太田光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太田 光
本名 太田 光
ニックネーム ピーちゃん、おおたぴかり
生年月日 (1965-05-13) 1965年5月13日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県上福岡市
(現ふじみ野市
血液型 O型
身長 170cm
方言 なし(共通語
最終学歴 日本大学芸術学部中退
出身 太田プロスカウト
コンビ名 爆笑問題
相方 田中裕二
芸風 漫才コント(ボケ)
立ち位置
事務所 タイタン
活動時期 1988年 -
同期 浅草キッド
他の活動 司会者 文筆家
配偶者  太田光代
親族 太田三郎(父)太田瑠智子(母)[1]
受賞歴
1993年日本映画プロフェッショナル大賞新人奨励賞受賞
2006年 芸術選奨文部科学大臣賞

太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、日本のお笑いタレント漫才師作詞家文筆家である。

田中裕二との漫才コンビ爆笑問題ボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。

略歴[編集]

1965年5月13日、太田三郎を父として埼玉県上福岡市で誕生。2012年3月21日に亡くなった父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文学お笑いにも興味を持っていた人である[注 1]。「光」と命名したのは父三郎で、正しい「right」と明るい「light」という意味を掛けて「ライト」と名付けたかったが、漫才師のコロムビア・トップ・ライトと同じになるのでそれは避けて「光」としたといい、光り輝くように、という意味も込めたという[2]。母親は女優志望で、俳優養成所に所属していた事があり、光は幼少時より母に連れられて舞台を観にいっていた[注 2]。光に兄弟はおらず、一人っ子である。

1972年 上福岡市立第二小学校(現:ふじみ野市立上野台小学校)入学し、1975年に上福岡市立第六小学校(現:ふじみ野市立元福小学校 )へ転入、1978年3月同校卒業。同年4月上福岡市立第二中学校(現:ふじみ野市立葦原中学校)入学、1981年3月同校卒業。同年大東文化大学第一高等学校入学、1984年3月同校卒業[注 3]。同年4月日本大学芸術学部入学、1985年[3]に中退(退学届を出していないため、その後に除籍扱い)。

日本大学芸術学部演劇学科で田中裕二と知り合う。二人で1988年3月に爆笑問題を結成し現在に至る。(→爆笑問題#過去の出演番組#出演番組

1990年9月26日、当時同じ事務所(太田プロダクション)だった元芸人、タレントで現在のタイタン社長である太田光代(当時は松永光代)と結婚。恐妻家。妻は豪快な人物で、彼女との奇妙な結婚生活はエピソードに事欠かない[4]。光代との間には、子供はいない。

人物・エピソード[編集]

芸風

公の場で無軌道な言動・行動・ボケ・意見をすることが多く、それが批判されることが多いにもかかわらず、あまりにもそうしたことを繰り返すため、「バカッター芸人」とも呼ばれている[5]。自身の過激な言動・行動が原因で妻の光代から叱責されることもよくある[6]。そのため、漫才や雑誌の連載では他人の失言を批判する発言やボケをすると、田中から「日頃から失言しているお前に言われたくない」と突っ込まれることもよくある[7]。なお、太田はこれらの振る舞いや自分の意見を番組で述べることについて「自分は憧れているビートたけしとは別物である」といった思いの表れであることを述べている[5]。ただし、元マネージャーが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことが報道された際には「サンデージャポン」で防げなかったことへの責任を述べ、謝罪するなどすべての物事に無軌道なわけではない[8]

古館伊知郎は太田のボケを「あたかも意味のある興味深いトークをしているようで、どこまで意味があるの?っていう思いが募った時に、完全にその意味のあるテレビサイズのトークを無意味化する。これって気持ちいいんですよ」と評している[9]

