花田紀凱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花田 紀凱(はなだ かずよし、1942年9月13日 - )は、日本雑誌編集者。『月刊Hanada』編集長、元ワック・マガジンズ取締役、『月刊WiLL』編集長。

経歴・人物[編集]

東京都生まれ。東京都立千歳高等学校(現東京都立芦花高等学校)、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。元毎日放送アナウンサー斎藤努は高校時代の同級生である。

文藝春秋時代[編集]

1966年に文藝春秋入社。『オール讀物』編集部に配属され、池波正太郎五味康祐瀬戸内晴美藤原審爾などを担当。1968年11月に『週刊文春』編集部へ異動。以降基本的に『週刊文春』編集部と『文藝春秋』編集部を行き来し、『Emma』編集部にも創刊準備期間を含めて1年半ほど在籍。

1988年に『週刊文春』の編集長に就任後は、タカ派の論調を展開。『週刊文春』を週刊誌売上トップへと育て上げた[1]。コラムニストの勝谷誠彦は文藝春秋時代の部下であり、勝谷が取材した女子高生コンクリート詰め殺人事件では、編集長として加害少年の実名報道にゴーサインを出し、大きな議論を呼んだ。

1994年マルコポーロ』編集長に異動(初代・2代目では部数が伸び悩み、3代目)。順調に部数を伸ばしていたが、1995年2月号において、西岡昌紀によるホロコースト否認論を掲載。サイモン・ウィーゼンタール・センターから抗議を受け廃刊。

花田自身も編集長を解任され、閑職といわれる『戦後史企画室』に異動。分掌業務とは別に、新雑誌の企画を提案するなどしていたが、だんだんと出社しなくなり、事件の1年後の1996年に文藝春秋を退社した。

文藝春秋退社後[編集]

『週刊文春』時代に何度も批判記事を載せた朝日新聞社の契約編集者となり、その“右から左へ”の転身ぶりが話題となる。朝日新聞内外から強い反対があったが、経営陣はこれを無視して花田を受け入れた[2]

1996年秋に創刊された女性誌『uno!』の編集長に就任。「男も読める女性誌」を目指したが、花田・朝日新聞双方にノウハウのない状態で部数は伸び悩み、2年後の1998年6月に赤字で休刊。同時に角川書店に移籍した。中から見た朝日について「文春とは全然違う。組織が大きいから官僚的にならざるを得ないし、官僚的でないとうまくいかない」「即断即決ができないので雑誌作りには馴染みにくい」「(週刊誌で可能だった)10本の記事のために集めた20本の原稿を執筆者に謝って没にする、というようなことができない」といった感想を当時のインタビューで述べている[3]

角川では『月刊フィーチャー』発行人(1998年)・『MEN'S WALKER』編集長(1999年)を務めたが長続きせず、いずれも部数が伸びずに休刊した。文春時代から相次いで雑誌を潰したことを西原理恵子に「雑誌クラッシャー」と揶揄されたこともある。

2000年12月に角川書店を退社。2001年に宣伝会議の常務取締役に就任し、月刊誌『宣伝会議』編集長、『編集会議』編集長を務めた。2004年にワック・マガジンズに取締役として迎えられ、同年11月に創刊された『WiLL』の編集長に就任、現在に至っている。

雑誌以外にも、テレビラジオコメンテーターを務めている。『噂の眞相』の元編集長岡留安則と親交があり、花田が『TVウワサの眞相』に出演したり、岡留が『WiLL』に連載を持つこともあった。

また、産経新聞に「週刊誌ウォッチング」の連載をするなど、週刊誌報道のご意見番となり、「最近の週刊誌はネットで資料集めをして取材もせずに書いているというのが読んでミエミエ。それをまたデスクが見抜けない」と苦言を呈していた[4]。ところが、自ら編集長を務める『WiLL』(2006年5月号)に、社民党(旧社会党)元党首の土井たか子を「本名『李高順』、半島出身とされる」と記述し[5]、慰謝料1000万円と謝罪広告の請求訴訟を起こされる。2008年11月13日、神戸地裁尼崎支部は「明らかな虚偽」として『WiLL』に200万円の賠償を命じた[6]。この判決は最高裁で確定している[7]

