能代火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal energy.svg 能代火力発電所
能代火力発電所
種類 火力発電所
電気事業者 東北電力
所在地 日本の旗 日本
秋田県能代市字大森山1-6
北緯40度11分29秒 東経139度59分37秒 / 北緯40.19139度 東経139.99361度 / 40.19139; 139.99361座標: 北緯40度11分29秒 東経139度59分37秒 / 北緯40.19139度 東経139.99361度 / 40.19139; 139.99361
1号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 石炭、木質バイオマス
熱効率 42%(LHV)
営業運転開始日 1993年5月
2号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 石炭、木質バイオマス
熱効率 43%(LHV)
営業運転開始日 1994年12月
公式サイト:東北電力 概要
テンプレートを表示
はまなす画廊付近から見た施設遠景

能代火力発電所(のしろかりょくはつでんしょ)は、秋田県能代市字大森山1-6にある東北電力石炭火力発電所

概要[編集]

オイルショック後に国の石油不足対策を目的として設置された。1993年5月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。温暖化対策のため、木質バイオマス(林地残材)の混焼が行われている。

2号機は、発電効率向上のため、主蒸気温度566℃、再熱蒸気温度593℃、主蒸気圧力24.1MPaとした東北電力初の超々臨界圧ボイラーおよび蒸気タービンを採用した。

3号機の建設計画は、今後の景気動向に絡む電力需要を含む需要変動リスク、ならびに国内や世界的な二酸化炭素削減に向けた規制措置の動向を見通すことが依然として険しいとして、2028年(令和10年)以降の着工・運転開始とされ[1][2]事実上凍結されていた。しかし東日本大震災後の電力安定供給・発電コスト削減を目的とし、2016年(平成28年)2月着工、2020年(令和2年)3月の運転開始を目指して計画再開した[3][4][5][6][7]

発電設備[編集]

  • 総出力:120万kW[8]
  • 総面積:約109万m2
1号機
定格出力:60万kW
使用燃料:石炭、木質バイオマス
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
熱効率:42%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1993年(平成5年)5月
2号機
定格出力:60万kW
使用燃料:石炭、木質バイオマス
蒸気条件:超々臨界圧Ultra Super Critical)
熱効率:43%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1994年(平成6年)12月
3号機(計画中)
定格出力:60万kW[9]
使用燃料:石炭[9]、木質バイオマス
蒸気条件:超々臨界圧(USC)[9]
熱効率:44.8%(低位発熱量基準)見込み[10]
運転開始(試運転):2019年(令和元年)6月予定[5][11]
営業運転開始:2020年(令和2年)3月予定[6][7]

東北地方太平洋沖地震による被害[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、全機が自動停止した[12]4月7日に発生した余震でも、全機が自動停止した[13]

蓄電設備設置の計画と中止[編集]

地震および津波により複数の発電施設が被災し、電力供給力が大幅に低下したため、ナトリウム・硫黄電池による8万kW(2千kW × 40台)の蓄電設備新設を計画し、2012年1月の運用開始を予定して着工した[14]

しかし2011年9月21日に東京電力所有の同型電池が火災を起こしたため、工事を中断[15] 。メーカーの日本ガイシによる調査で事故原因が判明せず、電力需要が増える2012年夏までの設置が見込めなくなったことから、2012年3月30日に計画中止が発表された[16][17]

後に火災事故の原因は、モジュール電池1台の中に製造不良の単電池があり、それが破裂・溶融して、モジュール内からさらに別モジュールへと延焼していったためと発表された[18]

能代エナジアムパーク[編集]

能代エナジアムパーク

発電所敷地内にあるPR館。エネルギーとの共生をテーマにした学習コーナーや、未利用エネルギーを利用した460種3,300本の植物を育成する熱帯植物園がある。また、能代ねぶながし館やスポーツ広場などの施設が隣接しており、イベント会場として利用されている。入場無料。

施設[編集]

  • サザンドームのしろ

エネルギーとの共生をテーマにした学習コーナーや電力に関する展示がある。

  • 熱帯植物園

460種3,300本の植物を育成するドーム状の熱帯植物園。

  • ねぶながし館

能代役七夕の燈篭や能代べらぼう凧が展示され、祭りのお囃子などを聞くことができる。

  • 冒険広場

噴水や遊具などが設置されており、子供たちが遊べる場となっている。

  • スポーツ広場

テニスコートや多目的広場がある。

  • カルチャーホール

サザンドーム内。展示場などとしてイベント等で利用される。

  • はまなす館

休憩コーナー。自動販売機あり。


出典[編集]

  1. ^ 平成25年度供給計画届出の概要 2013年3月28日 (PDF)
  2. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成40年度」予定。
  3. ^ 能代に石炭火力増設へ、20年代前半の稼働目指す 東北電力 さきがけonTheWeb 2014年3月25日閲覧。
  4. ^ 3月定例社長記者会見 2014年3月27日 (PDF)
  5. ^ a b 能代火力3号機、建設作業ピークに 20年6月運転開始へ さきがけonTheWeb 2018年9月19日閲覧。
  6. ^ a b 3月定例社長記者会見概要 2019年3月28日
  7. ^ a b 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成32年」予定。
  8. ^ 東北電力 概要
  9. ^ a b c 能代火力発電所3号機の新設工事概要 2016年1月12日 (PDF)
  10. ^ 能代火力発電所3号機新設工事の着工について
  11. ^ 当時は新元号制定前であったため、正しくは「平成31年」予定。
  12. ^ 地震発生による停電等の影響について(11日20時現在)
  13. ^ 地震発生による停電等の影響について(4月8日0時現在)
  14. ^ 大容量「NAS電池」の設置について 2011年6月17日
  15. ^ 能代火力の蓄電池、運用に遅れも 茨城の同タイプで火災[リンク切れ] さきがけonTheWeb 2011年10月24日閲覧。
  16. ^ 3月定例社長記者会見概要
  17. ^ NAS電池設置取りやめ、能代火力 東北電力「安全性確認できず」 さきがけonTheWeb 2012年3月31日閲覧。
  18. ^ NAS電池の火災事故の原因、安全強化対策と操業再開について 日本ガイシ株式会社 2015年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]