草津熱帯圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
草津熱帯圏
Kusatsu Nettaiken.JPG
施設情報
正式名称 草津熱帯圏[1]
管理運営 (有)草津動植物公園
園長 今井敏夫[2]
面積 約1万5000平方メートル[2]
頭数 約1,000頭
種数 約120種の爬虫類を含むカピバラやラマなど約250種の動物[2]
来園者数 21万人(1992年)[2]
主な飼育動物 爬虫類など熱帯生物、ピグミーマーモセットなど哺乳類
開園 1970年[2]
所在地 377-1711
群馬県吾妻郡草津町大字草津286
位置 北緯36度37分21.4秒 東経138度36分17.0秒 / 北緯36.622611度 東経138.604722度 / 36.622611; 138.604722座標: 北緯36度37分21.4秒 東経138度36分17.0秒 / 北緯36.622611度 東経138.604722度 / 36.622611; 138.604722
アクセス 下記参照
公式サイト http://nettaiken.com/
テンプレートを表示

草津熱帯圏(くさつねったいけん)は、群馬県吾妻郡草津町に所在する、日本で最も高い所にある動物園。飼育する爬虫類の種類は日本一である[2]。ペット同伴OKの動物園である。温泉熱利用。

沿革[編集]

草津熱帯圏は、1970年10月10日に開業し[3]園内では亜熱帯や熱帯地方に生息する野生動物達が専用ので飼育展示されている。日本の動物園のほとんどが国・自治体・大企業の傘下で運営される中、数少ない民営の動物園である[4]皇太子徳仁親王秋篠宮文仁親王一家などの皇族の方々や芸能関係の方々も訪れた事があり、またテレビにもたびたび紹介される[5]

過去に一世風靡をしたエリマキトカゲカブトムシ最大の種類ヘラクレスオオカブトが日本で初めて公開されている[6]。約250種1000頭の動物を飼育されているがゾウキリンライオントラなどの大型動物や猛獣は飼育されておらず、主に飼育されている動物哺乳類鳥類爬虫類両生類魚類節足動物などが飼育されている。

特に爬虫類の飼育数は日本で最も多いがただ全ての爬虫類の種類を飼育しているわけではない。[2][6]

ドクターフィッシュの水槽

2003年には国内の動物園で飼育数が少なく、野生では最も絶滅が危惧されている希少ワニであるマレーガビアルの繁殖を日本で初めて成功している。また、人間の肌の古い角質や老廃物をついばみ、皮膚病を治療してくれるドクターフィッシュガラ・ルファ)の足浴・手浴の体験が行われる。飼育展示には極力手すりを無くし、人と動物とのスキンシップも図れる。

2020年8月、売上金や支援金が入った金庫が盗まれる窃盗事件が発生した[6][7]

園内[編集]

園内は大きくわけると本館・昆虫館・熱帯大ドーム・屋外展示の4ゾーンがある。

本館[編集]

ドクターフィッシュによる手浴や足浴を体験できたり、資料館では巨大ワニの剥製、ヒクイドリの剥製、恐竜の卵、骨格標本、昆虫標本、写真など様々な物が展示されている。熱帯魚コーナー、昆虫コーナー、海水魚コーナーにも生き物を展示している。またはゲームコーナー、喫茶・軽食コーナー、プレミアムショップといった施設も設けられている。

  • 資料館
  • ビューティーフィッシュの足浴
  • 熱帯魚コーナー
  • 昆虫コーナー
  • 海水魚コーナー
  • ゲームコーナー
  • 喫茶・軽食コーナー
  • プレミアムショップ

昆虫館[編集]

現在、老朽化のため、夏休みのイベントの時だけ使用されている[いつ?]。毎年7月から9月までの夏休み特別イベント「世界の昆虫展 」を開催している。

熱帯大ドーム[編集]

草津温泉の熱を利用したこの大ドームは階層構造でアフリカ、アジア、オーストラリア、アメリカなどの熱帯地方に生息する野生動物達が飼育展示されている。ドームの中は高さ15メートルでトロピカル・ジャングルのように熱帯植物が生え茂り、熱帯地方に暮らす多種多様な動植物達の楽園となっている。

  • 淡水魚水槽
  • ワニ池
  • フラミンゴ池
  • リクガメ放飼場
  • カメ水槽
  • トカゲ・リクガメ展示コーナー
  • 哺乳類コーナー
  • 無脊椎動物コーナー
  • 両生類コーナー
  • 温度差コーナー
  • ヘビ展示コーナー
  • カメ展示コーナー
  • ニシキヘビ舎
  • ワニガメ池
  • サル舎
  • オオハシ舎
  • カピバラふれあい広場
  • マーモセットコーナー
  • キツネザル舎
  • コンゴウインコ舎
  • インコ舎
  • ミーアキャット舎
  • 鳥類舎
  • オマキザル舎
  • テナガザル舎
  • 小動物コーナー
  • 熱帯植物コーナー
  • バックヤード(非公開)

屋外展示[編集]