共演する女性に対しては太田独自のあだ名を付けるが、「ワンちゃん」「アプリ子ちゃん」「イランちゃん」など単純なものが多い。

代表的ギャグ

ほとんどのフレーズは「ユーキャン主催の新語・流行語大賞のノミネートを狙う」としながら思いつきで乱発しているものであるが、現時点ではノミネートされたことはない。

  • (中指と人差し指を額につけ、相手に向けて)ピップ
    2005年頃に行なったギャグ。『爆笑問題カーボーイ』でも「私もピップやってみました」というコーナーをつくって、リスナーに流行させようとした。
  • (親指と人差し指でメガネを作ったあと両人差し指を前に出し)プシュー!
  • プーライ!
    その前はプレイ!というフレーズを述べていたが、のちにこれに定着した。
  • どゆこと!?
    2010年頃に『笑っていいとも!』でタモリと行ったギャグで、2010年女子中高生ケータイ流行語大賞にもノミネートされ[10]、若者が使用する略語の元となった。このフレーズは爆笑問題が司会を務める『世界の日本人妻は見た!』(MBS系)でも多用されている。
  • とても楽スミダ
    2011年に行なわれていたギャグ。
  • こっちかんぴょう巻き、この人かっぱ巻き
    2013年頃に『笑っていいとも!』でタモリと行っていたギャグ。2014年3月26日放送ではこれをベースにした漫才をタモリと行っている[11]
  • ションベンちびるかと思った〜!!
    2013年頃に行なっていたギャグ。事務所の後輩の日本エレキテル連合もこのギャグを使用したことがある[12]。しかし、流行語大賞を先に獲られてしまうという皮肉な結果になった[13]
  • はい、こちらポンポコ商事です
    2015年に『爆笑問題カーボーイ』のコーナー「太田流行語大賞」をきっかけに行っていたギャグ。このギャグを流行させたいため、田中が山口もえと再婚した際にはこの結婚を「ポンポコ婚」と勝手に命名していた[14]。同年のガジェット通信主催のネット流行語大賞2015にノミネートされていた[15]
落語への造詣

父親の影響もあり落語にも造詣が深く、好きな落語家として立川談志三遊亭圓生古今亭志ん朝古今亭志ん生を挙げている[16]。太田は落語の魅力を「落語を知らない人は、たぶん、「笑わしてくれる話なんだ」って単純に思ってるじゃないですか。でも、じつは落語って、すべての気持ちがあるんですよね。笑いたい人も、泣きたい人も受け入れる。だから、誰にでもお勧めできる娯楽だと思うんですよね。だって、「落語好きなんです」っていう人はいろんな分野にいるじゃないですか。だから、ほんとに、いろんなタイプのものがそろってるんですよ」と述べている[17]

映画鑑賞

映画鑑賞が趣味であり敬愛する映画監督にチャールズ・チャップリン[18]ウディ・アレン[19]ジョージ・ロイ・ヒル[20]テリー・ギリアム[20]黒澤明などを挙げている[21]

自らの指揮での映画製作を目標に挙げており、制作に向けて映画製作会社と共に内容に関して打ち合わせをしているが、「シナリオがつまらない」という理由でことごとく否決されていることを明かしている[22]

読書・文学への造詣

読書家で、年100冊を超えるペースで本を読む。敬愛する作家ヴォネガットアーヴィングサリンジャーカポーティ太宰治宮沢賢治向田邦子司馬遼太郎板倉俊之など。高校時代の愛読書は亀井勝一郎島崎藤村。ヴォネガットファンとして有名で、事務所の名前「タイタン」や飼っていたオカメインコの名前「キルゴア」はヴォネガットの作品に由来するもの。アーヴィングとは新潮社出版『対談の七人』にて対談を行ったこともある。

村上春樹については『羊をめぐる冒険』などの初期の作品については肯定しているが、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』以降の作品から否定的で「会話が翻訳的であり、登場人物に人間味がない」と意見を述べている。一方で村上作品については全て読んでいる。

知るを楽しむ・私のこだわり人物伝』(NHK教育2005年6月)では、向田邦子とドラマ『阿修羅のごとく』を語った「女と男の情景」と題した講義を担当し、2006年元日には村松友視とお互いの講義した人物について語る特別番組が放送された。

2009年から文藝春秋社で刊行されている『向田邦子全集〈新版〉』の月報をはじめ、向田邦子関連のコラムを多く執筆している。

小説新潮1997年12月号に近未来SF短編『終末のコメディ』が掲載された。また、2010年には短編集『マボロシの鳥』、2012年には短編集『文明の子』を出版している。

太田の父親・三郎が文学青年だったころ、小説持ち込みのために太宰治のもとを訪ねたことがあるといっている[23]

アニメ・ゲームマニア

本人曰く、アニメマニアで[24]、TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本家の虚淵玄を『爆笑問題の日曜サンデー』のゲストに呼んで対談もした[25]。アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』には、切なくて立ち直れなかったと語っている[26]

