京都府立植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京都府立植物園
Kyoto Botanical Gardens
温室と鏡池
施設情報
正式名称 京都府立植物園
専門分野 総合
事業主体 京都府
管理運営 京都府
開園 1924年1月1日
所在地

606-0823
京都府京都市左京区下鴨半木町

位置 北緯35度2分53.7秒 東経135度45分39.86秒 / 北緯35.048250度 東経135.7610722度 / 35.048250; 135.7610722座標: 北緯35度2分53.7秒 東経135度45分39.86秒 / 北緯35.048250度 東経135.7610722度 / 35.048250; 135.7610722
公式サイト 京都府立植物園
テンプレートを表示
温室

京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)とは、京都市左京区にある植物園

日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した。1946年(昭和21年)から12年間は連合国軍に接収され閉園を余儀なくされたが、1961年(昭和36年)4月に再開した。

園内には観覧温室のほか、正門花壇、はす池、ばら園など20ほどのエリアがあり、面積240,000㎡ (24ヘクタール) の広大な敷地にテーマ別に約12000種類、約12万本の植物が植えられている。日本の四季の花が見られる花壇や洋風庭園、熱帯植物を集めた温室がある。北半分は半木(なからぎ)の森と呼ばれる自然に近い森を利用した生態植物園などがある。

沿革[編集]

創設期[編集]

現在の植物園の敷地は、明治時代までは上賀茂神社の境外末社である半木神社[1]とその鎮守の森(半木の森)を中心とした田園地帯であった[2]

大正天皇の即位を祝い企画した「大礼記念京都大博覧会」の開催用地として、1913年(大正2年)に京都府によりこの地が購入された。しかし、議会等の反対、国による博覧会事業と会場アクセスのための電車敷設費の起債不可決定などのため、博覧会は開催されず、植物園が代案として計画されることとなり、1915年(大正4年)に「大典記念植物園」の設置が決定された。日本初の公立植物園であり、現在の京都府立植物園の前身である[3]。購入した土地のうち、9万9千㎡(約3万坪)が農林学校(2022年現在、京都府立大学)と農業試験場に転用、24万2千383㎡を植物園、3万2千760㎡を運動場(2022年現在、京都府立大学グラウンド)に決定し、1917年(大正6年)4月9日、地鎮祭ののち、植物園建設の運びとなった[4]

1917年(大正6年)に建設工事が始まったが、この際、敷地内の半木の森は、古代の山城盆地の植生を残す貴重な自然林としてそのままの形で活用するよう設計され、半木神社も移転することなく園内に存置された。設計者は明治神宮を手がけた寺崎良策だった[5]1923年(大正12年)11月10日、大正天皇大典記念日に開園し、翌年1月1日から入場者制限のため、有料公開が始まった。その際、名称を「大典記念京都植物園」と正式決定している。有料公開開始時の入園料は、大人5銭、子ども2銭、温室観覧料は別途で7歳以上10銭だった[6]。入園者は、継続的な記録は残っていないが、三か月間の入園者が4万人を超えたこともあった。昭和初期は、葵祭の日がかき入れ時で、一日の入園者が7千人前後と記録が残っている[4]

戦後[編集]

戦後、当初計画された京都御苑の代替地として、占領軍住宅が建設されることとなった。1946年(昭和21年)10月に全面接収された。この際、育っていた植物の伐採もあったとされ、25,000本以上あった樹木は6,000本に減ったともされる。1951年(昭和26年)2月24日には、火災が発生し、昭和御大典の第一朝集所であった昭和記念館が全焼するなど施設の消失もあった。接収から12年目の1957年(昭和32年)12月12日に返還され、占領軍の住宅の撤去は1958年(昭和33年)12月に完了した[7]1961年(昭和36年)4月24日に再開園し、新設のドーム型温室前で竣工開園式が行われた[8]1970年(昭和45年)には「日本の森」というエリアを造成している[9]

