白野江植物公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白野江植物公園

白野江植物公園(しらのえしょくぶつこうえん)は、福岡県北九州市門司区にある北九州市立の公園である。造園業者の内山緑地建設が指定管理者となって管理している。

概要[編集]

1933年(昭和8年)から開墾が進められ、民間の花木園「四季の丘」として一般公開されていたが、その後北九州市が施設を買い取り、新たに整備を行なって1996年(平成8年)4月に「北九州市立白野江植物公園」として開園した[1]。入園料は一般200円、小中学生100円である。

の名所にもなっており、園内には60種800本の桜がある。なかでも樹齢400年の「白野江のサトザクラ」は福岡県の天然記念物に指定されている。

所在地[編集]

  • 福岡県北九州市門司区白野江二丁目

公園内の施設[編集]

  • 入口広場
  • 芝生広場
  • ボタン園
  • ツツジ園
  • 桜広場
  • 湿生園
  • 水生園
  • 水仙の丘
  • 木漏れ日の路
  • 木漏れ日広場
  • 落葉の森
  • 花畑
  • 休憩室
  • 展望広場
  • 第2展望広場
  • 見晴らし台
  • 山頂広場

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北九州市立白野江植物公園パンフレット記載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]