風藤松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風藤松原
FUTO MATSUBARA
メンバー 風藤康二
松原義和
結成年 2004年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2004年2月8日[1] -
出会い NSC大阪校18期
旧コンビ名 ランチ(風藤)
好色一代娘(松原)
芸種 漫才
ネタ作成者 松原義和
過去の代表番組 オンバト+エンタの神様 など
同期 ファミリーレストラン浜辺のウルフずばり!タコ介など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2007年 第6回漫才新人大賞優秀賞受賞
2014年 オンバト+第4回チャンピオン大会 準優勝
テンプレートを表示

風藤松原(ふうとうまつばら)は、太田プロダクション所属の日本お笑いコンビ。大阪NSC18期生。

メンバー[編集]

  • 風藤 康二(ふうとう こうじ、1977年11月29日 - )ツッコミ担当、立ち位置は向かって左。
大阪府枚方市出身。大阪NSC18期生。血液型はA型。以前は「ランチ」というコンビを組んでいた。
趣味は工作(プラモデル・家具など)、特技は料理。
2016年1月に結婚[1]
  • 松原 義和(まつばら よしかず、1974年2月8日 - )ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。
大阪府寝屋川市出身。大阪NSC18期生。血液型はB型。母親にとても似ている。「好色一代娘」というコンビを組んでいた。
趣味は推理小説・2時間サスペンスを見ること、特技は一人で時間をつぶせること。
2014年6月に結婚[2]

ネタ[編集]

  • 主に漫才。独特のゆっくりしたテンポが特徴。
  • あるあるネタを用いたものが代表的。女性的な口調で、日常生活で起こりそうな嫌な事を言い、2人でそろえて「やだね〜」と言う。その後、そのネタの説明を少しして次のネタに入る。
  • ネタの最後に風藤が舞台袖を見て「あら、そろそろ時間だって」と言ってから、2人で「やだね〜」と言って締める。
  • 共に大阪出身だが、漫才の際は標準語を使う。たまに途中から「今からテンション上げま〜す」と言って、テンションを上げ大阪弁になるが、1分ほどでまた「テンション下げま〜す」と言って下げる。
  • 風藤が読んだ川柳の五・七に、松原がボケの五で答えるというネタもある。
  • また、ことわざなどを用いていい間違いを重ねるネタも持つ。
  • オーソドックスなスタイルの漫才も行い、オンバト+などで披露している。

略歴[編集]

  • 2001年「第22回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞(風藤のみ)。
  • 2006年「第6回M-1グランプリ」3回戦進出。
  • 2007年「第6回漫才新人大賞」優秀賞受賞。
  • 2007年「第5回お笑いホープ大賞」第3位。
  • 2007年「第7回M-1グランプリ」3回戦進出。
  • 2008年「第8回M-1グランプリ」準決勝進出。
  • 2008年「第10回爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」進出。
  • 2009年「第9回M-1グランプリ」準決勝進出。
  • 2010年「第10回M-1グランプリ」準々決勝進出。(予選ランキング29位)
  • 2011年「THE MANZAI 2011」にて認定漫才師50組に選ばれるも、松原の肝不全の治療のため本戦サーキットは棄権。
  • 2012年「THE MANZAI 2012」にて、認定漫才師50組に選出。
  • 2012年「太田プロライブ月笑」初代年間チャンピオン。
  • 2013年「THE MANZAI 2013」にて、認定漫才師50組に選出され、本戦サーキットランキング4位で決勝に進出。
  • 2014年「THE MANZAI 2014」2回戦進出。
  • 2014年「第4回オンバト+チャンピオン大会」出場、ファイナルステージ進出、準優勝。
  • 2015年「第11回M-1グランプリ」準々決勝進出。
  • 2016年「第12回M-1グランプリ」3回戦進出。
  • 2017年「第13回M-1グランプリ」準々決勝進出。
  • 2018年「第14回M-1グランプリ」2回戦進出[2]

