ぐんまフラワーパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぐんまフラワーパーク
チューリップとパークタワー.TIF
施設情報
正式名称 ぐんまフラワーパーク[1]
専門分野 植物
事業主体 群馬県
管理運営 株式会社ぐんまフラワー管理(指定管理者[2]
開園 平成4年4月
所在地 371-0246
群馬県前橋市柏倉町2471-7
位置 北緯36度27分27秒 東経139度10分33秒 / 北緯36.45750度 東経139.17583度 / 36.45750; 139.17583座標: 北緯36度27分27秒 東経139度10分33秒 / 北緯36.45750度 東経139.17583度 / 36.45750; 139.17583
公式サイト ぐんまフラワーパーク
テンプレートを表示

ぐんまフラワーパークは、群馬県前橋市柏倉町にある群馬県立の植物園。赤城山の裾野に広がる。年7回の花まつりがあり、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いている。花と緑の学習館では、体験教室が行われる。

総面積18.4haの敷地に、フラトピア大花壇(約6000m2)、高さ18mのパークタワーが設置され、ほか、温室エリア、庭園エリア、ガーデンエリア、キッズエリアに分かれている。

春はフラトピア大花壇で20万球のチューリップを咲かせる。冬は、数十万~100万個のイルミネーションを行う[3]

施設概要[編集]

  • 正式名称:ぐんまフラワーパーク
  • 開園:1992年(平成4年)
  • 敷地面積:18.4ha
  • 最寄り駅:JR両毛線 前橋駅から約15km 車で約30分
  • 総工費:約71億円
  • 工期:約3年(平成元年着工、平成3年完成)

構想[編集]

群馬県が昭和64年から構想・設計をしていた。

施設[編集]

メインエリア[編集]

パークタワー[編集]

園内中央に位置し、高さが18mある展望台になっている。パークタワーから見える景色は北には赤城山が見える。南は関東一円の景色が見え、天気が良い日には富士山東京スカイツリーも見える。

冬のイルミネーション期間中はプロジェクションマッピングが行われている。

フラトピア大花壇[編集]

季節ごとに模様替えを行う。春には20万球のチューリップを咲かせる。

高さ18mのパークタワーから見下ろすと、絵画のような風景が広がる。

ダリア園[編集]

夏から秋にかけて見頃となる。290品種1350株のダリアが栽培されている。

ダリアまつり期間中には「まるごと美味しいダリアまつり」と題しダリア料理が堪能できる。

キッズエリア[編集]

ふわふわドームやローラーコースター、緑の迷路、カリヨンの花時計、遊具広場などがある。

じゃぶじゃぶ池では夏の間水に入ることができ、木陰も多いことから、のんびりすることができる。

エリア東側には桜の散歩道があり、早咲きの桜が咲く。

アクセス方法[編集]

自動車[編集]

電車[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ぐんまフラワーパークの設置及び管理に関する条例
  2. ^ 群馬県指定管理者一覧
  3. ^ 光の妖精とたわむれる夜 ぐんまフラワーパーク 2012.11.10 02:06 MSN産経ニュースぐんまフラワーパークでイルミネーション点灯 2011年11月01日撮影 上毛新聞ニュース動画 2013-3-19閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]