初笑い東西寄席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初笑い東西寄席
ジャンル 演芸番組/特別番組
放送時間 毎年1月3日 12:15 - 16:00
放送期間 1994年1月3日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 爆笑問題ほか
テンプレートを表示

初笑い東西寄席(はつわらいとうざいよせ)とはNHK総合テレビで毎年1月3日生放送される年始特別番組1994年放送開始。

概要[編集]

東京・大阪4箇所の寄席・演芸場からの中継でお笑い、漫才、落語などの寄席の模様を放送している。

2017年の中継地は下記の通り(中継順)。

2015年の変更点[編集]

2014年までは司会者陣が寄席の前に陣取り番組進行を行なっていた。2015年に放送時間が従来より45分延長され、NHK放送センター112スタジオをキーステーションとする体制へと番組がリニューアルされた。

それに伴い、これまで出演できなかった円楽一門会[1]落語立川流[2]および米朝事務所[3]の落語家も出演するようになり、それらの芸人は112スタジオで芸を披露する。

またNHK新人お笑い大賞および新人落語大賞の優勝者も、優勝特典として同様に112スタジオで芸を披露するように。

終盤は爆笑問題と中川家が漫才を披露した後、東西の漫才界の大御所[4]が番組の最後を飾る。

2017年の変更点[編集]

2017年はタイトルを『新春生放送!東西笑いの殿堂』に変更。放送時間は13:05 - 17:00(ニュースによる中断あり…15:03 - 15:08)と、前年より約1時間繰り下げた。

出演者[編集]

2017年
爆笑問題が東、中川家が西のキャプテン的役割を担う。片山は2016年より担当。
2008-2010年は林家正蔵中川翔子、2011-2012年は正蔵と杉崎美香といった、当時放送されていた『笑いがいちばん』の司会コンビが進行を担当していた。2013年は三遊亭圓歌神戸蘭子、2014年は柳家権太楼藤井彩子アナ[5]が担当。2015年は春風亭一之輔、2016年は林家三平がリポートを担当。
2015年も担当。2014年までは長らく笑福亭仁鶴が進行を担当。パートナーとして2007年までは武内由紀子(元OPD)が、2008-2013年は友近が、2014年は宇都宮まきが仁鶴と共演していた。2016年は藤崎マーケットがリポートを担当。
2016年より担当。2014年までは長らくアメリカザリガニが進行を担当。2015年は増田英彦ますだおかだ)とキンタロー。がリポートを担当。
  • ナイツ(芸協勢のリポート担当)
2014年までは長らく爆笑問題が進行を担当(総合司会兼任)。

脚注[編集]

  1. ^ 2015年の三遊亭円楽
  2. ^ 2015年の立川志らく。2016年の立川談笑
  3. ^ 2016年の桂吉弥桂佐ん吉。2017年の桂雀太
  4. ^ 2015年は青空球児・好児オール阪神・巨人。2016年はおぼん・こぼん大木こだま・ひびき。2017年は東京太・ゆめ子宮川大助・花子
  5. ^ 2014年の藤井は、前年に再婚した古今亭菊之丞との夫婦共演が実現した。翌年は総合司会。

関連項目[編集]