都内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

都内(とない)とは、東京都、およびとされるバンコク、あるいは各国の首都やそれに比する大都市の地方政府の行政区域や市街の範囲。また東京都内(とうきょうとない)の略語である。

東京都内[編集]

経緯[編集]

1943年(昭和18年)7月1日に東京都制が施行され東京府東京市がともに東京都に移管されたため、旧東京府内の意での都内と、旧東京市内の意での都内の両方の用法が発生した。法令上での都内の語は東京都制の条文[1]ですでに用いられており、文中で都内の市町村(=多摩地域島しょ)と言及し東京都の全域を対象としている。東京都制#区市町村についてを参照。

元来の用法[編集]

  • 東京都全域のこと。法令表記上は現在も東京都の全域であり、必要により「区」や「市町村」を明記して限定する形をとる[2]

通俗的用法[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和18年6月1日法律第89号
  2. ^ 地方税法施行令第五十七条の二、地方自治法第二百八十一条の四など
  3. ^ 在タイ日本国大使館 [1] バンコク都内の警察署および病院について記載
  4. ^ 市区定義欄

関連項目[編集]

  • 都下…県内と県下は同義であるが、東京都にあってはその設立経緯から元来は「都内」と同じ意味だが、現在は多摩地域(旧東京市に編入されていた東多摩郡地域を除く)ならびに伊豆諸島小笠原諸島、すなわち東京都のうち特別区以外の領域を指すことが多い)
  • 府内(曖昧さ回避)