お笑い芸人としての爆笑問題を絶賛しており、2002年には「爆笑問題にはぼくが雑誌をやり続けている限り、登場してほしい」といった発言をし[8]、現在もWiLLHanadaで「爆笑問題の日本原論」の連載が行われている。

2007年、アメリカ合衆国下院121号決議がなされたとき、「慰安婦問題などなく、売春組織と売春婦が存在しただけ」というチャンネル桜主導の抗議書の賛同者として名前を連ねた。

日中の経済交流を進める愛華訪中団マスコミ関係者として複数回参加しており、東北地方太平洋沖地震福島第一原子力発電所事故が発生した2011年3月11日にも勝俣恒久(当時東京電力会長)が団長をつとめる団に参加していた。

『WiLL』や『週刊文春』時代に攻撃的なスタンスを取っている朝日新聞について上記のインタビューで「優秀な人が多い」と認めており、「個人的に話してみたら全然違う話があったりする。論説がどういう仕組みでできるのか、どこかの雑誌で一回レポートすればおもしろいなと思うんですよ」などと述べている[3]

2016年2月、ワックマガジンズを退職するとともに『WiLL』編集長を退任、飛鳥新社に移って創刊予定の新雑誌で編集長を務める見込みと報じられた[1]。3月18日、新雑誌の編集発行や編集部員の「引き抜き」が「競業避止義務並びに善管注意義務及び忠実義務に違反する」としてワックマガジンズの取締役を解任される[9]。月刊『創』編集長の篠田博之は花田に対する取材で、花田からはそれとは異なる経緯・理由を聞いているとしている[10]。4月26日に飛鳥新社から創刊された『月刊Hanada』の編集長となったが、表紙のデザインが『WiLL』に酷似していることについて、『WiLL』編集部側はツイッターで「類似商品」「読者を愚弄する行為」と批判している[11]

著書[編集]

出演番組[編集]

不定期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “「WiLL」花田編集長が飛鳥新社に移籍、新雑誌創刊へ”. 産経新聞. (2016年2月23日). http://www.sankei.com/life/news/160226/lif1602260002-n1.html 2016年3月31日閲覧。 
  2. ^ 朝日の『UNO』発行は報道機関からの逃避か? 渡辺武達・同志社大学教授、「マスコミ市民」1997年3月号
  3. ^ a b 元木昌彦によるインタビュー(1998年)
  4. ^ 『噂の真相』2002年4月号[要ページ番号]
  5. ^ インターネットに流布されている有名な在日認定デマである。この文章では他に筑紫哲也佐高信池田大作なども“本名”が捏造され、在日韓国・朝鮮人であるとされている。
  6. ^ “土井たか子氏名誉棄損で賠償命令 神戸地裁”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月13日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111301000881.html 2012年12月24日閲覧。 
  7. ^ “土井元議長の勝訴確定 月刊誌WiLLで名誉棄損”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年9月29日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092901000840.html 2012年12月24日閲覧。 
  8. ^ 『爆笑問題とウルトラ7』(新潮社文庫) P254 – 261。
  9. ^ 「New WiLL」ではなく「月刊HANADA」に 編集長を解任された花田氏が部員全員引き連れて飛鳥新社で新雑誌 - ねとらぼ2016年4月3日
  10. ^ “おお!右派雑誌『WiLL』分裂騒動はついに第2幕に移ったか”. Yahoo!ニュース. (2016年4月23日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20160423-00056958/ 2016-04-026閲覧。 
  11. ^ 「WiLL」元編集長・花田氏による新雑誌「Hanada」、表紙のデザインがそっくりだと「WILL」編集部が怒りあらわに - ねとらぼ2016年4月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]