逸話[編集]

  • 風藤のツッコミは関暁夫曰く「全部吸い込まれる」(『ぷっ』すまにて)。
  • エンタの神様』では服装も女性らしくしていた。
  • スレイヤーメガデスなど、メタルバンドのTシャツを着ていることが多い。
  • 東京に出てきてから松原が結婚するまでコンビで同居していた。
  • 2009年9月26日、銀座小劇場にて初単独ライブ「ゆるゆる」を開催。
  • 2011年1月、永沢たかし(磁石)が結成した、芸歴10年前後の吹きだまり芸人によるユニット「FKD48」に加入。風藤が不良担当→介護担当で担当カラーは紺色、松原が変態担当で担当カラーはミントグリーン。
  • 前述の通り、THE MANZAI 2011本戦サーキットを松原の治療のため棄権してしまったが、12月10日に放送された『決勝トーナメント組み合わせ挑戦会』では本大会独自の審査システム「国民ワラテン」のテストと称してネタを披露した。
  • 爆笑オンエアバトル』とその後継番組『オンバト+』には両方を通算して2006年度から2014年度まで長きに渡って出場し続け、比較的安定した成績を残していた[3]にもかかわらずオーバー500だけは一度も達成できなかった。なお、『オンバト+』において15勝以上している芸人の中でオーバー500を達成していない芸人は風藤松原のみ[4]。更に『オンエアバトル』の成績も合算すれば計22回勝利しているが、非公式ながら通算で20勝以上している芸人の中で一度もオーバー500を達成していない芸人も風藤松原のみ[5]となっている。
    • 『オンバト+』の第4回チャンピオン大会ではファイナルステージの3組に残り、822KBを獲得するもジグザグジギー(882KB)にあと一歩及ばずチャンピオン達成はならなかった。因みに、もしも風藤松原がチャンピオンとなっていたら、史上初めて通常回で一度もオーバー500を達成していないチャンピオンの誕生となっていた。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 風藤松原 単独ライブ「ゆるゆる」(2009年9月26日、銀座小劇場)
  • 風藤松原 単独ライブ「ジャスミン」(2013年12月1日、新宿シアターモリエール)

トークライブ[編集]

  • 風藤松原のトークライブ1(2010年2月17日、阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 風藤松原のトークライブ2(2010年5月31日、阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 風藤松原のトークライブ3 feat.白ブリーフはタキシード(2011年4月29日、新宿ネイキッドロフト)
  • 風藤松原のトークライブ4(2011年9月23日、新宿ネイキッドロフト)
  • 風藤松原のトークライブ5 〜風藤松原のクリスマスパーティー〜(2014年12月24日、新宿ネイキッドロフト)
  • 風藤松原のトークライブ6 〜風藤松原のひな祭り〜(2015年3月3日、新宿ネイキッドロフト)
  • 風藤松原のトークライブ7 〜風藤松原の七夕祭り〜(2015年7月7日、新宿ネイキッドロフト)

DVD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ M-1グランプリ コンビ情報
  2. ^ 風藤松原 | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2020年9月8日閲覧。
  3. ^ 『オンエアバトル』では3回、『オンバト+』では2回敗退を経験しているが、いずれも300KB台を下回ったことは無く400KB台で敗退したことも2度ある。また、トップ通過も何度か経験しており、『オンエアバトル』では2007年12月7日・2008年2月8日放送回において連続でトップ通過を果たしたこともある(重量はいずれも473KB)。更に両方の番組を合わせても300KB台でのオンエアが通算で3回しかなかった(他は全て400KB台でのオンエア)。
  4. ^ 2番目に多いのがアルコ&ピースの10勝となっている。
  5. ^ 『オンエアバトル』においてはシャカ星野卓也の17勝が最高記録となっているが、この2組は『オンバト+』には出場経験が無いためこれをも上回っている。

外部リンク[編集]