ど根性ガエル』のファンであり、プライベートではその中のキャラクターのピョン吉を模したTシャツを着用する事が多く、それがテレビで放送されたり「日曜サンデー」のホームページに掲載されることもある。

スタジオジブリ作品に関しては、『未来少年コナン』以外の宮崎駿作品は説教臭くて嫌いで、高畑勲を好むことを公言しており、2014年には高畑の『かぐや姫の物語』の映像ソフト化に際して、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫から新しいキャッチコピーを創出する「特命コピーライター」に任命された[27]

ゲーム『MOTHER』の大ファンで、製作者の糸井重里の公式ウェブサイトほぼ日刊イトイ新聞』では対談が掲載された。『ドラゴンクエスト』もプレイしており[28]、製作者ともゲームについて語っている[29]

政治・社会への関心

自らの番組、エッセイ等で政治的信条を語ることがある。これについては前述の通り「自分はビートたけしとは別物である」といった思いの表れであるとともに、そうした事をしない方がかっこいいと思っている旨と、自らの主張の表現方法を「稚拙ですよね」と自己評価する発言をしている[30]。自らの政治的立場については右派でも左派でもない中道と述べている[31]。また、政界進出の噂がささやかれることもあるが、太田本人は否定的な発言をしている[32]

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」を担当した頃は自身が極端なマニフェストを提案し、政治家にかみつく姿がネット上で賛否両論になっていた[33]。太田も最初はネット上の批判などを気にしていたが、次第に慣れてきたといい[34][35]、自らの発言がネット上で話題となることについては「気にならない」と述べている[36]

爆笑問題の日曜サンデー」でたびたび共演した大橋巨泉とは時折意見の違いで、太田と論争になることも多かった。ただし、両者とも一定の信頼関係の下で議論をしており、そのやりとりを端で見ていた田中は「口調も親子のケンカみたいになってくるので、楽しかったです」とコメントしている[37]

好きな芸能人・交友関係

ビートたけしのファンになる前は萩本欽一のファンだった[38]

サザンオールスターズの大ファンで、2008年のラジオ共演をきっかけに桑田佳祐とメールでの親交もあり、太田が出演した番組を見た感想や、自身の活動に関する事まで送られてくるという[39]。サザンのファンになる前はアリスの楽曲を好んで聴いていた[40]。他に好きな歌手ジャニス・ジョプリンスティーヴィー・ワンダーエルヴィス・コステロ石野真子さだまさし佐野元春Mr.ChildrenSMAPGLIM SPANKY藤岡みなみ&ザ・モローンズASKA[41]など。

SMAPの大ファンであることを公言しており、メンバーの仲の良さなどをラジオやテレビで熱く語ることが多かった。それが縁で「We are SMAP!」の作詞も担当したほどであり、それゆえに同グループが解散することが発表された際にはショックを受けたことと、内情について「本人たちにしかわからない事」と前置きをし、メンバー全員を心配する発言をしている[42][43]。また、ジャニーズ事務所の対応に対して苦言を呈している[44]

木村拓哉とメールで親交を持っている[45]

その他

ヘビースモーカータバコを多い時には1日に40本を吸うことがある。しかし、2008年の人間ドックでの肺検査(呼吸機能胸部CT喀痰細胞診)では異常が見られなかった[46]

携帯電話を所有していない[36]

インターネットに対しては「ネットは罪だよね。ネットはホントになくしたほうがいいと思う」といった批判的な発言を頻繁にしている[47]。ただし、その一方で太田本人も原稿の執筆や、調べ物・買い物などでパソコンは利用しており、「逆に言うといまネットがなくなったら俺は生きていけない」「そこがジレンマだよね。こんな便利なものはないと思うけど、こんな面倒くさいものもないっていうのはある」といった発言もしている[48]

身長は170cm[注 4]

尊敬する落語家立川談志から「(相方の)田中だけは切るなよ」「別れなさんな(コンビを解消するな)」と忠告された[49]

田中編と太田編で特集された『情熱大陸』(MBSテレビ・TBS系、2010年5月16日5月23日)では田中編の方が視聴率が高く、「ショック隠しきれないですから」と発言した[50](田中編は5月16日に、太田編は5月23日にそれぞれ放送された)。

出演[編集]

コンビでの出演は、爆笑問題#現在の出演番組爆笑問題#過去の出演番組を参照のこと。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

