桂吉弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桂 吉弥かつら きちや
桂 吉弥
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 富谷 竜作(とみや りゅうさく)
生年月日 (1971-02-25) 1971年2月25日(48歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府茨木市
師匠 桂吉朝
活動期間 1994年 -
活動内容 上方落語
所属 米朝事務所
公式サイト 桂吉弥ホームページ
受賞歴
1997年ABCお笑い新人グランプリ」審査員特別賞

1998年NHK新人演芸大賞」新人賞
2005年「第42回なにわ芸術祭」新人賞
2006年咲くやこの花賞
2008年「第2回繁昌亭大賞」奨励賞
2008年「第3回繁昌亭大賞」大賞
2008年芸術祭賞」大衆芸能部門 新人賞 2013年芸術祭賞」大衆芸能部門 優秀賞
2014年「平成25年度花形演芸大賞」大賞

備考
上方落語協会会員

桂 吉弥(かつら きちや、1971年2月25日 - )は、大阪府茨木市出身の落語家俳優上方落語協会会員で、所属事務所米朝事務所出囃子は『真室川音頭』。

2人の子どもを持つ既婚者で、現在の本名は富谷 竜作(とみや りゅうさく)。旧姓は新保(しんぼ)だったが、結婚を機に富谷姓を名乗っている。現在は、兵庫県尼崎市に在住。

来歴[編集]

落語家入門まで[編集]

両親とも養護学校教員だった新保家の長男として出生。実父は大阪府立藤井寺養護学校(現・大阪府立藤井寺支援学校)の校長として定年を迎えた[1]。吉弥自身も、小学校で児童会の会長、中学校で生徒会長・ブラスバンド部長を務めていた。

大阪府立春日丘高等学校から、実父が卒業した神戸大学教育学部に進学。高校時代には、体育教員になることを志しながら、サッカー部で活動していた(ポジションは中盤)。しかし、大阪教育大学筑波大学の入学試験で不合格になったことを機に、目標を小学校の教員に改めた[1]。大学への進学後は、落語研究会に所属。中学生時代にブラスバンド部でフレンチホルンを吹いていたことにちなんで、「甲家楽破(かぶとやらっぱ)」という高座名で活動していた。後に会長へ就任。現在の夫人は、落語研究会の1年先輩で、吉弥を同会に勧誘していた。その一方で、実父の学生時代と同じく、夏場にはボランティアで「朝日キャンプ」(朝日新聞厚生文化事業団が主催する児童向けキャンプ)のリーダーを務めている[1]

大学時代は『3年B組金八先生』の坂本金八や、『熱中時代』の北野広大のような教員を目指していた。しかし、4年生の時に神戸大学附属住吉小学校で2年生に対する教育実習を経験したことをきっかけに、落語家への道を志すようになった。いわゆる「ゆとり教育」が本格的に始まった時期であったことに加えて、教員が負う責任の重さや、「先生よりも生徒が主人公」という実態に接したことで教員への適性に疑問が湧いたという。そこから、1人で背景からすべての演者を表現する落語の世界で生きることを模索。心酔していた桂吉朝に宛てて手紙を書いたことをきっかけに、吉朝の落語会に日参するようになった[1]。当初、吉朝は弟子を取る意思を示さず、「神戸大学を卒業するのだから教師になれ」「他(の落語家)の所へ行ったらどうか?」という言葉で吉弥を諭していた。しかし、吉弥がなおも吉朝の楽屋へ通い続けるうちに、落語研究会の活動と並行しながら事実上の「見習い」として楽屋で身支度などを手伝うことを容認。3代目桂米朝一門の入門芸に当たる「東の旅・発端」を吉朝から半年がかりで教わった末に、弟子入りを認められ[1]、大学在学中の1994年12月に、落語家としての初高座を果たした。ただし、吉朝の兄弟子に当たる桂ざこばは、自分より学歴の高い者への敵愾心と相まって最後まで弟子入りに反対した。桂米朝は、ざこばが「我々の税金で国立大学に行ったのに、なんで先生にならんねん」と怒っていたと記している[2][注 1]

落語家入門後[編集]

大学を卒業する1995年には、2月から吉朝の師匠である桂米朝の自宅への住み込み修業を予定していたが、1月17日に当時住んでいた神戸市灘区内で阪神・淡路大震災に遭遇。吉弥自身は幸いにも難を逃れたため、修業の開始を1か月だけ遅らせることを条件に、「朝日キャンプ」の震災ボランティア活動に参加した[1]