再開園30年を機に大規模な改修工事が行われ、1992年(平成4年)3月に当時日本最大級となる観覧温室が竣工した。 しかし翌年以降は入園者が減少、2002年(平成14年)は入園者が60万人を割った。2003年(平成15年)には指定管理者制度が施工され、指定管理者制度の対象に植物園はなっていた。またサッカー場建設のために植物園不要論すら出ているような状況だった[4]。しかし採算に合う・合わない関係なく、あらゆる植物を後世に伝え残す、というコンセプトを重視し[10]、当時の職員によるガイド案内、広報物掲載などの様々な努力によって、2010年(平成22年)には77万人を超える入園者があった[11]

2013年(平成25年)3月1日には北山通側西寄りに賀茂川門が新設され、北西部や賀茂川方面からのアクセスが向上した[12]

一般の入園料は200円、高校生は150円、年間パスポートも販売している。温室への観覧料は別に一般200円、高校生150円となっている[13]。小中学生や70歳以上の高齢者などの入園は無料であり[14]、年間70万人を超える入園者数は日本の公設植物園で最も多い[15]。アピールポイントとしては、植物12000種類、12万本の植物栽培と展示、品種の保有・展示は国内でもトップレベルなどとなっている[5]

2021年(令和3年)には京都府立植物園を含む北山エリアの整備計画が進んでおり[16]、住民の懸念があがっている[17]

エリア概要[編集]

以下は2022年現在の情報である[18][19]

洋風庭園[編集]

正門から入って東側。四季の花々約300品種2000株があり、バラやツツジなどがある[18]。シンメトリーな設計の庭園で開園当初の設計を継承する。ばら園、沈床花壇という周囲より少し低くなった花壇があり、見下ろして植物を楽しむことができる[20]。ばら園は約250品種、2千株のばらを展示し、1940年代の品種も保存している。日本とイスラエルの文化交流でアンネ・フランクの父、オットー・フランクに出会い、交流が深められ、ばらが10株送られた。「アンネ・フランクのバラ」と呼ばれている[21]

あじさい園[編集]

日本のアジサイ、西洋のアジサイを展示。日本のアジサイと西洋のアジサイは分けて展示し、見ごろは5月中旬から6月下旬[18]。中国原産のアジサイも展示し、8月に咲く。180品種、2500株[22]

植物生態園[編集]

京都府開庁100年記念として造成された。日本各地で自生する植物や古来より栽培されてきた園芸植物を可能な限り自然に近い状態で栽培、展示している。総面積15000平方m、絶滅危惧種を含む約1000種。南入口付近からは九州、四国の植物、中央は中部、関東の植物に加えて関西のよく見られる代表的な植物、西入口付近は京都でよく見られる植物を栽培、北入口付近は東北、北海道の植物を栽培。また水辺・海辺の植物はそれぞれ湿地・砂地をつくって栽培している[18]。できるだけ自然な状態で展示する手法は国内では初めての試みだった[23]

ワイルドガーデン[編集]

北山門から園内に入ると西側に広がる花壇。様々な種類の宿根草、球根類を植えている。世界的に権威ある審査会で金賞を受賞した品種を多く植えて展示している。金賞を受賞した品種が多く植えられている理由として、1992年平成4年)にFS(FLEURO SELECT)(全欧州草花審査会)、1994年平成6年)からAAS(ALL America Selections)(全米草花品種審査会)それぞれのディスプレイガーデンとして認定されたため、毎年、金賞に受賞した新品種の種子が送付されるためである。このディスプレイガーデン認定の理由としては、植物栽培の育成・管理技術があること、一定の入園者がいることを条件に認められ、両審査会から認定された植物園は東アジアでは唯一の植物園である[24]

はなしょうぶ園[編集]

初夏が見ごろのハナショウブを200品種、1万株展示。江戸系、優雅な伊勢系、雄大な肥後系を中心に展示している[25]

つばき園[編集]

京都の寺院に残る椿、豊臣秀吉の愛した椿、織田有楽斎が愛した椿「有楽」など約250品種、600本を展示。侘助系統の椿もそろう。早咲きの11月ごろから4月初めまでが見ごろ[26]。江戸時代からの品種である「ヒカルゲンジ(光源氏)」もあり八重咲で美しく開花時期は3月下旬ごろ[27]

なからぎの森[編集]

