水郷佐原あやめパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水郷筑波国定公園 > 水郷佐原あやめパーク
水郷佐原あやめパーク
Suigô Sawara Ayame Park

水生植物園
園内のハナショウブ田とサッパ舟(5月上旬)

施設情報
愛称 あやめパーク
前身 佐原市立水生植物園
水郷佐原水生植物園
専門分野 水生植物
事業主体 千葉県香取市
管理運営 香取市役所 生活経済部商工観光課
開園 1964年
所在地 287-0801
千葉県香取市扇島1837-2
位置 北緯35度55分40.87秒 東経140度31分27.51秒 / 北緯35.9280194度 東経140.5243083度 / 35.9280194; 140.5243083座標: 北緯35度55分40.87秒 東経140度31分27.51秒 / 北緯35.9280194度 東経140.5243083度 / 35.9280194; 140.5243083
公式サイト 水郷佐原あやめパーク
テンプレートを表示

水郷佐原あやめパーク(すいごうさわらあやめパーク、:Suigô Sawara Ayame Park)は、千葉県香取市にある市営植物園で、水郷筑波国定公園の表玄関として水郷地帯を代表する観光施設。

全国の花菖蒲園で唯一、舟による花鑑賞が出来る[1]。5月下旬〜6月下旬には「水郷佐原あやめ祭り」が開催。400品種150万本のあやめ(花菖蒲)が咲き乱れ、房総の魅力500選に選定されている。

概要[編集]

藤のトンネル(5月上旬頃)

1969年(昭和44年)に、当時の佐原市により佐原市立水生植物園(さわらしりつすいせいしょくぶつえん)として開園。後に市町村合併により、旧佐原市が香取市の一部となるのにあわせ水郷佐原水生植物園(すいごうさわらすいせいしょくぶつえん)と改称、更に2017年(平成29年)4月29日に現在の名前に改称した[2][3]

江戸時代に利根川の水運で栄え、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「佐原」の街に近く、水郷筑波国定公園の表玄関として水と緑を生かした観光レクリエーション施設。

約8haの園内は島や橋、水面を配置し、アヤメハナショウブハスフジポプラなどが植えられ、水郷地帯の面影を表現している。ハナショウブは150万本と日本有数の規模を誇り、5月下旬から6月にかけてのあやめ祭り期間中は多くの来訪者がある。

サッパ舟と呼ばれる小舟で園内の花めぐりを楽しむことができる。の着物に赤い前掛けと足袋、三角の編み笠をかぶってを操る女船頭さんの姿は、この時期の風物詩となっている。

ハナショウブアヤメ科)は江戸・肥後・伊勢系などの400品種150万本が植えられている。あやめ祭り期間中は、嫁入り舟や佐原囃子の演奏など様々なイベントが行われる。

ハスは中国・南京市から贈られた千弁連など300種以上が植えられている。7月から8月にかけての早朝に開花する。この時期に「はす祭り」が行われる。

2011年(平成23年)に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により、香取市をはじめとした水郷地域に被害が発生したため[4]2016年(平成28年)までは営業を継続しつつも再整備を長期にわたり実施。整備が完了した2017年にあわせ、園自体の名称を「水郷佐原水生植物園」から「水郷佐原あやめパーク」に変更した。

データ[編集]

  • 開園時間 あやめ祭り中8:00 - 19:00(土日21:00)、はす祭り中8:00 - 16:00、その他の期間9:00 - 16:30
  • 休園日  毎週月曜、年末年始(ただし、5月 - 8月無休)
  • 入園料金 あやめ祭り中、大人700円、小・中学生350円

施設[編集]

ハナショウブ田(6月頃)
ハス回廊(7月頃)

自然施設[編集]

ハナショウブ田[編集]

日本有数のハナショウブ田。6月上旬になると、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブが見ごろを迎える。

ハス回廊[編集]

300品種の花ハスを栽培し、品種数では日本一の規模を誇る。2000年前の種から発芽した大賀ハスや、花弁の数が1000枚以上ある千弁蓮など非常に珍しい花を見ることが出来る。7月から8月に見頃を迎え、花が開く早朝の鑑賞がお勧め。

藤のトンネル[編集]

5月上旬になると藤の花が見ごろを迎える。園内入口近くにある長さ70mに及ぶ藤のトンネルは通称「幸せの道」。その他、園内各所に藤棚がある。

園内舟巡り[編集]

園内水路をサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って巡りながら、ちょうど目線の高さにあるハナショウブやハスを楽しめる。(運行期間は4月~10月雨天や強風時には欠航)

結の島[編集]

あやめ祭りの風物詩である嫁入り舟の際には、結の島にて神前式が執り行われる。香取神宮の神官を招き、ハナショウブに囲まれるなか新郎新婦が結ばれることから『結の島』と呼ばれている。

四季の庭園[編集]

春の梅や桜のほか、モミジやイチョウなどの紅葉樹木や冬に花や実のなる木々を配置。

遊具施設[編集]

森のあそび場[編集]

ハナショウブをイメージした大型滑り台やターザンロープなどの遊具施設と芝生の広場。

ドッグラン[編集]

広さ約600平方メートルの芝生ドッグラン。犬用の水飲み・足洗い場完備。利用料金は1頭1回200円。利用者証有。 

管理施設[編集]

管理棟[編集]

パークへの入口。チケット売り場、インフォメーションがある。

トイレ[編集]

園内3箇所に多目的トイレを備えたトイレがある。

売店・カフェ[編集]

売店棟[編集]

おみやげの販売。あやめ祭り期間中に営業。

体験工房棟[編集]

ハナショウブの植替えや工作などの体験教室を開催(公式HP参照)。あやめ祭り期間はおみやげも販売。

Cafe アイリス[編集]

休憩棟。軽食と休憩スペース。あやめパークならではのメニューを提供している。

交通[編集]

過去にあやめ祭り期間中、JR東日本「東京駅」において東京方面から臨時列車の特急あやめ祭り号が運転されていた。

現在では高速バス・路線バスが公共交通の主流である。

公共交通機関[編集]

自動車[編集]

周辺[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 施設案内:香取市ウェブサイト:香取市観光サイト”. www.city.katori.lg.jp. 2019年2月13日閲覧。
  2. ^ “「水郷佐原あやめパーク」に香取・水生植物園の新名称”. 千葉日報. (2016年8月25日). http://www.chibanippo.co.jp/news/local/346587 2017年5月31日閲覧。 
  3. ^ “咲き誇るハナショウブ 水郷佐原パークで「あやめ祭り」”. 東京新聞. (2017年5月31日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201705/CK2017053102000184.html 2017年5月31日閲覧。 
  4. ^ 東日本大震災時には霞ヶ浦や利根川周辺において、水源が豊富な地区特有の液状化現象が発生

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Template:水郷筑波国定公園