バラエティ[編集]

ゲスト出演[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 知るを楽しむ・私のこだわり人物伝「向田邦子・女と男の情景」(2005年6月、NHK教育)
  • ラストデイズ「忌野清志郎×太田光」(2014年5月2日、NHK総合)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

DVD[編集]

  • 笑う超人 立川談志×太田光(2007年)※企画・演出・出演

CM[編集]

監督[編集]

著書[編集]

爆笑問題名義の著書は爆笑問題#出版を参照のこと。なお、爆笑問題名義でも多くは太田1人で執筆している(原稿料・印税は田中にも配分されている)。

共著[編集]

編集[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 父三郎は、東京六本木叙々苑の店舗の設計を手がけ、そこの看板の揮毫も担当した。また父も、光と同様に文学とお笑いに興味を持っていた[2]
  2. ^ 母親は永井一郎と同じ養成所に属していたことがあったので、永井の舞台を観に行っていた。なお、永井が爆笑問題のラジオにゲスト出演するまで、光と顔を合わせた事はなかった。
  3. ^ 高校時代は友達が一人もいなかったが、学校を休まず皆勤賞を取った。休み時間は、図書室に入り浸り、「図書室の不良」を自称していた。修学旅行では約10冊の小説を持参し、1人で全部読みきった。大学に進学すると初対面の学生にもハイテンションに振る舞い、友達を作ろうと必死であった、という。
  4. ^ 平均的だが、田中の身長が154cmと低いため、「爆笑問題の大きい方」とも言われている(出典『爆笑問題太田光自伝』
  5. ^ 2000年4月から2012年3月までは、田中とともに水曜日に出演していたが、同年4月より田中のみが月曜日へ出演曜日を変更していた。

出典[編集]