園内唯一の自然林のエリア。山城盆地の昔の姿を今に伝えている。エノキ、ムクノキなどの落葉樹、カゴノキなどの常緑樹、カエデなどがあり、紅葉スポットでもある。森の中心に半木(なからぎ)神社があり、上賀茂神社の境外未社。この周辺は西陣織等絹織物がさかんであったため、織物業の神様として古くから信仰された。神社の名前の由来としては上社(上賀茂神社)と下社(下賀茂神社)の間にあったため「半木」となった説や上賀茂の森にあったものが賀茂川の氾濫により、この地に流れ着き「流木神社」が「半木神社」に変わったなどの説がある[28]

観覧温室[編集]

外観のイメージは金閣寺と北山連峰。園としては現在三代目の観覧温室である。約4500品種、2万5千本の熱帯植物を展示。温室という名称だが植物によっては冷房室もある。国内最大級の温室とされる[29]

展示・設置物[編集]

  • きのこ文庫
  • くすのき並木
  • 連理の枝


正門の左側「未来くん広場」には、大きなきのこ姿の設置物がある。「きのこ文庫」と呼ばれ、内側に小学生向けの図書が収められている、全国的にも珍しい野外設置の図書館である。1985年(昭和60年)、親子連れの来園者に楽しんでもらうことを目的に、京都平安ライオンズクラブが設置した。1000冊の本ときのこ型の書架2基ではじまり、2度の寄付を経て、書架4基、約3000冊の図書となっている[30]


「未来くん広場」の東側には、「くすのき並木」と呼ばれる道がある。夏が見ごろで、川端康成の小説『古都』にも登場し、京都の財産とも称される[31]。開園当初からの植栽で、現在でも、約200メートルに樹齢約100年のクスノキ約90本が並木道を形成している[32]。川端康成の小説『古都』での植物園の記載は複数回あるが、くすのき並木についての記載は、次のとおりである。

「わたしは、ここの楠の並木道が好きで、園の再開を待っとりました。樹齢は五六十年の楠どすやろけど、ゆっくりゆっくり通って来ました。」 — 川端康成『古都』でのくすのき並木[33]


半木神社の東側には「連理の枝」と呼ばれる木がある。連理木で京都府立植物園では、モミムクノキが完全に融合している。連理の枝は、男女の仲の良いことの例えのため、半木神社とあわせて、恋愛スポットとなっている。京都の都市伝説で、京都府立植物園でデートをすると別れるというものがあり、その伝説の払底に一役買っている[34]

年表[編集]

  • 1913年 (大正2年) - 植物園創設企画。
  • 1923年 (大正12年) - 大正天皇御大典記念日に植物園、竣工。
  • 1924年 (大正13年) - 一般有料開園。
  • 1945年 (昭和20年) - 米軍接収、家族住宅地となる。
  • 1957年 (昭和32年) - 米軍から一部返還され、京都府の管理となる。
  • 1958年 (昭和33年) - すべての園内が京都府に返還される。
  • 1959年 (昭和34年) - 京都府立植物園と名称を改める。
  • 1961年 (昭和36年) - 竣工式、開園式を行う。
  • 1966年 (昭和41年) - 京都府開庁100年を記念して、日本の森(約90,000平方メートル)の造成工事に着手。
  • 1970年 (昭和45年) - 日本の森(植物生態園)が公開される。植物園再開園10周年記念式挙行。
  • 1992年 (平成4年) - 新しい観覧温室、植物会館が開館する。
  • 2007年 (平成19年) - 年間来園者数70万人に到達
  • 2008年 (平成20年) - 年間来園者数75万人に到達
  • 2010年 (平成22年) - 年間来園者数77万人に到達
  • 2011年 (平成23年) - 園内に「森のカフェ」完成

アクセス[編集]

  • 北山門
    • 京都市営地下鉄烏丸線 北山駅(出入口3番)すぐ
    • 「植物園北門前」停留所(京都市営バス北8系統
  • 賀茂川門
    • 「北山橋東詰」停留所(京都市営バス北8系統
  • 北泉門
    • 京都府立大学・稲盛記念館へ直結

写真[編集]

周辺情報[編集]