サル山

ニホンザルがいるモンキーパラダイス、ウサギと触れ合えるふれあい広場、チンチラの群れが生活するチンチラハウス、ドーム外にラマが柵で放し飼いされて奥にはハクビシンがいる獣舎がある。

  • モンキーパラダイス(サル山)
  • ウサギちゃんのふれあい広場
  • チンチラハウス
  • ラマ舎
  • ハクビシン舎
その他の施設
  • 石仏群
かつて存在した施設
  • パプアニューギニア民族資料館
  • 両生類館
  • 標本展示室
  • 花温室
  • サボテン室
  • 洋ラン室
  • 栽培温室
  • ロックガーデン
  • 昆虫標本コーナー
  • カブトコーナー
  • クワガタコーナー
  • 水生昆虫コーナー
  • アトラスの森
  • 外国産昆虫コーナー
  • リスザル舎
  • ポニー舎
  • エミュー舎
  • ヒクイドリ舎
  • シカ・ヤギ舎
  • アライグマ舎
  • クジャク舎
  • リス舎
  • ヒツジ舎
  • カモ舎
  • 草津猿舞団ショー会場
  • 食堂
  • レストランカトレア
  • 中華レストラン槐

主な飼育動物[編集]

約250種1000頭[2]

飼育生物の一覧
哺乳類

ゴールデンハムスターモルモットスキニーギニアピッグチンチラマーラカピバラミニブタラマミーアキャットハクビシンピグミーマーモセットコモンマーモセットクロミミマーモセットワタボウシタマリンムネアカタマリンヨザルシロガオオマキザルエリマキキツネザルブラウンキツネザルタラポアン(非展示)、ニホンザルワウワウテナガザルウサギフクロモモンガフタユビナマケモノヨツユビハリネズミインドオオコウモリ

鳥類

メンフクロウメガネフクロウコキンメフクロウナンベイヒナフクロウアフリカオオコノハズクオニオオハシチリーフラミンゴアオボウシインコバライロビタイウロコインコキエリヒメコンゴウインコルリコンゴウインコヨウムオオバタン(非展示)、ヒヨコ

爬虫類
ワニ類

マレーガビアルシャムワニジョンストンワニコビトカイマンメガネカイマンパラグアイカイマン

ヘビ類

アオダイショウジムグリコーンスネークテキサスラットスネークカリフォルニアキングスネークセイブシシバナヘビオオアオムチヘビボアコンストリクターガーデンツリーボアブラジルニジボアミドリニシキヘビアルバーティスニシキヘビマングローブニシキヘビアメジストニシキヘビアミメニシキヘビアフリカニシキヘビビルマニシキヘビキイロアナコンダ

トカゲ類

ホウセキカナヘビトッケイヤモリツノミカドヤモリグランディスヒルヤモリヒョウモントカゲモドキヒガシアオジタトカゲエボシカメレオングリーンイグアナエリマキトカゲインドシナウォータードラゴンゲイリートゲオアガマミナミテグーアメリカドクトカゲコガネオオトカゲミズオオトカゲナイルオオトカゲサバンナオオトカゲ

カメ類

クサガメカントンクサガメニホンイシガメミナミイシガメウンキュウハナガメアンナンガメミシシッピアカミミガメミツユビハコガメキイロドロガメカブトニオイガメマタマタヒラリーカエルガメクレフトマゲクビガメインドハコスッポンフロリダスッポンワニガメカミツキガメアカアシガメエロンガータリクガメインドホシガメビルマホシガメヨツユビリクガメフチゾリリクガメホウシャガメケヅメリクガメアルダブラゾウガメ

両生類

ニホンアマガエルテヅカミネコメアマガエルイエアメガエルアフリカウシガエルアフリカツメガエルアズマヒキガエルクランウェルツノガエルアカハライモリシリケンイモリイベリアトゲイモリメキシコサラマンダーオビタイガーサラマンダーミツユビアンフューマグレーターサイレンヒメヌマサイレン

魚類

コンゴテトラセルフィンプレコドクターフィッシュレッドテールキャットアジアアロワナブラックコロソマアリゲーター・ガーオスフロネームスカクレクマノミクモウツボ

節足動物

カブトムシクワガタ

昔の展示[編集]

過去にはそれ以下の飼育動物が展示されていた。

哺乳類

コアラクロキノボリカンガルーダマワラビーベネットアカクビワラビーセスジクスクスポニーアメリカバクヤクシカダマジカアルパカサフォーク種コリデールシバヤギホンドタヌキニホンアナグマフェレットキノボリジャコウネコアライグマアカハナグマキンカジューシロガオマーモセットコモンリスザルクモザルメガネザルショウガラゴオオガラゴスローロリスワオキツネザルロップイヤーフレミッシュ・ジャイアントジャンガリアンハムスターオルドカンガルーネズミハダカデバネズミシマリスインドオオリスクロオオリスオグロプレーリードッグインドタテガミヤマアラシヌートリアマスクラットパカアグーチオオアリクイミナミコアリクイムツオビアルマジロコモンツパイピグミーハリネズミ

