市川市動植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯35度45分53.2秒 東経139度57分54.79秒 / 北緯35.764778度 東経139.9652194度 / 35.764778; 139.9652194

市川市動植物園
Ichikawa Zoo Main Gate 20170204.jpg
施設情報
管理運営 市川市
頭数 457(2016年12月31日現在)[1]
種数 56(2016年12月31日現在)[1]
主な飼育動物 シセンレッサーパンダ
スマトラオランウータン
コツメカワウソなど
開園 1987年8月21日[2][3]
所在地 272-0801
日本の旗 日本千葉県市川市大町284番地[4]
公式サイト http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/
市川市動植物園(公式) (@ichikawa_zoo) - Twitter
テンプレートを表示

市川市動植物園(いちかわしどうしょくぶつえん)は市川市の市立動物園1987年昭和62年)8月21日開園[2][3]。 園内は、レッサーパンダなどを中心とした小動物を飼育している。観賞植物園、バラ園もある[4]

展示動物[編集]

コツメカワウソ舎の“流しカワウソ”

入り口にはレストハウス、自然博物館があり、動物の標本がある。

中心部にはサル山があり、ニホンザルを飼育。

その周辺には、家畜ゾーンやなかよし広場があり、レッサーパンダもいる。 市川はレッサーパンダの飼育に関しては歴史がある。 なかよし広場は、ウサギモルモットニワトリブタ(ミニブタ)などに触ることができる。 小獣・モンキーゾーンには、キツネザルやリスザル、コツメカワウソやタヌキなどもいて充実している。

フライングケージは広いオリを生かして鳥が40羽近く飼育されている。 その先の竹林にはエミューが居て、さらに奥のミニ鉄広場がある。

ミニ鉄広場には1991年平成3年)4月2日に開通のミニ鉄道[5]、遊具がある。 さらにオランウータンがいて、レッサーパンダ2号舎がある。 2号舎のレッサーパンダは多摩動物公園や東北サファリなどから移籍したものもいる。 2号舎は1号舎と違い、金網状の展示施設。

2013年夏にコツメカワウソ舎で“流しカワウソ”というパイプを用いた遊具を展示し、話題となった[6](詳細は「流しカワウソ」を参照)。

周辺施設[編集]

  • 大町自然観察園(長田谷津)
  • 少年自然の家
  • フィールドアスレチック ありのみコース

交通アクセス[編集]

希少動物盗難事件[編集]

2003年6月20日、オスのレッサーパンダ「天天(テンテン)」とワタボウシパンシェ(キヌザル科)1頭が盗まれる事件が発生した[広報 1]。犯人(既に逮捕)は転売目的で動物を盗み(他にも埼玉県こども動物自然公園などから動物を盗み出していた)、テンテンは秋田県に売り飛ばされてしまったが、後に無事に保護されて約4か月後の10月22日、市川に帰ってきている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 市川市動植物園飼育動物一覧”. 市川市動植物園. 2017年8月18日閲覧。
  2. ^ a b “豊かな緑、ふれあいの場 「市川市動植物園」オープンきょうから一般公開”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 11. (1987年8月21日) 
  3. ^ a b “開園前からにぎやか 市川市動植物園、21日オープン”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 21. (1987年8月11日) 
  4. ^ a b 施設ガイド”. 市川市動植物園. 2017年8月18日閲覧。
  5. ^ “一周300メートルミニ鉄道開通 市川市立動植物園 きょうから“本格営業””. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 13. (1991年4月2日) 
  6. ^ 流しカワウソ 大人気!ネットで大ウケ 来園者3割増2013年8月2日 06:00 スポニチweb Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine.

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 市川市動植物園20年の足跡 - 市川市動植物園

関連項目[編集]

外部リンク[編集]