京都マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都マラソン
Heianjingu torii.jpg
平安神宮 (フィニッシュ)
開催時期 2月第3日曜日
開催地 日本の旗京都府京都市
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー オムロンワコール
創立 2012年
公式サイト www.kyoto-marathon.com

京都マラソン(きょうとマラソン、英語: Kyoto Marathon)は、2012年3月11日に、京都府京都市で第1回大会が開催された、大規模な市民参加型マラソン大会である。

過去にも1969年(それ以前、戦前)から1982年まで同名のマラソン大会(ただしこの京都マラソンとは直接関連はない)が開催されていた。本項ではそれについても記述する。

沿革[編集]

2010年4月23日、第1回「京都マラソン開催準備委員会」が開かれた。

2011年5月16日、第1回「京都マラソン実行委員会」が開かれ、第1回「京都マラソン」開催が発表された。「京都マラソン」の名を冠する大会としては30年ぶりの復活となる。なお当時と異なり、全国都道府県対抗女子駅伝競走大会も従来通り存続する。

概要[編集]

参加者は1万6000人。制限時間は6時間。マラソン、ペア駅伝、車いす競技の3部門が行われ、距離はマラソンは42.195 km、ペア駅伝は85m長い42.28 km、車いす競技は 6.1Kmである。

コース[編集]

2015年以降[編集]

2014年以前[編集]

  • スタート→五条通→葛野大路通→松尾橋東詰→桂川左岸→渡月橋付近→大覚寺付近→広沢池→一条通→仁和寺→西大路通→北大路通→船岡山付近→上賀茂神社付近→西賀茂橋(折り返し)→上賀茂神社付近→北山通国立京都国際会館付近(折り返し)→松ヶ崎橋西詰(折り返し)→洛北高校西側(折り返し)→(植物園内はなし)→賀茂川左岸→丸太町橋(折り返し)→白川今出川(折り返し)→フィニッシュ

参加資格[編集]

開催年度の4月1日現在、満18歳以上で5時間40分以内に完走できる男女。

  • 参加料
    • 第1回 10,500円(海外選手は12,500円)、ペア駅伝(1組2名)は16,000円。
    • 第2回以降 12,000円(海外選手は15,000円)、ペア駅伝(1組2名)は20,000円。

規定[編集]

仮装は禁止されており、顔とゼッケンが見えるようにしなければならない。

優勝者[編集]

開催日 男子選手 記録 女子選手 記録
1 2012年3月11日 牛山 純一 2時間26分21秒 小林 玲子 2時間48分47秒
2 2013年3月10日 五十嵐 真悟 2時間20分30秒 小林 玲子 2時間49分06秒
3 2014年2月16日 横山 裕樹 2時間25分18秒 野村 友香里 2時間49分10秒
4 2015年2月15日 横山 裕樹 2時間21分14秒 古久保 亜衣 2時間45分30秒
5 2016年2月21日 上門 大祐 2時間17分54秒 松本 久昌 2時間50分41秒
6 2017年2月19日 村刺 厚介 2時間20分32秒 幾野 由里亜 2時間45分15秒

運営[編集]

関連団体[編集]

大会運営関係[編集]

主催

共催

企画・運営

  • 京都マラソン実行委員会

主管

  • 京都陸上競技協会

運営協力

  • 京都障害者スポーツ振興会
  • 京都市スポーツ推進指導員会
  • 京都府医師会
  • 京都私立病院協会
  • 京都市立病院機構
  • 京都府看護協会
  • 京都橘大学
  • 京都市地域女性連合会
  • 日本3B体操協会京都府支部
  • 京都ランニング連合会

後援

協賛関係[編集]

特別協賛/ゴールドパートナー

シルバーパートナー

おもてなしボランティアパートナー

オフィシャルドリンクパートナー

ブロンズパートナー

サポーティングパートナー

問題点[編集]

  • 警備やレース運営に不備がある事や、第1回で2億3000万円以上の赤字を出し不足分は公金で賄った[1][2]。このため、第2回からは参加費の値上げや、寄付金を出す事で抽選無しで出場できる枠「チャリティーランナー」を作った。しかし、寄付金枠の名称が「本来のチャリティーと誤解を招く」と指摘があった。なお現在は「ふるさと納税枠」の名称で京都市スポーツ振興基金への寄付を募っている。

テレビ中継[編集]

スタートとフィニッシュのみKBS京都でテレビ中継される。2016年は8:30~9:25、12:30~13:25に放送され、そのほかにKBS京都と毎日放送が特別番組を制作、再放送としてCS放送とネット配信が行われた。

京都マラソン(1969年-1982年)[編集]

京都新聞社の創刊90周年を記念し、1969年に第1回を開催した[3]。新人の登竜門、中・長距離選手の育成を大会の目的としており[4]、1977年の大会では瀬古利彦がこの大会でマラソン初挑戦の場となった[5]。1982年を最後に発展的解消され、翌1983年からは皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会へ衣替えされた[6]

優勝者[編集]

日付 氏名 所属 タイム
1 1969年3月9日 深田清次 大昭和製紙 2:17:43:8
2 1970年2月8日 内野幸吉 東洋工業 2:16:55:8
3 1971年2月7日 谷村隼美 クラレ 2:13:45:2
4 1972年2月6日 佐藤進 日本大学 2:17:37
5 1973年2月5日 ジャック・フォスター ニュージーランド 2:14:53:4
6 1974年2月3日 マッティ・ボーレンマ フィンランド 2:15:10:8
7 1975年2月9日 阪本峰照 日立造船 2:17:15:4
8 1976年2月8日 大久保初男 大東文化大学 2:16:50:2
9 1977年2月13日 ウィリアム・ロジャース アメリカ合衆国 2:14:26:2
10 1978年2月12日 デーブ・チェトル オーストラリア 2:16:0:4
11 1979年2月11日 古田匡彦 長居AC(一般参加) 2:18:8:2
12 1980年2月10日 高取一男 東洋工業(一般参加) 2:15:23
13 1981年2月15日 川口孝志郎 中京大学 2:18:14
14 1982年2月11日 古田匡彦 長居AC(一般参加) 2:17:58
出典: 大会開催時の朝日新聞および読売新聞[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マラソン運営、手腕に差 市民大会新設相次ぐ:yomiDr.(2013年1月25日)
  2. ^ 京都マラソン2億円赤字 安全対策費膨らむ:京都新聞(2012年5月19日)
  3. ^ 京都陸上競技協会/編 『京都陸協五十周年記念誌』 京都陸上競技協会、1983年、155頁。 
  4. ^ 京都陸上競技協会/編 『京都陸協五十周年記念誌』 京都陸上競技協会、1983年、156頁。 
  5. ^ 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会第10回記念大会企画委員会/企画編集 『美しい日々 熱走のドラマ 全国女子駅伝10周年記念誌』 京都新聞社、1992年、134頁。 
  6. ^ 京都陸上競技協会/編 『京都陸協五十周年記念誌』 京都陸上競技協会、1983年、156-157頁。 
  7. ^ 大会開催日翌日の朝日新聞朝刊より作成(但し第5回は翌日読売新聞朝刊、第13回は翌日読売新聞夕刊より作成)

外部リンク[編集]