付近の航空写真(2020年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西賀茂の浮田の森にあった流木神社の三座の内の一座が賀茂川の増水で流失してこの地に漂着したことから創建され、その後「流木」が「半木」に転じたといわれ[1]、下鴨半木町の町名、および隣接する京都府立大学の学園祭「流木祭」(なからぎさい)の名称の由来となっている。
  2. ^ 京都滋賀自然観察会著『上賀茂・府立植物園』京都新聞社、1995年、p.56
  3. ^ 桜田通雄著「大典記念京都植物園、創設とその背景 -初の公立大規模総合植物園の誕生史ー」『日本植物園協会誌 第53号』、2018年11月、p.47
  4. ^ a b c 野口祐子研究代表『明治時代以降の京都イメージにおける都市と自然の調和に関する学際的研究』京都府立大学文学部、2011年3月、p.37-48
  5. ^ a b 『きまぐれ園だより』京都府立植物園、2008年3月、p.177
  6. ^ 桜田通雄著「大典記念京都植物園、創設とその背景 -初の公立大規模総合植物園の誕生史ー」『日本植物園協会誌 第53号』、2018年11月、p.55-56
  7. ^ 公益財団法人日本植物園協会編『日本の植物園』、2015年6月、p.103-104
  8. ^ 公益財団法人日本植物園協会編『日本の植物園』、2015年6月、p.107
  9. ^ 京都滋賀自然観察会著『上賀茂・府立植物園』京都新聞社、1995年、p.57
  10. ^ 松谷茂著『打って出る京都府立植物園~幾多の困難を乗り越えて~』淡交社、2011年、p.73-74
  11. ^ 松谷茂著『打って出る京都府立植物園~幾多の困難を乗り越えて~』淡交社、2011年、p.85-92
  12. ^ “鴨川近くに新玄関口、入場門3カ所に 府立植物園”. 京都新聞. (2013年3月2日). オリジナルの2013年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130304082200/http://kyoto-np.co.jp/local/article/20130302000038 2013年3月19日閲覧。 
  13. ^ 総合案内”. 2022年2月19日閲覧。
  14. ^ 利用案内”. 2020年3月20日閲覧。
  15. ^ 『府立植物園「魅力あふれる施設」整備計画』| 府立植物園「魅力あふれる施設」整備計画 p.2”. https://www.pref.kyoto.jp/plant/1281532261305.html. 2022年2月19日閲覧。
  16. ^ 「北山エリア整備基本計画」、「京都府立植物園100周年構想」及び「植物園整備検討に係る有識者懇話会(仮称)」に係る説明会の結果について”. 2022年2月19日閲覧。
  17. ^ 京都新聞 社説:植物園再整備 住民の懸念に向き合って”. 2022年2月19日閲覧。
  18. ^ a b c d 『きまぐれ園だより』京都府立植物園、2008年3月、p.181-187
  19. ^ 京都府立植物園ガイドマップ”. 2022年2月24日閲覧。
  20. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.32
  21. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.16-17
  22. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.23
  23. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.19
  24. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.12-13
  25. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.20-21
  26. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.28-29
  27. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.129
  28. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.24-25
  29. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.36-37
  30. ^ 立野井一恵文『日本の最も美しい図書館』エクスナレッジ、2015年5月、p.56-57
  31. ^ 松谷茂著『打って出る京都府立植物園~幾多の困難を乗り越えて~』淡交社、2011年10月、p.116-117
  32. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.33
  33. ^ 川端康成著『古都』改版、新潮社、1987年8月、p.69
  34. ^ 松谷茂著『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月、p.106

参考文献[編集]

  • 京都滋賀自然観察会 『上賀茂・府立植物園』京都新聞社、1995年11月1日。ISBN 4763803824全国書誌番号:96050551 
  • 松谷茂 『京都府立植物園公式ガイドブック とっておき!名誉園長の植物園おもしろガイド』京都新聞出版センター、2011年4月25日。ISBN 9784763806468全国書誌番号:21973345 
  • 松谷茂 『打って出る京都府立植物園~幾多の困難を乗り越えて~』淡交社、2011年10月11日。ISBN 9784473037589全国書誌番号:21991718 
  • 立野井一恵 『日本の最も美しい図書館』エクスナレッジ、2015年5月29日。ISBN 9784767819853全国書誌番号:22574194 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]