1995年3月から3年間、兄弟子の桂あさ吉らと共に、米朝の自宅で内弟子として住み込み修業。この時期には、稽古の合間に兄弟子や師匠から急ぎの用事(雑用や運転手など)が突然入ることが多いため、内弟子としていつでも用意が出来るように待機することが苦痛だったという。とはいえ、内弟子時代には、米朝が人間国宝に認定され、吉弥自身もNHK紅白歌合戦の審査員に選ばれた米朝の付き人としてNHKホールで歌合戦の本番を鑑賞するなど、内弟子としては恵まれた境遇にあった[2]。また、内弟子時代には、米朝・枝雀の付き添いで新宿末廣亭の高座に出演。前座噺で「軽業」を披露した(米朝によると、この噺は自身からは直接稽古を付けず、兄弟弟子への稽古を見ているからできるはずと考えていたという)[2]

内弟子生活を終えてからは、落語家の域にとどまらず、俳優や(ラジオパーソナリティなどの)タレントとしても幅広く活動している。

落語家としての活動[編集]

内弟子生活を終えてからは、現在に至るまで、吉弥の実家近くに住む有志の自宅で「春日寄席」と称する落語会を定期的に開いている[1]。また、自身の企画による落語会「桂吉弥のお仕事です。」も不定期で開催。一部の公演を収録したうえで、CDやDVDとして発売している。あるテレビ番組のリポーターとして島之内教会(かつて島之内寄席が開かれていた大阪市中央区内のキリスト教会)を取材したことが縁で、2015年からは、「桂吉弥のお仕事です。」の一環として毎年12月の中旬に同教会で6日間連続の落語会に臨んでいる[3]2019年5月21日からは、毎年独演会で使用しているサンケイホールブリーゼでも、「吉弥十八番」と称して1日3題・6日間連続の落語会を開く予定。同ホールで「十八番」に臨む落語家は、3代目桂米朝、2代目桂枝雀(いずれも前身の「サンケイホール」時代)に次いで3人目である[4]

2006年暮れには天満天神繁昌亭にて師匠・吉朝の十八番ネタである「地獄八景亡者戯」を披露し、閻魔の庁での一芸披露大会では一度暗転させ高座を降り2006年に死去した内山田洋とクール・ファイブ内山田洋を登場させ「長崎は今日も雨だった」を熱唱した。その一方で、2010年には、同じ一門の桂紅雀と「べにや」という漫才コンビを組んでM-1グランプリに挑戦。しかし、大阪予選の2回戦で敗退している。

2017年からは、3代目桂春蝶3代目桂春団治の内弟子)・桂かい枝5代目桂文枝の内弟子)との三人会を、年に1回のペースで開催。3人とも1994年の入門を経て『上方落語四天王』と称される噺家の下で内弟子修業を経験したことに由来する落語会で、入門年の下2桁に当たる数字(94)が「くし」と読めることにちなんで、「くしかつの会」と称している[5]

俳優としての活動[編集]

落語家として活動するかたわら、NHKのテレビドラマにもたびたび出演。2004年大河ドラマ新選組!』では、山崎烝役を演じた。この背景には、吉朝が生前笑殺軍団リリパットアーミー(関西を中心に活動していたわかぎえふ主宰の劇団)に入っていた関係で、関西の小劇団の舞台作品に数回客演していたことが挙げられる。三谷幸喜が『新撰組!』の脚本を執筆する際に、関西弁で台詞を言える役者を探していたところ、劇団の関係者を通じて吉弥を推挙されたという[1]。吉弥夫婦も三谷のファンで、吉弥が三谷にファンレターを送ったことも、『新撰組!』出演への決め手になったとされる。逆に、『新撰組!』の放送終了後には、吉弥が東京で開いた独演会を三谷が鑑賞している。

2007年10月から2008年3月までは、上方の落語界を舞台にしたNHK大阪放送局制作の連続テレビ小説ちりとてちん』に、「徒然亭草原(つれづれていそうげん)」という架空の落語家役で出演。この出演は、NHK放送センターのディレクター時代に『新撰組!』の演出を担当していた伊勢田雅也が、NHK大阪放送局へ異動したことをきっかけに決まった。伊勢田が異動後に『ちりとてちん』のキャスティングを検討していたところ、『新撰組!』のキャストに落語家がいたことを思い出したことから、吉弥の起用につながったという[1]。吉弥は、同作品で演じた「徒然亭草原」の役名を、放送終了後の高座でも使用。「枕噺(マクラ)」で観客のつかみを取れた場合に、「桂吉弥、またの名を『徒然亭草原』と言います」と名乗っている。劇中で演じた「ちりとてちん」を落語会で披露することも多く、劇中の他のネタの披露を主催者側から依頼されることもある。

その一方で、『ちりとてちん』以降にNHK大阪放送局が制作した連続テレビ小説にも、スポット出演ながら随時登場。師匠の吉朝と同様に、大阪を拠点に活動する劇団(劇団パロディフライテノヒラサイズ)の舞台作品へ、俳優として出演することもある。「吉弥十八番」の翌月(2019年6月)に控えている舞台公演「はい!丸尾不動産です。~本日家をシェアします~」(古家和尚が脚本を手掛ける喜劇)には、兵動大樹矢野・兵動)とのダブル主演で臨む[6]

