コンテンツリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社コンテンツリーグ
本社所在地 150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-21 石井レジデンス201
設立 2006年
業種 DVD、CDなどの制作、製造及び販売
演劇、音楽、映画及びテレビ、ラジオ番組の企画、制作
コンピュータープログラムの企画、制作及び製造、販売ならびに賃貸
インターネットによる音楽、動画、映像の配信に伴う企画、制作販売、管理業務
代表者 代表取締役社長 斉藤正明
テンプレートを表示

コンテンツリーグお笑い芸人のDVDを専門に扱うレーベル、および同レーベルを運営する企業。

概要[編集]

2006年東京芸能事務所である太田プロダクションサンミュージックプロダクションタイタンプロダクション人力舎マセキ芸能社ワタナベエンターテインメントの6社とレントラックジャパン(現:TSUTAYA)により発足した。2007年5月より、関西の事務所として初めて松竹芸能も参加。 名称は、英語で「内容同盟」の意。 コンテンツリーグ最大の特徴はお笑い芸人が本当にやりたかったネタを披露できるところである。番組映像をDVD化するにあたって、製作元のテレビ局や販売元のレコード会社など関係会社の調整により時間がかかるのに加えて、ネタの内容によっては販売元の社風にあわないなどの政治的な事情によってそのネタがお蔵入りするケースも多々みられる。コンテンツリーグはプロダクションと製作会社がダイレクトにつながる事で会社間の調整などが容易となり、スピーディーなリリースが可能となり、尚且つお笑い芸人が本当にやりたかったネタが披露できる様になる。[1]

「リビングルームに冗談を。」というキャッチフレーズは、爆笑問題太田光が考案した。

基本的には撮り下ろし作品を主にリリースしている。第1弾として爆笑問題の初のネタDVDとなる「2006 上半期漫才 爆笑問題のツーショット」がリリースされた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビお笑いふ! vol.1」(学研