖縄・読谷村に「さとうきび畑」の歌碑を!”. 「さとうきび畑」歌碑建立実行委員会. 2013年1月31日閲覧。
  20. ^ “「さとうきび畑」歌碑建立 読谷・高志保”. 琉球新報. (2012年4月2日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189474-storytopic-5.html 2013年1月31日閲覧。 
  21. ^ 読谷バーチャル平和資料館 4.アメリカ軍上陸と読谷”. 読谷村. 2013年1月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 田村洋三『ざわわ ざわわの沖縄戦 サトウキビ畑の慟哭』(光人社、2006年) ISBN 4-7698-1299-X
  • 寺島尚彦『ざわわ さとうきび畑 緑いろのエッセイ』(琉球新報社、2007年) ISBN 978-4-89742-084-4

関連項目[編集]