放送タレントとしての活動[編集]

『ちりとてちん』への出演で高い知名度を得たことなどを背景に、『ちりとてちん』の本放送終了直後から、『バラエティー生活笑百科』(NHK大阪放送局が全国放送向けに制作する番組)や在阪民放テレビ局を代表する情報番組(MBSテレビの『ちちんぷいぷい』や読売テレビの『朝生ワイド す・またん!』)に相次いでレギュラー出演。『武田和歌子のぴたっと。』(ABCラジオ)木曜日のパートナーに起用された2017年1月以降は、ラジオでのレギュラー番組が同局制作の番組に集中していることから、『ぴたっと。』へ出演する際の自己紹介で「ミスターABC」と名乗っている。

桑原征平関西テレビ出身のフリーアナウンサー)とともにパーソナリティを務める『征平・吉弥の土曜も全開!!』(ABCラジオ)では、桑原と丁々発止のやり取りを展開しながら、放送中に天気予報の原稿を読んでいる。2016年には、同番組とキンレイのコラボレーションによる完全受注生産製品「征平・吉弥の土曜も全開!! 牛すき焼うどん」のプロデュースに参加。発売に合わせて作られたキャンペーンソング「牛すき焼うどんの歌」では、本職の歌手顔負けの歌声を披露している。

2011年2014年には、『おはようパーソナリティ道上洋三です』(ABCラジオ平日早朝の生ワイド番組)で道上とアシスタントが夏季休暇に入る8月中旬(全国高等学校野球選手権大会中継期間中)の放送で、桑原と共にパーソナリティ代理として出演。2014年8月19日(火曜日)の8時台「話のダイジェスト」では、当ページにおける学生時代から内弟子時代までの記述内容を検証しながら、桑原とのやり取りを通じて吉弥の半生を振り返る趣旨の特別企画を放送した[7]

出囃子について[編集]

山形県とは無縁の家庭で育ったにもかかわらず、同県の民謡である「真室川音頭」を高座の出囃子に用いているのは、吉朝への弟子入り前に出囃子の稽古で通っていた民謡教室で偶然耳にするうちに気に入ったからだという[8]。現在は、落語の前に音頭を歌うほか、地元の真室川町から「まむろがわ大使」を委嘱されている[9][10]

人物[編集]

スポーツ関連[編集]

前記の「まむろがわ大使」のほか、妻の出身地に当たる島根県安来市からは「安来市ふるさと大使」を委嘱されている[11]。この関係で、2011年には、同市で開催された「第7回なかうみマラソン全国大会」に参加。ゲストランナーながらマラソンデビューを果たした。この大会以降も、マラソン大会に参加することがあり、2013年10月27日開催の第3回大阪マラソンでは、毎日放送の番組出演者代表の1人として参加。フルマラソンの部を、4時間52分40秒で完走した。 2016年には、居住地の尼崎市が市制100周年を迎えたことから、「尼崎市市制100周年PR大使」を拝命。その縁で、10月16日には、市制100周年記念事業の「あまがすきハーフマラソン」に出場した[12]11月20日開催の第6回神戸マラソンでも、大会事務局が任命する「フレンドシップランナー」[13]として、5時間27分台のゴールタイムで完走している。2018年2月18日に開催の京都マラソン2018にも、『ちちんぷいぷい』のレギュラー陣を代表して、地元(京都市)出身の市川いずみと共に参加。終盤に苦しみながらも、4時間57分47秒で完走を果たした。

2002 FIFAワールドカップ期間中に神戸ウイングスタジアムで開催された試合でボランティアスタッフを務めたり、産経新聞でコラムを連載したりするなど、学生時代からサッカーへの関心が強い。現在でも、出演番組でサッカーの話題が出るたびに、サッカーファンとしての一家言を披露。 関東圏のスタジアムでサッカー日本代表の試合が開かれる場合に、関東地方での仕事の有無にかかわらず、スタジアムまで観戦に出向くこともある。2016年3月4日に行われたなでしこジャパンの試合(対中国代表リオデジャネイロオリンピックの予選)も観戦していたが、この時はサンケイスポーツの取材に肩書きは落語家としつつも、本名でコメントしている[14]

阪神タイガースのファンでもあることから、日本プロ野球のシーズン中には、阪神甲子園球場で阪神の主催試合も随時観戦。桑原の親族にラグビー日本代表経験者のアマナキ・レレィ・マフィがいる縁で、関西圏で開かれるラグビーの試合をスタジアムで観戦することもある。

執筆[編集]

