京王フローラルガーデンANGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京王フローラルガーデンANGE内にある庭園

京王フローラルガーデンANGE(けいおうフローラルガーデンアンジェ)は、東京都調布市多摩川にある京王グループ植物園である。名称の「ANGE」はAmenity Natural Garden of Europeから。京王電鉄沿線で生花店「フラワーショップ京王」を経営する京王グリーンサービスが管理運営を行う。ここでは本園の前身である京王百花苑(けいおうひゃっかえん)についても記す。

概要[編集]

京王百花苑[編集]

1956年(昭和31年)6月16日、現在地に「東京菖蒲園」として開園[1]。のち「京王百花苑」に改称した。花菖蒲が500種以上育てられており「花菖蒲日本一」と言われていた。当時は和風情緒漂う日本庭園であった。また、苑内では流しそうめんが名物であり人気であった。京王百花苑の花菖蒲をあしらった記念乗車券が発行されたり、京王線の電車がヘッドマークを取り付けて走ることもあった。

歴史[編集]

  • 1956年6月16日 - 京王帝都電鉄(当時)京王多摩川駅前に「東京菖蒲苑」として開園[1]
  • 1961年4月 - 「京王百花苑」に改称。
  • 1993年4月1日 - 入場者数の激減から「休苑」となる。
  • 1997年 - 京王百花苑が「廃苑」となる。
  • 2002年3月29日 - 「京王フローラルガーデンANGE」として、園内を大幅に改造して開園。

アクセス[編集]

京王多摩川駅の副駅名にも採用されており、京王の車両でLEDによる車内案内では「京王多摩川 京王フローラルガーデンアンジェ下車駅」と表示される(東京都交通局所有の新宿線車両には表示されない)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 京王帝都電鉄株式会社総務部『京王帝都電鉄30年史』京王帝都電鉄、1978年。

外部リンク[編集]