納言 (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
納言
NAGON
メンバー 安部 紀克
薄 幸
結成年 2017年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2017年1月 -
出身 東京アナウンス学院(安部)
ワタナベコメディスクール13期生(薄幸)
芸種 漫才
ネタ作成者 安部 紀克
現在の代表番組 有田ジェネレーション
ネタパレ
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

納言(なごん)は、日本のお笑いコンビ。所属は太田プロダクション

メンバー[編集]

[1]

略歴[編集]

安部の前コンビ『すとろんぐカラ〜』が解散して間も無い頃、安部から誘って2017年1月に結成に至る[2]。安部はまずネタを3本書いて願い出たということで、この時、薄幸は安部のことを「気持ち悪い奴だな」と思いながらも「断ったらヤベえことになりそうだから、取りあえずやってみっか?」と考えた上で、この話を引き受けたという[2]

2018年M-1グランプリでは準々決勝まで進出[3]

芸風[編集]

主なネタには、キャバクラスカウト、引っ越しの挨拶の時に会った初対面の男、チラシ配りの男にそれぞれ、いずれもつい誘われてしまう女というものがある。薄幸は革ジャンを衣装とし、ガラの悪そうな女のキャラで時々巻き舌調の台詞を入れ、ネタの間にたばこを吸う仕種を見せながら特定の街の名を挙げてディスるというネタを披露している[2][4][5][6]。なお、これらのネタの時に見せているキャラクターがむしろ、薄のありのままだという[2]

薄曰く「字は読むのも書くのも嫌い」ということから、ネタ作成は主に安部が行っている[2]。ネタはほぼ薄幸による実体験が基になっているという[2]

出演[編集]

薄の単独での出演については、薄幸#出演の節を参照。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特に出典のついているもの以外は、#外部リンク節掲載の「公式プロフィール」より。
  2. ^ a b c d e f 東京新聞 2019年6月5日 14面「笑う神拾う神」
  3. ^ 納言 コンビ情報”. M-1グランプリ公式サイト. 2019年6月9日閲覧。
  4. ^ ネタパレ【公式】フジテレビ『ビラ配り/納言』
  5. ^ ネタパレ【公式】フジテレビ『引越しの挨拶/納言』
  6. ^ ネタパレ【公式】フジテレビ『キャバ嬢のスカウト/納言』

外部リンク[編集]