2014年1月からは、「境界なき記者団」のジャーナリスト(ニュースサイト『NO BORDER』の寄稿メンバー)としても活動。『NO BORDER』では、毎月(または隔月)に1本のペースで、スポーツの観戦記や「桂吉弥のスポーツ辛口噺」と称するコラムを執筆・公開している。

プライベート[編集]

学生時代は『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)のヘビーリスナーで、笑福亭鶴光角淳一がパーソナリティを務めていた日の放送に「角淳二」というラジオネームでメッセージを投稿したことや、「ハッピートゥデー」(生放送中にリスナーが電話を通じてパーソナリティと直々に話せるコーナー)へ出演したこともある。当時から現在に至るまで、ラジオ番組の聴取中に気に入ったことや気になったことを、自作のノート(「ラジオノート」)に記している。ちなみに、『ちちんぷいぷい』水曜日の総合司会を角が務めていた時期には、オープニングでの自己紹介の後に直近のニュース・話題にちなんだなぞかけを披露していた。

サザンオールスターズ星野源の大ファンであることを公言する一方で、休日には、家族ぐるみでリアル型脱出ゲームへ参加することもあるという。出演番組では、コンサートや脱出ゲームへ参加した際の模様をたびたび話している。

受賞歴[編集]

出演番組・舞台[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ(出演番組・舞台)[編集]

舞台(出演番組・舞台)[編集]

テレビCM[編集]

  • 朝日新聞2012年11月〜、関西ローカル)
    • 同社の1社提供番組『とびだせ!夕刊探検隊』で“夕刊探検隊長”を務める縁で起用。2013年3月2日から4月6日までは、同紙土曜日(または日曜日)朝刊の大阪版で連載コラム「みをつくし 語りつくし」を担当していた(全25回)。

その他(出演番組・舞台)[編集]

  • USEN上方落語会

CD・DVD[編集]

落語[編集]

  • DVD 「落語笑笑散歩〜京都そぞろ歩き風流」(2006年12月発売、Sony Music Direct)
  • DVD、CD 「繁昌亭らいぶシリーズ3 桂吉弥」(2008年3月発売、テイチクエンタテインメント)
  • DVD、CD 「桂吉弥のお仕事です。そろそろ」(2008年7月23日発売、テイチクエンタテインメント)
  • DVD、CD 「桂吉弥のお仕事です。ぼちぼち」(2009年10月21日発売、テイチクエンタテインメント)

テレビドラマ(CD・DVD)[編集]

映画[編集]

舞台(CD・DVD)[編集]

  • リリパットアーミーII「天下御免の馬侍」(2006年10月)
  • DVD「地獄八景‥浮世百景」(2008年6月発売、G2HP Monthly Shop)
    • G2produceHP[15]会員(入会金・会費無料)が、2008年6月中のみ購入可能

その他[編集]

  • 上方落語かるた※読み手担当
  • ちかえもん(2016年、NHK)※売り声指導

弟子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ざこばは後に神戸大学卒のそうばを弟子にとっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「みをつくし 語りつくし」桂吉弥さん(キャッシュ)
  2. ^ a b c 桂米朝、2007年、pp.176 - 177
  3. ^ 「桂吉弥のお仕事です。Special」スタート!(上方落語情報フリーペーパー「『よせぴっ!』オフィシャルブログ2015年12月14日付記事)
  4. ^ 桂吉弥、枝雀さん十八番以来34年ぶり!サンケイホールで独演会へ(『サンケイスポーツ2019年1月24日付記事)
  5. ^ 上方落語の情報発信力強化へ 「くしかつの会」結成(『日刊スポーツ2017年2月10日付記事)
  6. ^ 兵動大樹「たぶん、頑張る」桂吉弥と舞台ダブル主演(『日刊スポーツ2019年1月29日
  7. ^ 『おはようパーソナリティ道上洋三です』公式サイト2014年8月19日付「スタッフ日記」
  8. ^ 桂吉弥さんのマイブーム(『バラエティー生活笑百科』公式ブログ2014年7月23日付記事)
  9. ^ 桂吉弥公式ブログ『だいたい毎日日記』2014年6月3日付記事「まむろがわのはちみつ」
  10. ^ 2014真室川まつり「8月16日・17日」開催 まむろがわ大使「桂吉弥」パレード参加(山形県真室川町公式サイト2014年7月18日付記事)
  11. ^ 第8回なかうみマラソン全国大会(2012年11月4日開催)
  12. ^ 「あまがすきハーフマラソン」応援メッセージ
  13. ^ 第6回神戸マラソンフレンドシップランナー決定のお知らせ
  14. ^ なぜ勝てない…サポーター、失点のたびに絶叫 試合終了後にはため息”. サンケイスポーツ (2016年3月4日). 2017年5月6日閲覧。
  15. ^ G2produceHP

出典[編集]

外部リンク[編集]