  1. ^ “爆笑問題・太田光、父の告別式で「オヤジのまねばかりしてきた」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年4月1日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120401/ent12040120070011-n1.htm 2015年12月17日閲覧。 
  2. ^ a b 太田光 母が語った「主人は最期まで光を気にかけて…」”. 女性自身 (2012年3月27日). 2014年5月14日閲覧。
  3. ^ 公式プロフィールより
  4. ^ 『爆笑夫婦問題』
  5. ^ a b 爆笑問題はなぜ“つまらない”ボケを繰り返すのか? 太田光の「テレビ論」 Yahoo!ニュース
  6. ^ 首相バカ発言の太田光、妻のフォローは効いたのか 「旦那の事思っているんだな!」の声も - J-CASTニュース 2015年4月
  7. ^ 爆笑問題名義、町山智浩との共著『爆笑問題の日本原論 自由にものが言える時代、言えない時代』太田出版 p133より。
  8. ^ 爆笑問題、元マネージャー逮捕で謝罪「防げなかった責任も感じる」オリコンスタイル
  9. ^ 爆問・太田、古舘伊知郎の褒め言葉を“無意味化”「小学生の吉田さん状態」スポニチアネックス
  10. ^ 佐野正弘の“日本的”ケータイ論 「女子中高生ケータイ流行語大賞2010」の舞台裏 - 日経トレンディネット 2010年12月15日
  11. ^ 爆問“最後の”タモリを称賛、太田との1回限りの漫才に秘話 - Sponichi Annex 2014年4月2日
  12. ^ 日本エレキテル連合、素顔はかわいい報道で「風評被害」 - シネマトゥデイ 2014年9月29日
  13. ^ "日本エレキテル連合「ダメよ~ダメダメ」が新語・流行語年間大賞に".お笑いナタリー(2014年12月1日).2017年2月20日閲覧。
  14. ^ 爆問・太田が命名! 田中は“ポンポコ婚” - デイリースポーツ 2015.10.4
  15. ^ 選んで!『ガジェット通信ネット流行語大賞2015』一般投票開始! 締め切りは28日(土)18時 - ガジェット通信 2015.11.24(ノミネートの表記は「ハイ!こちらポンポコ商事です。」)
  16. ^ 第9回 落語は最低限の教養であるほぼ日刊イトイ新聞
  17. ^ 最終回 国語、算数、理科、社会、「落語」。ほぼ日刊イトイ新聞
  18. ^ ゲストトーク 爆笑問題”. [SmaSTATION!. テレビ朝日. 2016年5月29日閲覧。
  19. ^ 太田光 しごとのはなし”. ぴあ. 2016年5月29日閲覧。
  20. ^ a b 週刊プレイボーイ 2014年9月22日号「爆笑問題の笑えるニュース解説」
  21. ^ トップニュース”. [SmaSTATION!. テレビ朝日. 2016年5月29日閲覧。
  22. ^ 太田光、映画監督への挑戦に試練「シナリオがつまらない」 テレビドガッチ
  23. ^ 書道家の亡き父の影響受けた爆笑・太田光「反抗期なかった」”. NEWSポストセブン. 2016年5月29日閲覧。
  24. ^ “[http://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/32707/914400/ 探検バクモン  2015年12月2日(水)]”. gooテレビ (2015年12月2日). 2016年5月29日閲覧。
  25. ^ 6/16(日)は、イケイケドンドン!景気のいい話SP”. 爆笑問題の日曜サンデー. TBSラジオ (2013年6月16日). 2016年5月29日閲覧。
  26. ^ 爆笑問題・太田がドラマ『あの花』を観て落ち込んだことを告白 「めんまロス状態」”. livedoorNEWS (2015年9月24日). 2016年5月29日閲覧。
  27. ^ 爆笑問題・太田、"宮崎駿ぎらい&高畑勲びいき"を公言し過激発言連発! - CinemaCafe.net(2014年10月17日)
  28. ^ 今夜くらべてみました 2013年2月19日放送回”. gooテレビ (2013年2月19日). 2016年5月29日閲覧。
  29. ^ 木村拓哉さん&堀井雄二さん。”. 爆笑問題の日曜サンデー. TBSラジオ (2011年10月23日). 2016年5月29日閲覧。
  30. ^ 太田光(爆笑問題): 情熱大陸毎日放送
  31. ^ 中沢新一との共著『憲法九条を世界遺産に』より。
  32. ^ 【エンタがビタミン♪】「全員クソだよ!」爆笑問題・太田“総理”、政界進出に全く興味なし
  33. ^ 《前編》太田光がもし本当に総理大臣になっていたら?ブッチニュース
  34. ^ 【太田光 しごとのはなし】第1回 しごとのはなし ぴあ映画生活
  35. ^ 【太田光 しごとのはなし】第1回 しごとのはなしぴあ映画生活
  36. ^ a b 爆笑問題名義、町山智浩との共著『爆笑問題の日本原論 自由にものが言える時代、言えない時代』太田出版 p6より
  37. ^ 爆笑問題 巨泉さんとの“けんか”に感慨深げ「寂しいですね」
  38. ^ 太田光、萩本欽一を絶賛するビートたけしに厳しいツッコミ「こんなこと言うようになったんですね」ライブドアニュース
  39. ^ 上野公園 不忍池編5,中京テレビ
  40. ^ 吉田豪インタビュー企画:爆笑問題・太田光「逆に言うと、いまネットがなくなったら俺は生きていけない」(2) デイリーニュースオンライン
  41. ^ 爆笑問題・太田、ASKA容疑者に「復帰して素晴らしい曲を書く人もいっぱいいるんで」”. ライブドアニュース (2014年5月27日). 2015年1月10日閲覧。
  42. ^ 太田光、SMAPへ「デリケートだから心配」 今後の活動への心配も,デイリースポーツ
  43. ^ 太田光、SMAPに「友達同士、仲直りしてほしい」,ライブドアニュース
  44. ^ 太田光「罪は大きい」SMAP解散に事務所チクリライブドアニュース
  45. ^ 上野公園 不忍池編5,中京テレビ
  46. ^ 共著『禁煙バトルロワイヤル』
  47. ^ 吉田豪インタビュー企画:爆笑問題・太田光「ネットは罪、ホントになくなったほうがいい」(1)
  48. ^ 吉田豪インタビュー企画:爆笑問題・太田光「逆に言うと、いまネットがなくなったら俺は生きていけない」(2)
  49. ^ 立川談志、太田光、ビートたけし『最後の大独演会』新潮社、2012年。
  50. ^ 爆笑問題・太田 田中に『情熱大陸』視聴率で負ける - アメーバニュース 2010年5月30日
  51. ^ 爆問・太田、くりぃむ・上田との“ローカル”冠番組に毒「在京テレビ局でやりたい」”. ORICON (2015年8月23日). 2015年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]