鳥類

ダチョウエミューヒクイドリトキイロコンドルフクロウジュウシマツコキンチョウゴクラクチョウアンデスイワドリキュウカンチョウキジバトカンムリバトアヒルマガモカルガモ白色レグホーン種ニホンキジインドクジャクアネハヅルホオジロカンムリヅルショウジョウトキセキセイインコオカメインコヒインコキエリボウシインコキビタイボウシインコゴシキセイガイインコオオハナインコアオメキバタンコガネメキシコインコアカコンゴウインコミドリコンゴウインコベニコンゴウインコニシムラサキエボシドリホオジロエボシドリニショクキムネオオハシシワコブサイチョウオオサイチョウ

爬虫類

ナイルワニコンゴコビトワニキングコブラタイコブラタイワンコブラエジプトコブラインドネシアコブラドクフキコブラアマガサヘビブラックマンバヒガシグリーンマンバハブトカラハブタイワンアオハブニホンマムシアメリカマムシウラコアガラガラヘビトウブダイヤガラガラヘビガボンアダーパフアダーライノセラスアダーブームスラングマングローブヘビヤマカガシヒゲミズヘビシマヘビアカマタプェブランミルクスネークホソツラナメラキューバボアコロンビアニジボアビブロンボアハイチボアミュラースナボアシロメニシキヘビボールニシキヘビカーペットパイソンアカニシキヘビジャングルカーペットニシキヘビジャワヤスリヘビオオアナコンダ、ヤシヤモリニシアフリカトカゲモドキパンサーカメレオンレッドイグアナトゲオイグアナナイトアノールグリーンバシリスクマツカサトカゲトゲチャクワラトゲオアガマフトアゴヒゲトカゲブラックテグーオオプレートトカゲハナブトオオトカゲノドジロオオトカゲデュメリルオオトカゲキバラガメセマルハコガメモエギハコガメマレーハコガメサソリドロガメスジオオニオイガメミシシッピニオイガメヒメニオイガメオオアタマガメニホンスッポンスッポンモドキニシキマゲクビガメオオヨコクビガメジーベンロックナガクビガメオーストラリアナガクビガメトゲヤマガメアカスジヤマガメヒョウモンガメパンケーキガメヘルマンリクガメセオレリクガメロシアリクガメ

両生類・魚類・節足動物

アカメアマガエルシュレーゲルアオガエルジュウジメドクアマガエルトノサマガエルキンスジアメガエルコケガエルチョウセンスズガエルアフリカアカツノガエルフィリピンウキガエルサビトマトガエルピパピパベルツノガエルマルメタピオカガエルウシガエルナンベイウシガエルオオヒキガエルミドリヒキガエルシリケンイモリカリフォルニアイモリオオミットサラマンダーファイアサラマンダーマダラファイアサラマンダーメダカポリプテルスプラニケプスシルバーアロワナクラウンローチコリドラスピラニア・ナッテリーオレンジフィン・ピラニアロングノーズガースポッテッドガーオウムガイカブトガニ

営業[編集]

  • 営業時間:8時30分~17時30分
  • 定休日:無休
  • 駐車場:あり(100台 無料)
  • 料金:大人1000円、高校生700円、子供600円
  • ペット同伴可

サポーター制度[編集]

厳しい経営状態の改善を目指し、2011年5月から「サポーター制度」を導入した[8]。会費1万円で3年間、本人の入園が無料となり、同行者は4名まで入園料が3割引となる[9]

また、動物が食べる野菜や果物の寄付を常時受け入れている[10]

アクセス[編集]

    • 関越自動車道・渋川伊香保IC・国道173号線・国道53号線・国道145号を経由、草津温泉方面へ1時間30分
  • 電車

脚注[編集]

  1. ^ 草津熱帯圏サポーター会員草津熱帯圏
  2. ^ a b c d e f g h 読売新聞 2011年6月4日
  3. ^ 草津熱帯圏存続へサポーター制度上毛新聞ニュース 2011年6月1日 AM 07:11
  4. ^ 草津熱帯圏 - 群馬B級スポット”. www.b-gunma.com. 2020年3月23日閲覧。
  5. ^ 群馬テレビ「鶴太郎のぐんま一番」2011年2月4日(金)19:30~20:00 ※俳優の片岡鶴太郎のTV番組
  6. ^ a b c INC, SANKEI DIGITAL (2020年8月31日). “草津温泉の名物施設で金庫ごと800万円盗まれる” (日本語). 産経ニュース. 2020年12月27日閲覧。
  7. ^ 草津熱帯圏で800万円入りの金庫盗難 善意の支援金も奪われる”. 上毛新聞. 2020年12月27日閲覧。
  8. ^ Office, Internet Museum. “インターネットミュージアム” (日本語). インターネットミュージアム. 2020年3月23日閲覧。
  9. ^ 草津熱帯圏 =サポーター会員=”. nettaiken.com. 2020年3月23日閲覧。
  10. ^ 『動物園への差し入れリスト』” (日本語). ブログde熱帯圏. 2020年3月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]